リボ払い専用の三井住友カードRevoStyleとJCB CARD R2枚を徹底比較!金利や還元率に注目!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


リボ払い専用のカードって知ってる? 支払い方法はリボ払いのみでも年会費が無料などメリットもあるカード

クレジットカードは、買った商品の代金を後払いできることが特徴ですが、その支払い方法にはいくつかの種類があります。翌月に1回払いにすることを1回払いや一括払いなどといい、その他では2ヶ月連続で半額ずつ支払う2回払い、そのほか回数を決めて支払う分割払い、毎月一定額で支払うリボ払いなどがあります。

クレジットカードの中には、この支払い方法の中のリボ払いに特化したリボ払い専用カードがいくつかあり、レジで一括払いの決済をしても、実際の支払いは毎月定額のリボ払いになることが特徴です。

リボ払い専用のカードは、なんといっても毎月の支払いを一定額にできるため、家計のやりくりがしやすくなり、支払いの負担も軽くできることがメリットです。リボ払い専用カードによっては、月々5,000円の返済で良いカードもあり、高額な商品を買ったとしても、月々5,000円の返済で済むなら気持ち的にも負担が軽くなるでしょう。

また、一般的なクレジットカードには年会費がかかるカードが多いですが、リボ払い専用カードは年会費がかからないカードが多いです。加えてポイント還元率が一般的なクレジットカードよりも高くて、ポイントも貯まりやすいといったメリットもあります。

ただ、支払い方法をリボ払い以外に変更することはできないため、この点には注意が必要です。リボ払い専用カードなので一括払いなどに変更できないのは当たり前なのですが、一般的なクレジットカードのように支払い方法に選択肢がないのです。

支払い方法はリボ払いに限定されるため、毎月定期的に利用する方や高額商品を買う予定があるときは計画的に利用しなければなりません。そんなリボ払い専用カードには、三井住友カードRevoStyleやJCB CARD Rなどがあります。次ではそれぞれのカードの基本情報をチェックしていきましょう。

三井住友カードRevoStyleなら他より低いリボ金利で使いやすい

三井住友カードRevoStyleは、年会費が永年無料、リボ払い手数料の請求がある月はポイントが2倍でもらえるリボ払い専用カードです。年会費がかからないため長く保有していても負担になるようなことは無く、いつでも一定額のリボ払いで返済することができます。

三井住友カードRevoStyleを利用した際の支払いは、すべてが三井住友カードのリボ払い「マイ・ペイすリボ」での返済となり、他の支払い方法を選択することはできません。

三井住友カードRevoStyleで貯まるポイントは、通常200円ごとに1ポイントが貯まります。リボ払い手数料の請求がある月は、200円ごとに2ポイントに還元率がアップして、お得にポイントを貯められるようになります。

また、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンとマクドナルドの4店舗で三井住友カードRevoStyleを利用すると、通常還元率の4倍ものポイントがもらえます。

そのほか、三井住友カードRevoStyleに入会したときに自分で選んだ対象店舗を利用するとポイント還元率が2倍にアップします。普段からポイントアップする店舗を意識して三井住友カードRevoStyleを使えば、大量にポイントを貯められるでしょう。貯めたポイントは景品やマイル、他社のポイントなどと交換できます。

三井住友カードRevoStyleはiDの利用が可能なカードです。iDに登録すればスマホ1つでいつでもキャッシュレス決済ができるので、より一層便利に利用できるようになります。普段からスマホでキャッシュレス決済をしている方なら、特におすすめの利用方法です。

三井住友カードRevoStyleの基本情報

  • 年会費:永年無料
  • 申込み資格:満18歳以上の方(高校生は除く)
  • 国際ブランド:VISA
  • 追加可能カード:家族カード、ETCカード、バーチャルカード、iD
  • 旅行保険:なし
  • ショッピング補償:年間100万円まで(1事故につき3,000円の自己負担)
  • ポイント:Vポイント リボ払い手数料請求月 200円ごとに2ポイント(通常は1ポイント)

三井住友カードRevoStyleのリボ払い「マイ・ペイすリボ」について

マイ・ペイすリボは、ショッピング1回払い利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法で、レジにて1回払いで決済しても支払うときはリボ払いになります。このマイ・ペイすリボは、締め日時点の利用残高により変動する残高スライドコースが適用されています。

