セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット、デメリットとは? ほかのアメックス法人カードとも徹底比較!

会社で発生する経費は金額も頻度も個人のものとは比べ物にならないと思います。

そんな経費の支払い時に是非とも利用したいのが法人向けのクレジットカードであるビジネスカードの利用です。

今回はそんなビジネスカードの中から、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリットやデメリットなどを、他のアメックス法人カードと比較しながら紹介していきます。

この記事でわかること

・アメックスのビジネスカードについて
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスについて
・アメックス本体が発行するビジネスカードについて
・ビジネスカードを発行する際のポイント

アメックスのビジネスカードには3つのグレードがある

ここでは、アメックス(アメリカン・エキスプレス)のビジネスカードを紹介しますが、その前に一般的なクレジットカードとビジネスカードの違いについて説明しておきましょう。

カードの名称からうかがえるように、ビジネスカードは会社などでのビジネス用途を前提としたクレジットカードのことであり、ビジネスに便利な特典・サービスが付帯しています。たとえば、一般的なカードでは家族に持たせることのできる家族カードを追加発行できますが、ビジネスカードの多くでは社員に持たせることのできる追加カードを発行できます。

法人カードの主な用途は経費の支払いとなるでしょう。その場合、交通費や飲食費のほか、業務に必要な資材、オフィスサプライ、通信費、公共料金、オフィスの家賃などの支払いをカードに集約することで経費管理が簡略化できるほか、社員による経費立て替えに伴う清算の手間が省けます

カードによっては、社員ごとの利用明細の発行や会計ソフトへのデータ取り込み支援の提供など、ビジネスユースでの利便性も図られています。なお、ケースバイケースとはなりますが、多くの場合でカード年会費は経費として計上できます。

アメックスブランドのビジネスカードには、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードと3つのグレードが揃っていますが、ここでは各グレードから代表的なものを1種類ずつ紹介しましょう。

アメックス・ビジネスカード(アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード)

アメックス本体が発行している一般カードにあたるカードです。ただし、アメックスの一般カードは他社ゴールドカード相当の特典・サービス内容といわれています。申し込みできるのは個人事業主か法人格のある法人代表であり、年会費は1万2,000円(税別)、社員に持たせることのできる追加カードの年会費は6,000円(税別)となっています。

アメックス・ビジネスゴールドカード(アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード)

アメックス本体が発行しているゴールドカードにあたるカードです。申し込みできるのは個人事業主か法人格のある法人代表であり、年会費は3万1,000円(税別)で、社員に持たせることのできる追加カードの年会費は1万2,000円(税別)となっています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス(セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード)

クレディセゾンが発行するアメックスブランドのプラチナカードです。申し込みできるのは個人事業主か経営者となり、年会費は2万(税別)で、社員に持たせることのできる追加カードの年会費は3,000円(税別)となっています。追加カードは4枚までの発行となりますが、社員以外に本会員と生計とともにする18歳以上の家族に対しても発行可能です(高校生を除く)。

なお、年会費については、年間200万円以上のショッピング利用で次年度の本会員年会費が1万円(税別)になります。これは、プラチナカードの年会費としては破格に安いものといっていいでしょう。

なお、ここでは詳しく取り上げませんが、アメックス本体が発行する法人向けカードにはコーポレートカード(アメリカン・エキスプレス・コーポレート・カード)という大企業向けのクレジットカードも存在しています。

セゾンプラチナ・アメックスはハイコストパフォーマンスな1枚

ここでは、セゾンプラチナ・アメックスについて詳しく紹介していきます。

このカードの最大の特徴はその年会費にあります。アメックスブランドのビジネスカードの中では中間的な位置にある年会費ですが、プラチナカードとしては大変安い部類となっているだけでなく、アメックス・ビジネス・ゴールド・カードよりも安くなっています。

さらに、先ほども触れたように年間200万円以上のショッピング利用があれば、アメックス・ビジネス・カードよりも安い1万円(税別)の年会費となります。年間200万円というと大きな金額に思えますが、月間17万円使っていれば達する計算ですから、事業経費やオフィスの家賃・光熱費などですぐに到達するはずです。

そう考えると、このカードの年会費は実質1万円(税別)であるといっていいでしょう。

このカードのメリットといえる特徴について次に紹介します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスのメリット

カードの維持経費が安い

年間200万円以上のショッピング利用という条件を満たすことで2万円(税別)の年会費が1万円(税別)になるほか、追加カードの年会費も3,000円(税別)と大変リーズナブルです。また、業務内容によってはETCカードのニーズもあると思いますが、ETCカードの発行手数料・年会費は無料です。

