起業・会社設立直後でも審査が通りやすい法人カード

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


法人カードは法人の方や個人事業主の方にとって、経費管理の簡略化や経費削減、キャッシュフローが良くなることなど様々なメリットがあります。 しかし、クレジットカードを利用するには、個人カードでも法人カードでも審査に通らなければいけません。


特に、会社設立直後や起業したての個人事業主の方は審査に不安がある方が圧倒的に多い傾向にあります。そんな方におすすめの 起業・会社設立直後でも審査が通りやすい法人カードを見ていきましょう。

審査に通りやすい法人カード
起業した直後でも作ることができるアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは実績がなく審査が不安な方にもおすすめです。



設立したての新会社でも審査を通す方法

法人カードの発行には個人カードを発行するのと同様に審査があります。クレジットカード会社も信用のある方にのみ法人カードを発行するので、審査なしで法人カードを発行することはできません。

法人カードの審査は様々な情報を調べてみると、審査の基準が難しいという内容をよく目にします。それは、個人カードよりも審査項目が多く、個人ではなく法人を対象にしているから難しく見えてしまうのでしょう。

しかし、審査の難易度で言えば個人カードよりも、法人カードのほうが柔軟なのです。

法人カードのほうが審査に柔軟な理由

一番の理由として挙げられるのは、法人カードは個人カードに比べ、月々の利用額が大きいことにあります。

法人カードは複数枚発行して多くの社員に持たせることができるので、経費の立て替えが不要になり、引き落とし口座を1つにまとめることができます。

経費だけでなく従業員の支払い分もまとめるとなると、個人カードよりも月々の利用額が大きくなるのは明らかです。

法人カードは経費の決済に対応できるように個人カードよりも利用限度額が高く設定されていて、高額な経費の支払いにも対応しています。

クレジットカードを使えば使うほど、クレジットカード会社に入る手数料が多くなるので、必然的に法人カードは審査が柔軟になるのです。

上記の理由から、法人カードの審査はそれほど難しくなく、 設立直後の会社起業したての個人事業主でも通過することがあります。




審査を通す最低限の3つのチェックリスト

また、法人カードの審査をする上で3つのチェックリストを覚えておきましょう。 少しでも審査の通過率を上げることができますし、設立間もない企業・個人事業主の方が信用度を上げるのに一番手っ取り早い方法です。

その1:ホームページをきちんと作る

クレジットカード会社も審査を行うにあたり、法人カードを申し込んだ企業を知るために様々な方法で会社の情報を調べています。

会社の情報や社名、業務や実績などを記載することで「しっかりとビジネスを行っている会社」だと判断されるので信用度を上げることができます。自社のホームページを作りこむことで、法人カードの申込書類では伝えきれなかった会社の良さを伝えることも可能です。

設立直後であればあるほど、代表者の設立経緯や実績などがあればより評価は高くなります。

その2:固定電話を用意する

カード会社にとっての一番の心配は、利用した金額を回収できないことにあります。

最近は、携帯電話の普及に伴い固定電話を持っていない方も多くなっています。

固定電話を持っていなくても審査に通過する可能性はありますが、固定電話は信用度をはかる重要な項目とされるので申し込む法人カードによっては固定電話が無いと発行できないものもあります。

固定電話があることでその住所に会社・自宅があることが証明できますのでカード会社には安心感が生まれ、評価も高くなるのです。固定電話があるだけで審査の通過率は格段に上がるでしょう。

その3:必要書類は正確に記載する

法人カードに限らず個人カードの申し込みにも言えることですが、必要書類は正確に記載するのがポイントです。

例.住所記載

×→○○県××市△△ビル

◎→○○県××市△△ビル□□号室

上記のように詳細に記載することで、信用度が増します。

また、名前間違いや電話番号の間違いなど、今一度、提出書類の記載事項を確認しておきましょう。 記載ミスは審査が通らない原因の1つでもあります。

個人事業主の方と法人の方関わらず、3つのチェックリストからどれか1つでもクリアをしていれば、審査に落とされる確率が減るでしょう。




設立3年以内の実績は審査に影響があるか?

