To Me CARD Prime PASMOとソラチカカード、東京メトロポイントが貯まりやすくて得なのはどっち?


東京メトロを利用しているのであれば、To Me CARDの存在を広告で見たり、実際使っている方を見かけたりで知っている方もいることでしょう。

しかし、名前だけ知っていても内容までは詳しく知らないといった方もたくさんいます。

To Me CARDを利用すればどのようなメリットがあるのか? 東京メトロに日々乗車しているなら押さえておくべき点と言えるでしょう。

そこで、To Me CARD Prime PASMOが東京メトロ利用者にとって、どのようなメリットをもたらすのか見ていきます。

なぜ数あるTo Me CARDのラインナップからPASMOが利用できるTo Me CARD Prime PASMOについて見て行くのかと言うと、東京メトロを利用している方はPASMOを利用している方が多いので他のTo Me CARDを見るよりためになるからです。

To Me CARD Prime PASMOを利用すれば乗車するごとにポイントを獲得でき、そのポイントをまた電車賃として使うことができます。

日々利用するカードとしてもTo Me CARD Prime PASMOはポイントが貯まるのでおすすめですし、このカードならPASMOとクレジット機能を1枚のカードで使うことができ、財布もかさばらずスマートに持ち歩くこともできます。

PASMOが使えるのは東京メトロだけではなく街中でも利用可能な場所が豊富なので、利便性は高いです。

定期券の購入もできるため別にもう1枚PASMOを持ち歩く必要なく、移動手段に東京メトロを使うならTo Me CARD Prime PASMOは手放せなくなってくることは間違いありません。

東京メトロを利用していてクレジットカードの発行で悩んでいるのなら、To Me CARD Prime PASMOにするのがおすすめです。

また、クレジットカードを発行する前は同じ系列のクレジットカードや似た内容のカードがあれば、比較することで発行したいクレジットカードの魅力が見えてきます。

To Me CARD Prime PASMOはソラチカカードと比較して差をチェックして行きましょう。

比較することでデメリット面も見えてくるので、メリット・デメリットを見極めればTo Me CARD Prime PASMOをより上手に使いこなせます。

まずは、To Me CARD Prime PASMOの概要から確認してみてください。

To Me CARD Prime PASMOは東京メトロ利用者に打ってつけのカード

To Me CARD Prime PASMOは年会費初年度無料、通常は2,200円(税込)発生しますが、年間に50万円以上のカード利用で年会費が無料となるPASMO付帯のクレジットカードです。

カード国際ブランドはVISA・Mastercard・JCBから選択することができ、全て世界中で使える国際ブランドなのでメインのクレジットカードとしても最適ですし、何より日々の東京メトロをより便利・得に利用できるのが最大のメリットでしょう。

To Me CARD Prime PASMOに付いているPASMOは「定期利用」・「オートチャージ利用」・「チャージ利用」どの使い方にも対応していて、定期利用をすると通常のカード会社が付与してくれるポイントとは別にメトロポイントが付与されるので得なのです。

メトロポイントは乗車する曜日などに基づいてポイントを獲得でき、貯まったポイントは10メトロポイント→10円のPASMOチャージ分に利用でき、定期券をTo Me CARD Prime PASMOで決算すれば1,000円→5メトロポイント付与されます。

メトロポイント付与表

乗車ポイント ・平日乗車10ポイント
・土休日20ポイント
※1乗車につき
※定期区間外
電子マネーポイント ・自販機100円→1ポイント
・店舗→200円→1ポイント
ボーナスポイント ・年間カード利用額30万円→100ポイント
・年間カード利用額50万円→300ポイント
・年間カード利用額100万円→1,000ポイント

これだけメトロポイントが貯まるシステムがあれば、PASMOで得できるのは確実と言えるでしょう。

この他にもカード国際ブランドごとに異なりますが、JCBではOki Dokiポイント(1,000円→1ポイント)が付与され、これ以外の国際ブランドではわいわいポイントが付与されます。

Oki Dokiポイントはディズニーランドのチケットや支払い額充当にも使える魅力的なポイントシステムなので、ポイントシステムを充実させたいならJCBはおすすめです。

