楽天カードローンは専業主婦でも申し込みできる?他におすすめのカードローンは?

楽天カードローンは専業主婦でも申し込みできる?他におすすめのカードローンは?

楽天銀行の「楽天銀行スーパーローン」は「楽天カード」や「楽天ポイント」を展開する楽天の商品ということもあり、申込しやすそうというイメージをつい持ってしまいます。

しかし、カードローンともなれば「安定した収入」は必要となります。

では、収入がゼロの専業主婦は楽天カードローンに申し込めるのでしょうか?また、申し込みができたとして、専業主婦がカードローンの審査に通過できるのか気になるところです。

そこで本記事では、専業主婦でも楽天カードローンを利用できるのか解説します。

楽天カードローンの特徴や専業主婦が消費者金融を利用できるかについてもお話するので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

・楽天カードローンの特徴
・楽天カードローンの申し込み要件
・専業主婦でも申し込みできるのか
・専業主婦のおすすめのカードローン

楽天カードローンの特徴を簡単に紹介

楽天カードローンの特徴を簡単に紹介

まずは、楽天カードローンの特徴を簡単に紹介していきます。

楽天カードローンは、「楽天銀行スーパーローン」という名で楽天銀行が提供している商品です。

運営会社 楽天銀行株式会社
公式サイト https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/
借入限度額 800万円
金利 1.9~14.5%
借入方法 提携ATM、振込
返済方法 口座から自動振替(インターネットやATMからも可能)

そんな楽天カードローンの特徴は次の通りです。

  • いつもの銀行口座で利用可能(楽天銀行の口座不要)
  • コンビニの提携ATMの手数料0円
  • スマホで申し込みが完結

楽天銀行の口座がなくても、普段使用している銀行口座があれば返済口座として指定可能です。

また、提携金融機関のATMなら、借入時の手数料が無料となっています。

おまけにスマホから申し込めば、書類への記入などは一切不要です。

このように、楽天カードローンは非常に利便性に優れています。銀行系カードローンと聞くと利用のハードルが高いイメージですが、楽天カードローンは気軽に利用できるといった印象でしょう。

楽天カードローンは専業主婦でも申し込みできるのか?

楽天カードローンは専業主婦でも申し込みできるのか?

楽天カードローンの申し込み条件は次の通りです。

カードローンにお申込いただける方
以下の全ての条件を満たす方

(1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※1)
(2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
(3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
(4)楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方(※2)

※1但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
※2当行が認めた場合は不要です
出典:楽天銀行「カードローン商品概要」

ここで注目すべきは、3番の「お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方」という項目です。

専業主婦でも申し込みができるという旨が記載されています。

しかし、カードローンはあくまでもお金を借りるサービスです。

収入がなくては返済が困難なはずなのに、なぜ専業主婦が申し込みできるのでしょうか?

もちろん、返済できる見込みがない方にお金を貸してはくれないので、専業主婦の場合、配偶者に安定した収入がなければ借り入れはできません。

言い換えると、専業主婦で収入がゼロ円でも配偶者に安定した収入があれば、楽天カードローンを利用できるというわけです。

ちなみに、楽天カードローンの申し込みにおいて、配偶者の収入を記載する項目はありません。

楽天カードローン側は、「専業主婦でも生活ができている」という事実だけでも、「ある程度の世帯年収がある」と判断して審査しているようです。

もちろん、「申し込める=審査に通る」わけではありませんので、申し込んだ後に審査が行われて、そこで問題がなければ借り入れが可能となります。

専業主婦が楽天カードローンで借入可能な金額は50万円まで

配偶者に安定した収入があるなら、自身に収入がない専業主婦でも楽天カードローンから借入ができます。

しかし、やはり本人に安定した収入があるわけではないため、借入可能な限度額は50万円までとなっています。

通常の楽天カードローンにおける借入限度額は800万円なので、その金額と比べると少ない印象を受けるでしょう。

ただし、普通の人でも800万円いっぱいまで融資してもらえる人は少なく、みんな年収や雇用形態などに応じて上限が設定されます。

専業主婦の場合は自身に収入がないため、50万円を限度としているわけです。

専業主婦が楽天カードローンの審査に落ちる原因

専業主婦が楽天カードローンの審査に落ちる原因

ここでは、専業主婦が楽天カードローンの審査に落ちる原因について解説します。

借入総額が上限に達している

1つ目の審査に落ちる原因は、借入総額が上限に達している場合です。

楽天カードローンには、本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば借り入れが可能な銀行系カードローンなので、審査に通る可能性は十分にあります。

しかし、専業主婦の借り入れは原則「一律30~50万円」となっています。

これは配偶者の年収が1億円あったとしても変わりありません。

また、この50万円という上限は、全ての借り入れの合計金額です。

例えば、限度額50万円の方がA銀行で30万円、B銀行で20万円の借り入れをしていた場合、新たな銀行で借入はできません。

すでに複数の借り入れがある場合は、限度額に達していて楽天カードローンの審査に落ちる可能性があります。

どうしても楽天カードローンを利用したいなら、他の借り入れを返済してから申し込むようにしてください。

個人信用情報に事故情報が記載されている

2つ目の審査に落ちる原因は、個人信用情報に事故情報が記載されている場合です。

過去のクレジットカードやローンの利用状況は、「信用情報機関」と呼ばれる場所で一括管理されています。そして、全国の金融機関で共有しているのです。

あなたが楽天カードローンに申し込むと、この信用情報機関に照会して、返済トラブルなどがないか確認します。

滞納や支払い遅延、任意整理・個人再生・自己破産など債務整理の過去がある場合、いわゆるブラックリスト扱いとなり審査に通らない可能性があります。

個人再生・自己破産・任意整理などの債務整理 審査通過不可能
カードローンやクレジットカードの強制退会 審査通過不可能
クレジットやローンの滞納(一ヶ月以上) 審査で不利になる
他社借入がすでに4件以上ある 審査で不利になる

