ETCカードのみ持ちたい人は要注意! クレジットカードに付いたETCカードとの違いを徹底解説

ETCカードはクレジットカードと紐づけされているのが一般的で、クレジットカードを持ちたくない方や持てない方にとってハードルが高いものとなっています。

でも、実はETCカードには「ETCクレジットカード」と「ETCパーソナルカード」の2種類あり、「ETCクレジットカード」はETC機能付きのクレジットカード、「ETCパーソナルカード」はクレジットカード機能がないETCカードとなっています。

今回はその2つのETCカードに付いて解説していきます。

この記事でわかること

・ETCカードのみのメリットデメリット
・ETCパーソナルカードについて
・クレジットカードが付いた年会費無料のおすすめETCカード

ETCカードのみの作成はできるのか

クレジットカードは利用料金の請求などの使い過ぎがあったり、申込をする際に審査を受ける必要があったりすることから、「ETCクレジットカード」の発行を避ける方もいるでしょう。しかし、「ETCパーソナルカード」では、ETCカードのみの作成が可能となっています。これによって、クレジットカードを発行したくない方でもETCカードを利用できるようになります

そして、クレジットカード機能なしのETCカードとはデポジット(補償金)をカード発行元の団体に預けることでETCカードと同等の機能が使えます。ただし、デポジットから高速料金が引かれるわけではなく、預けているのみになり、利用代金は別途で支払うことになるので覚えておきましょう。

ETCカードのみのメリットデメリット

クレジットカードなしETCカードやETCパーソナルカードのメリット3つ

クレジットカードの審査を受ける必要なし

クレジットカード機能のない「ETCパーソナルカード」は、クレジットカードと違って審査を受ける必要はありません。これによって、すぐに使いたいのに審査結果を待たないといけないということを防げます。

クレジットカード番号などの盗難に遭うことがない

クレジットカードとETC7カード一体型の場合、番号やパスワードが盗難されて不正利用されるということもあります。一方、「ETCパーソナルカード」は車載器に挿入してレーン通過するというシステムがメイン利用法であるため、カード番号を盗難されることはまずありませんし、仮にカードをされても対処が簡単という長所があります。

他のETCカードと同様に各種割引対象

「ETCパーソナルカード」は、「ETCクレジットカード」と変わらず、各種割引特典を持っていて、平日朝夕割引・深夜割引・休日割引などを活用できますし、10円につき1ポイントのマイレージポイントもゲット可能です

クレジットカードなしETCカードやETCパーソナルカードのデメリット4つ

選択肢が少ない

「ETCクレジットカード」は三井住友Visaやアメックスと多種多様な選択肢を持っています。しかし、クレジット機能のないETCカードの選択肢は、ETCパーソナルカードかETC法人カードの2択となり、個人事業主でなければETCパーソナルカード一択となります。

クレジットカードとセットのETCカードと比べると手続きが多い

〈手続きの流れ〉

1.サービスエリアなどのコンシェルジュカウンターに行かなければならない

2.「ETCパーソナルカード利用申込書」に名前、住所、勤め先、毎月の有料道路平均利用額などの必要事項を記入

3.ETCパーソナルカード事務局あてに郵送

4.デポジット振込依頼書を受け取る

5.ETCパーソナルカード事務局にて申込書の内容を確認してデポジット振込依頼書を郵送

6.郵便局取扱窓口かコンビニエンスストアにてデポジットを振込

7.ETCパーソナルカードを受け取る

デポジットの振込をしてからETCパーソナルカードを受け取るまでは2週間程度かかります。つまり、どう低く見積もってもETCパーソナルカードが発行されるまでに2週間かかるということを覚えておきましょう。

デポジット分のお金を用意しなければならない

ETC機能付きクレジットカードと違って、ETCパーソナルカードはデポジットを振り込む必要があります。毎月の平均利用額が5,000円以下でもデポジットで20,000円を振り込む必要があり、毎月の平均利用額が20,000円の場合は80,000円をデポジットとして振り込む必要があります。

ただし、デポジットは最終的に戻ってくるというのも忘れないようにしましょう

ETCパーソナルカードは年会費がかかる

クレジット機能付きETCカードは年会費が無料であることも多いですが、ETCパーソナルカードは年会費が有料です。加えて、返ってくるとはいえど最低20,000円のデポジットもあるので体感的にはかなり高額の有料カードであると言えます。

ETCパーソナルカードについて

ETCパーソナルカードは東/中/西日本高速道路株式会社・首都高速道路株式会社・阪神高速道路株式会社・本州四国連絡高速道路株式会社と高速道路6会社が合同で発行しているクレジット機能なしのETCカードです。自営業者などの事業をしている方は、法人ETCカードを発行できますが、そうでない方はETCパーソナルカードが唯一の選択肢です。

年会費が1143円+税別と平均月額利用額に応じたデポジット金となり、カード発行翌月に初回年会費の引き落としがされるというシステムです。デポジットは申込時に最低2万円払い、以降は平均月間利用学の4倍を支払うようにできています。利用限度額はデポジットの80%となっていて、例を挙げるとデポジット20,000円×80%→16,000円で、デポジット80,000円×80%→64,000円が利用限度額と設定されます。

ETCパーソナルカードに申込可能な年齢は20歳以上か、16歳以上で親権者の同意を得られるという条件です。学生でも審査なしに発行できるETCカードというのは大きなメリットと言えます。

