DCMXカードから切り替えた後の賢い使い方と審査通過のコツを解説


dカードのメリット

dカード

多くの人が、毎月コンスタントに支払っている携帯料金。「せっかくならポイントの付くクレジットカードで支払ったほうがお得なのでは?」と思っているドコモユーザーの方に便利なのが、ドコモのクレジットカード「dカード」です。

2015年にDCMXカードから変わり、サービスも向上したことから、ドコモユーザー以外にも利用されることが増えました。

そんなdカードを、まずはメリットからチェックしてみましょう。

1.毎月の携帯・通信量がお得!

dカード最大の魅力は、ドコモの携帯料金の支払いに使うことで、がっつり「dポイント」を貯められる点です。

もともとドコモには「ドコモプレミアクラブ」というポイントサービスがあったのですが、2015年12月1日から「dポイントクラブ」に制度が変更されました。

ステージ達成の条件

ステージ ドコモ回線
継続利用期間
dポイント獲得数
(6ヵ月間累計)
Pt(プラチナ) 15年以上 or 10,000pt以上
4th 10年以上 or 3,000pt以上
3rd 8年以上 or 1,800pt以上
2nd 4年以上 or 600pt以上
1st 4年未満 and 600pt未満

dポイントクラブでは、ドコモ回線の継続利用期間または半年間のdポイント獲得数によって決まるステージ制があります。

通常のドコモ回線契約者でもお得な優待サービスや毎年誕生月にポイント進呈されますが、「ずっとドコモ割プラス」と合わせると、大きな料金割引またはdポイント進呈毎月受けられます。

ステージごとの特典

ステージ ずっとドコモ特典(毎年誕生月) ずっとドコモ割プラス(毎月)
ドコモのギガプラン ケータイプラン dポイント進呈を選択 料金割引を選択
Pt(プラチナ) 3,000pt 1,200pt 最大3,000pt 最大2,500円割引
4th 2,000pt 最大2,160pt 最大1,800円割引
3rd 1,500pt 最大1,440pt 最大1,200円割引
2nd 1,000pt 最大1,200pt 最大1,000円割引
1st 500pt - -

最高ステージのプラチナになると、料金割引なら最大2,500円/月、dポイント進呈なら最大3,000pt/月です。長期契約者でなくても、クレジットカード利用額が大きい方は上位ステージを目指せるので、ぜひ利用しましょう。

2.ポイント還元1%以上

dカードはドコモ関連の支払い以外にも、コンビニやスーパーなどの買い物に使うことでもdポイントが付きます。

100円につき1ポイントの付与ですので、還元率は1%です。100円という少額の単位に対してポイントが付与されるため、切り捨てになる部分は少なく済みます。

また、dカードの利用によって貯まったdポイントは、1ポイント=1円として提携店でそのまま現金のように使ったり、ドコモの支払いや各種ギフト券への交換したりなど、幅広く活用できます。使い方について、まず困る心配は少ないでしょう。

3.年会費が無料!

dカードの年会費は永年無料です。DCMXカードの時は、2年目以降条件を達成しないと無料になりませんでしたが、dカードは条件無く無料ですので、特に何か意識するということもありません。

4.ETCカードが年1回利用だけで年会費無料!

ETCカードの年会費については、DCMXカードの時と変わりありません。初年度無料で、翌年度からは500円+税がかかります。ただし、前年に1回以上利用があれば無料になるので、使い続けれ実質年会費無料で使い続けられます。

5.安心のケータイ補償付き!

DCMXカードから引き続き、dカード保持者は「ケータイ補償」が付帯します。こちらのサービスは、携帯やスマホが購入から1年以内に偶然の事故や紛失、盗難などに遭った場合、買い直す際の購入費用の一部が補償されるサービスです(最大10,000円)

対象となるのは同一機種・同一カラーの端末で、補償を受けるためにはドコモショップにてdカードで購入する必要があります。

このように、DCMXカードからdカードに切り替わっても、ドコモユーザーにとってメリットの多いクレジットカードのままですので、毎月口座振替で携帯料金を支払っている方はぜひ検討してみてください。

dカードの賢い使い方


年会費 永年無料
国際ブランド VISA、MasterCard®
ポイント還元率 1%(100円=1P)
その他 ・ドコモユーザー向け特典多数
・お得な入会キャンペーン実施中

dカードは通常還元率1%とクレジットカードの中でも高還元のカードです。「なるべく効率よくdポイントを貯めたい!」という方は、以下のような使い方を心がけてみましょう。

