20代限定のJAL CLUB ESTカードの魅力的な特典とは? 年会費を払ってでも作る価値がある究極のマイルカード


20代限定のJAL CLUB ESTとは? 年会費など基本情報を紹介

JAL CLUB ESTは20代の方を対象に、フライトやショッピングなどのカード利用にプラスアルファの会員限定特典が利用できるオプションサービス付きのカードです。
申し込みは原則20歳以上30歳未満の方と20代に特化しており、一生に一度の20代にたくさんのチャンスと体験を提供する特典が充実しています。

ビジネスシーンはもちろんプライベートでも空の旅を快適にするカードとしても利用でき、普段の買い物や食事の支払いでたくさんのマイルが貯まります。
JAL CLUB EST会員期間中は、通常のJALカード会員よりもマイルを貯めやすく、有効期限が延長されるなど独自の特典を利用できるようになります。

JAL CLUB ESTは各JALカードの機能や特典はそのままに、上乗せする形でサービスを利用できます。ANAカードによっては各種電子マネーへのチャージ、空港内の売店や機内販売での割引などもそのまま利用できます。

JAL一般カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードにプラスすることができ、30歳になる誕生月の4カ月前の月末まで申し込むことができます。
例えば9月が誕生月の方の場合、5月末日まで申し込みが可能です。
JAL CLUB EST会員が30歳になるとJAL CLUB ESTの有効期限月の末日に自動解約となり、セットしていたカードは通常のJALカードとして使い続けることができます。

JAL CLUB ESTの基本情報



JALカードの年会費(税込み)と
JAL CLUB ESTの年会費
一般カード:入会後1年間年会費無料 2,160円
(JALアメリカン・エキスプレス・カードは6,480円)
JAL CLUB EST年会費5,400円
(ショッピングマイル・プレミアム年会費3,240円込)
CLUB-Aカード:10,800円
CLUB-Aゴールドカード:17,280円
(JALカードSuica、JALアメリカン・エキスプレス・カードは20,520円)
JAL CLUB EST年会費2,160円
プラチナ:33,480円
VISA・MasterCard・JCB・アメリカン・エキスプレス(各提携カードが利用可能)

JAL CLUB ESTはJAL一般カードで入会する場合、一般カードの年会費2,160円+5,400円=合計7,560円が年会費となります。

また、ショッピングでのマイルが2倍貯まるショッピングマイル・プレミアム(https://www.jal.co.jp/jalcard/function/jpp.html)の年会費3,240円も含まれているので、普段の買い物はもちろん月々の固定費の支払いでも2倍のマイルが貯まる仕組みです。

JAL CLUB ESTの特典はラウンジの利用を始め優れたコスパの会員限定サービスがお得


年5回 サクララウンジが利用できるサクララウンジクーポンがもらえる

国内線17の空港で利用できるサクララウンジは、ゆったりしたソファーにマッサージチェア、シャワールーム、スマホ充電器まである多彩なサービスが揃っています。
搭乗までの時間を快適に過ごせるほか、年間5回、同行者1名まで入室でき女性専用ラウンジも利用できます。

JALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用

国際線の利用時に、JALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用できる特典です。自動チェックインカウンターの利用も可能なので、スピーディーかつスマートなチェックイン手続きができます。
コードシェア便の利用、国内線利用時、同伴者がいるときはおすすめできませんが、1人で海外に行くときは待ち時間もほぼ無く快適にチェックインできます。

最大60日! マイルの有効期限の延長

マイルには有効期限があり通常のJALカード会員は36カ月です。
JAL CLUB EST会員になると、JAL CLUB EST会員期間中に貯めたマイルの有効期限は60カ月まで延長になります。

36カ月でも3年と長く感じられますが、5年に延長されると余裕を持った旅行計画が立てられるようになります。
遠い国を目標にすることや、好きな国に頻繁に行くなどさまざまな使い方ができるでしょう。
海外出張の際にマイルを貯めて、プライベートでしっかり使うようにすればさらにお得に利用できます。

e JALポイント年間5,000円相当分積算

JALの航空券の購入やサーチャージ、ツアー代金の支払いなどのJAL Webサイトで使用できるe JALポイントが毎年5,000円分もらえる特典です。
チケット類の購入時はもちろん、普通席よりも18センチ広いシートのクラスJの利用にも使えます。

