マネパカードはメリットよりデメリットが目立つ? 海外旅行へ行くなら旅行保険が付帯されたカードがおすすめ!


海外プリペイドカード「マネパカード」とは

海外旅行では、まとまった額の現金を持ち歩くことは自らリスクを呼び込む行為となります。多くの国・地域では日本と違って治安の悪い場所も多く、特に観光客はスリや詐欺のターゲットとして狙われやすいからです。

もちろん、最低限必要な現金は持ち歩くわけですが、旅行用に準備したお金すべてを現金の形で持ち歩いてはいけません。もし、それを全部失ってしまったらせっかくの楽しい旅行が台無しになるだけでなく、大きな金銭的損失となります。

そこで、多くの人は海外旅行中、クレジットカードを携帯して現金を多く持たないようにしています。また、カードを持たない場合は、まとまった現金をホテルのフロントや部屋の金庫に預けておくという方法もありますが、たとえ信頼のおけるホテルであったとしても、多額の金銭を他者に預けるのはできれば避けたいものです。

以前はトラベラーズチェック(旅行小切手)というものがあり、事前に購入してしておいたその小切手を旅行先の銀行で換金したり、店舗で支払いに使ってお釣りをもらえたりしましたが、現在、国内では発行されていません。

ではやはり、クレジットカードを持たない人は現金を持ち歩くしかないのでしょうか?

実は、クレジットカードの利用以外にも、銀行が発行する国際キャッシュカードやデビットカード、あるいは、海外プリペイドカードを発行して、渡航先の提携ATMから引き出すという方法があるのですが、手数料が高いのが難点です。しかし、「マネパカード」という海外プリペイドカードなら手数料が比較的安いため多くの人に利用されています。

マネパカードは、FX・証券取引で知られるマネーパートナーズ社が提供する海外プリペイドカードで、年会費、チャージ手数料、決済手数料などは無料です。

あらかじめ渡航先の通貨をチャージしておくと、現地のATMで現地通貨を引き出せるほか、MasterCard加盟店で商品やサービスの支払いにも使えます。チャージ可能な通貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6通貨で、レートがいいときに円から外貨に両替しておけば、いつでも両替時のレートで利用できます。

あるいは、日本円だけチャージしておき、利用時、自動的に現地通貨に両替されるという機能を利用することもできます。

なお、このカードをショッピングの支払いに使うと、国内でも海外でもその利用金額の1%が翌月に日本円でキャッシュバックされます。

このようにマネパカードは、海外旅行においてクレジットカードに近い感覚で使えてポイントも貯まる、便利なカードといっていいでしょう。

マネパカードの手数料は本当に安いのか?

各社が発行する海外プリペイドカードの中でも、マネパカードは両替手数料の安さが大きなメリットとなっています。手数料は1米ドルあたり2.5円、1ユーロあたり3円、1ポンドあたり4円、1豪ドルあたり2円、1香港ドルあたり0.35円です。

同カードの公式サイトでは他社プリペイドカードとの比較表があり、そこでは、米ドルでは17%、ユーロでは25%、ポンドでは62%も手数料がおトクだという試算が掲載されています。条件によってこの計算は変わりそうですが、他社プリペイドカードよりも手数料が安いというのはまず確かなところでしょう。

同サイトにはクレジットカードとの手数料の比較もあり、そこでは米ドルでクレジットカードよりも18%も手数料がおトクだとされています。

これを一見すると、マネパカードが海外で最もおトクに使える決済手段のように思えます。しかし、この表をよく見ると、マネパカードのほうは「1%還元込」、クレジットカードのほうは「0.3%還元込」となっています。つまり、キャッシュバックやポイントによる還元を計算に入れているわけですが、0.3%還元というのはクレジットカードの還元率としては低い部類に入ります。

最近では年会費無料のカードでも1%のポイント還元を受けられるものが珍しくなく、その場合、この表の数字もだいぶ変わってきます。

計算を分かりやすくするため、1米ドル=120円のレートで1,000米ドルに両替するケースで考えてみましょう。

《マネパカードの手数料》

・1米ドルあたりの手数料は2.5円なので、1,000米ドルに両替する手数料は2,500円。

・1%→1,200円のキャッシュバック還元。

・手数料からキャッシュバック還元分を引くと、実質的な手数料として1,300円が算出される。

《一般的クレジットカードの手数料》

・手数料として1.6%を加算されたレートとなるため、1,000米ドルに両替するには12万1,920円が必要となる。そこで、実質的な手数料は1,920円ということになる。

・1%→1,200円のポイント還元

・実質手数料からポイント還元分を引くと、実質的な手数料として720円が算出される。

クレジットカードの海外利用でレートに加算される率については、カードによって異なりますが、ここでは一般的に多く見られる率としました。このように試算してみると、実はマネパカードの手数料はクレジットカードと比べると決して安くはないということが分かります。

審査なしに取得できるプリペイドカードが気楽に作れることは確かですが、よりおトクに海外旅行したいなら、ここはクレジットカードを作っておきたいところです。最近では審査のハードルの低いクレジットカードもたくさんあるので、これまでカードを作ってこなかった人も、海外旅行をきっかけに申し込んでみてはいかがでしょうか。

紛失・盗難・ケガ・病気――マネパカードは“万が一”に弱い

海外旅行におすすめのクレジットカードとして、ここではREX CARDを紹介しましょう。

次に、マネパカードと比較しながらその特徴を説明します。

REX CARDとマネパカードの比較

●年会費

マネパカードの年会費は無料、一方、REX CARDの年会費も無料なので、どちらも初期費用はかかりません。

●国際カードブランド

マネパカードはクレジットカードではありませんが、MasterCardの加盟店での決済が可能です。一方、REX CARDはMasterCardだけでなくVisaも選べます。