1.利用年数を稼ぐ!

dカードのメリット」でご紹介した通り、ポイントプログラムはステージ制となっています。クレジットカードをたくさん利用し、dポイントの獲得数が高ければステージが上がりますが、ドコモ回線の利用年数が長くてもステージが上がります

ステージが上がれば、優待特典や毎年誕生月にもらえるポイント数も上がりますので、利用年数を稼いでステージUPを目指してみてください。

2.あらゆる買い物に使う!

普通の買い物でも1%のポイントが付くdカードですが、100円という少額からポイントが付与されるので、なるべくこまめに普段使いすることでポイントをたくさん稼ぐことができます。コンビニやスーパーなど、お金を使うシーンではできるだけdカードを使って支払うようにしましょう。

特に利用したいのは、「dカード特約店」です。dカード特約店では、通常のポイントに加えてさらにボーナスポイントがもらえますので、ぜひ積極的に利用してください。

ENEOSやサカイ引越センター、ショップジャパン、伊勢丹、三越、JTB、JALなど、全国に数多くのdカード特約店があります。

3.dマーケットを利用する!

dmarket(dマーケット)」で、dカードを利用して買い物すると、2倍以上のポイントが貯まります。dアカウントがあればドコモユーザーでなくても利用できるサービスです。

日用品や家電を買える「dショッピング」や、オンラインで楽しめる「dゲーム」「dブック」「dミュージック」、ホテルやツアーの予約ができる「dトラベル」など、dマーケットはさまざまなコンテンツを取り扱っています。

これらの決済にdカードを使えばポイントがざくざく獲得できますから、音楽や電子書籍などをダウンロードしたい場合はぜひdマーケットを利用しましょう。

4.ネットショッピングは「dカード ポイントUPモール」を経由する!

楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどのショッピングサイトを利用する場合、直接アクセスせず、「dカード ポイントUPモール」を経由してお買い物するだけで、通常ポイントとは別にポイント加算が付きます。

経由しないでもらえるポイントは通常ポイントのみですが、店舗によって通常の1.5~10.5倍にもなりますので、直接アクセスするよりずっとお得になるのです。

期間限定のキャンペーンも行なわれていますので、dカードを持っている方はぜひチェックしましょう。

5.公共料金・ETCなどの支払いに使う!

電気・ガス・水道・電話・NHKなどをdカードで支払えば、毎月自動的にポイントが貯まっていきますのでお得です。毎月継続的に支払うお金こそ取りこぼさないよう、しっかりクレジットカードを使っていきましょう。

またdカードではETCカードも作れますので、ETCの利用によってポイントを貯めることも可能です。

6.家族カードも作る!

個別にカードを作るよりも、家族みんなでクレジットカードを使った方が支払いがひとつに合算されるため、ポイントは貯まりやすくなります。dカードでは無料で家族カードも発行できますので、家族で効率よくポイントを貯めていくのもひとつの方法です。

もし小さなお子様に持たせたい場合は、審査不要の「dカード プリペイド」という選択肢もあります。チャージした金額で計画的に使え、dポイントも貯まります。

dカード プリペイドで貯まったポイントも、dポイントクラブでカード登録することで合算ができます。複数カードをひとまとめにできるのも、dポイント会員ならではの特典です。

7.「こえたらリボ」を利用する

dカードにはDCMXカードの頃と同様に、「こえたらリボ」というシステムがあります。これは、事前に月々の支払いの上限額を設定しておき、それを超える買い物があった場合、超えた分が自動的に翌月以降のリボ払いになるというものです。

こえたらリボで支払った場合、通常のポイントに加えてさらに5ポイント加算されます。

dカードよりワンランク上の「dカード GOLD」


年会費 10,000円+税
国際ブランド VISA、MasterCard®
ポイント還元率 1%(100円=1P)
その他 ・ドコモ回線とドコモ光利用料金10%還元
・お得な入会キャンペーン実施中