これは、毎月リボ払いで5,000円ずつ支払う設定にしていても、5,000円すべてが返済されているわけではないところに注意が必要です。リボ払いを利用すると、利用残高に対して実質年率9.8%でリボ払い手数料が発生し、その手数料も併せて返済しなければなりません。

マイ・ペイすリボでは、リボ払い手数料との合計で毎月5,000円を返済するため、実質の返済金額は5,000円より少ない金額となります。締め日時点の利用残高が高額なほどリボ払い手数料は高くなり、低いほど少額になります。

返済金額は、締め切り時点での利用残高が10万円以下なら月々5,000円、10万円~20万円までは1万円、その後は残高が10万円増額するごとに5,000円ずつ返済金額もアップしていきます。

ですが、引き落とし口座に用意しておく金額は一定額で良いため、感覚的にはとても手軽に返済できるように感じます。

また、手持ちのお金に余裕があるときや、臨時収入が入ったときは、三井住友銀行のATMや提携するATMから、繰り上げ返済することも可能です。繰り上げ返済は自分のタイミングで自由に返済でき、毎月支払うリボ払い手数料の節約にもなるので、積極的に利用するのがおすすめです。

三井住友カードRevoStyleのリボ払い手数料の金利は実質年率9.8%で、一般的なリボ払い手数料の金利と比べるとぐっと低い設定です。ほかのリボ払い手数料の金利は15%前後のところが多いので、約5%はお得な手数料で利用できることになります。

JCB CARD Rはリボ払い発生でポイント4倍! 発生しなくてもポイント2倍のお得なカード

JCB CARD Rは、ショッピング利用代金の支払い方法が、ショッピングリボ払いになるリボ払い専用カードで、年会費は無料、いつでもポイントが2倍以上ももらえるお得なカードです。

WEB入会限定のため、JCBカードの公式サイト以外からは入手できないカードです。年会費が無料なので、ずっと保有し続けていても大きな負担になることはないでしょう。

JCB CARD Rで貯まるポイントはOkiDokiポイントで、通常は1,000円ごとに1ポイントがもらえます。JCB CARD Rでは通常1,000円ごとに2ポイントが貯まり、リボ払い手数料が発生している月は4倍のポイントが貯まります。

JCB CARD RはJCBカードのオリジナルシリーズのカードなので、JCBオリジナルシリーズパートナーの加盟店を利用でき、それぞれの加盟店の利用でポイント還元率がアップします。例えば、セブンイレブンでJCB CARD Rで買い物をした場合、いつでもポイントが3倍になるなどがあります。

貯めたポイントはステキな商品やマイル、他社のポイントと交換できます。その中でもOkiDokiポイントの交換でしっかり押さえておきたいのは、東京ディズニーリゾート関連の特典があることです。

ディズニーキャラクターグッズとの交換や、東京ディズニーリゾートのパークチケットとの交換、近隣ホテルの宿泊利用券との交換など、ディズニーファンには見逃せない内容が満載で、OkiDokiポイントを上手く使えばパークチケット代金と宿泊料金をポイントでまかなえる可能性も出てきます。

どのディズニー関連の特典もJCBカードオリジナルのものなので、JCB CARD Rを使っているからこそ利用できるともいえます。

また、JCB CARD Rには海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで、ショッピングガード保険が最高100万円まで付帯しています。海外に行くときも安心なほか、海外でJCB CARD Rで購入した商品は、購入日から90日間補償されます。年会費が無料のクレジットカードには保険が付帯しないことが多い中、心強いことです。

JCB CARD Rの基本情報

  • 年会費:無料
  • 申込み資格:18歳以上の方で本人または配偶者に安定継続収入のある方。高校生を除く18歳以上で学生の方。
  • 国際ブランド:JCB
  • 追加可能カード:家族カード、ETCカード、QUICPay
  • 旅行保険:海外旅行傷害保険 最高2,000万円
  • ショッピング補償:海外での買い物 最高100万円
  • ポイント:OkiDokiポイント