国際ブランドごとに貯まるポイントシステムに関してはそれぞれのシステムごとに活用方法が異なるので予め確認しておくのが良いですが、このカードの魅力はメトロポイントとなっています。

メトロポイントはPASMOチャージ額に使えると言ったメリットがあり、このシステムは東京メトロを日々利用している方にとっては重なる高額な電車賃が浮くのでとても魅力的なシステムですが、他の利用方法はないのか? と言った点も気なるでしょう。

メトロポイントはnanacoポイントなどに500ポイント→500円に移行できますが移行先は少なく、PASMOチャージで余ったポイントなどをたまにPASMO以外に利用するなら良いですが、メトロポイントはPASMOチャージに利用するのが一番賢い方法と言えます。

To Me CARD Prime PASMOはあくまでも東京メトロに特化したクレジットカードとなるので、「PASMOチャージ以外でもポイントを利用したい」・「ポイント移行先がたくさん欲しい」と言った方にはあまり向いていません。

しかし、電車賃を浮かせたいのであればTo Me CARD Prime PASMOは打ってつけなので、上手にメトロポイントを貯めて行けば必ず役立ってくれるクレジットカードとなることでしょう。

ソラチカカードはTo Me CARD Prime PASMOと同系列のカード

では、To Me CARD Prime PASMOについて確認しましたが、カードを比較しTo Me CARD Prime PASMOのメリットを見極めるにソラチカカードについてもチェックして行きます。

ソラチカカードはANA To Me CARD Prime PASMO JCBが正式名称となり、年会費初年度無料、その後は2,200円(税込)の年会費で利用できます。

カード国際ブランドは名前に入っている通りJCBとなるので、日本中どこでも利用することが可能です。

ソラチカカードでも付帯しているPASMOを利用すれば、東京メトロに乗車でメトロポイントが貯まり付与方法は以下の通りです。

メトロポイント付与表

乗車ポイント ・平日乗車5ポイント
・土休日15ポイント
※1乗車につき
※定期区間外
電子マネーポイント ・自販機100円→1ポイント
・店舗→200円→1ポイント

PASMOへのチャージ率は10メトロポイント→10円分のチャージ額になるので、To Me CARD Prime PASMOと同じようにチャージして行けます。

また、ソラチカカードの魅力はANAマイルを効率よく貯められることで、貯まるポイントは基本的にOki Dokiポイントとなり付与率は1,000円→1ポイントとなっています。

Oki DokiポイントはANAマイルへと1,000円→5マイルの交換レートで移行することができ、10マイル分で移行したい場合はソラチカカードの年会費とは別にANAマイルの移行手数料5,000円(税別)の年会費を取られますが可能です。

しかし、Oki Dokiポイントはディズニーランドのチケット交換やJALマイル移行などポイント活用のシステムが優れていますが、中にはANAマイルだけを貯めたいと言った方もいることでしょう。

そのような方にはマルチポイントコースが最適で、このコースならOki Dokiポイントが自動的にANAマイルへと移行され交換レートは同じとなります。

ソラチカカードはメトロポイントも1,000メトロポイント→1,000ANAマイルに移行できその逆もすることができるので、ANAマイルを貯めたい方には打ってつけのクレジットカードです。

ANAマイルは特典航空券にはもちろん、ペニンシュラなどの高級レストランの食事や全日空ホテルの宿泊費用などにも使うことができる使える幅が広いマイルとしても人気が高く、そのANAマイルを換算率良く貯められるソラチカカードは大好評となっています。

ANAマイルを貯めたいなら、ANAカードよりもソラチカカードがおすすめです。

To Me CARD Prime PASMOとソラチカカード、東京メトロ乗車者に得なカードはどっち?