ドコモユーザーにとっては何かとメリットの多いdカードですが、さらにポイント高還元率を実現しているのが「dカード GOLD(旧:DCMX GOLD)」です。

年会費は10,000円+税かかりますが、受けられるサービスで十分に元を取ることができます。

dカード GOLDのメリット

1.ドコモ携帯回線・ドコモ光の料金が10%還元!

dポイント10%還元

dカード GOLDでは入会時からドコモ携帯回線とドコモ光の支払い料金に対して還元が10%と、比べものにならない高還元率を実現しています。この数字は、携帯キャリア業界でも他に例を見ない数字です。

つまり、月々の携帯料金が10%引きになるのと同じですので、毎月9,000円以上支払っている方であれば、900円×12ヶ月=10,800円となり、これだけで年会費の元が取れてしまいます。

2.充実の付帯保険

充実した旅行保険

dカード GOLDは海外旅行で最大1億円国内旅行で最大5,000万円の旅行傷害保険が付帯しています。

また、dカード GOLDで購入した商品が盗難・破損などに遭った際に、損害額が補償される「お買物あんしん保険」も、年間300万円までの高額補償となっています(dカードでは100万円まで)。

dカードケータイ補償

さらに、dカード ケータイ補償の補償額も変わってきます。「端末の購入から1年以内の破損や紛失を対象に、10,000円までの補償」でしたが、GOLDでは「購入から3年間、最大10万円まで」の補償を受けることができます。

3.全国28箇所の空港で、ラウンジの利用が無料

国内空港ラウンジ無料

国内28の空港ラウンジを無料で利用できるサービスや、海外でクレジットカードの盗難や紛失に遭った際、現地に暫定的な緊急カードを無料で届けてもらえるサービスなど、旅行中に何かとうれしい特典がそろっています。

年会費はかかりますが、それだけの価値があるメリットの多いクレジットカードですので、ワンランク上のサービスが欲しい方にはおすすめです。

dカードの審査基準

DCMXとDCMX GOLDはドコモユーザーだけが申し込めましたが、dカードとdカード GOLDはドコモユーザーでなくてもdアカウントさえ作成すれば申し込みができます

それ以外の申し込みの資格は、以下のように規定されています。

dカードの入会資格

  • 個人名義であること(法人名義では不可)
  • 満18歳以上であること(高校生を除く。未成年者は親権者の同意が必要)
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること
  • その他当社が定める条件を満たすこと

dカード GOLDの入会資格

  • 個人名義であること(法人名義では不可)
  • 満20歳以上(学生を除く)で、安定した継続収入があること
  • 本人名義の口座を支払い口座として設定すること
  • その他当社が定める条件を満たすこと

dカードは、18歳以上であれば大学生や専業主婦でも申し込むことができる一方、dカード GOLDでは20歳以上の社会人で、本人に安定した収入があることが条件となっています。

一般的なゴールドカードと同様、dカードではGOLDのほうが審査基準は厳しめです。

dカードからdカード GOLDへの切り替え申請もできますので、まだ年齢が若い方やクレジットカードの実績が多くない方、収入面で不安のある方などは、まずはdカードに申し込むことから始めましょう。

その他、詳しい審査基準は公開されていませんが、長くドコモを使っている方で、これまで延滞の履歴がない方はやや有利だと思われます。dカードはドコモのクレジットカードであり、審査はドコモが行なうからです。

毎月の通話料金や端末代の分割払いなどを一度も滞りなく支払っている方は、それだけ実績が付いており、審査に通りやすくなると考えられます。もちろん、他のクレジットカードで良いクレジットヒストリー(利用実績)を作っている方も、審査には有利です。

「今回が初めてのクレジットカードなんだけれど」という方は、まずはdカードに申し込み、審査に通ったら毎月コンスタントに使って実績を重ねていきましょう。そうして信用度を上げていけば、いずれdカード GOLDへもスムーズに切り替えやすくなります。