クレジットカードが付いた年会費無料のETCカードがおすすめ

ETCパーソナルカードはデポジットが高く、年会費が有料で申込の上での手続きも多いことから、デメリットの方が多く目立っています。コストの面でも、クレジットカード機能のある年会費無料ETCカードの方がおすすめです

おすすめのETCクレジットカード3枚紹介

三井住友カード ETCカード

基本年会費1.375円(税込)でカード発行初年度の年会費が無料となっていて、「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで年会費無料特典を受けられるのが三井住友カードです。発行条件は高校生以外の18歳以上で、未成年者の方は親権者の同意が必要です。

ETCカードは発行初年度に年会費が無料で、基本年会費が550円(税込)となり、1年に1度以上のETC利用で翌年年会費が無料というサービスを受けられます。不正利用による損害は60日前まで遡って補償してもらえます。加えて、ETC利用によって200円につき1ポイントの割合でVポイントを獲得可能です。

JCB CARD W ETCカード

発行条件が18歳以上39歳以下で本人か配偶者に安定継続収入のある方か、高校生以外の18歳以上39歳以下で学生の方が発行できるのがJCB CARD Wです。年会費が家族カード含めて永年無料で、ポイントプログラムのOki Dokiポイントの還元率が常時2倍というのが大きな特徴です。

ETCカードの入会費・年会費が無料で、申込可能枚数は1会員につき1枚となっています。ETCマイレージサービスも利用できるのに加えて、ETCカード利用1,000円につきOki Dokiポイント1ポイントを獲得できます。

アメックスグリーン ETCカード

20歳以上で安定して継続的な収入のある方が発行できるクレジットカードがアメックスグリーンです。年会費12,000円+税別、家族カードの年会費が6,000円+税別となっていて、高ステータス・高ランクのクレジットカードです。

アメックスグリーンのETCカードは発行手数料850円+税別で年会費無料です。カード本会員1枚につき5枚まで発行できて、家族カード会員や追加カード会員の方は1人につき1枚発行できるというのが他にない特徴でしょう。これによって、アメックスグリーンを中心に家族や配偶者といった周囲の方々にもETCカードを利用してもらえます。また、ETCマイレージに加えて、100円につき1ポイントのメンバーシップリワードも貯まります。


三井住友カード JCB CARD W アメックスグリーンカード
年会費 ・1.375円(税込)
・発行初年度年会費無料(オンライン入会)
・「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで年会費無料
・年会費無料 ・年会費12,000円+税別
発行条件 高校生以外の18歳以上 ・18歳以上39歳以下で本人か配偶者が安定して継続的な収入
・高校生以外の18歳以上39歳以下で学生
20歳以上で安定して継続的な収入
ETCカード ・発行初年度年会費無料
・年会費550円(税込)
・1年1度以上のETC利用で翌年年会費無料
・申込対象は三井住友カードが発行する
VisaかMasterCard®ブランドのクレジットカードを申込した方
・入会費と年会費が無料
・申込可能枚数が1会員につき1枚
・年会費無料
・発行手数料1枚につき850円+税別
・発行可能枚数は本カード会員1人につき5枚まで、
家族カードや追加カード1人につき1枚まで
ポイントプログラム ・Vポイント
・還元率0.5%
・セブン‐イレブン、ローソン、マクドナルドなどの還元率2倍
※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
・登録した店舗3つまで還元率2倍にアップできる
・ポイントプログラムはOki Dokiポイント
・還元率1.0%
・JCB ORIGINALシリーズで提携店舗の還元率上昇
・Oki Dokiランド経由のネットショッピングで
ポイント還元率倍増
・ポイント還元率1%
・ポイントの有効期限が最大3年
・一度でもポイントや商品、マイルと交換すれば有効期限が無期限
・登録料3,000円+税別によってメンバーシップ・リワードプラスに加入すれば
ポイント有効期限が常に無期限
・最大でポイント10倍になる提携レストランやレジャー施設などがあり

無料なら三井住友カードかJCB CARD W! たくさんのETCカードが欲しいならアメックスグリーン!

車載器に挿入しておくと料金支払いの手間なく有料道路レーンを通れるのがETCカードです。多くの場合、ETCカードはクレジットカードとセットとなりますが、クレジットカードのないETCカードを発行することもできます。それがETCパーソナルカードです。

ETCパーソナルカードは審査を受ける必要がなく、クレジットカード番号の盗難に遭うことがありません。そして、他のETCカードと同じように平日昼割引や深夜・早朝割引を利用できます。一方で、申込手続きが長く、返ってくるとはいえデポジットが最低20,000円と高額です。加えて、年会費1143円+税別と有料でもあります。

リターンの多さでいえば、クレジットカード機能付きETCカードが上になります。おすすめなのが、高校生以外の18歳以上が発行できる三井住友カードや、18歳以上の学生か、本人や配偶者に安定して継続的な収入のあるJCB CARD Wです。どちらもETCカードの年会費が無料で、利用によってポイントプログラムも貯まります。さらに、アメックスグリーンは年会費12,000円+税別となっていますが、ETCカードを本会員が5枚まで発行でき、さらに家族カード会員や追加カード所有者1人につき1枚まで発行できて年会費無料です。

このことから、クラシックカードを発行できない方はETCパーソナルカードを発行し、そうでない方は三井住友カードかJCB CARD WのETCカード、たくさんのETCカードが欲しい方はアメックスグリーンを発行しましょう。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介