法人カードを作る上で、多くの法人カードの情報サイトでは下記のような条件をよく目にします。

「会社設立から3年以上経過しているか?」
「黒字決算を2期以上出せているか?」

いわゆる設立3年以内の会社や赤字決済を出している会社は、審査を申し込んでも落ちてしまうように聞こえる文章です。

開業してから3年以内に倒産する会社は多く、クレジットカード会社としても返済能力がない会社にクレジットカードを発行することは大きなリスクとなってしまうので、「設立3年以上、2期連続黒字決済」の条件を設けています。

しかし、会社設立から3年以上経過していない、黒字決算を2期以上出せていなければ法人カードの発行ができないということはなく、設立直後や赤字決算の会社であっても法人カードを発行することは可能です。

具体的な審査基準は公開されていませんが、クレジットカード会社は、「自社のカードを使ってくれる方」という点を重視しているので、個人よりも法人・個人事業主の方のほうが決済額は多くなりますから自然と審査基準は柔軟になっています。

もちろん100%審査が通るというワケではありませんが、会社設立から3年間もカードを使わないのは勿体無いですから、最低限の審査のコツをクリアすれば審査に通過することができるでしょう。




代表者個人のクレカ実績が最も重要

設立期間や決算額以上に重要とされているのが、個人事業主の方も法人の方も当てはまる下記の2点です。

その1:代表者個人のクレヒスなどの信用情報を含めた【総合判断】

代表者がどんな人物であるのか、過去に個人カードで滞納・延滞情報がなく、毎月しっかりと返済実績があるかといった個人の信用情報が見られます。

いわゆるクレジットカードヒストリー(クレジットカード利用実績、以下、クレヒス)が見られるのです。

個人事業主なら当然、個人名を記載しますし、法人カードを法人名義で申し込みをしたとしても、契約者は代表者の名義になるでしょう。

代表者個人が見られる3つのポイント

1,過去の延滞・滞納情報があるのか
2,クレジットカードの審査通過率
3,ブラックリストに載っていないか


上記の3点が見られ、滞納・延滞もなくしっかりとクレヒス実績がある方は気にすることはありません。

万が一、この3点に該当する方は、審査に影響が出る可能性がありますので、今一度、自身のクレジットカード利用を見直しましょう。

その2:カードが求めるステータスに見合った年収があるか?

クレジットカード会社、カード自体によって、見合った年収というものがあります。

年収によっては審査に通らないクレジットカードも出てくるとは思いますが、それは個人カードに限ったことで、 法人カードや個人事業主向けのカードは、気にする必要はないでしょう。




法人カードの発行に必要な書類とは?

法人カードの発行に必要な書類は下記の2点です。

・法人の確認書類
・代表者の確認書類

法人の確認書類では「現在事項全部証明書」「履歴事項全部証明書」の2点が当てはまります。

「現在事項全部証明書」「履歴事項全部証明書」のどちらか1点、発行日から6ヵ月以内の原本またはコピーを提出しましょう。

代表者の確認書類では名前、生年月日、現住所が記載されている「運転免許証」「パスポート」「マイナンバーカード」「在留カード・特別永住者証明等」「住民票の写し」などが当てはまります。

「各種健康保険証」につきましては、加えて現住所が確認できる書類の提出が必要になる場合があります。

法人の方が法人カードを申し込む場合は、法人の確認書類と代表者の確認書類の2点が必要になりますが、個人事業主の場合は法人が存在しないので代表者の確認書類の1点を提出しましょう。

また、本人確認書類の住所と入会申込書に記入した現住所が異なっている場合は現在の住所が確認できる「補完書類」が必要になります。

「補完書類」には「公共料金の領収書」「国税または地方税の領収書」「社会保険料の領収書」が利用できます。

法人カードの申し込みに必要な書類は、法人カードの種類によって違い、法人の方であっても代表者の確認書類だけで済んでしまう場合もあるので確認しましょう。

法人カードの発行にかかる期間とは?

法人カードを申し込んでから手元に届くまでには約3週間かかります。

個人カードではwebで申込が完結するカードもあるので法人カードと比べて早く発行することができますが、法人カードは郵送でのやり取りが多いので時間がかかってしまうのです。

法人カードを発行する際は余裕をもって申込みをしましょう。

また、法人カードのなかには即日発行に対応しているものもあるので、すぐにでも法人カードを持つことができます。サービスや付帯保険など内容はカードごとに異なるので自社に合った1枚を選びましょう。