ビジネス優待プログラム「ビジネス・アドバンテージ」

ビジネスの効率化・経費削減に役立つ優待プログラムです。事務用品、レンタカー、宅配サービス、情報誌購読料などについて優待価格が適用されます。

その他ビジネス支援サービスの優待も

弁護士紹介サービス、法人向け顧問弁護士サービス優待、ビジネス書要約サイト優待、クラウド会計ソフト優待、クラウド経費清算サービス優待、コワーキングスペース入会金無料優待などが提供されます。

プライオリティ・パス

世界中の1,200ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」に登録できます。プライオリティ・パスの通常年会費は429米ドルなので、これだけで年会費以上のメリットを得られるといっていいでしょう。

その他トラベル関係の特典

空港送迎や観光のほか、冠婚葬祭などさまざまな場面で利用できるハイヤー送迎サービス、国際線利用時の手荷物宅配優待、海外用Wi-Fiレンタルサービス優待などが提供されます。

付帯保険

海外最高1億円国内最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯します。海外旅行関連では航空機遅延費用等の補償も付帯します。さらに、限度額300万円のショッピング保険も付帯します。

アメックスのプラチナ会員向け優待プログラム「オントレ entree」

アメックスがセゾンカードのプラチナ会員に向けに提供しているサービスです。一流ホテルでの料金優待やアーリーチェックイン/レイトチェックアウト、ダイニングでの優待やテーブル確保、スパでの優待、ショッピングにおけるオリジナルグッズプレゼントや購入商品の配送サービスなどを受けることができます。

その他の優待

ハイクラスなレストランや一流ホテルなどが実施するランチ・ディナーや宿泊プランなどへ抽選で招待する「Dramatic Time!」、さらにスポーツクラブ優待やレンタカー優待、そのほか、アメックス加盟店における各種優待を受けられます。

ショッピング利用でマイルを貯められる

通常、1,000円のショッピング利用で永久不滅ポイント1Pが貯まり、海外利用では2倍の2Pが貯まります。ポイントの交換対象によりますが還元率は国内利用で約0.5%、海外利用で約1%と考えていいでしょう。

また、「SAISON MILE CLUB(JALコース)」への登録により、ポイントではなくJALマイルを直接貯めることもできます。その場合、ショッピング1,000円ごとに10マイルが貯まります。また優遇ポイントとして、2,000円の利用ごとに永久不滅ポイントが1P貯まるので、それをJALマイルに交換した場合、先の10マイルと合わせて1.125%のマイル還元率となります(100円の利用で1.125マイルを獲得できる)。

一般的に、1マイルは約2円分の価値があるとされていることから、「SAISON MILE CLUB(JALコース)」を利用すると、このカードのポイント還元率は2.25%相当になると考えてもいいでしょう。これは超高還元といえる水準です。

プラチナカードとしては破格に安い年会費ですが、プライオリティ・パスなどプラチナカードらしいサービスがついてくるほか、ビジネスにプラスとなる特典も提供されており、プラチナカードとして必要なクオリティはクリアしているといえそうです。

ただし、このカードにもデメリットといえるところがあります。それは、アメックス本体のカードと比べるとステータス性がそこまで高くないということです。アメックスといえばハイクラスのクレジットカードというイメージがありますが、このカードは流通系のクレディセゾン発行ということもあり、そこまでステータス性が高い印象はありません。


年会費 2万円(税別)、年間200万円以上利用で次年度1万円(税別)
ビジネス優待・支援 各種優待価格、弁護士紹介・優待、コワーキングスペース優待など
トラベル特典・優待 プライオリティ・パス、ハイヤー送迎、空港手荷物宅配優待、海外用Wi-Fiレンタル優待など
その他の優待 一流ホテル優待、ダイニング優待、スパ優待、スポーツクラブ優待、レンタカー優待など
付帯保険 海外最高1億円・国内最高5,000万円の旅行傷害保険、300万円限度のショッピング保険
ポイントサービス ポイント還元率0.5%(国内)・1%(海外)(永久不滅ポイント)、
SAISON MILE CLUB(JALコース)の登録でポイントの代わりにマイルを貯められる(マイル還元率実質1.125%)
追加カード等 追加カード(年会費3,000円・税別)、ETCカード(年会費無料)