クラスJは人間工学に基づいたオリジナルリクライニング方式を採用しており、フライト中の体の負担を軽減する構造のシートです。
フライト時間が長いときやゆったり座りたいときにおすすめのシートです。
e JALポイントを貯めておくのも良いですが、クラスJの利用でワンランク上のフライトを楽しむこともおすすめです。

通常5,000マイル以上を100マイル単位での特典交換

通常のe JALポイントへの特典交換は5,000マイルからです。
JAL CLUB EST会員になると、100マイル単位でe JALポイントに交換できるようになり、JALのWebサイトから航空券やツアーなどの購入時に利用できるようになります。

そのため少しe JALポイントが足りなくて普段ならあきらめたり先延ばしするツアーでも、タイミングを逃さずに行けるようになります。
こまめな特典交換で、より幅広い使い方ができるようになります。

JAL CLUB ESTならフライトでもショッピングでもマイルが貯まりやすい

JALカードは通常のフライトやショッピングでマイルが貯まるカードですが、JAL CLUB ESTならもっとたくさん貯められるようになります。
通常のJALカード限定ボーナスマイルにプラスアルファでマイルが貯まるので、JAL CLUB ESTを使えば使うほど効率的にマイルが貯まります。

搭乗ボーナスマイル、FLY ONポイントの優遇

JALカード限定ボーナスに加え、JAL CLUB EST会員限定ボーナスを1,000マイル積算してもらえます。
このボーナスマイルは、入会後の初めての搭乗時に1,000マイル、その後は毎年最初の搭乗時に1,000マイルを積算するので、JAL CLUB EST会員でいる限り毎年1,000マイルがもらえることになります。

また、搭乗するたびにフライトマイルの5.0%がプラス積算されるので、搭乗回数が多いほどお得に貯まります。

さらにFLY ONポイントが毎年最初の搭乗時に2,000ポイント積算されるため、搭乗回数など一定条件に到達するとJALグローバルクラブ会員(https://www.jal.co.jp/jalmile/jgc/)のサービスも利用できるようになります。

普段の買い物でもショッピングでマイルが2倍貯まる

JAL CLUB EST会員になると、ショッピングマイルが2倍貯まる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に自動入会となり、通常なら年会費が3,240円かかるところを無料で利用することができます。

通常のJALカード会員は200円→1マイルが貯まりますが、JAL CLUB EST会員は200円→2マイルが貯まり日ごろの買い物でもマイルが貯まりやすくなります。

ショッピングマイルを貯めるならひと工夫! JAL CLUB EST特約店の活用で4倍マイルを貯めよう

ショッピングマイルを効率的に貯めるなら、JAL CLUB ESTの特約店の利用がおすすめです。JAL CLUB EST特約店で買い物をすると、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」で2倍になるマイルを4倍で貯めることができるようになります。

特約店(http://partner.jal.co.jp/site/tokuyakuten/?_ga=2.210656725.1372317121.1555568082-580522277.1555400405)にはイオン、紀伊国屋書店、ファミリーマート、マツモトキヨシなどを始め、さまざまなジャンルの特約店が全国に約54,000店舗あります。

よく買い物をするお店が決まっている場合でも、特約店を意識したお店選びをすることでより一層効率的にショッピングマイルを貯めることができます。

マイルが貯まりやすいJAL CLUB ESTの国内線利用時の注意点とは?

