フリーランスでもクレジットカードの審査に通るのか!?比較的作りやすいビジネスカードを紹介

フリーランスでもクレジットカードの審査に通るのか!?比較的作りやすいビジネスカードを紹介 トップ画像

クレジットカードを作るには、必ず審査を受ける必要があります。

それもそのはずで、クレジットカードは支払代金を一時的にクレジットカード会社に立て替えてもらっているのです。

そのため、安定した収入がない方は審査に通らない、もしくは通りにくい傾向にあります。

当然、無職の人は審査に通らない可能性が非常に高くなります。

では、収入はあるものの、正社員のように安定性がないフリーランスの方は、クレジットカードの審査に通るものなのでしょうか?

そこで本記事では、フリーランスの方でもクレジットカードの審査に通るのか解説します。

「クレジットカードの審査では、どんな人が有利になるのか?」や「ビジネスカードを持つメリットは?」などもお話するので、フリーランスでクレジットカードが持てるのか気になる方は最後までお付き合いください。

この記事でわかること

・フリーランスでもクレジットカードの審査に通るのか?
・クレジットカードが発行されやすいフリーランスの特徴
・フリーランスがビジネス用の法人カードを持つメリット3つ
・フリーランスにおすすめの法人カード2枚

フリーランスでもクレジットカードの審査に通るのか?

フリーランスでもクレジットカードの審査に通るのか?

一般的に、フリーランスはクレジットカードの審査に通りにくいとされています。

ただし、あくまでも通りにくいというだけで、絶対に審査に通らないわけではありません。

では、なぜフリーランスはクレジットカードの審査に通りにくいかというと、クレジットカードの審査基準に「安定した収入が見込めること」とあるからです。

安定した収入とは、一時的に収入がある状態ではなく、一定の収入が何年にもわたり継続してある状態を意味しています。

例えば、あなたの昨年の年収が1,000万円で今年の年収が200万円だと、安定した収入とは認められません。

反対に年収が300万円程度と少なくても、その年収が何年も続いているなら安定した収入と判断されるのです。

そのため、フリーランスだからと言って問答無用で審査落ちするわけではなく、安定した収入があるかどうかチェックを受けて「問題ない」と判断されれば審査に通ります。

フリーランスは正社員と比べると安定した収入がある人が少ないので、一般的に「フリーランスは審査に通りにくい」と言われてわけです。

クレジットカードが発行されやすいフリーランスの特徴

クレジットカードが発行されやすいフリーランスの特徴

続いては、クレジットカードを発行してもらえるフリーランスの特徴を解説します。

フリーランスの実績が3年以上

クレジットカードが発行されやすいフリーランスの特徴1つ目は、フリーランスの実績が3年以上の人です。

クレジットカード会社が、安定した収入があると判断するためにチェックするのは、「その年収が何年間あったのか?」という点になります。

そして、一般的に3年程度しっかり収入があれば安定していると判断されるため、フリーランスとしての実績が3年以上あった方がクレジットカードの審査に通りやすくなります。

特に3年間にわたり年収が一定額で安定している場合や増えている場合は、審査に通る可能性が高くなります。

ただ、年収100万円程度で実績2年程度でも「クレジットカードの審査に通った」という方がいるので、審査に通りやすいクレジットカードなら多少実績に不安があっても問題ないようです。

事故情報がクリア

クレジットカードが発行されやすいフリーランスの特徴2つ目は、個人の事故情報がクリアな人です。

事故情報とは、過去のあなたのクレジットカード利用履歴やローンの返済状況など、あらゆる金融情報を記載した内容のものになります。

そもそも、日本では個人がクレジットカードを発行・利用したりした時や、ローンの審査の申込・返済状況などを「信用情報機関」と呼ばれるところで一括管理しています。

そして、新たにクレジットカードやローンの申し込みがあると、信用情報機関に登録された情報を照会して審査の判断材料として使うのです。

そんな中、過去の返済が滞ったり自己破産などの債務整理をしたりした方は、事故情報として扱われます。

新たにクレジットカードの申込をしても、事故情報として扱われている方は審査に通る可能性が低くなります。

事故情報が審査に与える影響
債務整理(個人再生・自己破産・任意整理) 審査通過不可能
カードローンやクレジットカードの強制退会 審査通過不可能
クレジットやローンの滞納(一ヶ月以上) 審査で不利になる

