楽天カードでキャッシングをするメリットと実際に利用する時の流れ。他のクレジットカードとも比較

トップ画像の説明

クレジットカードにはキャッシングサービスという現金で借り入れができるサービスがあります。

キャッシングは、ATMなどで現金を借り入れることができるので、急な出費や手元に現金がないときなどに非常に便利ですが、計画的に利用しないと返済が大変になってしまうリスクがあります。

キャッシングサービスを上手に活用していくためにも、キャッシングとはどのようなサービスで、どれくらいの手数料がかかるのかなど、キャッシングの基本的な仕組みについて知っておくことは大切です。

このコラムでは、キャッシングの仕組みや返済方法、楽天カードのキャッシングサービスについて詳しく解説していきます。

この記事でわかること

・キャッシングの概要
・キャッシングのメリットデメリット
・楽天カードのキャッシングについて
・ACマスターカードのキャッシングについて

キャッシングとは?

まずは、キャッシングサービスとはどのようなサービスなのか、ショッピング枠と何が違うのか、を解説していきます。

キャッシングとは?

キャッシングとは、クレジットカードを使って現金を借り入れられるサービスのことをいいます。

クレジットカードには、買い物の際にカード決済ができる「ショッピング枠」とATMやCD機で現金を借り入れられる「キャッシング枠」があり、キャッシング枠を設けるかは申し込み時に決めることができます。

キャッシング枠を設ける場合は、クレジットカード申し込み時にキャッシング可能金額の希望額を申請し、審査にていくらまでキャッシングが可能か決定されます。

ただし、キャッシングの利用限度額は年収の3分の1までと定められているため、それ以上の限度額にはならないことを踏まえた上で希望金額を申請するようにしましょう。

また、クレジットカードを作成した後にキャッシング枠を追加したい場合は、キャッシングに申し込み審査が通れば、キャッシングの利用が可能となります。

キャッシングには金利がつく

クレジットカードのショッピング利用の一括払いは金利が付きませんが、キャッシングには金利が必ずつきます。

また、金利も高いことが多いので、キャッシングをしすぎてしまうと利息分の返済額が大きくなってしまうので注意が必要です。

キャッシングとショッピングの違い

そもそもクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は何が違うのでしょうか?

ショッピング枠とキャッシング枠の基本的な仕組みの違いについてみていきましょう。

  ショッピング枠 キャッシング枠
利用方法 カード決済 現金による借り入れ
支払い方法 1回払い・分割払い・リボ払いなど 1回払い・リボ払い
金利 1回払いはなし あり
審査 あり あり
利用限度額 審査によって決定 審査によって決定(年収の3分の1まで)

ショッピング枠は、買い物や支払いの際にカード決済をし、翌月に返済をします。

キャッシング枠は、現金で借り入れをして、翌月に1回払いまたはリボ払いで返済をします。

1枚のクレジットカードでショッピング機能とキャッシング機能の両方を利用できますが、キャッシング機能を利用したい場合は、クレジットカードを作る際にキャッシング枠の申し込みをする必要があります。

その後、ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた審査が行われますが、キャッシング枠に申し込んでいると、返済能力がより求められるので審査が厳しくなる傾向にあります。

また、ショッピング枠の返済方法は、一括払いや分割払い、リボ払いなどから選ぶことができますが、キャッシング枠の場合は、1回払いまたはリボ払いのどちらかしか利用できない場合がほとんどです。

キャッシングのメリットとデメリット

急な出費やまとまった現金が必要になったときにキャッシングは便利ですが、キャッシングならではのデメリットもあります。

上手にキャッシングを活用していくためにもキャッシングのメリットとデメリットをチェックしておきましょう。

メリット

現金がすぐに借りられる

キャッシングの一番のメリットは、現金がすぐに借りられることです。

特に、引っ越しや入学式などのイベント時にまとまったお金が必要になった時や月末で金欠の時などに、現金ですぐに借り入れができるキャッシングは救世主となるでしょう。

海外でもキャッシングができる

キャッシングサービスは海外でも利用ができます。

海外で多額の現金を持ち歩くのは危険なため、現地で必要な分の現金を借りられると便利です。

また、キャッシングの利用日の為替レートによっては、銀行で両替をするよりも手数料が安くなる場合があるので、現地でキャッシングを利用した方が良い場合もあります。

カードローンよりも手続きがラク

カードローンもキャッシングと同様に現金で借り入れができますが、カードローンはお金を借り入れるために審査を通す必要があります。

クレジットカードのキャッシングも申し込み後に審査を受けますが、一回審査を通ってしまえば、その後は現金が必要な時にすぐに借りることができるので、手続きの手間がなく早く現金を手にできるメリットがあります。

