楽天ポイントを貯めるためにカード支払いをする時の3つのコツ


楽天ポイントはその名のとおり、楽天が発行しているポイント制度です。「ざくざく貯まるポイント」として人気を集めていますよね。

楽天ポイントは楽天カードの利用で貯めることが多いです。

楽天カードは通常のポイント率が1%のクレジットカードで、高還元のクレジットカードです。

このように、楽天カードで貯まりやすい楽天ポイントですが、実はさらにポイントを貯めるコツが3つもあります。
どうせなら、効率よく貯めてお得に利用したいですよね。

そこで、ここでは楽天ポイントをお得に貯めるためのコツを紹介していきます!
ぜひうまく活用してみてください。

楽天ポイントを貯めるための3つのコツ

先述したとおり、 楽天ポイントを貯めるためのコツは3つあります。

① 楽天グループの利用 ②ポイント加盟店での利用 ③楽天バーチャルプリペイドカードの利用 です。

では、どのようにして、どれほど貯めることができるのかをそれぞれ解説していきます。

ポイントを貯めるコツ1「楽天グループの利用」

ポイントをしっかり貯めたい方は、楽天グループの利用がおすすめです。

楽天市場の利用ではいつでもポイントが4倍、楽天トラベルではポイントがいつでも2倍獲得でき、さらにポイントアップキャンペーンを利用すればお得にポイントを利用することができます。

ポイントを貯めるコツ2「ポイント加盟店での利用」

楽天グループはインターネット上で利用できるサービスがメインですが、コンビニエンスストアのサンクス、百貨店のDAIMARU、引っ越しの日通など実際の店舗のうち楽天ポイント加盟店でクレジット決済を行うと最大で3倍のポイントが貯まります。

ポイントを貯めるコツ3「楽天バーチャルプリペイドカードの利用」

楽天ポイントを貯めるには楽天カードだけではなく楽天バーチャルプリペイドカードを利用する方法もあります。

楽天バーチャルプリペイドカードとは、クレジットカードである楽天カードにプラスして利用することができるカードです。

あらかじめチャージした金額を、ユーザーの好みの名義で使うことができるので、セキュリティ性も高く管理しやすいサービスといえます。

通常は100円利用=1ポイントですが、年に数回チャージ金額に対するポイント率が2~3%になるキャンペーン「楽天バーチャルプリペイドカードご購入でもれなくポイント●倍プレゼントキャンペーン」が実施されるので、ある程度利用のめどが立っている場合にはキャンペーン期間中にチャージしておくことによってポイントを通常の2倍~3倍獲得することもできます。

楽天バーチャルプリペイドカードとは?



年会費 無料
ポイントプログラム 100円=1P
国際ブランド mastercardのみ
審査 なし
有効期限 購入月の1年後の末日


楽天バーチャルプリペイドカードはインターネット支払専用のプリペイドカードで、カードという名前は付いていますが実際にカードが発行されるわけではなく、Web上でカード番号が発行されるに仕組みになっています。

楽天カードを持っており、インターネット上で利用明細や各種手続きをすることができる「e-NAVI」に登録していれば、すぐに楽天バーチャルプリペイドカードを利用することができます。

クレジットカードである「楽天カード」とは別に、何枚かのクレジットカード持っているような使い方をすることができます。

また、審査がないことも特徴として挙げられます。利用したいときに登録してしまえばすぐに使えるはうれしい点です。

続いて、そんな楽天バーチャルプリペイドカードのメリット・デメリットを詳しく見てきましょう。

楽天バーチャルプリペイドカードのメリット・デメリット

楽天バーチャルプリペイドカードのメリット

楽天バーチャルプリペイドカードのメリットは、どのようなものがあるのでしょうか?