法人カードの種類は2つ!会社の規模も考えてカードを発行しよう

「法人カード」と一括りにされていますが、中小企業や個人事業主向けの「ビジネスカード」大企業向けの「コーポレートカード」の2種類があります。

中小企業・個人事業主向けのビジネスカード

ビジネスカードは従業員20名以下の中小企業、個人事業主の方を目安として発行している法人カードです。

カード名が入ります。
JCB法人カード
カード名が入ります。
UC法人カード
年会費 1,250円+税
(初年度無料)
1,250円+税
追加カード 1,250円+税 1,250円+税
発行枚数 制限なし 制限なし
限度額 最高100万円 最高300万円

JCB法人カード、UC法人カードは経営者・個人事業主の方向けに発行されている法人カードで、年会費や追加カードも1枚につき1,250円+税と安く維持費はそれほどかかりません。

追加カードの発行枚数の制限は設定されていませんので、どの従業員に持たせるかを決めて必要な枚数を発行できます。

UC法人カードはJCB法人カードと比べて限度額が300万円と高く設定されており、従業員に持たせるそれぞれの追加カードにも利用可能枠を設定することが可能です。

追加カードごとに利用可能枠を設定する場合は、法人カードの限度額の中で最も高い金額の範囲内で設定することができるので、一番高く設定されている限度額が100万円であった場合、他の追加カードの限度額は100万円以下で設定することができます。

UC法人カードは1枚のカードにつきETCカードを99枚まで発行可能なので、従業員にETCカードを発行しなくてもETCカードだけを発行して持たせることができるのです。

また、カード利用で貯まったポイントは福利厚生やビジネスに役立つアイテムに交換できますし、ビジネスサポートとしても高額な会計ソフトを優待価格で利用可能、社員旅行や福利厚生サービスとして宿泊費や交通費を割り引きするなど便利に利用できる付帯サービスが揃っています。

大企業向けのコーポレートカード

コーポレートカードは20名以上の従業員を持つ大企業の方向けに発行している法人カードです。


JCBコーポレートカード
カード名が入ります。
UCコーポレートカード
年会費 30,000円+税 発行条件等により、個別の年会費設定
追加カード 年会費無料 発行条件等により、個別の年会費設定
発行枚数 制限なし 制限なし
限度額 - 最高500万円

JCBコーポレートカード、UCコーポレートカードは大企業向けに発行されている法人カードで、ビジネスカードに比べて年会費は高額ですが、従業員に持たせる追加カードの年会費が無料になります。

大企業となると従業員数も多くなるため発行枚数も多くなってしまい、追加カードにも年会費がかかる法人カードであれば費用も高額になってしまうので、追加カードの年会費がかからないのは大きなポイントです。

JCBコーポレートカード、UCコーポレートカードは発行枚数に制限を設けていないので、持たせたい従業員の数に合わせて発行することができます。

また、大企業の特徴として従業員数が多いことから従業員の旅費・交通費など会計処理が面倒に思われますが、法人カードを取り入れれば部署や社員ごとに行っていた経費手続きを1つにまとめることができるので管理を簡単に行うことができるのです。

中小企業よりも従業員が多く、経費がかかる分、ポイントやマイルも貯まりやすくなり、貯まったポイントはギフトカードやオフィスアイテムに交換することで経費削減に役立てることができます。

さらに、JCBコーポレートカードでは最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険が自動で付帯しているので、出張に行くたびに保険に加入する手間がかかりません。

法人カードのなかには「大企業向け」と正確に明記されているものもありますが、「ビジネスカード」や「コーポレートカード」とあっても、社員数や規模の制限がなく、どの企業や個人営業主が申し込むことできる法人カードも存在します。

カードを発行する目安として従業員の数や会社の規模が設定されていますが、従業員が20人以上だからコーポレートーカードにしか申し込めない、大企業だからビジネスカードに申し込めないということはなく、あくまでも目安なので、大企業であってもビジネスカードに申し込むことはできますし、中小企業であってもコーポレートカードに申し込むことは可能です。

しかし、サービス内容はコーポレートカードやビジネスカード、また法人カードごとに異なってくるので、利用用途に合ったカードを選びましょう。

社員にクレジットカードを持たせる際の注意点

法人カードを使って会社の経費の削減や、従業員の福利厚生を充実させることも大切ですが追加カードを従業員に持たせることで起こる問題があります。

従業員に法人カードを持たせる際の注意点を確認して行きましょう。

経費以外の支払いに使用させない(私的利用)