To Me CARD Prime PASMOとソラチカカードのカード概要をそれぞれチェックしましたが、ここで2枚のカードを比較して何が異なるのかをチェック行きます。

<年会費>

To Me CARD Prime PASMOとソラチカカードでは、年会費が割引になるシステムが異なるので注意が必要です。

どちらも初年度の年会費は無料ですが次年度からの年会費のシステムが異なり、To Me CARD Prime PASMOは年間50万円以上の利用で年会費が無料となりますが、ソラチカカードにはそのシステムがなく2,200円(税込)の年会費が発生します。

<メトロポイント>

メトロポイントの付与率が良いのは、ボーナスポイントだけでなく乗車ポイントも5ポイントずつ上のTo Me CARD Prime PASMOです。

<国際ブランド>

カード国際ブランドはソラチカカードではJCBのみしか選べませんが、To Me CARD Prime PASMOなら「VISA」・「マスターカード」・「JCB」と選択できます。

To Me CARD Prime PASMOとソラチカカードでは、メトロポイントの付与システムから見て東京メトロに特化しているのは、ボーナスポイントの付与があり乗車ポイントの付与率も良いTo Me CARD Prime PASMOと言え、年会費も実質無料で利用できるためTo Me CARD Prime PASMOの方が東京メトロで得をしたい方には合っていると言えるでしょう。

また、年会費やメトロポイントの差を読んでも発行に迷うと言った方には、ANAマイルを貯めたければソラチカカードで東京メトロに特化しているクレジットカードを探いているならTo Me CARD Prime PASMOと把握してくと、カード選びで失敗はないでしょう。

カードは特色を見極めてから発行しないと結局は「いらないカード」を持っていることになり、クレジットカードは長く使えるカードのみを発行していた方が多重申込防止にもなり良いのです。

To Me CARD Prime PASMOの発行前はカード内容の重要な点はしっかりと読み、内容を理解して発行後に不満などが生まれないようにカードを作ってください。

To Me CARD Prime PASMOを使えば交通費を有効的に使える!

東京メトロが頻繁に使う路線なのであれば、To Me CARD Prime PASMOを利用してメトロポイントを使って行かない手はありません。

To Me CARD Prime PASMOを利用していれば定期券の支払いで1,000円→5メトロポイントも付与されますし、乗車ポイントは定期区間外でないと付与されませんが東京メトロなら便利な駅も多いため定期区間外を利用することも多々あると想定できるのでその分の乗車ポイントを合わせれば、PASMO対応の自販機や街のPASMO加盟店などでお昼を買ったりできるほどのチャージ額は貯まるでしょう。

カード会社ごとのポイントも1ポイント→5メトロポイントになるので、貯まったメトロポイントは定期代とは別にTo Me CARD Prime PASMOに付帯しているPASMOへとチャージしておき、定期区間外ではメトロポイントを利用するようにすれば定期を利用している方もお昼代などだけでなく電車賃でも得できます。

メトロポイントは例えば半年間、土・休日に東京メトロの定期区間外に乗車したとして、半年分の定期代30,000円(税別)をTo Me CARD Prime PASMOで支払ったとしたら、960メトロポイント=960円分のPASMOチャージ額が貯まるのです。

定期利用者には交通費を浮かせるというよりも貯まるメトロポイントがオートチャージを利用している方よりも少ないので、貯まったメトロポイントはPASMOにチャージしてバス代や街のPASMO加盟店で利用するのが賢いメトロポイント活用法でしょう。

また、週に2~3回東京メトロを利用している場合なら定期ではなくオートチャージや通常チャージを行っている方がほとんどですが、この乗車タイプなのであればメトロポイントは交通費を浮かせることに繋がります。

メトロポイントは乗車でのポイントが一番貯まるので、「オートチャージ」・「通常チャージで半年間、土・日・火だけ毎週利用していたとすれば、乗車だけで1,200メトロポイント=1,200円分のPASMOチャージ額を獲得できるので魅力的でしょう。

この他にもオートチャージならクレジットチャージ額1,000円→1ポイントごとにクレジットカード会社のポイントが付与されますし、そのポイントはPASMOへとチャージできるので「オートチャージ」・「通常チャージ」を行っている方はメトロポイントでとても得できるのです。

この仕組みからTo Me CARD Prime PASMOで定期利用をするのも良いですが、どちらと言うと「オートチャージ」・「通常チャージ」を利用している方にTo Me CARD Prime PASMOは東京メトロを賢く利用できるので向いているカードと言えるでしょう。

電車賃は日々積み重なって行き結構な出費となるので、電車賃をポイント替え上手に使って行ったほうが支払った額を無駄にせずに済みます。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介