債務整理は、一定期間が経過しない限り解除されません。

携帯電話の料金支払いを滞納した場合でも事故情報扱いになるので、楽天カードローンに申し込む際は過去の支払いを見直すようにしてみてください。

短期間で複数のローンに申し込んでいる

3つ目は個人信用情報に事故情報が記載されている、短期間で複数のローンに申し込んでいる場合です。

審査に落ちるのが不安で、複数のカードローンにまとめて申し込む方がいます。しかし、申し込んだ事実は信用情報機関で管理され、他の金融機関で共有されます。

そして、一度にたくさん申し込むと「この申込者は金銭的に困っている」「複数の金融機関に申し込む必要がある状況だ」と判断されて悪印象です。

一般的に、1ヶ月に4行以上の同時申込があるとブラックリスト入りするとされています。

どんなに審査に通るか不安でも、たくさんのカードローンに申し込まないように注意してください。

消費者金融は少しでも収入があればOK!専業主婦で収入ゼロは申し込みNG

消費者金融は少しでも収入があればOK!専業主婦で収入ゼロは申し込みNG

楽天カードローンは専業主婦でも申し込みができると分かりました。他にも、銀行系カードローンでは専業主婦でも申し込める商品が多数あります。

しかし、専業主婦は絶対に申し込めないカードローンが存在します。

専業主婦が絶対に申し込めないカードローンというのが「消費者金融系」です。

これは、消費者金融が一方的に「専業主婦はお断り」としているわけではありません。法律上、消費者金融が専業主婦へ融資するのを禁じているのです。

そもそも同じカードローンでも、銀行系は「銀行法」で整備され、消費者金融系は「貸金業法」によって整備されています。

そして、貸金業法の中には「総量規制」というルールが存在します。

総量規制とは、過度な借入れから消費者守るために、年収の3分の1を超える貸付けを禁止するルールです。

例えば、年収が300万円の方なら、借り入れられる金額は100万円までとなります。

専業主婦の場合は収入がゼロ円なので、当然借り入れ可能な金額もゼロ円になります。配偶者に安定した収入があっても、あなた自身に収入がないので借り入れは不可能です。

ちなみに総量規制のようなルールは、銀行法には含まれていません。

そのため、銀行系カードローンなら収入がない専業主婦でも、申し込みが可能となっているわけです。

専業主婦なら銀行系のみずほ銀行カードローンがおすすめ

専業主婦なら銀行系のみずほ銀行カードローンがおすすめ

楽天カードローンなら、専業主婦でも申し込み可能です。しかし、主婦が申し込めるカードローンは決して楽天だけではありません。

銀行系カードローンなら、他にも専業主婦が申し込める商品があり、そのなかのひとつとしておすすめなのが楽天カードローンより低金利で利用できる「みずほ銀行カードローン」です。

みずほ銀行カードローン

契約限度額 10万円~800万円
金利(実質年率) 2.0~14.0%
担保・保証人 担保不要だが、みずほ銀行指定のオリコの保証を受ける必要がある
審査スピード 最短翌営業日に結果を回答
申し込み資格 満20歳以上満66歳未満で、安定かつ継続した収入が見込める人
返済方法 残高スライド方式

また、みずほ銀行カードローンでは、普通預金キャッシュカードにカードローン機能を付加できます。

これから、別でローンカードを持つ必要がないので、財布がかさばる心配がないうえに、カードローンの利用が周囲にバレにくくなります。

みずほ銀行カードローンも、配偶者の方に安定した収入があれば専業主婦の方でも借り入れが可能です。楽天カードローンよりも低金利で利用したい方は、ぜひみずほ銀行カードローンに申し込んでみてください。

みずほ銀行カードローンの申し込み方法は次の5つから選択できます。あなたが利用しやすい方法を選択して、申し込みを進めると良いでしょう。

種類 概要
パソコン 24時間オンラインから申し込み可能。
スマートフォン 専用のスマートフォンサイトで申し込む方法。
郵送 みずほ銀行の普通預金口座を持っている方のみが選択できる方法。
専用の申込書を郵送して申し込む。
電話 みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに電話して申し込む方法。
受付時間は平日9時~20時まで。
店舗 お近くのみずほ銀行へ行って窓口で申し込む方法。
受付時間は窓口と同じく平日9~15時まで。
申し込み方法 審査にかかる時間
パソコン・スマートフォン 翌営業日以降
郵送 申込書類の到着後、翌々営業日以降
電話 申込み受付後、翌々営業日以降
店舗 来店の翌々営業日以降

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行口座がない場合、みずほ銀行口座開設合わせて融資を振込んでくれるのも便利です。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
借入 セブンイレブン ローソン ファミリーマート
返済 セブンイレブン ローソン ファミリーマート
  • 大手の銀行カードローン
  • 金利年2.0%~14.0%
  • 最大ご利用限度額800万円
実質年率 極度額 審査時間 融資時間
年2.0%~14.0% 800万円 - -
担保・保証人 来店 入会金・手数料 パート・アルバイト
不要 不要 ※場合により必要 無料 -
オススメポイント
金利年2.0%~14.0%。最大ご利用限度額800万円。 入会金・年会費は無料!大きな融資額が魅力!更に、キャッシュカードがあれば利用もスムーズ。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。


Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介