楽天カードを紐づけた楽天Payを使えばコンビニで還元率が最大8%! 最も還元率がいいのはどのコンビニか比較


楽天カードの紹介

楽天グループが発行する楽天カードは、ポイントが貯まりやすく、日常で使い勝手がよいカードとして多くの方に愛用されています。

また、楽天カードは各コンビニでも利用が可能で、使い方次第ではポイント還元率を上げてお得に利用することができるメリットも持っています。

ただし、コンビニも楽天カードも広く普及しておりそれぞれが膨大な種類となっているため、どのコンビニで、どういう形で支払うのがお得なのか、など楽天カードをお得に使う方法を知らない方も多くいることでしょう。

そこで今回は、楽天カードとはどのようなカードなのか? 楽天カードはどこのコンビニで使えるのか? など、楽天カードの基本情報からコンビニ利用で還元率を高くするコツまで徹底的に紹介していきます。

楽天カードの特徴

楽天カードは、楽天グループが発行しているクレジットカードであることから、楽天市場や楽天ブックスなど楽天グループのショッピングで多くのボーナスポイントを獲得できる特徴があります。

また、年会費無料で通常のポイント還元率が1%と高く、使い方次第でとてもお得に利用が可能です。それに加え、国際ブランドはVISA・JCB・MasterCard・アメックスと世界シェアが高いブランドが揃っているため、自分のライフスタイルに合ったカードにできる魅力もあることから、総合的にも非常に利便性がよいカードといえます。

では、まずは楽天カードの基本情報をチェックしていきましょう。

基本情報


国際ブランド VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress
申込み資格 18歳以上
楽天会員の方
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0%
100円につき1ポイント付与
ポイント利用 1ポイント=1円から
海外旅行傷害保険 利用付帯
最高100万円まで
付帯機能 楽天Edy
楽天ポイントカード
優待店舗 LAWSON・エディオン・DAIMARU・MATUZAKAYA・TOKYU HANDZ・魚民等
ポイントアップ対象 楽天トラベル・楽天市場・楽天Rakoo・楽天ボックス・楽天銀行など楽天グループサービス

楽天カードのポイント還元率をあげる5つの方法

⦁ 楽天市場利用でポイント3倍
⦁ 楽天トラベル、楽天ダイニング加盟店の利用でポイント2倍
⦁ 楽天カード感謝デーに利用でポイント3倍
⦁ スーパーポイントアッププログラムでポイント9倍
⦁ 楽天Payに紐付けて還元率1.5% (カード1%+楽天Pay 0.5%の2重取り)

楽天カード・楽天Pay・楽天Edyが利用できるコンビニ

楽天カードは、JCB・MasterCard・VISA・アメックスが使えるコンビニならばどこでも使えます。

また、楽天Pay・楽天Edyも多くのコンビニで利用が可能となっています。

                    
コンビニ 楽天カード 楽天Pay 楽天Edy
セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
ミニストップ
ポプラ
セイコーマート
スリーエフ ×
デイリーヤマザキ ×

コンビニでより特に楽天カードを利用するなら楽天Payを紐付けよう!

楽天Payは複数のクレジットカードを登録することができますが、特に楽天カードを登録しておくとポイント還元率が上がりよりお得に利用できるようになります。

また、コンビニは各社、楽天Payの利用でキャッシュバックなどのキャンペーンを過去に行っているので、次回に備えて楽天カードに楽天Payを紐付けておくことがおすすめです。

ポイント進呈ルールの変更について

2022年4月1日(金)より、一部サービスについて、楽天ポイントの進呈ルール(進呈対象金額)が下記のとおり変更されます。

  • 変更前:消費税をポイント進呈対象金額に含む
  • 変更後:消費税をポイント進呈対象金額に含まない

楽天市場の変更点

対象サービス 変更タイミング ポイント付与の対象金額
変更前 変更後
通常購入 2022年4月1日(金)00:00
以降の注文
1商品ごとの税込購入金額 1商品ごとの税抜購入金額
定期購入
頒布会
予約購入
2022年4月1日(金)00:00
以降に確定された注文
注文確定時の税込購入金額 注文確定時の税抜購入金額

その他変更となる対象サービス

変更後のポイント進呈ルールについては、各サービスごとに条件等が異なる為、各サービスサイトをご確認ください。
※条件達成など固定値でのポイント進呈を行っているケースについては、ポイント進呈ルールの変更はございません。


※楽天ポイントカードでは、ごく一部の加盟店を除きポイント進呈対象金額に変更はございません。

各コンビニによるポイント還元率やキャンペーンの違いを紹介


セブンイレブン

セブンイレブンでは楽天カード・楽天Pay・楽天Edy払いすべてに対応しています。

2019年10月~2020年6月まで適用となるキャッシュレス消費者還元制度によってセブンイレブンでの楽天カードまたは楽天Pay利用時には2%の還元がされます。
それに加えて、楽天Payのキャンペーンにより、楽天Pay払いの5%還元が上乗せとなります。
※キャンペーン期間は2019年10月1日~2019年12月2日まで