●ポイント(キャッシュバック)還元率

マネパカードはショッピング利用で1%のキャッシュバック還元を、一方のREX CARDは1.25%のポイント還元を受けられます。1.25%の還元率というのはクレジットカードの中でも大変高いものです。

●海外利用手数料

米ドルの場合、マネパカードは1米ドルあたりの手数料は2.5円となり、一方のREX CARDではレートに加算される1.63%分が実質的な手数料となります。これを1,000米ドルへの両替で考えると、1米ドル→120円のレートなら、前者は2,500円、後者は1,956円の手数料に、1米ドル→110円のレートなら、前者は2,500円、後者は1,793円の手数料になります。いずれの場合でも、REX CARDのほうが手数料はおトクです。

●旅行傷害保険

海外では医療費が非常に高額になることがあるため、海外旅行紹介保険への加入は絶対に必要です。マネパカードにはその種の保険が付帯しないため別途保険に加入しなければなりませんが、REX CARDなら最高補償額2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯するので安心です。同カードにはそのほか、最高補償額1,000万円の国内旅行傷害保険も付帯します。年会費無料のクレジットカードで海外と国内の両方の旅行傷害保険が付帯するのは非常に珍しく貴重です。

●カード盗難保険

カード盗難保険とは、万が一、カードを紛失したり盗難されたりして、それが不正利用された場合に、不正利用分の支払いが免除されるというものです。

マネパカードには、カードの紛失・盗難に気づいた時点でサポートデスクに連絡すると、その時点での残高を補償してくれるという仕組みがありますが、これは、連絡時点でカードを利用停止するというだけであり盗難保険とはいえません。つまり、その連絡時点までにすでに不正利用された分は戻ってこないわけです。

不正利用しようとする側は当然、利用停止される前に使えるだけ使ってしまおうとするはずですから、連絡した時点で“時すでに遅し”ということもあるでしょう。これは、マネパカードの最大のデメリットです。

一方、REX CARDには盗難保険が付帯しており、警察(海外では現地警察)への被害届提出前60日間、提出後60日間の計121日間の不正利用について補償されます。つまり、万が一、不正利用されたとしてもその支払いをする必要はないのです。

●REX CARDとマネパカードの比較ポイント

REX CARDは両替手数料の点でマネパカードよりおトクなだけでなく、海外旅行傷害保険もしっかり付帯しているので海外旅行にはうってつけの1枚だといえます。また、海外は治安の面で不安のある地域も多いため、紛失・盗難にあったカードが不正利用された場合でも失うものがないREX CARDのほうが安心して使えます。

利用限度額が定められているクレジットカードに対して、海外プリペイドカードにはそれがなく、大金を扱えることがメリットの1つとされることもありますが、カード盗難保険がないということは、大金を一度に失うかもしれないわけです。

REX CARDの飛び抜けたポイント還元率

では、REX CARDにはほかにどのような特徴があるのでしょうか。

REX CARDのそのほかの特徴

●ポイントアップの仕組みが充実

基本となるポイント還元率は1.25%とこれだけでも国内最高レベルですが、そこへ加えてさらにポイントアップする仕組みが充実しています。たとえば、同カードを発行するジャックスのポイントモール「JACCSモール」を経由してネットショッピングすると、クレジット利用で貯まる「REX POINT」1.25%分に加え、カード利用代金の請求時の値引き枠「Jデポ」0.5%分も貯まり、合計で1.75%のポイント還元率となります。

JACCSモールにはAmazon、楽天市場、Yahoo! ショッピングなど主要ネットショップを含む500店舗以上が出店しているので、ネットショッピングのときに忘れずここを経由するだけで、効率よくポイントを貯められます。特定ショップではさらにポイントアップされることがあり、最大で最大13.25%のポイント還元を獲得可能です。

なお、リボ払いを選択した場合、クレジット利用によるポイントが1.75%とアップし、JACCSモール利用ではそこに「Jデポ」0.5%分が加算され、合計で2.25%のポイント還元率となります。

そのほか、「価格.com安心支払いサービス」でのクレジット利用で1.5%のポイント還元に、期間限定キャンペーンとして毎週日曜日の利用分が1.5%のポイント還元となります。

●海外旅行傷害保険は自動付帯

REX CARDの海外旅行傷害保険は自動付帯といい、このカードで支払っていてもいなくても保険が付帯するというものです。そのため、旅行中のケガや病気の治療費に対する補償については、このカードをただ持っているだけで、ほかのカードに付帯されている旅行傷害保険の補償分に、補償金額がプラスされることになります。これは、年会費無料カードに付帯する保険としては好条件の補償内容といっていいでしょう。

国内旅行傷害保険については旅行代金をクレジットで支払った場合のみの適用となりますが(利用付帯といいます)、それは別として、国内・海外両方の旅行傷害保険が付帯すること自体が、年会費無料カードとしては大変稀有なものといえます。

●ネットでの不正利用も補償

ネットで不正利用され身に覚えがない請求が届いたときに、届出日から90日前までさかのぼって損害が補償されます。

●ETCカード、家族カードを無料で追加可能

ETCカードと家族カード(最大3枚)を年会費無料で発行できます。

おトクに、そして安心して海外旅行を楽しみたければ、マネパカードよりもクレジットカードを利用したほうがよく、特にポイント還元率が高く旅行傷害保険が充実したREX CARDがおすすめできるということが理解してもらえたと思います。

以上のことを参考に、海外旅行におけるお金の扱いについてセキュリティ面を第一に、改めて考えてみてはどうでしょうか。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介