アメックスならではの特典・サービス・保険が充実の2枚

次に、アメックス本体が発行するアメックス・ビジネス・カードとアメックス・ビジネスゴールド・カードのメリットといえる特徴をそれぞれにまとめました。

アメックス・ビジネス・カードのメリット

ビジネス優待プログラム「ビジネス・セービング」

ビジネスの効率化・経費削減に役立つ優待プログラムです。ビジネス用品通販、情報誌購読料、宅配便、電話代行サービス、研修施設、レンタカーなどの優待が提供されます。

ビジネスの相談ができる「ビジネス・コンサルティング・サービス」

ビジネスの成長、業務改善を目指す中小企業経営者・個人事業主の会員向けに適切な経営コンサルタントを紹介、簡単な経営相談を受け付ける窓口を提供するサービスです。そのほか、ビジネスのノウハウをまとめたCDやDVD、セミナーなどの料金優待も提供されます。

ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」の年会費が無料に

入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報などを幅広く収録した日本最大級のビジネス情報データベースサービス「ジー・サーチ(G-Search)」を年会費無料で利用できます。

社員の福利厚生にも使える「クラブオフ」

7万5,000以上の契約施設を特別優待料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」の年間登録料が無料になります。追加カードを持つ社員も利用できます。

国内主要空港ラウンジを同伴者1名まで無料利用

国内28空港・海外1空港(ハワイ・ホノルル)ラウンジをカード会員と同伴者1名で無料利用できます。

国内線を法人専用運賃で利用「アメリカン・エキスプレス JALオンライン」

JALオンラインで法人専用運賃「eビジネス6」を利用できます。

海外・国内旅行傷害保険

海外・国内ともに最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯します。

手荷物無料宅配サービス

海外への出発・帰国時、自宅-空港間でスーツケース1個を無料で配送します(対象空港:羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)。

このカードのデメリットを上げるとすれば、ここで紹介するほかの2つのカードに比べて年会費の割には特典・サービスが物足りない印象があるということです。年会費の元を取りにくいカードといってもいいでしょう。

また、ポイント還元率もあまりいいとはいえません。貯まるポイントは「メンバーシップ・リワード」で、ショッピング利用100円につき1Pが貯まります。交換対象にもよりますが、1Pはおおよそ3円相当の価値となるのでポイント還元率は0.3%ということになります。

マイルに交換する場合は2,000P→1,000マイルのレートとなり、マイル還元率は0.5%です。(100円の利用で0.5マイルを獲得できる)。1マイルを2円相当とした場合、ポイント還元率は1%まで上がることになりますが、JALマイルには交換できず、ANAマイルに交換するには参加費として年間5,000円(税別)が必要な「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加が必要とされるため、マイルへの交換がベストとはいえないケースも多いと思われます。


年会費 1万2,000円(税別)
ビジネス優待・支援 各種優待価格、ビジネス・コンサルティング・サービス、ビジネス情報サービス無料など
トラベル特典・優待 国内主要空港ラウンジサービス、空港手荷物無料宅配、JALオンライン法人専用運賃適用
その他の優待 福利厚生プログラム登録料無料
付帯保険 海外最高1億円・国内最高5,000万円の旅行傷害保険、300万円限度のショッピング保険
ポイントサービス ポイント還元率0.3%(メンバーシップ・リワード)
追加カード等 追加カード(年会費6,000円・税別)、ETCカード(年会費500円・税別)

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードのメリット

アメックス・ビジネスのサービスに加えて以下の特典・サービスが提供されます。

帝国ホテルのビジネスラウンジを利用可能

帝国ホテル東京に設置されたアメックス・ビジネス・カード会員限定のビジネスラウンジを月会費2万円(税別)で利用できます。利用ごとの料金は不要で、同伴者1名が無料となるので商談などに活用できます。

レストラン選びのコンシェルジュサービス「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」

エリア、予算、人数などの希望に合わせて、会食や接待にふさわしいレストランをコンシェルジェが提案・予約します。

ヘルスケア無料電話相談

食事、運動、健康維持などに関する質問へのアドバイスのほか、医療機関の紹介を行います。24時間365日の対応となります。

写真の福利厚生にも使える「クラブオフ」VIP会員資格

7万5,000以上の契約施設を特別優待料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料が無料になります。追加カードを持つ社員も利用できます。

