フリーターでも審査を受けることができるACマスターカードの魅力

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj



審査が不安な方・即日にクレジットカードが欲しい方はこちら
ACマスターカードはアルバイト・パートの方でも申込み可能です。最短で即日発行可能です。

どうしてフリーターはクレジットカード審査に落ちやすいのか

フリーターは収入が安定しないことから、クレジットカード審査が通りにくい傾向があります。

クレジットカードは個人に信用をおいて利用ができるため、収入が不安定=貸したお金が返ってこない可能性があると判断され、審査に落ちてしまいます。

アルバイトやパートで収入を得ている人でも、クレジットカードを持つことは可能ですがクレジットカードには審査があり、審査基準を満たしていることが必要です。

その審査内容とは、どのようなところを見ているのでしょうか。一般的なクレジットカードの審査基準について紹介します。

クレジットカードの審査会社が着目する点はここ!

クレジットカードの審査とは、クレジットカード発行会社やカードの種類によって違います。

対象年齢が若く設定されているカードや〇〇万円の年収などカードの種類によっても違い、発行時期によっても審査難易度が変わってくるため、一概にこれを守れば必ず審査通過できる!と断言することはできません。

しかし、どのクレジットカード審査でも重要視されているポイントがあり、審査対策としてできることはこの項目を意識していくことがあげられます。

・年齢
職業、勤続年数、年収
・持ち家か借家か
・結婚しているかどうか(扶養家族の有無)
・過去のカード利用履歴(延滞が無いかなど)

職業欄・年収欄・勤続年数は特に重要視されるポイント

どのクレジットカード会社も、審査は現在の職業や年収、勤続年数を重要視する傾向があります。

職業では、公務員などの仕事に就いている方は収入が安定していると判断され、審査基準で有利になる可能性があります。

対してアルバイトやパートなどの収入が不安定な職業であると、審査で不利に審査落ちになることもあります。

年収では、申請者に毎年どのくらいの収入があるかを判断し、この収入額の違いで、申込者にどのくらいの金額が返済できるのかを判断しています。また転職中の方や新入社員の方は見込みの金額を記載しても構いません。

最後に、勤続年数では申込者の仕事がどのくらい続いているのかを見ています。

あまりにも短いと、長く仕事が続かない人ではないかと判断され、審査で不利になる可能性があります。

ACマスターカードはフリーターでも審査に通過する可能性が高い

今までなら正社員でなかったり、年収があまり高くない方はクレジットカードの審査に通過するのか不安で、申込みすら行わなかったというのも珍しくないでしょう。

しかし収入が不安定なアルバイトやパートの方でも申請ができるクレジットカードがACマスターカードです。

ACマスターカードとは?

ACマスターカードは三菱UFJフィナンシャルグループで消費者金融のアコムが運営しているクレジットカードです。

カードブランドはMaster Cardを採用しているので国内だけでなく海外でも通常のクレジットカードとして不便なく使うことができます。

また、ACマスターカードはアコムなどの文字やロゴがないため、「消費者金融系のカードを使ってるとバレたくない」という心配に悩まされることはありません。

ACマスターカードの基本情報

ACマスターカードは、20歳以上69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、アルバイトやパートの方も申し込み ができます。

利用可能枠は10万円~300万円までに設定されており、カードローンとショッピングを合計すると最高800万円まで使えるため、通常用途であればカードの上限金額に達してしまって利用できなくなってしまうということは起こりにくいでしょう。

また年会費も永年無料でその日に手にできる即日発行も可能です。

特に発行スピードに関しては他のクレジットカードを圧倒する早さで、最短30分でカードの受け取りまで完了させることが可能です。

急ぎでクレジットカードが必要になったとしても即時対応できる点は非常に魅力的と言えるでしょう。

さらに利用明細が家に届かない設定にもできるため、毎月の給与明細もバレずに使うことができます。

ACマスターカード使う上での注意点

ACマスターカードの注意点として、支払い方法がリボ払いに設定されています。

リボ払いは支払い金額を、常に一定の金額に設定することができますが、 10%~14%の金利手数料を上乗せした金額を支払います。

余分なお金を支払いたくない方や、余裕のある月は多めに支払いたいという方は、リボ払いの支払い限度額をカードの利用額にすることで、一括払いと同じ設定になり、リボ払いの手数料を取られることなく支払いができます。

簡単な設定をするだけで支払い方法を変えることができるため、毎月の収入と利用金額に合わせて、リボ払いと一括払いを組み合わせて利用することをお勧めします。

少しでも審査を通過する可能性を上げるための方法

ACマスターカードはフリーターやパートの方でも審査に比較的通りやすいクレジットカードといいうことで人気ですが、100%誰でも審査に通過するわけではありません。

少しでも審査に余裕を持って通過をするために次のポイント を抑えて申込みをするといいでしょう。

ACマスターカードとは?

