ポイントのマイル移行で5,000マイルがもらえるカード技

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


旅行好きの人にメリットの大きい「SPGプログラム」とは?

無料で入会できるホテルのポイントサービス「SPGプログラム」をご存じでしょうか?、

SPGとは 「Starwood Preferred Guest(スターウッドプリファードゲスト)」の略称で、その会員には、シェラトン、フォーポイントバイシェラトン、ル メリディアン、ラグジュアリーコレクション、ウェスティンなど11のホテルブランド、世界中で1,100件を超えるSPG参加ホテル・提携ホテルにおいて、「無料宿泊特典」などを含む各種特典と充実したポイントサービスが提供されます。

対象ホテルへの滞在により、1米ドルの利用につき2ポイントが貯まるほか、団体利用や対象ホテルの直営レストランの10米ドルを超える利用にもポイントが付与されるので、旅行好きの人なら効率よくポイントを貯められます。

貯めたポイントは、たとえば無料宿泊券(宿泊特典)へ交換できます。SPG参加・提携ホテルはグレードに応じてカテゴリー分けされており、平日の宿泊の場合、カジュアルに利用できるカテゴリー1のホテルでは3,000P、最上級カテゴリー7のホテルでは3万~3万5,000Pで無料宿泊券へ交換可能です。

また、週末の宿泊だとカテゴリー1は2,000P、カテゴリー2は3,000Pで無料宿泊券へ交換できます。 ポイントが特典交換に少し足りない場合には、ポイントを少し購入して条件を満たせ、さらに、宿泊関連のおトクなサービスとして、 4連泊分の無料宿泊券に交換した場合、5泊目はポイントを使うことなく無料で宿泊できる仕組みもあります。

なお、この種の無料宿泊サービスには、ブラックアウト日(特典除外日)といって、繁忙期などに特典が適用されない時期が設定されていることが多いのですが、ポイントを無料宿泊券に交換する場合には基本的にブラックアウト日はありません。

無料宿泊券獲得に必要なポイント数

平日 
  カテゴリー1 3,000
  カテゴリー2 4,000
  カテゴリー3 7,000
  カテゴリー4 10,000
  カテゴリー5 12,000~16,000
  カテゴリー6 20,000~25,000
  カテゴリー7 30,000~35,000

休日 
  カテゴリー1 2,000
  カテゴリー2 3,000
  カテゴリー3 7,000
  カテゴリー4 10,000
  カテゴリー5 12,000~16,000
  カテゴリー6 20,000~25,000
  カテゴリー7 30,000~35,000

そのほか、宿泊関連の特典として、最小1,000Pで、宿泊する部屋のアップグレードができたり、1,000Pで、1~5泊の滞在が正規料金の50%割引になったりします。

また、ポイントは、ブロードウェイチケットへ交換したり、コンサートのバックステージツアーや演劇舞台の出演者との交流など、お金では買えない貴重な体験やイベントを、オークション形式で入札できる会員専用サイト「SPGモーメント」で使ったりもできます。

ポイントは、マリオットホテルたやリッツカールトンホテルと共通して利用可能です。

ポイントをマイルに以降するだけで5,000P→5,000マイルをゲット

さらに、ポイントは150社を超える航空会社でブラックアウト日なしでチケットに交換できるほか、JALやANAを含む、30社を超える主要航空会社のマイルに移行することも可能です。

マイルへ移行するときには、1回で2万P以上を移行すると、2万Pごとに5,000Pが自動的にプレゼントされて、よりおトクです。

宿泊特典でカテゴリー1(平日)のホテルの無料宿泊券が3,000Pでもらえることを考えると、この5,000Pの価値がいかに大きなものであるか理解できると思います。

マイルへの交換比率は、ほとんどの航空会社で1P→1マイルとなるため、この5,000Pは5,000マイルということになります。

通常、5,000マイルを獲得するには日本−ヨーロッパ間の往復フライトが必要なことから(エコノミークラスで得られる最小レベルの例)、ここからも5,000Pのプレゼントが大きなものであることがわかります。

航空券価格 ポイント
150ドル以下 10,000
150ドル~215ドル 15,000
215ドル~280ドル 20,000
280ドル~345ドル 25,000
345ドル~410ドル 30,000
410ドル~475ドル 35,000
475ドル~540ドル 40,000
540ドル~605ドル 45,000
605ドル~670ドル 50,000
670ドル~735ドル 55,000
735ドル~800ドル 60,000
800ドル~865ドル 65,000
865ドル~930ドル 70,000
930ドル~995ドル 75,000
995ドル~1,060ドル 80,000