JCB CARD Rで適用されているショッピングリボ払いについて

JCB CARD Rで適用されているショッピングリボは、締め日の時点での利用残高に応じて返済金額が変動する残高スライドコースです。ゆとりコースと標準コースの2種類があり、生活費にゆとりを持って少額でコツコツ返済したい方はゆとりコース、毎月しっかり返済したい方は若干返済金額が高めの標準コースがおすすめです。

ゆとりコースは、利用残高が10万円以下だと毎月5,000円の返済で良く、10万円以上の利用残高になっても50万円に達するまでは10,000円の返済でOKです。利用残高に幅があり、なおかつ毎月の返済は少額で良いことが特徴です。

標準コースは、利用残高が10万円以下でも毎月の返済は10,000円と、ゆとりコースの倍の金額に設定されています。利用残高が10万円以上になると、10万円を超えるごとに返済金額が10,000円ずつ加算されていきます。利用残高が20万円なら20,000円、30万円なら30,000円といった具合です。

どちらのコースも毎月の返済のほかに繰り上げ返済を利用できます。余裕のある月には毎月の返済金額にプラス10,000円、20,000円と上乗せして返済できるほか、端数を除く万単位をすべて返済することもOKです。自分のタイミングで返済でき、リボ払い手数料の節約にもなるので積極的に利用するのがおすすめです。

JCB CARD Rのショッピングリボの返済金額には、すべてリボ払い手数料が含まれています。そのリボ払いの金利は実質年率15%でリボ払いの金利としては一般的な印象です。

JCB CARD Rで利用できるショッピングリボ払いについて

残高スライドコース名 ゆとりコース 標準コース
利用残高10万円以下 5,000円 10,000円
10万円~50万円以下 10,000円 10万円を超えるごとに10,000円加算
50万円~100万円以下 15,000円 10万円を超えるごとに10,000円加算
100万円超 20,000円 10万円を超えるごとに10,000円加算

2枚のリボ払い専用カードを比較! リボ払いメインの方は金利が低い三井住友カードRevoStyle、支払い金額を調整したい方はJCB CARD Rがおすすめ

リボ払い専用カードの三井住友カードRevoStyleとJCB CARD Rを比べてみると、リボ払い手数料請求時のポイント還元率はJCB CARD Rの方が高いものの、リボ払い手数料の金利を見てみると三井住友カードRevoStyleの方が9.8%とJCB CARD Rの15%よりも約5%も低くなっています。

金利の安さを考えると、普段からリボ払いを中心に買い物をしている方は、三井住友カードRevoStyleがおすすめです。リボ払いに対するポイント還元率は高くはありませんが、金利が低い分余分な手数料を支払う必要がなくなります。

旅行保険はないものの、国内・海外で使えるショッピング補償が付いています。メインカードとしては物足りませんが普段使いするショッピング専用のカードとしておすすめです。

また、リボ払い手数料が発生するとポイント還元率がぐんと高くなるJCB CARD Rは、ゆとりコースを選択すれば返済金額をある程度調整することが可能です。繰り上げ返済と併せて、返済金額を自分で調整できるという方におすすめです。

加えて、ディズニーキャラクターのファンの方、少しでもOkiDokiポイントを上手く使って安く東京ディズニーリゾートを楽しみたい方にもおすすめです。

リボ払い専用カードは、カードショッピングの利用代金のすべてがリボ払いとなり、自分のペースや毎月の返済の負担を軽くできるクレジットカードです。三井住友カードRevoStyleとJCB CARD Rは、どちらも個性的な特徴があり、どちらに入会しようか迷うところもあります。

もしも、どちらのカードに入会するか迷ったときは、自分のライフスタイルを振り返って考えてみてください。返済するときにリボ払い手数料が少しでも安い方が良いのか、自由度の高い返済をしたいのかなど自分に合う方を選ぶようにしましょう。

リボ払い専用カードの三井住友カードRevoStyleとJCB CARD Rの比較表

三井住友カードRevoStyle JCB CARD R
ポイント還元率 200円ごとに2ポイント 1,000円ごとに4ポイント
リボ払い手数料 9.8% 15%
付帯保険 ショッピング補償:年間100万円まで (国内・海外1事故:3,000円の免責) 海外旅行傷害保険:最高2,000万円 ショッピング補償:年間100万円まで(海外)


クレジットカードの選び方