債務整理が事故情報として扱われる期間
任意整理 完済から約5年
個人再生 完済から約5~10年
自己破産 約5~10年

反対に事故情報がクリアなら、フリーランスであっても審査に通りやすくなるのです。

ちなみに正社員や公務員であっても、事故情報として扱われている方は審査に通りにくかったり通らなかったりします。

開業届を出している

クレジットカードを発行しやすいフリーランスの特徴3つ目は、開業届を出している人です。

フリーランスの場合、法人とは違い登記制度がないため、開業届を出していなくても罰則などはありません。

しかし、開業届を出していた方が社会的信用度は高くなるので、クレジットカードの審査にも通過しやすくなります。

固定電話がある

クレジットカードを発行しやすいフリーランスの特徴4つ目は、固定電話がある人です。

クレジットカードは、代金の支払いを一時的にクレジットカード会社が立て替えてくれて、後日自動引き落としで代金を支払います。

つまり、一時的にクレジットカード会社からお金を借りている状態になるわけです。

そのためクレジットカード会社は、立て替えた金額を支払ってもらえず逃げられるリスクを背負っています。

そのような事態を避けるために、所在地や連絡先を知っておく必要があるのです。

そんな時に連絡先が携帯電話しかないと、クレジットカード会社は不安に感じるでしょう。

フリーランスとして働く場合でも、固定電話を用意して申込時の連絡先とすれば、クレジットカード会社は「この人は逃げたりしないな」と判断してくれて高評価となります。

フリーランスがビジネス用の法人カードを持つメリット3つ

フリーランスがビジネス用の法人カードを持つメリット3つ

ここでは、フリーランスがビジネス用の法人カードを持つメリットについて解説します。

経費管理や確定申告が楽になる

フリーランスがビジネス用の法人カードを持つメリット1つ目は、経費管理や確定申告が楽になる点です。

個人事業主として仕事していると、どんな項目にいくらの費用がかかったのか明確に把握しておく必要があります。

もし、プライベートとビジネスの利用履歴が1枚のクレジットカードになっていると、どの支払いが仕事で使ったものなのか分かりにくいでしょう。

一つずつプライベートとビジネスの支払いに仕分けるのは非常に面倒な作業です。

そんな時、ビジネス専用のクレジットカードを作っておけば、そのカードで使った金額は全て仕事絡みだと一目で分かります。

全ての管理を自分で行う必要があるフリーランスだからこそ、ちょっとした手間を省くためにもビジネスカードを持っておいた方が良いでしょう。

節税対策になる

フリーランスがビジネス用の法人カードを持つメリット2つ目は、節税対策になる点です。

ビジネス用のクレジットカードは年会費がかかるものが多くなっています。

しかし、その年会費は経費として計上できるため、結果的に節税効果をもたらしてくれます。

また、クレジットカードで様々な支払をしていけば、支払い金額に応じてポイントが還元されます。

しかも、ポイントに対しては課税対象とならないので、ビジネス用のクレジットカード使えば使うほどお得になるのです。

ビジネスに役立つ特典が受けられる

フリーランスがビジネス用の法人カードを持つメリット3つ目は、ビジネスに役立つ特典が受けられる点です。

ビジネスカードは、ビジネス用と名乗るだけあってビジネスに役立つ様々な特典が用意されています。

例えば、経営に関する相談が無料でできたり、航空券のビジネス割引があったりする特典があります。

他にも、各ビジネスカードがビジネスに役立つ異なる特典を用意しているので、あなたのビジネスに合った特典を持つビジネスカードが必ず見つかるでしょう。

フリーランスにおすすめの法人カード2枚!

フリーランスにおすすめの法人カード2枚!

フリーランスであっても安定した収入があり事故情報がクリアなら、十分にクレジットカードの審査に通過できます。

しかし、ビジネスカードには種類が多いため、どれを選べば良いのか迷ってしまう方が多いのも事実です。

そこで、本記事ではおすすめのビジネスカードとして2枚紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカード(アメックスビジネス)





アメックスビジネスの基本スペック
年会費 初年度:無料
2年目以降:13,200円(税込)
ポイント還元率 0.3~1.0%
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー QUICPay(クイックペイ)
発行スピード 2~3週間程度
限度額 一律の制限なし
ETC年会費 550円(税込)
追加カード ETCカード
マイレージ還元率(最大) 0.5%
旅行保険 国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名 メンバーシップリワード

アメックスビジネスは、「クラウド会計ソフト freee会計」へのデータ連携や、ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」が月会費無料などの特典が付帯されたビジネスカードです。

国内外29空港ラウンジが同伴者1名まで無料で利用可能だったり、国内外20万ヶ所以上の施設が特別優待料金で利用可能だったりするので、出張が多い人に便利なカードとなっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカード(アメックスビジネス)





アメックスビジネスゴールドの基本スペック
年会費 初年度:無料
2年目以降:36,300円(税込)
ポイント還元率 0.3~1.0%
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー QUICPay(クイックペイ)
発行スピード 2~3週間程度
限度額 一律の制限なし
ETC年会費 550円(税込)
追加カード ETCカード
マイレージ還元率(最大) 0.5%
旅行保険 国内旅行保険・海外旅行保険
ポイント名 メンバーシップリワード

アメックスビジネスゴールドは、最高1億円の旅行傷害保険が自動付帯されていたり、豊富なプロテクションが用意されていたりするので、フリーランスとして安定した収入がある方におすすめです。

  • オンライン・プロテクション

    インターネット上における不正使用の損害を全額補償

  • リターン・プロテクション

    購入店が返品を受け付けない場合、購入金額の払い戻し(購入日から90日以内)

  • ショッピング・プロテクション

    破損・盗難などの損害を、1名年間最高500万円まで補償(購入日から90日以内

  • キャンセル・プロテクション

    カード決済した旅行やコンサートに行けなくなった場合、予約キャンセル費用の損害を年間最高10万円まで補償


どちらのクレジットカードも、フリーランスの仕事をサポートしてくれる特典が満載です。

フリーランスでも使えるビジネスカードを探しているなら、ぜひアメックスビジネスとアメックスビジネスゴールドの利用を候補に入れておくことをおすすめします。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介