さらに、楽天ペイに楽天カードを紐付けておくことで、1%の還元がプラスされ、還元率は合計8%まであがります。


キャッシュレス消費者還元制度 2%
楽天Payのキャンペーン 5%
楽天Payに楽天カードを登録 1%
合計 8%

過去のセブンイレブンでの楽天Payのキャンペーン

「セブンイレブンで711円(税込)以上を楽天Pay払いで10,000ポイントが当たる!」&「楽天Pay払いの方全員にもれなく150ポイントプレゼント」キャンペーン

ローソン

ローソンでは楽天カード・楽天Pay・楽天Edyが利用でき、さらにポインタカードやdカードも併用することができます。

まずローソンで楽天Pay払いをすると通常は200円(税込)につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります(還元率0.5%)。
※現在は楽天Payのキャンペーンで5%

そして楽天Payに楽天カードを登録しているとさらにカードのポイント100円(税込)につき1ポイントが付与(還元率1%)され、さらにキャッシュレス消費者還元の還元で2%が加わると合計の還元率が8%となります。


キャッシュレス消費者還元制度 2%
楽天Payのキャンペーン 5%
楽天Payに楽天カードを登録 1%
合計 8%

楽天Payに楽天カードを登録して利用するだけで8%もの還元を受けることができるのは、非常にお得です。

これもキャッシュレス消費者還元制度によって実現している還元率でもあるため、キャッシュレス消費者還元制度の期間中がローソンで多くのポイントを獲得できるチャンスでしょう。

また、ローソンでは通常のポイントカードのポンタカードとdカードの併用が可能となっています。

例えば、ローソンで3,000円の買い物を、楽天カードを紐付けた楽天Payで支払うと8%の還元となるため240楽天ポイントが貯まります。
さらにポンタカードとdカードを提示すると、ポンタカード30ポイント、dカードでも30ポイントが貯まります。

ポイント獲得の嵐になりますが、少しでもそれぞれのポイントを効率よく貯めてお得に使いたい方はポンタカードやdカードの提示もするとよいでしょう。

過去のローソンでの楽天Payのキャンペーン

・楽天ペイ支払いでLチキ分の楽天ポイントがもらえるキャンペーン
・楽天ペイ支払いでポイント最大2.5倍キャンペーン

ファミリーマート

セブンイレブンやローソンと同様にファミリーマートでも楽天カード、楽天Pay、楽天Edyの利用が可能となっています。

ファミリーマートで楽天Payを一番お得に利用する方法は、前述で紹介したセブンイレブンとローソンと同じで、楽天Payに楽天カードを登録して利用することが一番お得に利用できる方法です。

ポイントの還元率の例は以下の通りです。


キャッシュレス消費者還元制度 2%
楽天Payのキャンペーン 5%
楽天Payに楽天カードを登録 1%
合計 8%

また、ファミリーマートではTポイントカードと楽天ポイントカード、dポイントカードの併用ができます。
※楽天Pay払いをしたときにはファミマTカードなどのクレジットカードとは併用ができません。

例えば、ファミリーマートで3,000円の買い物を楽天カードを紐付けた楽天Payで支払いをすると、楽天ポイントが240ポイント、楽天ポイントカード提示で30ポイントの楽天ポイントが加算されます。

このようにファミリーマートでは楽天ポイントカード提示で楽天ポイントの3重取りができてしまうため、楽天ポイントを貯めている方はコンビニの中ではファミリーマートが一番お得でおすすめです。

過去のファミリーマートの楽天Payのキャンペーン

楽天Edyまたは楽天Payのお支払いで100万円・ポイント山分けキャンペーンにエントリーができる!

ミニストップ

ミニストップでは2018年の12月中旬から楽天Payの導入をしました。
また、楽天カード、楽天Edyも問題なく利用ができますので、それぞれの利用で楽天ポイントを貯めることができます。

また、ミニストップで楽天Payを一番お得に利用する方法は、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートと同様で、楽天Payに楽天カードを紐付けて利用することが一番お得でおすすめです。

ポイント還元の例はセブンイレブンなどと同様です。


キャッシュレス消費者還元制度 2%
楽天Payのキャンペーン 5%
楽天Payに楽天カードを登録 1%
合計 8%

また、ミニストップでは楽天Pay払いとWAONポイントカードが併用できるため、楽天ポイントに加えてWAONポイントも貯めることが可能です。

過去のミニストップの楽天Payのキャンペーン

楽天Payでお買い物すると20%ポイントバックのキャンペーン

コンビニで楽天Payを利用するなら楽天カードを登録するとお得!

