ダイナースクラブカードで人気の3枚を比較! ラウンジ利用やマイル移行など自分に合ったカードを選ぼう

ダイナースクラブカードで人気の3枚を比較! ラウンジ利用やマイル移行など自分に合ったカードを選ぼう

ステータス性が高いクレジットカードといえばアメックスカードが挙がりますが、それと並ぶステータス性と付帯特典を備えているのがダイナースクラブのクレジットカードとなります。

今回は、そんなダイナースクラブカードの中でも人気の3枚をピックアップしたので、それぞれの特徴について詳しく紹介していきます。

この記事でわかること

・ダイナースクラブのクレジットカードについて
・人気の3枚の特徴について
・それぞれのカードに適した方の特徴

ダイナースクラブのクレジットカードについて

ダイナースクラブのクレジットカードについて

ダイナースクラブのクレジットカードは利用者に応じて利用限度額が設定されるようになっていることから高額のショッピングにも対応でき、旅行関連の特典が手厚く、サービスも強力なクレジットカードです。

どのダイナースクラブのクレジットカードも海外旅行傷害保険は1億円が自動付帯されて、ポイントプログラムの有効期限が無期限なことから長期のポイント獲得を見込めます。

ただし、年会費は総じて高く設定されていることからコストがかかり利用可能店舗が少ないというデメリットもあります。長所と短所を踏まえた上で、ダイナースクラブのクレジットカードはそれぞれに特徴がありますので、しっかり把握しましょう。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブにおけるいわゆる一般カードがダイナースクラブカードになります。年会費が24,200円(税込)で、ETCカードの年会費と発行料は無料となっており、家族カードの年会費は5,500円(税込)です。

ダイナースクラブカードは年会費・発行料無料でダイナースクラブコンパニオンカード(マスターカード)を発行できます。家族カードと違って、一切の特典はありませんがポイントをゲットできて本会員分と合算できますし、利用歴も確認できます。

家族カードは年会費がかかるので、年会費無料で家族に持たせてのショッピングを通じてポイントゲットできるものが欲しい、ダイナース1枚だと使える範囲が狭いのでは? という方はダイナースクラブコンパニオンカードを選びましょう。

保険

海外旅行傷害保険は最高1億円が自動付帯になっており、国内旅行傷害保険は最高1億円が利用付帯となっています

どちらも非常に高額の旅行傷害保険と言えますし、海外旅行傷害保険が自動的に付帯されるのは海外旅行の行動範囲が大幅に広がります。また、国内外の旅行傷害保険どちらも家族カード会員も対象に含まれます。

そして、ショッピング・リカバリーでは購入日から90日以内にカード払いで購入した商品が破損や故障となった場合には年間最高500万円の補償をしてもらえます。ポイントプログラムであるダイナースクラブ リワードは基本還元率が1%となっています。

特典

ダイナースクラブカードはエグゼクティブ ダイニングというサービスがあり、提携レストランにて所定コース料金を2名以上で利用すると1名分が、6名以上で利用すると2名分が無料となります

また、提携空港ラウンジが無料利用可能となり、出発前のひと時をのんびり過ごしたいという方に特におすすめと言えるでしょう。

成田空港・羽田空港国際線ターミナル・関西国際空港・中部国際空港からは手荷物1個を自宅や勤務先に無料宅配してくれます。

さらに、トラベルデスクで50万円以上の国内外のパッケージツアーを購入すると成田空港・関西国際空港・中部国際空港・羽田空港国際線ターミナルへのタクシー送迎が片道分無料です。

成田空港・羽田空港国際線ターミナルの出発階・関西国際空港・中部国際空港では手荷物宅配サービス・携帯電話やWi-Fiのレンタル・手荷物一時預かりサービスを事前予約することで可能となります。

サンパーキング優待サービスによって提携店舗は駐車料金30%OFFとなり、グローバルWiFiのレンタル料金は20%OFFにもなります。他にもトラベルデスクで海外パッケージ旅行を50万円以上支払うと出発空港へのJRや私鉄特急列車の乗車が2区間分無料となります。

また、コールセンターではホテル・レストランの予約やチケットの手配からさまざまな相談まで受け付けますし、ごひいき予約によって予約が満員の提携レストランでも空きが出たら優先的に通知してもらえます

ホテル関連ではダイナース ハイアット ホテルズ アンド リゾーツによって空き室状況に応じて宿泊部屋のグレードアップをしてもらえたり、レイトチェックアウトが可能となります。

さらに、一休.comではプラチナ会員相当のサービスを受けられて、旅の宿にて国内ホテルと海外クラブホテルズにて優待サービスを受けられます。

ホテルズドットコムでは最大8%OFFの割引サービスと、さまざまな提携宿泊施設の優待価格サービスキャンペーンが開催されていますので提携ホテルの宿泊が全体的にアップグレードされるでしょう。

ダイナースクラブカードは特典が極めて充実しているクレジットカードです。ANAマイル交換や銀座まわりの特典を求めていないという方は、ダイナースクラブカードで十分と言えるでしょう。

ANAダイナースカード

ANAダイナースカード

ANAマイルを貯めたいという方に特化したクレジットカードがANAダイナースカードです。年会費は29,700円(税込)で、家族カードの年会費も6,600円(税込)となっており、特典はダイナースクラブカードと共通しています。