審査に通りやすくするポイント

ドコモ利用歴が無い方でも、他に審査が通りやすくするポイントがあります。審査通過に不安がある方は、以下のことを意識してみてください。

記載できる項目は「正しく」&「できる限り埋める」

申し込みをする際に記載する内容は間違いがないようにしましょう。そのつもりが無くても、間違いが多いと最悪虚偽報告と判断されてしまう可能性があります。

また、任意項目であっても、記載できる項目はできる限り埋めることがおすすめです。例えば、電話番号の項目が自宅と携帯番号と分かれている場合は、両方書くことで「連絡が取りやすくなる」と判断される可能性が高いです。

キャッシング枠は0円に設定

申請項目で「キャッシング枠」の設定は0円にした方が、審査には有利とされています。お金を借りるということは、金銭的に余裕が無いと考えられやすいためです。

入会キャンペーン実施期間を狙う

入会キャンペーンが実施されている期間は、カード会社も入会者を多く獲得したいということでもあります。入会キャンペーンに乗った方が特典を受けられてお得というメリットもありますが、門が広く開け放たれている時期に申し込みをすることで、多少審査通過にも影響することは間違いないでしょう。

同時期に他のクレジットカード申し込みをしない

クレジットカードを申し込みした記録は信用情報機関に最低でも半年間保存されます。審査の際、信用情報機関の情報をクレジットカード会社はチェックしますので、多重に申し込みをすると「入会キャンペーンを狙っている」とも取られかねません。

そのため、複数カード申し込みをしたい場合は、半年以上申し込みを空けることをおすすめします。

dカード・dカードGOLDは入会キャンペーンあり!

dカード・dカードGOLDともに現在入会キャンペーンを実施中です。

ご入会やキャンペーンへのエントリー、カードの利用によってプレゼントされる内容が変化します。

dカード ご入会&エントリー&ご利用で最大8,000ポイントプレゼント(dポイント、期間・用途限定)


達成条件 dカード
dカード
毎月のドコモのご利用料金をdカード払いにすると dポイント1,000ポイント進呈(期間・用途限定)
ご入会の翌々月までのショッピングご利用金額に対して(ご入会日~ご入会翌月末まで) +25%ポイント還元(上限2,500ポイント)※ご入会月の4か月後に進呈
ご入会の翌々月までのショッピングご利用金額に対して(ご入会翌々月中) +25%ポイント還元(上限2,500ポイント)※ご入会月の5か月後に進呈
入会後翌々月までにキャンペーンへエントリーをして入会月の翌々月末までに「こえたらリボ」、「キャッシングリボ」の設定をすると dポイント最大2,000ポイント進呈
【内訳】
「こえたらリボ」:1,000ポイント進呈※毎月の指定支払額3万円以下の場合
「キャッシングリボ」:1,000ポイント
合計 最大8,000ポイントプレゼント

dカードの入会特典


dカードGOLD ご入会&エントリー&ご利用で最大13,000ポイントプレゼント(dポイント、期間・用途限定)


達成条件 dカードGOLD
dカードGOLD
毎月のドコモのご利用料金をdカード払いにすると dポイント1,000ポイント進呈(期間・用途限定)
ご入会の翌々月までのショッピングご利用金額に対して +25%ポイント還元(上限5,000ポイント)※ご入会月の4か月後に進呈
ご入会の翌々月までのショッピングご利用金額に対して(ご入会翌々月中) +25%ポイント還元(上限5,000ポイント)※ご入会月の5か月後に進呈
入会後翌々月までにキャンペーンへエントリーをして入会月の翌々月末までに「こえたらリボ」、「キャッシングリボ」の設定をすると dポイント最大2,000ポイント進呈
【内訳】
「こえたらリボ」:1,000ポイント進呈※毎月の指定支払額3万円以下の場合
「キャッシングリボ」:1,000ポイント
合計 最大13,000ポイントプレゼント

dカードGOLDの入会特典

キャッシュバックはdポイントとしてプレゼントされる

dカード・dカードGOLDのキャッシュバックはdポイントとしてキャッシュバックされるので注意しましょう。

ポイントは基本的に1ポイント→1円として使用できます。ぜひこのお得なキャンペーンを活用して、大量ポイントをゲットしてみてください。

dカードの入会キャンペーンへ申し込む
dカードGOLDの入会キャンペーンへ申し込む


クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト