アメックス スカイトラベラーのメリットとは? 年会費1万円が無駄にならない条件を確認しよう


ここに注意!
アメックススカイトラベラーは現在新規の申込は停止しています。

アメックススカイトラベラーはポイント還元率3倍でマイル移行が効率的になるメンバーシップ・リワード・プラスが自動付帯

アメックススカイトラベラーは年会費が11,000円(税込)で登録料が3,300円(税込)のメンバーシップ・リワード・プラスが自動付帯されていることからマイル交換が効率的になっている1枚です。

ポイント還元率も提携航空店でのカード払いならば還元率3倍になるのでとても効率的にマイルを貯めることができます。

アメックススカイトラベラーは空港関連とショッピング関連の補償と特典も充実しており、空港関連の補償には国内外の旅行傷害保険が最大3,000万円かかり、航空便遅延費用補償によってフライト遅延にて生じた費用の補償や手荷物の遅延と紛失による費用を負担してもらえます。

ショッピング関連の補償はオンラインプロテクション、ショッピング・プロテクション、紛失や盗難となったカード再発行無料があります。

海外旅行関連の特典ですとグローバルホットラインによって24時間電話連絡すれば海外旅行や出張先の相談が可能で、エクスペディアならば24時間365日を通して全世界30,000都市の提携ホテルや海外ツアーの優待価格を予約可能となります。

空港では提携空港ラウンジを同伴者1名まで無料開放され、成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港ではスーツケース1個を空港から自宅まで無料配送可能です。

アメックススカイトラベラーの見どころはポイント3倍ボーナス!

アメックススカイトラベラーは年会費11,000円(税込)ですがポイント還元率が100円につき1ポイントの1%と高く、提携航空店へのカード払いでポイント還元率がさらに3倍の3.0%にまで高まります。

そして、アメックススカイトラベラーは本来ならば登録料3,300円(税込)のメンバーシップ・リワードが無料付帯となっており、1.25ポイント→1マイルという非常に高い倍率でマイルに移行が可能で、加えて5,500円(税込)の登録料を毎年、支払うことで1ポイント→1ANAマイルの移行ができるようになり、大変に高い倍率でのマイル移行ができるのがメリットです。

そして、アメックススカイトラベラーには入会ボーナスもあり、カード発行をするとボーナスに3,000ポイントが入り、入会から1年以内に提携航空会社の提携旅行商品をカード払いするとボーナスに5,000ポイントも入ります。

アメックススカイトラベラーの支払いで獲得したポイントの使い道とおすすめ利用プラン

・提携航空会社で1ポイント→1円にて利用可能
・提携ホテルや旅行代理店で1ポイント→0.8円で利用可能
・提携空港会社マイルへ1.25ポイント→1マイルで移行可能
・年間登録料5,500円(税込)で1ポイント→1ANAマイルに移行可能
・1ポイント→1.25Hオナーポイントで移行可能

アメックススカイトラベラーは基本還元率が100円につき1ポイントの還元率1%であり、提携航空店での支払いでも還元率が3倍になるという高還元率カードです。貯めたポイントはショッピング利用もできますが、提携航空マイルへ1.25ポイント→1マイルという高倍率で移行できるのがとても魅力的です。年間登録料5,500円(税込)にて1ポイント→1ANAマイルの移行も対応しています。

ANAマイルを貯めたいのであればアメックススカイトラベラーよりもANAアメックス

     

アメックススカイトラベラーは補償が充実しており、ポイント還元率も高い優秀なカードですが、基本はショッピングでポイントを貯めてマイルに交換するシステムですので、エアラインに搭乗する際にはフライトマイル積算用のカードが別途に必要となります。加えて、ANAマイルに高倍率で移行するには年間登録料5,500円(税込)を支払う必要があります。

     

ANAアメックスはANAマイルを貯めるのに適したカード


     ANAアメリカン・エキスプレス・カード      

     
    
詳細ページボタン 申込みボタン
     

ANAマイルを貯めたいという方にはANAアメックスがおすすめです。

     

ANAグループでの利用でポイントが1.5倍になるとともに、毎年カードの利用を継続すると年に1000マイルがプレゼントされます。     
貯めたポイントは1,000Pt=1,000マイルの高交換レートでANAマイルに変えることが可能です。

     

さらに、年会費は7,700円(税込)とアメックスカードの中でも1番安いにもかかわらず、旅行傷害保険もしっかりと付帯しています

     

ポイントはANAマイルにしか交換することができず利用可能会社もANAのみとなっていますが、それだけANAでの利用に特化しているので、ANA利用者にとっては嬉しい1枚です。

     

ANAマイル以外を貯めていきたい方にはアメックスグリーンがおすすめ


アメリカン・エキスプレス・カード

詳細ページボタン 申込みボタン
  

アメックスグリーンはサービスやポイントプログラム、保険などが充実しており、非常に人気のハイステータスカードとなっています

  

貯めたポイントは様々なマイルに移行することが可能で、提携している航空会社15社で利用する事が可能です。

  

また、世界の空港でVIPラウンジが使えるサービスであるプライオリティパスが付帯しているので、旅行先の各VIPラウンジを堪能することが出来ます。

3枚のカードを比較

上記で紹介したおすすめカード2枚とアメリカン・エキスプレス スカイトラベラーをカテゴリーごとに比較してみたので、こちらで紹介します。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス スカイトラベラー
アメリカン・エキスプレス スカイトラベラー
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 7,700円(税込) 11,000円(税込) 13,200円(税込)
可能なマイル移行先 ANAマイルのみに移行可能 様々なマイルに移行可能 様々なマイルに移行可能
ポイントをマイル移行するための手数料 6,600円(税込)/年
(ポイント移行コース登録料金)
無料
※ANAマイルに移行したい場合のみ6,600円(税込)/年
3,300円(税込)/年+5,500円(税込)/年
(メンバーシップ・リワード・プラス登録料金)+(ポイント移行の手数料)
マイル利用可能会社
ANAのみで利用可能 対象の航空会社(全26社)で利用可能 対象の航空会社(全15社)で利用可能

年会費を考慮するとANAアメックスが一番発行しやすいですが、その分マイルを意識した用途ではANAに限定されてしまいます。
そのため、ANAをよく利用される方には非常に便利でポイントも貯まりやすいカードでしょう

その一方でアメックスグリーンは年会費は高いですが、マイルの交換先や利用先に縛られることはありません。
そのため、状況に応じてマイルを利用できるようにポイントを貯めていきたい方などにおすすめのカードです



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介