前述で、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップでの楽天Payをお得に利用する方法などをみてきましたが、どのコンビニでも一番お得に楽天Payを利用するには楽天Payに楽天カードを登録しておくことがよいことがわかります。

また、コンビニ各社では、楽天Pay利用でキャッシュバックなどのキャンペーンを過去に行っているので、次回のキャンペーンに備えて楽天カードを紐付けた楽天Payを登録しておくとよりお得に楽天ポイントを貯めることができるでしょう。

楽天Pay・Edyの紹介

楽天カードは、楽天Payと楽天Edyに紐付けることができるようになっています。

クレジットカード単体で利用しても多くの特典やボーナスポイントを受けることができる楽天カードですが、楽天Payや楽天Edyに楽天カードを登録して利用するとさらにお得になります。

では、楽天Payと楽天Edyのそれぞれの特徴や基本情報、コンビニでお得に利用する方法などを紹介してきましょう。

楽天Payとは?

楽天カードは楽天Payに登録することでポイント還元率がアップしますが、楽天Payとはどのようなスマホ決済なのでしょうか?

今一度確認しておきましょう!

特徴

楽天Payはスマホ決済サービスで、買い物の際にQRコード・バーコードを読み取って決済をします。

電子マネーと違い、事前にクレジットカードを登録し、クレジットカードから支払いが行われる仕組みになっているため、楽天Payで決済をする際には、楽天Payとクレジットカードの両方のポイントを獲得することができます。

また、登録するクレジットカードを楽天カードにすると、楽天Payのポイント0.5%+クレジットカードのポイント1%+ボーナスポイント1%の3重取りが可能となるので、楽天Pay利用には楽天カードが一番おすすめです。


決済機能 QRコード・バーコード決済
ポイントプログラム 楽天ポイント
ポイント還元率 通常:200円につき1ポイント

登録の仕方

1 楽天Payのアプリをダウンロードします。
2 アプリを開いてログイン画面からログインまたは「楽天会員に登録」をします。
3 会員でない方はメールアドレス・名前・登録したいクレジットカードの情報を入力します。
4 利用規約を読んで同意ができれば同意ボタンを押します。
5 クレジットカードのセキュリティコードを入力します。
6 アプリの誘導に従ってポイントの設定などを行います。
7 バーコードの画面が出てきたら登録完了です。

コンビニでお得に使う方法

楽天Payをコンビニでお得に使うには、楽天Payに楽天カードを登録しておくことが一番おすすめです。

楽天Payに楽天カードを登録すると通常のポイント還元に加えて、自動的にポイントが1%プラスされます。

さらに楽天Payでボーナスポイントやポイントアップキャンペーンなどを実施しているとコンビニでの買い物で非常に多くの楽天ポイントを獲得することができるでしょう。

楽天Edyとは?


特徴

楽天Edyは楽天グループが運営する電子マネー決済です。
楽天Edyは現金・クレジットカード・楽天ポイントのいずれかからチャージすることができ、クレジットカードからのチャージでは200円につき1ポイントが付与されます。

また、楽天Edy支払い時にさらに200円につき1ポイントが付与されるため、楽天Edyはクレジットカードからチャージするとお得でしょう。


決済機能 電子マネー
チャージ方法 コンビニにて現金でチャージ
クレジットカードからチャージ
楽天ポイントをチャージ
ポイントプログラム 楽天ポイント
ポイント還元率 クレジットカードからチャージ→200円につき1ポイント
楽天Edy決済時→200円につき1ポイント

楽天Edy付帯の楽天ポイントカードの購入方法

楽天Edy付帯の楽天ポイントカードは楽天市場内の公式ショップで購入することができます。

楽天Edyアプリの登録方法

楽天Edyはアプリで利用することも可能です。
1 まずは楽天Edyのアプリをダウンロードします。
2 アプリが起動したら「ポイント設定」から使いたいポイントを設定します。
3 あとはクレジットカードまたは現金で楽天Edyにチャージして完了です。

コンビニで楽天Payを利用するなら楽天カードを登録しよう!

キャッシュレス決済が一般的となってきた昨今、コンビニなど身近なお店でもスマホ決済やクレジットカードを利用する方も多いのではないでしょうか。

今回は楽天Payに焦点をあててコンビニでお得に利用する方法などを紹介してきましたが、キャッシュレス消費者還元制度が実施されている現在、コンビニでの楽天Pay利用は非常にお得になっています。

さらに、楽天Payに楽天カードを登録しておくことでさらにポイントが1%上乗せとなるため、楽天Payで少しでも多くのポイント還元を受けたい方は楽天カードも持っているとよりベストでしょう。


また、楽天Payはそれぞれのコンビニで随時キャンペーンを行っているため、楽天Pay+楽天カード利用でさらに多くのポイントを得てお得に買い物をしましょう!



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介