ビジネスネットワークが広がる会員限定イベント

ビジネスカード会員限定のイベントへ取引先や社員を同伴する形で応募できます。

接待にも便利なゴルフ関連サービス

ゴルフイベント開催のほか、国内外の提携ゴルフ場の無料手配など、ゴルフ関連のサービスが提供されます。

付帯保険

海外最高1億円・国内最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯されます。追加カード会員は海外・国内とも5,000万円の旅行傷害保険付帯となります。また、最高4万円の国内航空機遅延費用補償も付帯しています。

また、最高500万円のショッピング保険のほか、アメックス独自のものとして次のような保険が付帯します。

・キャンセル・プロテクション

病気・ケガによる入院などにより、予定していた出張や、接待用にチケットを購入していたコンサートへ行けなくなったような場合に、キャンセル費用などの損害を年間最高10万円まで補償します。

・リターン・プロテクション

カードで購入した商品の返品を購入店が受け付けない場合に、購入から90日以内であれば1商品につき最高3万円相当額、会員につき年間最高15万円相当額まで購入金額を払い戻します

エアポート送迎サービス

海外出張の出発・帰国時に、提携タクシー会社の車をチャーターし、利用可能地域内の指定の場所から空港間の送迎を割安の定額料金で提供します。

手荷物ホテル当日宅配サービス

出張の際、大きな手荷物を駅で預けて身軽に商談へ向かうことができます。手荷物1個を対象エリア内の宿泊ホテルまで当日無料配送します(対象駅は東京駅・新宿駅・博多駅)。

京都特別観光ラウンジ

京の名刹・高台寺塔頭 圓徳院にて、カード会員専用の特別観光ラウンジを用意しています。同伴者3名まで利用できるので、出張・旅行・接待の際に便利に使えます。

ソムリエに相談できる「ゴールド・ワインクラブ」

ワインに関するさまざまなサービスを提供します。希少価値の高いワインをはじめ、季節のおすすめワインを紹介・販売しており、ワインに関する質問やワイン選びの相談にソムリエやバイヤーが答えます。

以上、見てきたように、アメックス本体が発行するゴールドグレードのカードということもあり、特典・サービスは非常に充実しています。会員限定のビジネスラウンジ、観光ラウンジなども利用できステータス性は非常に高いといっていいでしょう。

ただし、年会費が他社プラチナカード相当と高額であるにもかかわらず、プライオリティ・パスが付帯しないというのはデメリットといえます。また、ポイントサービスはアメックス・ビジネス・カードと同じ還元率0.3%となるため、利用額が多いわりにポイントのリターンが少ない印象となるでしょう。


年会費 3万1,000円(税別)
ビジネス優待・支援 各種優待価格、ビジネス・コンサルティング・サービス、ビジネス情報サービス無料、
帝国ホテルビジネスラウンジ利用可能(年会費2万円・税別)、会員ビジネスイベント、ゴルフ関連サービスなど。
トラベル特典・優待 国内主要空港ラウンジサービス、空港手荷物無料宅配、手荷物ホテル当日宅配、
エアポート送迎、JALオンライン法人専用運賃適用、京都特別観光ラウンジ
その他の優待 福利厚生プログラムVIP会員登録料無料、レストランコンシェルジュサービス、ヘルスケア無料電話相談、ゴールド・ワインクラブ
付帯保険 海外最高1億円・国内最高5,000万円の旅行傷害保険(追加かカード会員は海外・国内とも最高5,000万円)、
500万円限度のショッピング保険、最高4万円の国内航空機遅延費用補償、キャンセル・プロテクション、リターン・プロテクション
ポイントサービス ポイント還元率0.3%(メンバーシップ・リワード)
追加カード等 追加カード(年会費1万2,000円・税別)、ETCカード(年会費500円・税別)

自分のビジネスにどこまで活用できるのか見極めて

ここで紹介したアメックスブランドのビジネスカード3種に関しては年会費もサービス内容も異なり、単純には優劣を決められません。年会費が安いと受けられるサービスもその分、少なくなりますが、逆に高すぎても使い方次第では年会費の元を取れないこともあるのです

そこで、自分のビジネスにどこまで活用できるかというところを踏まえて、そこへぴったりマッチしたカードを見極めるべきでしょう。

ただし、特典・サービスと年会費のバランスというところは脇に置いておき、とにかく会社の信用アップを図るためのカードを選びたいということなら、アメックス・ビジネス・ゴールド・カードがいいでしょう。

しかし、ステータス性よりも実をとるなら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスがおすすめです。アメックス提供のサービスもある程度まで利用できることを考えると、年会費が非常にリーズナブルであり、またここで紹介したようにマイルを貯めやすいカードなので、海外出張の多い方なら非常におトクなカードといえます。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介