従業員に持たせた追加カードは従業員が自由に使うことができます。

そのため、私的利用されてしまう恐れがあるので、「取引先との交際費にだけ使う」「旅費・交通費のみ利用を認める」など法人カードを利用する際の制限を設けるようにしましょう。

ポイントやマイルの無断利用

ビジネスを順調に進める上で法人カードは会社の経費管理を簡単にし、利用した分もポイントとして貯まるので、経費の支払いに利用するとたくさんのポイントが貯まり経費削減につながります。

個人事業主であれば、経費の支払いで貯まったポイントはカードの持ち主である個人事業主のものになりますが、企業で複数の社員に法人名義のカードを持たせ、経費の支払いで貯まったポイントは、法人代表者が持つ親カードのポイントに合算されるので法人代表者のものとなります。

そのため、法人代表者がポイントを横領してしまう場合もあるので、会社でポイントの取扱規約を設定して横領を防ぎましょう。




開業したばかりの方でも発行しやすい法人カード3枚

法人向け・個人事業主の方向けの法人カードでもおすすめは、キャンペーンを行っている法人カードでしょう。

キャンペーンを行っているということは、法人カードの利用者を増やしたいという狙いがあるため、審査が柔軟になっていることがあります。

現在、アメックスの法人カードとオリコカードの法人カードは入会特典として初年度年会費無料やポイントプレゼントを行っています。

また、個人事業主向け・法人向けと明確に区分された法人カードは、カード選択の際に、利用者区分が分けられるため、審査に通りやすい傾向にあります。

アメックスの法人カードとオリコカードの法人カードはネット申込の場合、個人事業主と法人格のある法人代表主の2つの項目から申込みを受け付けているためおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはアメックスの法人カードの中でスタンダードな立ち位置になるカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはアメックスの法人カードの中でスタンダードな立ち位置になるカードです。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは本家アメリカン・エキスプレス・カードと同様のサービスを受け継いだままビジネス向けのサービスが更に利用することができ、中小企業の方はもちろん、個人事業主やフリーランスの方が本業に集中できるように経営全体をサポートするサービスが充実しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット

・旅行傷害保険の限度額が高い

・四半期ごとの管理レポートの出力

・ビジネス・コンサルティング・サービス

・ビジネス情報誌「ジー・サーチ」・ビジネス情報調査代行サービスの年会費が無料


アメックスカードは旅行傷害保険の限度額が高いことで人気がありますが、ビジネスカードでも同様に補償額は高く設定されています。

国内・海外共に最高5,000万円まで対応可能なので出張が多い方にはやはりアメックスはおすすめです。

また、ビジネス向けのサービスとして四半期ごとに管理レポートをPDF・CSV形式で出力をすることができるので経費の使い道をすぐに確認することが可能です。

そして起業したばかりの個人事業主や中小企業経営者にとって嬉しいのがビジネス・コンサルティング・サービス。

このサービスは経営コンサルティングの紹介や経営相談の窓口など様々な形で経営をサポートしてくれるサービスです。

ここがポイント!
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはただ経理処理を分けるだけの法人カードではなくビジネス全体をサポートしてくれるクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの内容を更に充実させ、よりビジネスを促進させたいと考えている方におすすめの法人カードです。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリット

・アメックス会員限定のミーティング・スクエアの利用

・コンシェルジュによる会食・接待の予約代行

・ヘルスケア無料電話相談

・ビジネスカード会員限定のイベント招待

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードで特徴的なサービスが会員限定で利用できる帝国ホテルのミーティング・スクエアの利用権とコンシェルジュによる予約代行です。

ミーティング・スクエアは限られた人しか利用することのできない会議室なので大事な打ち合わせをする時にミーティング・スクエアでセッティングをすることで相手に好印象を与えることができるかもしれません。

また会食・接待のレストラン予約代行はコンシェルジュに人数や予算・スケジュールを伝えるだけで対応可能です。

ビジネスを円滑に進める上で会食や接待などは避けることのできないことですが、店の選択やスケジュールの確認などは非常に手間がかかる作業です。

しかし、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはコンシェルジュに伝えるだけで本業の仕事に集中することができます。

アメックスはビジネスカード会員限定のイベントを開催しており、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを持っていると限定イベントに参加することができます。

そのような場に来る方は経営者や役職者の方が多いため、新しいビジネスチャンスを掴む場として非常に期待ができます。

ここがポイント!
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは経営サポートに留まらず、ビジネスチャンスを更に広げてくれるクレジットカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのキャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは現在入会特典として入会後1年以内のカード利用で30,000ポイントが獲得できるキャンペーンを実施中です。