デメリット

金利が高い

キャッシングの一番のデメリットは、金利が高いことです。

金利は、クレジットカードごとに異なりますが、15%~18%が一般的なため、キャッシングを利用しすぎてしまうと利息額が大きくなりやすいので注意が必要です。

高額の借り入れはできない

キャッシングの利用限度額は審査の際に決定されますが、最高でも年収の3分の1までと定められているので、高額の借り入れは期待できません。

また、利用限度額はショッピング枠の内に含まれている場合があるので、キャッシングを使いすぎるとショッピング枠の利用できる金額が減ってしまうので、キャッシングは計画的に利用することが大切です。

返済は一括かリボ払い

クレジットカードのショッピング利用の返済方法は、一括払いの他に分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどさまざまあります。

一方で、キャッシング利用の場合は、一括払いかリボ払いのどちらかしか選べないことが多いので、返済に自由度がないことが一つのデメリットとなっています。

楽天カードのキャッシング枠の手数料と限度額は?

ここまでクレジットカードのキャッシングについて解説してきましたが、次は、楽天カードのキャッシングについて詳しく解説していきます。

楽天カードのキャッシング枠の手数料

楽天カードのキャッシング枠の実質年率は18.0%、遅延損害金は20.0%となっており、金利は高めです。

例えば、楽天カードのキャッシングで10万円を借りて1回払いにした場合の利息額は1,479円となります。

また、リボ払いで月々5,000円を支払う場合は、返済回数が20回で総利息額は6,469円となります。

クレジットカードのショッピング利用で一括払いをすると金利がつかずに10万円のみの返済となるので、それと比べるとキャッシングの手数料は大きい出費といえます。

利用限度額

楽天カードの利用限度額は最高100万円となっているため、それ以上の限度額になることはありません。

ただし、楽天カードが提示している利用限度額「最高100万円」はショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用限度額なので、キャッシング枠の利用上限はもっと低くなります。

また、楽天カードでキャッシングを利用する場合は、審査にてキャッシング枠の限度額の上限が決定するので、個々によってキャッシング枠の利用上限は違います。

楽天カードのキャッシング利用限度額を確認したい場合は、楽天会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」から確認することができるので、自分の利用限度額がいくらか知りたい方はチェックしてみましょう。

楽天カードでキャッシングをする方法

楽天カードでキャッシングをする方法は2種類あるため、それぞれの利用方法についてみていきましょう。

ATMを利用する場合

楽天カードのキャッシングをする方法の1つ目は、ATMの利用です。

全国のコンビニや銀行、郵便局に設置されているATMやキャッシングディスペンサー(CD)などでキャッシングの借り入れができます。

ATM利用の流れは以下の通りです。

  • 楽天カードをATMに挿入する
  • 「ご出金(借入)」を選択する
  • 暗証番号を入力する
  • 借り入れ金額を入力する
  • 返済方法を「一括払い」または「リボルビング払い」のどちらかから選択する
  • 楽天カード・利用明細・現金を受け取る

ネットキャッシングを利用する場合

楽天カードのキャッシングはネットから申し込みをして口座に振り込んでもらうこともできます。

ネットキャッシング利用の流れは以下の通りです。

  • 楽天カード会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」にログイン
  • キャッシングページから「ネットキャッシングのお申し込み」を選択
  • 振り込み種類を「今すぐ振り込み」「指定日振り込み予約(1回)」「指定日振り込み予約(毎月)」から選択
  • 「振り込み希望金額」と「支払い方法」を選択
  • 確認画面が表示されたら内容を確認し問題がなければ「申し込む」を選択

楽天カードのキャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法は、一括またはリボルビング払いのどちらかであることがほとんどですが、楽天カードのキャッシングの返済方法は何種類あるのでしょうか?