〈注意:補償は利用付帯〉

ただし、注意点としてダイナースクラブカードはカードを持っているだけで国内外旅行傷害保険が最大1億円です。

ANAダイナースカードは国内外ともに最大5,000万円が自動付帯され、交通費用をカード払いすることで追加の5,000万円が加わっての1億円補償になります

最大5,000万円の保険でも強力ですが、海外旅行は何が起こるかわからないものです。万全を期したい方は交通費用をカード払いするように意識しましょう。

マイルについて

ANAダイナースカードは100円につき有効期限無期限のポイントが1ポイント貯まります。貯まったポイントは1ポイント→1ANAマイルに移行できますし、1ポイント→1.2ANAスカイコインにも移行可能で、移行するのに手数料はかかりません。

ANAグループの飛行機に搭乗すると区間基本マイレージ×クラス運賃倍率×25%という計算式でボーナスマイルをゲットできます。

また、ANAカードマイルプラス加盟店にてカード払いをすると100円につき1ポイントと1ANAマイルをゲットできる還元率2%です。なお、楽天Edyにチャージをすることでも還元率0.5%でマイルが貯まるというのも覚えておきましょう。

なお、ポイントを獲得できるのは家族カードはもちろんのこと、ETCカードなどの利用でも貯められます。

ANAマイルを貯めたいという方はANAダイナースカードを発行し、家族カードやETCカードも活用しながらポイントを獲得しましょう

銀座ダイナースクラブカード

銀座ダイナースクラブカード

ANAダイナースカードと同じく、基本特典はダイナースクラブカードと共通ですが、銀座をはじめとした東京周辺の特典が充実するのが銀座ダイナースクラブカードとなります。年会費は27,500円(税込)ですが、家族カードは年会費無料という大きな強みを持っています。

ダイナースクラブカードよりも年会費が3,000円高くなっていますが、家族カードは無料ですので、家族カードを発行したいという方は銀座ダイナースクラブカードの方がおトクというのを覚えておきましょう

銀座関連特典

銀座ダイナースクラブカードでは銀座プレミアムラウンジにて年間5名まで無料利用が可能で、6名以降は1人1,100円(税込)となります。

銀座プレミアムラウンジではアルコールを含めたソフトドリンクの無料サービスや、レストラン・特約店・優待プランの案内などをしてもらえます。

提携するサービスはインフォメーションサービス・Wi-Fiサービス・フリードリンクサービス・手荷物お預かりサービス・宅配料金優待サービス西銀座駐車場10%割引券サービスとあり、移動が多いだろう銀座で一休みするのに適した空間を提供してくれます。

大丸東京店11階ダイナースクラブ D'sラウンジトーキョーでも同じくカード本会員と家族カード会員が利用でき、1日1回2時間までという制限はありますが年間の利用回数制限がありません。

同伴者は1名につき1,018円(税込)で利用可能です。提携するサービスはフリードリンク(コーヒー・紅茶)・喫煙・フィッティングルーム・専用クローク・携帯電話、パソコン利用スペース提供・応接室貸し出しとあります。商談に使える応接室貸し出しは1時間4名まで利用可能で3,334円+税別がかかります。

レストラン特典

ダイナースクラブ プレミアムカード会員しか利用できない豪華な特典というのも、銀座ダイナースクラブカードならば銀座提携店舗にて利用できます。

店舗 優待サービス
瀬戸内料理 すみのえ プレミアムカード会員限定「ダイナースクラブ プレミアムカード特別プラン」を1人につき15,000円+税別で提供
玉木 プレミアムカード会員限定「ダイナースクラブおもてなしコース」を1人につき16,200円+税別で提供
No Bird ・プレミアムカード会員限定ディナーコースを1人につき12,000円+税別で提供となります。

ポイントプログラム

銀座ダイナースクラブカードのポイントプログラムは変わらずダイナースクラブ リワードポイントの還元率1%です。しかし、独自の特典として、銀座にある特約店で利用すればポイント還元率が+1%の2%となります

特約店は銀座和光・サンモトヤマ銀座本店・三越銀座店・松屋銀座・GINZA SIX・東急プラザ銀座・バーニーズニューヨーク 銀座店となっていますので、覚えておきましょう。

年会費が低いダイナースクラブカード・ANAマイルを貯めたいANAダイナースカード・銀座をおトクにしたい銀座ダイナースクラブカード

年会費が低いダイナースクラブカード・ANAマイルを貯めたいANAダイナースカード・銀座をおトクにしたい銀座ダイナースクラブカード

ステータス性と特典の豊富さで人気を誇るダイナースクラブカード3枚がダイナースクラブカード・ANAダイナース・銀座ダイナースクラブカードになります。

ダイナースクラブカードは2名以上の利用で提携レストランのコース料金を無料にでき、国内旅行傷害保険1億円が自動付帯となり、空港ラウンジを無料利用できるようにもなります。

ANAダイナースカードは国内外旅行傷害保険の1億円が利用付帯となりますが、1ポイントで1ANAマイルと交換できますし、1ポイント→1.2ANAスカイコインにも以降可能です。代わりに年会費が高くなります。家族カードやETCカードでもポイントが貯まるので、併用していきましょう。

銀座ダイナースクラブカードは家族カードが無料になるという特典があり、家族も銀座でのショッピングを通じてポイントを獲得したり特典を利用できます。

銀座にて銀座プレミアムラウンジが無料利用可能となり、大丸東京店の会員制ラウンジが無料利用可能となります。銀座の特約店ならばポイント還元率が2倍になったり、提携レストランにて優待サービスを受けられるのが銀座ダイナースクラブカードの特色です。

一番年会費が低くて国内外旅行傷害保険1億円自動付帯が欲しい方はダイナースクラブカードで、ANAマイルを貯めたい方はANAダイナースカードの発行を検討してみてください。

銀座周辺でおトクにショッピングをしたい方や家族カードを発行したい方は銀座ダイナースクラブカードを発行しましょう。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介