以下で詳しく見ていきましょう。

(1)「カード名義」

インターネット上でクレジット決済をする際には、Web画面で個人情報の記入をする必要があり、セキュリティの面からどうしても個人情報を入力することに抵抗があるという方も少なくありません。

しかし楽天バーチャルプリペイドカードでは、カード名義をニックネームなどに設定することもできるので、支払いの際に本名を記入する必要がありません。

(2)「プリペイドカード」

楽天バーチャルプリペイドカードは、あらかじめ利用したい金額をチャージしておくプリペイドカード式となっており、500円~30,000円までの金額から選択することができます。

クレジットカードには上限金額までであれば好きな額を利用することができますが、バーチャルプリペイドカードはチャージした金額までしか利用することができません。

そのため、例えばゲームやアプリなどの課金で毎月決まった金額を使いたくない方、いくら使ったかを忘れてしまいがちなので予算を決めておいて買い物をしたい方にはおすすめといえます。

(3)「明細記録に残らない」

楽天バーチャルプリペイドカードの利用代金は、専用ページにしか記録が残らないため、クレジットカードの明細に買い物の記録を残したくない方、プレゼントなどで購入したことを内緒にしておきたい方にも使いやすい機能です。

(4)「ポイント率」

買い物をする時に現金払いをするとポイントは貯まらず、楽天カードを利用しても楽天グループ以外の利用では100円につき1ポイントの付与となっています。

しかし楽天バーチャルプリペイドカードを楽天カードでチャージする場合には、通常でも100円で1ポイントが付き、さらにポイント率が100円につき2%~3%にアップするキャンペーンを利用するとお得にポイントを貯めることができます。

(5)「複数枚持てる」

楽天バーチャルプリペイドカードは楽天カードから枝を伸ばすように持つことができるプリペイド式のクレジットカードですが、1枚だけではなく複数枚持つことができるという特長があります。

ネットショッピングをする際には、カテゴリやお店ごとにクレジットカードを分けておくことによって、家計の管理や上限額のチェックがしやすくなります。

(6)「発行手数料」

インターネット上で利用することができるバーチャルカードには、楽天が発行している「楽天バーチャルプリペイドカード」の他に、ライフカードの発行している「ネット専用Visaプリペイドカード」があります。

この2つを比較した時、「発行手数料の違い」が挙げられます。

ネット専用Visaプリペイドカードは未利用期間が3カ月を超えた場合に休眠カード維持費として毎月125円が引き落としされてしまいます。

一方、楽天バーチャルプリペイドカードは発行手数料も無料で、休眠カードの維持費もかからないのでプリペイド金額が減る心配がありません。

楽天バーチャルプリペイドカードのデメリット

ここまで、楽天バーチャルプリペイドカードのメリットを解説してきました。

では、デメリットとしては何が挙げられるのでしょうか?

後悔のない選択のためには、デメリットもしっかり把握しておく必要があります。

ここでは、楽天バーチャルプリペイドカードのデメリットを見ていきましょう。

(1)有効期限

楽天バーチャルプリペイドカードの有効期限は初回のチャージから1年間となっており、期限が切れそうなときには新しくプリペイドカードを購入して残高を移行することで、新しく購入した金額と合算して有効期限を延ばすことができます。

しかし利用頻度が少なく、1年間の有効期限を忘れてしまうとせっかくチャージした金額が失効してしまうので注意してください。

(2)端数

ネットショッピングで利用する際には、とくに1円や10円単位の端数が出てしまいます。

その際、チャージを行うか、有効期限が気になる際には新しいプリペイドカードを購入して残高を移行するという方法がありますが、プリペイド機能を利用する予定がない場合もありますよね。

一方、Amazonギフト券へのポイントは1円単位でポイント購入をすることができるので、端数が出てしまいプリペイドの利用予定がない場合にはAmazonギフト券へポイントを移しておきましょう。