ポイントを獲得するには入会後1年以内に200万円以上のカード利用が条件となります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのポイントプログラムは100円につき1ポイントが貯まるので、30,000ポイントを貯めるには300万円のカード利用が必要です。

個人カードで200万円の利用は難しいかもしれませんが、法人カードなので諸経費の決済をすべて集中させれば決して不可能な金額ではありません。

オリコカード EX Gold for Biz

オリコカード EX Gold for Bizはオリコから発行されている法人カードで年会費が安いことが特徴的です。


オリコカード EX Gold for Bizのメリット

・年会費が安い

・海外旅行傷害保険が自動付帯

・カードブランドがVISAとMasterCardの2種類から選べる

オリコカード EX Gold for Bizは初年度の年会費が無料になるだけでなく、2年目以降も年会費が2,000円+税と負担なく持ち続けることができます。

年会費が安いクレジットカードは補償があまり良くないことが多いですが、オリコカード EX Gold for Bizは海外旅行傷害保険が自動付帯となるので、この価格帯の法人カードの中では補償が充実していると言えるでしょう。

また、オリコカード EX Gold for BizはカードブランドをVISAとMasterCardのどちらかを選ぶことができるのもポイントです。

自分が利用するサービスや地域によっては利用できるカードブランドに偏りが出てくる時もありますが、シェア率の高いカードブランドをどちらか選ぶことができるので、いざ発行をした時にあまり利用できなかったという自体にはなりにくいです。

ここがポイント!
長期的な年会費が安いため独立したばかりのフリーランスや副業用で法人カードを作りたいと考えていた方におすすめ!






おすすめ法人カード3枚の審査難易度を比較

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード、オリコカード EX Gold for Bizは3枚とも実績が少なくても作ることができる法人カードとして注目されていますが、更にこの3枚で審査難易度を比較してみましょう。


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
オリコカード EX Gold for Biz
オリコカード EX Gold for Biz
年会費 12,000+税 31,000円+税 初年度無料
2,000円+税
入会資格 20歳以上の個人事業主
法人代表者
20歳以上の個人事業主
法人代表者
20歳以上の個人事業主
法人代表者
支払い口座 個人名義
法人名義
個人名義
法人名義
個人名義
法人名義
利用枠 個別設定 個別設定 10万円~300万円
審査の柔軟さ
審査の傾向 独立をした直後の個人事業主でもカードを 作ることができる数少ないカードです。 法人としての実績だけでなく 個人の信用で審査をする傾向があります。 グリーンカードよりは厳しいが個人で利用していたカードの利用状況が良ければ通過する可能性十分あり 個人事業主用と法人格用で分かれているため、審査が柔軟に行われている。

審査の柔軟さを重視するとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとオリコカード EX Gold for Bizの2枚が作りやすい法人カードということがわかります。

オリコカード EX Gold for Bizは年会費が無料で作りやすいですが、サービスの充実度はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの方が高いので、今後作る予定の法人カードをただ決済をするためのカードにするのか、経営全体のサポートと促進をさせるツールとするのかという違いによって大きく差が出ます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードも開業したばかりの個人事業主が作る法人カードですが、やはり他の2枚と比べると少し難易度は上がります。

しかし経営サポートの充実度は法人カードの中でも随一となるため、年会費以上の価値がアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードにはあることは間違いありません。




総合的なバランスの良さはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードが一番

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは開業したばかりの方でも安心して作ることができ、補償やサポートが充実しているので年会費を考慮してもバランスが非常に良いです。

年会費は経費として計上することができるので、年会費分が丸々負担になるわけではありません。

これから独立・副業を始めようと考えている方、今まで個人のクレジットカードで決済をしていた個人事業主の方はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードがおすすめです。


まずはコレ!

会社を設立した直後や個人事業主として独立をした直後は法人カードを作ることができるのか不安になるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは上記のような会社として実績がない人でも積極的に受け入れてくれるので、法人カードの審査が不安な方にとってはぴったりなクレジットカードだと言えます。

個人用のクレジットカードで仕事の決済も行ってしまうと経理の事務作業が増えてしまうなど、後々デメリットが多く生じますので、仕事で利用するクレジットカードとしてしっかりと法人カードを用意することをおすすめします。



  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj