リボ払い活用法 カード支払い総額を無理なく完済するワザ



リボ払いは上手に活用してこそメリットが生かせる

クレジットカードのリボ払いは収入が一定の方には便利な返済方法です。

「冷蔵庫がいきなり壊れた!」

「新しいパソコンを買いたいな…」

と思っても、毎月決められた給与で、しかもボーナスなしとなったら、

なかなか大きな買い物はできません。

でもそんなときにリボ払いを活用すれば一定の返済金額で、毎月ムリなく返していけるため、利用されている方も多くいます。

リボ払いの4つのメリット



その1、返済金額が一定

利用者側で5千円、1万円、2万円など金額を指定できるものもあれば、

リボ払いの総額により返済額が変わるものもあります。

自身が使っているクレジットカードのリボ払いをきちんと理解しておきましょう。

その2、リボ払いにより特典がある

ただ特典がほしいというだけのリボ払いはおすすめはできませんが、

計画を立てて利用した場合、年会費が無料となるものやポイント付与率が高くなったりするものもあります。

その3、使いすぎてしまった場合に自動でリボ払い、またはあとからリボ払いに変更できる

利用したときに「リボ払いで」というのは気が引ける方やクレジットカードの月間の利用額を決めている方は、一定の金額以上の利用があたときにリボ払いへ自動的にしてくれるもの、WEBで後日リボ払いにできるものがあります。

その4、分割払いをいくつも利用するよりリボ払いでまとめたほうが無理なく返済していける

Aを分割払い、Bも分割払いと分割払いをその都度利用し、また利用回数も多い場合、分割払いはその商品に対して手数料と金利がかかってくるので、毎月の支払いが金利も別々になり返済金額が大きくなります。

例>

A商品10万円の分割払い5回/20,670円を5回(5回払いは利用料金100円にあたり分割手数料3.35円※)

B商品20万円の分割払い10回/21,340円を10回(10回払いは利用料金100円にあたり分割手数料6.70円※)

C商品15万円の分割払い10回/16,005円を10回(10回払いは利用料金100円にあたり分割手数料6.70円※)

合計/58,014円

というよりは、45万円をリボ払いでまとめて金額を5万円返済として支払った方がトータル55,547円の支払いとなり管理がしやすくなります。(リボ払いは金利15%)

この場合、リボ払い5万円+金利払いとしているため、完済予定は9回目となり、返済回数はA商品の5回は伸びてしまいますが分割の10回よりも少なくなります。

※例の分割払い基準(手数料計算はdカードを参照しています)

Qどうして、分割払いよりリボ払いの方が手数料や金利が低いの?
A、分割払いは商品に対して手数料をかけ、その合計を均等としており、リボ払いはそのときの総金額に金利をかけていく違いがあります。


分割払いは重ねれば重ねるほど、手数料や金利が別々になり支払いになりますが、リボ払いはまとまって返済するためです。

注意したいことは、リボ払いの返済金額が5千円、1万円と少なくなると返済期間も長くなり、総金額が減らないので手数料や金利もなかなか減りません。


なのでリボ払いの返済を完済したい場合は、定額払いを3万円以上に設定しておきましょう。


また分割払いはクレジットカードの規定にもよりますが、2回、3回払いにしておくと金利が12%以内と抑えられるので、短いスパンで支払いを終えたいときは分割払いがおすすめです。

リボ払いはメリットだけではなく、デメリットもあり、

使いすぎてしまったと毎回リボ払いに頼ったり、いつまでも定額5千円払いにしていると、返済回数が減らず完済しにくくなります。

なかには一括返済のほかに、随時一部払いできるものもありますから、そのことも確認し上手に活用していきましょう。



リボ払いを完済させるコツ

使いすぎてしまったとき、必要となる大きな出費がかさんだときなど、一定額の返済で済むリボ払いを活用するのは日ごろの支払いに計画性が持てるので良い方法ですが、気になるのは「利息が多くなりすぎて返済ができるのか」「長引くのではないか」という点です。

多くのメディアでも取り上げられている部分ですが、実はリボ払いというのは使い方(返済方法)により危険だと言われているのです。

<リボ払いで失敗しないためのコツ>

返済額を上げる

リボ払いの利息が大きくなる、返済期間が長引くのは支払いを初期設定のまま「5千円」・「1万円」としているからです。

返済の金額を無理なく返せる金額に上げておき、自分で何回払いで完済できるのかをきちんと計算してみるのが良いでしょう。

5千円や1万円という方は3万円から5万円として返済していけば、完済のめどが立ってきます。

ここで「毎月クレジットカードを利用しているのに、これじゃあ、お小遣いがなくなっちゃう!」という方もいることでしょう。

毎月、電子マネーや飲食、お買い物といろんなところでクレジットカードを利用されている方は、給与日はクレジットカードの支払いがメインとなっているため、現金が少なく、だからこそ大きな買いもののときはリボ払いを利用していることでしょう。

そこで月々の返済額を上げて無理なく完済する方法としておすすめなのが、


来月分の支払いもすべてあえてリボ払いにし、クレジットカードはリボ払いの返済をメインとする方法です。

<リボ払いを完済するためのたった2つのステップ>

1、今月分と来月分のクレジットカード利用分をすべてリボ払いに変更する

※電気料金や携帯電話料金など固定分以外

2、リボ払い返済額を1万円以上に設定する

これだけでクレジットカードの利用分はリボ払いや固定払いのみとなりますので、完済のめどがたちます。

例>リボ払いが総額20万円あった場合

今月利用分/10万円

翌月利用分/10万円

リボ払い残金に思い切って今月、翌月支払予定の20万をプラスする。

そして月々のリボ払い返済を3万円にする。

すると約13カ月で完済することができます。

※金利により変動はありますが、クレジットカードのリボ払いは平均15%なので、 3万円定額返済の場合、初回34,932円となります。

金利込みのリボ払いの場合は、3万円定額で実際に返済している金額は25,068円です。

クレジットカードのリボ払いには、「元金+利息」(リボ払い金額に利息をのせたもの。つまり3万円+利息)を支払うものと、「元金+利息込みの定額」(リボ払い3万円内に利息も込み)のものがあります。

これは自身で利用しているクレジットカードを確認しておく必要があります。

元金に利息を上乗せして返済するリボ払いだった場合は、元金は定額で返済でき、それにともなった利息をプラスして支払っていけるのでめどがたちますが、後者のリボ払い○万円に利息が込みの定額だった場合は、元金が少なく返済されているため、返済が長引いてしまいます。

もし、リボ払い返済金額に利息が込みとなっているクレジットカードを利用している場合は、【みずほ銀行カードローン】や【三井住友銀行カードローン】といったカードローンで借り換えをして返済していけば、上手に完済することができるでしょう。



リボ払いで完済を計画するときの注意点

今ある利用分をリボ払いにし、リボ払い返済額を多くすることで月々の使えるお金も安定し、完済にもめどが立つという方法はシンプルながら、絶対に完済するという気持ちが大切です。

リボ払いで完済するための注意点

1、元金にプラス利息、手数料ではないコミコミリボ払い場合は銀行系カードローンなどの借換を検討する

利息と手数料が込みの定額リボ払いの場合、返済期間も伸びてしまい、返しているのにまだ残っているとストレスが溜まります。

そんなときは、【みずほ銀行】や【三井住友銀行】のカードローンで一括返済をし、借りた分は口座引き落としで対応していきましょう。

2、あくまで無理にならないリボ払い返済金額に設定する

完済と焦るばかり、返済の金額をいきなり大きくしてしまうと1か月の生活に支障が出てしまいます。リボ払い返済額が5千円や1万円であれば、まずは2万円、3万円からと少しずつ増やしていきましょう。

3、あるとき払いや増額返済できるタイプであれば、ボーナスや臨時収入があったときに少しでもいいので返済する

クレジットカードのなかには臨時で一部を返済できるものもあるので、事前に確認しておきましょう。

クレジットカードは申込をしても、審査に通らなければ持つことも利用することもできません。リボ払いがかさんで返済が辛い、使いすぎて返済できるか不安と思っていても、そのクレジットカードはあなたなら良いと審査が通って持つことができたものです。

解約するときまで大事に使っていきましょう。

そして『完済』という目標をしっかりと持ってクレジットカードと上手に付き合いましょう。



借換という方法で完済するのも検討すべき

100万円未満の場合、借り換えでリボ払い残高の手数料や利息を大幅に減らすことはできませんが、借り換えをすることで多少の利息を抑えることもできます。

クレジットカードのリボ払い金利は平均15%、銀行系カードローンの金利は平均14.5%で、クレジットカードのリボ払いはいくらリボ払いにしても15%は変わりませんが、銀行系カードローンは融資額が大きくなるほど、14.5%→7%など金利が低くなっていきます。

クレジットカードのリボ払いは利用限度額込みになっているので、カード利用額が100万円の場合は100万円までしかリボ払いを利用することはできません。

銀行系カードローンを利用して借換するときは、金利や返済のしやすさなどを考えながら検討するようにしましょう。

借換を成功させるコツは、銀行系カードローンだからどこでも大丈夫!

というわけではなく、クレジットカードのリボ払い金利15%よりも低いところを選ぶことです。なかには金利18%もありますから、気を付けていきましょう。

おすすめは銀行系カードローンのなかでも知名度と利用者数の多い【みずほ銀行カードローン】や【三井住友銀行カードローン】といったメガバンクのカードローンです。

例えばクレジットカードのリボ払い15%、三井住友銀行カードローン14.5%と0.5%の金利差しかなくても、80万円の残金、借入れがあったときは1か月で329円の差が出ます。

例>クレジットカードのリボ払い金利15%

80万円×0.15÷365×30=9,863円

例>三井住友銀行カードローン金利14.5%

80万円×0.145÷365×30=9,534円

注意してもらいたいのは、クレジットカードのリボ払いは返済するたびに減った残金に対し金利がかかり、金利の金額が変わることです。

70万円となったときと65万円、50万円に残金が減っていくたび月返済の金利額は減っていきますので、返済している実感が感じられるでしょう。

銀行系カードローンの良いところ

・1、金利が低い
・2、対応がスピーディー
・3、クレジットカードと同様に口座引き落としも可能で手間がない

みずほ銀行カードローンは3つの良いところが揃っています。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

クレジットカードのリボ払いと上手に付き合い、返済金額を上げる、銀行系カードローンを利用して返済していくようにしていきましょう。


年率

2.0%~14.0%

限度額

最高800万円

審査時間

-

ご利用対象

・ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けれる方

担保・保証人

不要




クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club