簡単に導入ができるCoineyとAirペイをさまざまな項目ごとに比較! キャッシュレス決済を始めるならどっち?


キャッシュレス決済の環境がないお店でも簡単に導入できるサービスを知っていますか?

2019年10月からキャッシュレス消費者還元事業が開始され、今までキャッシュレス決済を取り入れていなかった店舗もキャッシュレス決済の導入をしやすくなりました。それに伴い、キャッシュレス決済の端末をどれにするか検討している店舗もあるでしょう。

通常、キャッシュレス決済の端末を購入・導入する際にはコストがかかりますが、キャッシュレス決済の環境がない店舗でも簡単に導入できるキャッシュレス決済サービスがあることを知っていますか?

今回は、簡単・低コストでキャッシュレス決済を導入できる「Coiney」と「Airペイ」を紹介していきます。また、両サービスを比較しながら、どちらの方が自分の店舗に合っているかをみつけていきましょう。

CoineyとAirペイの特徴を紹介

Coineyの特徴

TVCMでも宣伝されている「Coiney」は、キャッシュレス決済のためのBluetooth接続型の決済端末です。

Coineyの決済サービスは、クレジットカードや電子マネーに対応する「Coineyターミナル」・QRコード決済用の「Coineyスキャン」・オンライン決済用の「Coineyペイジ」の3種類があるため、日本人だけでなく海外からの旅行客など幅広い客層に対応ができる点がCioneyの大きな特徴です。

〈Coineyターミナル〉

※クレジットカード・電子マネーに対応

〈Coineyスキャン〉

※QRコード決済に対応

〈Coineyペイジ〉

※オンライン決済に対応

また、Coineyは、売り上げのデータ分析や在庫管理などができるPOSシステムや会計ソフトなども連携させて利用することができるため、Coiney一台で決済から管理まで一気に処理ができるメリットがあります。

〈決済端末0円のタダノリキャンペーン実施中〉

決済端末のCoineyターミナルは本来19,800円で購入ができますが、2020年5月31日(日)まで「タダノリキャンペーン」をしており、キャンペーン期間中は0円でCoineyターミナルを導入できるチャンスとなっています。

ただし、2019年10月から開始されたキャッシュレス消費者還元事業を利用している方は対象外となるので注意しましょう。

Airペイの特徴

Airペイは株式会社リクルートライフスタイルが運営しているキャッシュレス決済サービスで、専用のBluetooth接続型カードリーダーとAirペイアプリを用意するだけでクレジットカードやQRコード決済、電子マネーでの決済が可能となります。

また、無料でPOSアプリ「エアレジ」も提供しており、Airペイと提携させることで注文入力から会計までを一気に行うことができ、店舗の売り上げ管理などもエアレジで管理ができてしまいます。

〈キャッシュレス0円キャンペーンが実施中〉

Airペイは、2019年10月からスタートしたキャッシュレス加盟店支援事業者に登録しており、Airペイの申し込みと同時にキャッシュレス・消費者還元事業に登録申し込みができます。

キャッシュレス消費者還元事業に登録をしていると決済手数料の負担が軽減されたりなどのメリットがありますが、さらにAirペイに必要なipadとカードリーダーを0円で導入することもできるため、これからキャッシュレス決済を導入したいと考えている方は今がチャンスでしょう。

CoineyとAirペイの2つのサービスを項目ごとに比較

CoineyとAirペイ、どちらも導入しやすい決済端末サービスですが、決済の種類や入金のサイクルなど、サービス内容に多少の違いがあります。CoineyとAirペイを比較しながら自分の店舗に合った決済端末サービスをみつけていきましょう!

決済の種類の比較

決済の種類が豊富であれば幅広い客層に対応することができます。特に、海外からきた旅行者はクレジットカードやQRコードなど、キャッシュレス決済を利用する方が非常に多いため、決済の種類が少ないとせっかくお店に来たのに買うことができない、ということにもなりかねません。また、2020年の東京オリンピックの際には、さまざまな国の旅行者が訪れる可能性があるため、決済の種類は多いにこしたことはないでしょう。

では、CoineyとAirペイではどのような決済方法が利用できるのでしょうか? 決済の種類を比較していきましょう。

クレジットカード 電子マネー QRコード決済
Coiney VISA・MasterCard・ダイナース
SAISON CARD・Discover・JCB
AmericanExpress
・交通系
(suicaなど9社)
we Chat Pay
Airペイ VISA・MasterCard・ダイナース
Discover・JCB・AmericanExpress
・交通系
(suicaなど9社)
・QUICPay
・iD
・apple pay
・d払い
・PayPay
・QUICPay
・LINE Pay
・we Chat pay
・アリペイ

〈決済手段はAirペイの方が豊富〉

CoineyとAirペイの決済方法の種類はどちらも充実していますが、クレジットカードにおいてはCoineyの方が種類豊富です。しかし、電子マネー・QRコードの種類の多さなどを含めると全体的にAirペイの方が対応している決済手段が多いでしょう。

《クレジットカードの支払い方法とクレジットカード以外の支払い方法》

Coiney Airペイ
1回払い 対応 非対応
2回払い 対応
(VISA・MasterCardのみ)
非対応
リボ払い 対応
(VISA・MasterCardのみ)
非対応
ブラウザ決済 対応 非対応
請求書決済 対応 非対応

〈クレジットカードの支払い方法はCoineyの方が選択肢が多い〉

Airペイの場合は、2回払いやリボ払いなどが利用不可となるため、高額商品を扱う事業者の方にはCoineyの方がおすすめです。

費用の比較

キャッシュレス消費者還元事業が始まる前は、キャッシュレス決済を導入するには端末のなどの導入費用や決済手数料を店舗がほとんど負担しなければならなかったため、キャッシュレス決済に一歩踏み出せなかったお店もあったことでしょう。

CoineyとAirペイは、導入コストがほとんどかからず、決済手数料の負担も軽減されているため、キャッシュレス決済を気軽に導入しやすくなっています。

では、CoineyとAirペイの導入コスト・決済手数料などを比較しながらみていきましょう。

《導入コスト》

Coiney Airペイ
決済端末代金 18,334円(税抜) 18,334円(税抜)
POS なし 無料
レシートプリンター なし 4分の1の価格で購入可

〈Coiney、Airペイの導入コストはほぼ同じ〉

Coiney、Airペイ共に端末代金は18,334円(税抜)で同額ですが、現在は、両社ともキャンペーンを行っており、端末料金0円で決済端末の導入が可能となっています。

《決済手数料》

年会費 キャッシュバック以外のサービス
クレジットカード MasterCard・AmericanExpress
SAISON CARD・VISA
→3.24%
MasterCard・VISA
AmericanExpress
→3.24%
Discover・ダイナース・JCB
→3.74%
Discover・ダイナース・JCB
→3.74%
電子マネー 交通系9社
→3.24%

→3.24%
QUICPay・iD・apple pay
→3.74%
QRコード決済 we Chat Pay
→3.24%
d払い・PayPay・LINE Pay
we Chat Pay・アリペイ
→3.24%
ブラウザ決済
請求書決済
3.24%
(VISA・MasterCard)
なし
月額日 無料 無料
振込手数料 売上10万円以下
→200円
無料

〈CoineyとAirペイの決済手数料はほぼ同じ〉

CoineyとAirペイの決済手数料は、3.24%~3.74%とほぼ変わりません。ただし、2019年10月1日~2020年6月15日まで行われているキャッシュレス消費者還元事業中は、Airペイの決済手数料が2.16%となり、Coineyよりもお得になります。(Airペイはキャッシュレス加盟店支援事業者に登録しているため)

売り上げの締め日と入金サイクル

お店にとって重要なポイントの一つが入金サイクルではないでしょうか。入金サイクルが早ければ、お店の売り上げを早く受け取ることができ、早めにお店の資金を回していくことができます。それと反対に、入金サイクルが遅いと売上金がなかなかお店に入らないため、お店の資金繰りがとても厳しいものとなってしまいます。

このようにお店にとって資金繰りはお店の命の循環のようなもののため、キャッシュレス決済サービスを導入する際も入金サイクルは必ず確認しておきましょう。

では、CoineyとAirペイの入金サイクルを比較していきましょう。

《Coiney》

Coineyの入金方法は、金融機関に関係なく、手動入金と自動入金に分かれます。

手動入金は、振り込む手間はありますが、入金回数を最大6回まで選ぶことが可能です。その反面、自動入金は、振り込みに行く手間が省けますが、月に1回だけの入金となります。

手動入金 5・10・15・20・25・月末の月6回までの入金依頼が可能
(依頼後、1∼2営業日以内に入金)
自動入金 毎月の売り上げが20日に入金

《Airペイ》

Airペイの入金サイクルは、銀行によって異なります。みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の口座に振り込みをする場合は月に6回の入金サイクルとなり、その他の銀行では月に3回の入金サイクルとなります。そのため、早めに売上を回収して資金繰りをしたい場合は、みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行に口座を作るとよいでしょう。

みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
5・10・15・20・25・月末締めの月6日に入金
(締め日の前日までの売り上げ金が5日後に入金)
その他の銀行 10・20・月末締めで月3回入金
(締め日までの売り上げ金が5日後に入金)

〈入金サイクルはAirペイの方が早め〉

1か月間に入金回数が多いほど、定期的に店舗に売上金が入るため店舗の資金繰りがしやすくなります。Coineyの手動入金とAirペイは月に6回の入金サイクルとなるので、店舗側の負担は軽減されるでしょう。

ただし、もしCoineyを自動入金にした場合は、入金サイクルが月に1回となり売上げの回収が遅くなってしまうので注意が必要です。

その他の関連のサービス

Coiney、Airペイの両社とも、キャッシュレス決済の端末サービスだけでなく、POSレジなどのサービスも行っており、お店の決済から管理までをまとめてできるようになっています。

《Coiney》

Coineyは、POSレジ・会計ソフト共に他社と連携する形であり、豊富な種類から好きなものや使い慣れたものを選ぶことができます。(スマレジ・ポスタス・NEXPO・クラウド会計など)

POSレジや会計ソフトなどを提供するCoineyのパートナー企業一覧
→ https://coiney.com/corp/partner/index

《Airペイ》

Airペイは、会計以外のサービスを自社アプリで提供しており、無料または有料で利用ができます。

・Airレジ:高機能のPOSレジアプリ (無料)
・Air QR:QR決済サービス (無料)
・Airシフト:シフト管理アプリ (有料)
・Airペイポイント:ポイント利用アプリ (有料)
・Airウェイト:受付の順番待ち管理アプリ (有料)

サポート体制

《Coiney》

Coineyへの問い合わせは、電話やメールで問い合わせることができますが、電話の場合は受付時間が平日の10時から18時までとなっています。

電話番号:0120-343-577
問い合わせフォーム:https://coiney.com/contact

《Airペイ》

Airペイへの問い合わせは、年中無休となっており、電話での問い合わせ時間は9時半から23時までとなっています。また、問い合わせフォームは24時間365日受け付けています。

電話番号:0120-39-4861
問い合わせフォーム:https://faq.airpayment.jp

キャッシュレス決済を始めるにはCoineyとAirペイどちらがよい? 目的別に紹介

海外からの旅行者など幅広い客層に対応できるようにしたい店舗の場合はAirペイがおすすめ!

中国やアメリカをはじめ、海外では多くの人々がクレジットカードやQRコード決済などキャッシュレス決済を利用しています。

日本にきた海外からの旅行客にも対応できるように決済の種類は多い方がよいでしょう。Airペイは、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済・ポイント決済など多くの決済手段が利用可能なため、さまざまな客層に対応することができます。

高額商品を扱う店舗の場合は、Coineyがおすすめ!

高額の商品を購入するときにこそキャッシュレス決済はとても役に立ちます。クレジットカードでは1回払いだけでなく、2回払いやリボ払いなどを選ぶことができるので、家計に無理なく買い物ができるメリットがあります。

Coineyはクレジットカードの1回払い・2回払い・リボ払いなどにも対応しているため、高額の商品を扱う店舗にはCoineyがおすすめです。

キャッシュレス消費者還元事業にこれから登録したい店舗の場合は、Airペイがおすすめ!

2019年10月からスタートしたキャッシュレス消費者還元事業は2020年6月15日まで続きます。多くの店舗がすでにキャッシュレス消費者還元事業に登録を済ませていますが、まだ登録をしていない店舗はAirペイの登録がおすすめです。

Airペイはキャッシュレス加盟店支援事業者に登録しているため、Airペイの登録がキャッシュレス消費者還元事業の登録にもなるので、スムーズに登録・利用ができます。

店舗の資金繰りの負担を減らしたい店舗の場合は、Airペイがおすすめ!

キャッシュレス決済を導入し、お店の資金繰りをしていく際に、売り上げの入金サイクルが大切になってきます。入金サイクルが月に何回かあれば、売り上げの回収が早くできるため、お店の資金繰りがしやすくなります。

Airペイはみずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の口座に振り込みをする場合は月に6回の入金サイクルとなるため、お店の資金繰りの負担を減らしたい方はAirペイの導入がおすすめです。

お店に合った決済サービスを選ぶようにしましょう!

今回はキャッシュレス決済端末サービスCoineyとAirペイについて解説してきましたが、どちらも低コストで導入でき、非常に使いやすい決済端末です。

これからキャッシュレス決済を導入しようと考えている店舗の方は、決済の種類や入金サイクルなど、CoineyやAirペイのそれぞれのサービス内容を確認し、自分の店舗にあった決済端末サービスを選ぶようにしましょう!



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介