最大で4倍のマイルを貯められるJAL CLUB ESTは、豪華な特典も併せて上質なサービスを利用できることが特徴です。
ですがどこでもすべての特典を利用できるわけではなく、JAL CLUB ESTを使用するときはいくつかの注意点があります。

サクララウンジの利用は国内線限定

JAL CLUB ESTの特典で利用できるサクララウンジの利用は、国内線利用時の限定のサービスです。
国際線利用時には利用できないのでうっかり間違わないようにしましょう。

国内線サクララウンジクーポンとして年間5回、1回につき同行者1名まで利用でき、航空券の予約時にお得意様番号も登録しておくと当日スムーズに入室できます。
搭乗券またはeチケットお客様控にある2次元バーコードやICカード、ICケータイなどを専用のリーダーにかざすことで入室できます。

また、同行者はCLUB ESTカードの提示で入室できますが、この特典利用時は、Apple Payなどのモバイル端末上で表示されるカード券面画像は対象外で、必ずプラスチックのJALカードの提示が必要です。

スマホでカード類を管理することが増えていても、JAL CLUB ESTの利用時はプラスチックカードも必ず携帯するようにしましょう。
また、ラウンジへの入室の際に、ダイヤモンド・プレミア専用セキュリティゲートは利用できません。
フジドリームエアラインズ(FDA)が運航するコードシェア便に搭乗する方は、ラウンジ係員への声掛けにより利用可能となります。

国内線サクララウンジが利用できないケース

・予約時にお得意様番号の登録がない、お得意様番号の登録ができないツアーなどの利用時
・ジェットスター・ジャパンが運航するJAL国内線コードシェア便への搭乗時

ビジネスクラス・チェックインカウンターは国際線のみの利用

JAL CLUB ESTで利用できるJALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用は、国際線のみ利用できるサービスです。
JAL CLUB ESTの特典として付帯するサービスですが、国内線では利用できないので注意が必要です。
ビジネスクラス・チェックインカウンターの利用対象は、国際線のパッケージツアーなどに適用される個人や団体運賃を除く、エコノミークラス運賃や特典航空券の利用時です。

ビジネスクラス・チェックインカウンター利用の対象とならないケース

・他社が運航するコードシェア便
・利用する便にビジネスクラスがない場合
・ビジネスクラス・チェックイン専用カウンターの設置がない空港
・国内線(国内線→国際線の乗り継ぎ時も含む)
・CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナ、JAL CLUB ESTを持っていない同伴者

JAL CLUB ESTは空路での出張が多い方におすすめ

JAL CLUB ESTは20代限定、年会費が通常カードよりも少し高くなってしまいますが、JAL最強といえる上級会員並みの特典を利用できることがメリットです。
国内線・国際線のどちらの利用でもワンランク上のひとときを提供するサービスが充実し、本来のJALカードの特典も余すことなく利用できます。

JAL CLUB ESTは、空路での出張が多い方におすすめで、年間最大5,400円の上乗せで得られるメリットはハイコストパフォーマンスといっても良いでしょう。
国内・海外のどちらの出張にもメリットがあるものの、どちらかといえば国内より海外出張が多い方の方がマイルをたくさん貯められます。

20代限定という年齢制限が惜しまれることもあるようですが、20代で多くの体験を積むからこそ30代以上でそれを活かすことができます。
いつ、どこに出張に行っても戸惑うことなく対応できる、そんなデキル大人へのステップにもおすすめできるオプションサービスです。

JAL CLUB ESTの特典を活用してたくさんマイルを貯めよう!

JAL CLUB ESTは、20代だけが申し込むことができるオプションサービス付きのカードで、マイルを中心に集めている方の間でも注目度が高く、もともとのJALカードの特典もそのまま利用できることから最強と呼ばれることもあります。

20代限定と年齢制限があることや、通常の各JALカードの年会費にプラスJAL CLUB ESTの年会費がかかる点はデメリットでも、月あたり最大450円で利用できるさまざまな特典はまさに値段以上の価値があるでしょう。

空路の利用が多くはない方も年会費無料でETCカードを作ることができ、ETCカードの利用でも通常のJALカードより効率的にマイルを貯められるようになります。
普段はマイルを貯めておき、国内・海外への出張の際に最大60日の有効期限のマイルをフル活用できる点は高く評価できるところです。

JAL CLUB ESTは普段の買い物も特約店の利用でマイルが4倍貯まります。
JAL CLUB ESTカードを普段使いするだけでもたくさんのマイルを貯められるので、できる限りJAL CLUB ESTの特典を活用することをおすすめします。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介