高価格

航空券価格 ポイント
2,880ドル~3,140ドル 235,000
4,960ドル~5,220ドル 395,000
9,990ドル~10,160ドル 775,000

なお、マイル関連の特典では、ポイントをSPG参加・提携ホテル(カテゴリー3~4)の無料宿泊5泊分と5万マイルへ同時に交換すると、最大2万P分の割引が可能な「ナイト&フライト」という仕組みもあります。

SPGアメックスによる「ゴールドエリート」取得でポイント・マイルの三重取りも可能

SPGプログラムには通常会員のワンランク上のサービスを受けられる「ゴールドエリート」が用意されており、その資格を取得すると、デルタ航空、エミレーツ航空、中国東方航空の利用時にポイントとマイルの二重取りが可能となります。

つまり、 搭乗により獲得するマイルのほか、それらの航空会社に支払った1米ドルあたり1Pが貯まるのです。

通常、その「ゴールドエリート」になるには、SPG参加・提携ホテルに1年間で10回以上の滞在、あるいは25泊の宿泊が必要ですが、アメリカン・エキスプレスが発行するSPG提携クレジットカード(SPGアメックス)を取得すると自動的に「ゴールドエリート」が付与されます。

しかも、デルタ航空、エミレーツ航空、中国東方航空については、SPGアメックスで支払うと、さきほどのポイントとマイルの二重取りに加え、クレジット決済によるポイントまで貯まります。

つまり、 ポイントとマイルの三重取りとなるのです。

SPGアメックスには年会費として3万1,000円(税別)、家族カードには年会費1万5,500円(税別)がかかりますが、充実した数々の特典から、SPG参加・提携ホテルをよく使う方なら、その年会費以上のおトクがあるといえます。

SPGアメックス(SPG/マリオット リワード共通の「ゴールドエリート」)の特典

ポイント関連の特典

・ポイントがどんどん貯まる

SPG参加・提携ホテルでの宿泊料金、ホテル直営レストランの利用で、1米ドルにつき3Pが貯まります(通常会員は2P)。また、それとは別に、100円あたりの利用で3Pが貯まります。

・対象ホテル・レストラン以外の利用でも貯まる

対象ホテル・レストラン以外の利用(クレジット支払い)でも、100円につき3Pが貯まります。

・ホテル直営レストランの代金が15%オフ

対象ホテルの直営レストランの代金が15%オフとなります。

・1万ポイントをプレゼント

入会後3ヵ月以内に10万円以上利用すると、1万Pがプレゼントされます。

宿泊関連の特典

・レイトチェックアウト

16時までチェックアウトを延期できます(例外あり)。

・無料アップグレード

チェックイン時、空室状況に応じ、宿泊する部屋をアップグレードしてもらえます。

・ウェルカムギフト

「ボーナスポイント」「客室内インターネットアクセス」「ドリンクサービス」のいずれかをウェルカムギフトとして無料で利用できます。

・無料宿泊特典プレゼント

毎年カードを継続するたびに、対象ホテル(SPG/マリオット リワード参加ホテルの交換レート1泊50,000ポイントまで)で利用できる1泊1室(2名まで)の無料宿泊特典がプレゼントされます。スタンダードルームに空室がある限り、ブラックアウト日なしでこの特典を利用できます。

最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯

SPGアメックスには当然のことながら、アメックスそのものの特典もついてきます。

アメックスの特典

・空港ラウンジ

国内28空港・海外2空港の空港ラウンジを、カード会員と同伴1名まで無料で利用できます。

・最高1億円の海外旅行傷害保険

国際航空券の代金をこのカードで支払うと、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯します。また、このカードで支払っていない場合でも、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

・エアポートサービス

手荷物無料宅配サービスのほか、エアポート送迎サービス、無料ポーターサービス、空港クロークサービス、エアポート・ミール、空港パーキング優待、海外携帯電話レンタル割引などのサービスを受けられます(サービス提供空港は限られます)。

・航空便遅延費用補償

航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金、食事代などが補償されます。

・ショッピング・プロテクション

カードで購入した商品について、購入日から90日以内に生じた破損・盗難などの損害を、1人年間最高500万円まで補償します。

これらの特徴を持つSPGアメックスは、マイルを効率よく貯めながら旅行とホテルライフを楽しみたい人にとって、大きなメリットを与えてくれるクレジットカードだといえそうです。


おすすめ!







クレジットカードの選び方

関連サイト