次は、楽天カードのキャッシングの返済方法について解説していきます。

楽天カードのキャッシングの返済方法

楽天カードのキャッシングの返済方法は、1回払いまたはリボルビング払いのどちらかとなっており、翌月の27日(土日祝の場合は翌営業日)に登録口座から引き落としがされます。

キャッシングは金利がつくので、1回払いで支払える場合は、1回払いにした方が利息額は最小限で済みます。

リボルビング払いの場合は、月に支払う額が一定となるので、家計の管理がしやすいメリットがありますが、利息額が大きくなってしまうので、経済状況によって返済方法を選ぶようにしましょう。

楽天カードの特徴

楽天カードはキャッシングが利用できる便利なカードですが、その他にも楽天カードならではのサービスが豊富に付帯しています。

では、楽天カードの基本スペックやサービス内容についてみていきましょう。

基本スペック

国際ブランド VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress
申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)・楽天会員の方
年会費 永年無料
ポイント還元率 1.0/100円につき1ポイント付与
ポイント利用 1ポイント=1円から
海外旅行傷害保険 最高2,000万円まで(利用付帯)
付帯機能 楽天Edy・楽天ポイントカード
優待店舗 LAWSON・エディオン・DAIMARU・MATUZAKAYA・TOKYU HANDS・魚民など
ポイントアップ対象 楽天トラベル・楽天市場・楽天Rakoo・加盟店・楽天ブックス・楽天銀行などの楽天グループサービスなど

楽天カードに付帯しているサービス

  • 新規入会特典2,000ポイントプレゼント
  • カードの初回利用特典3,000ポイントプレゼント
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで利用付帯
  • 楽天市場で買い物をするとポイント3倍
  • 楽天トラベル、楽天ダイニングの加盟店を利用するとポイント2倍など

楽天カードは楽天グループが発行しているクレジットカードであることから、楽天市場や楽天トラベルなどがお得に利用できるようになっています。

また、年会費が無料で海外旅行傷害保険が2,000万円まで付帯しているので、普段使いだけでなく海外旅行の際にも便利です。

楽天カードとACマスターカードを比較

楽天カードと同様に年会費が無料でキャッシングも利用できるカードにACマスターカードがあります。

2枚はどのような点が異なるのか比較しながら紹介していきます。

楽天カードとACマスターカードの基本スペック比較

  楽天カード ACマスターカード
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard・AmericanExpress MasterCard
年会費 永年無料 永年無料
入会資格 18歳以上の方(高校生を除く)、楽天会員の方 満20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
ポイントプログラム 楽天スーパーポイント なし
ポイント還元率 1.0%/100円につき1ポイント付与 なし
旅行保険 海外旅行傷害保険:最高2,00万円 なし
利用可能枠 5万円~100万円 10万円~300万円
キャッシングの返済方法 1回払い・リボビング払い 1回払い・リボビング払い
キャッシングの金利 18.0% 3.0%~18.0%

楽天カードはACマスターカードよりもカード内容が充実しており、ポイント還元サービスや保険などが付帯しています。

一方で、ACマスターカードはカードのサービス内容の充実度には欠けますが、利用限度額が最高300万円までと高額に設定されているので、キャッシングに向いているカードです。

楽天カードとACマスターカードはどのような人におすすめ?

楽天カードとACマスターカードはどちらもキャッシングに適したカードですが、それぞれどのような方に向いているのでしょうか。

楽天カード

楽天カードは、通常のポイント還元率が1%と高還元率のため、普段使いでポイントを貯めてお得に使いたい方におすすめです。

キャッシング機能も利用できますが、ショッピング利用も含む利用可能枠が最高100万円までと低額で、金利は実質年率18.0%と高いので、キャッシングよりも通常利用時のポイントの貯まりやすさを重視する方に向いているでしょう。

ACマスターカード

ACマスターカードは、ポイント還元プログラムがなく、その他保険なども一切ついていないため、ショッピング利用にはあまり向いていません。

ただし、ショッピング枠とキャッシング枠を合わせた利用可能枠が最高300万円と高額で、実質年率が3.0%~18.0%と幅があるので、キャッシング機能を重視する方にACマスターカードはおすすめです。

キャッシングを上手に活用しよう!

クレジットカードにはキャッシングサービスがあり、ATMやCD機で現金の借り入れができます。

現金が手元にないときや、クレジットカード払いができないお店を利用した際などに、すぐに現金で借り入れができるキャッシングサービスは非常に便利です。

ただし、キャッシングの金利は高めのため、使いすぎて返済が大変にならないように計画的に使うようにしましょう。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介