クレジットカードの審査に通過するためのポイントは、大きく4つあります。

固定電話の電話番号を記載する

電話番号は携帯電話の番号だけでなく、固定電話の電話番号も記載しましょう。

自宅にかかってくるのが嫌で固定電話の電話番号を記載しないのではなく、固定電話を記入することによって現住所の証明となるため、審査の際に信用度が増します。

携帯電話のみの記載でも審査に通過することもありますが、固定電話をお持ちの方は記載することをおすすめします。

年収は1カ月分×12カ月で書く

フリーターやパートの方で一番困るのが年収の記入ではないでしょうか。

仕事を始めたばかりでまだ1年分の年収がわからないという方も、単純に1ヶ月分×12ヶ月の金額を記載をすることをおすすめします。

時給計算になると出勤時間によって月収に多少変動はあると思いますが、平均的なラインを基準として計算をするといいでしょう。

また、バイトの掛け持ちなどで複数の収入がある場合は、その金額も全て含めて記入をすると年収の金額を多く書くことができるので、より審査が有利に進む可能性が高いです。

誤字脱字はしない

また記載した内容に虚偽や脱字はしないように注意しましょう。

記載した内容に不備があると、在籍確認を行う可能性があります。

誤字脱字などのケアレスミスは避け、記載した後は内容の確認を行うようにしましょう。

複数のクレジットカードを同時に申し込まないようにしましょう。

複数枚のクレジットカードを同時に申し込まないようにしましょう。複数枚同時に審査を行うと、金銭的に困窮しているから何枚も申しこもうとしていると解釈されるため、申込を行うカードは1枚ずつ申請しましょう。

またACマスターカードは申込前の3秒診断を受けることができます。審査通過が心配な方は3秒診断を受けてから、申しこむことをおすすめします。

デビットカードという選択肢もあるけどその前に試す価値あり!

デビットカードとクレジットカードの比較

クレジットカードと似たカードでデビットカードがありますが、審査や支払い方法などは異なります。

クレジットカードには審査がありますが、デビットカードは基本的には審査がありません。 しかしデビットカードは使った瞬間に銀行口座から引き落とされ、銀行口座に入っている金額だけしか使うことができません。

それに対してクレジットカードは、月に利用した金額がカード指定の引き落とし日に銀行口座からまとめて引き落されます。

クレジットカードはカード設定限度額まで利用することができ、利用時に口座に大きな金額が入っていなくてもお金を使うことができます。

クレジットカードを持っているということは信用がある証明にもなるため、現金がない場合や今月の給料は厳しいが来月大きい金額が収入として見込める場合などは、何かと便利な利用ができます。

デビットカードは基本的に現金利用していることと同じため、1カ月の給料分のみ利用することができますが、クレジットカードは来月の給与も含めて買い物や公共料金の支払いに充てることができるため、便利 です。

クレジットカードとデビットカードを比較するとどちらにもメリットデメリットがありますが、大きな金額を利用したり、何かと便利なのはクレジットカードです。

ACマスターカードはクレヒスを作るのにもおすすめ

今、クレジットカードを持っていない人にはACマスターカードがおすすめです。 クレジットカードの申請にはクレジットカードヒストリーが影響します。

クレジットカードヒストリー(クレヒス)とは、過去にクレジットカードを利用していて、延滞や滞納がなかったかや、カードをどのくらい持っていたかという記録のことです。

カード会社は審査を行う際に利用者に提出してもらう情報とは別にこのクレヒスを信用情報機関(CIC)から参照して審査材料の一つにします。

もしクレヒスを見る限りクレジットカードを長年使用していて、しっかりと支払いをしていれば、多少今の年収などが基準よりも少ないと判断されても「この人はお金にルーズな人ではない」とみなされるので審査が有利に進みます。

しかし、一方で延滞などを頻繁に繰り返していると、いくら年収が高く、勤続年数も長かったとしても審査に落ちてしまうことがあります。

では、全くクレジットカードを利用したことがない人はどのように判断されるのかというと「実績0なので信頼度が低い」と認定されてしまうことがあるのです。

例えば学生や新社会人などの年齢であれば初めてのクレジットカードは珍しくないためあまり影響はありませんが、20代後半~30代以降はクレヒスが無いことがマイナスに働くことがあります。

その点、ACマスターカードは「現在収入があるか」という点を重視している傾向があるため、クレヒスに自信がない・そもそもクレヒスがない方でも他のクレジットカードよりも審査に通る可能性があります。

もっと色々なクレジットカードが欲しいと考えている方も、まずはACマスターカードをしばらく利用してクレヒスを積んでから申し込みをすると以前よりも審査が有利に進むでしょう。


まずは
このカード!







クレジットカードの選び方

関連サイト