楽天バーチャルプリペイドカードの注意点

では、楽天バーチャルプリペイドカードを作るうえで何か注意点はあるのでしょうか。

ここでは、特に気になる人が多いと考えられる、(1)返金について(2)残高不足だった場合、合算可能か(3)払い戻しに関する注意点を解説していきます。

注意点(1)「返金について」

楽天バーチャルプリペイドカードは返金処理が遅いことがあるので注意しましょう。

楽天バーチャルプリペイドカードでは、利用先から送られる、楽天バーチャルプリペイドカードのご利用情報やキャンセル情報をもとに残高の管理をしています。

そのため、処理は利用先のキャンセル処理情報が当社に届き次第になるので、状況によっては残高への反映に最大3か月かかることがあるようです。

注意点(2)残高不足だった場合、合算可能か

一枚の購入につき、すでに保有している楽天バーチャルプリペイドカード1枚の残高移行は可能です。

ただし、残高を合算した後の楽天バーチャルプリペイドカードの上限金額は5万円までになります。

また、有効期限到来前の楽天バーチャルプリペイドカードの残高は、新しく購入するプリペイドカードに移行して合算できますが、有効期限を過ぎると、残高がある場合でも払い戻しなどはできませんので注意しましょう。

注意点(3)「払い戻しについて」

購入した楽天バーチャルプリペイドカードの残高は、払い戻してもらえるのでしょうか?

結論から申し上げると、払い戻しはされません。 この点は注意が必要でしょう。

楽天バーチャルプリペイドカードの購入方法

では、実際にどのようにして楽天バーチャルプリペイドカードは購入できるでしょうか。

楽天バーチャルプリペイドカードは、以下の3ステップで簡単に即時発行できます。

まずは楽天会員にログインした後、何種類もあるカードデザインからまずはデザインを選択します。

その後、楽天カードで購入をすれば、即時発行されるというシンプルな流れです。

楽天バーチャルプリペイドカードでお得に楽天ポイントを貯めよう

クレジットカードのポイントはクレジットカードの利用金額によって付与されるものが一般的ですが、それだけの利用では思ったよりもポイントが貯まっていなかったりお得感が感じられない場合があります。

しかしクレジットカードのポイント獲得キャンペーンだけではなく、楽天バーチャルプリペイドカードをクレジットカードの機能と合わせて使うことによって、通常のクレジットカード決済以上にポイントを獲得することも可能です。

楽天カード自体が還元率の高いクレジットカードではあります。

しかし、せっかくクレジットカードを持つのであれば賢くポイントを貯めて、好きなものに交換したりと、クレジットカードの機能をすべて使い切るくらいお得に利用していきましょう。



楽天カード

年会費

無料

還元率

1%

発行期間

約1週間

ETCカード

550円(税込)/年


ETC利用率
新規入会とご利用で最大プレゼント!
当サイトからお申込みしていただいた方は最大でプレゼント!
楽天カードはポイントの貯まりやすさや楽天市場を始めとした楽天サービスのと相性の良さから多くの方に支持されている人気クレジットカードの一枚です。
入会をした時点でがプレゼントされ、カード発行後の利用で、合計がすぐに獲得できるキャンペーンを開催中。

スーパーポイントアッププログラムで常にポイントが最大16倍
楽天カードの一番の強みは楽天サービスを利用することでどんどんポイントアップをすることです。
スーパーポイントアッププログラムの条件を全てクリアするといつでもポイントが16倍になります。
楽天サービスのヘビーユーザーなら楽天カードを持たない理由はありません。
年会費無料で維持費0円
楽天カードは年会費が無料のため、アルバイトやパートをしている学生・主婦の方でも安心して申し込むことが出来ます。

高いポイント還元率とセール・キャンペーン
ポイント還元率がどこで利用しても1%と高水準の楽天カードは楽天市場などのセールやキャンペーンと組み合わせることで10倍~20倍にまで還元率を高めることが可能です。

スマホからの簡単申込み
クレジットカードの入会は記入項目が多くて面倒なものが多いですが、楽天カードはスマホから簡単に申し込めるシステムとなっているため、わざわざパソコンを開かなくてもすぐ申込み可能です。
年会費 海外保険 国内保険
無料 最高2,000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 約1週間 個別設定


クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club