ANAアメックスの審査基準を紹介! 申込前に注意点を確認してマイル系カードを手に入れよう

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


マイル系カードに興味を持っている方で審査に不安があり尻込みしている方はいませんか。

マイル系カード→ANAアメックスではアメックスの独自審査を行っている為、審査が不安な方でも条件をクリアしていればカードを発行することができます。

ANAアメックスの審査内容のポイントを抑えてマイルが貯まるANAアメックスを発行してみませんか。

カード審査が不安でマイル系カードを諦めていた方必見! アメックスの独自審査をクリアしてマイルが貯まるANAアメックスを手に入れよう

マイルが貯まるカードを発行したいと考えていた方ならANAアメックスは視野に入れたことがあるでしょう。

しかし審査が不安だからと言って欲しいマイル系カードを諦めてしまうのはもったいないことです。

アメックスでは独自審査を行っている為、審査に不安がある方でも条件さえクリアすれば審査に通ることができます。

~アメックスの審査に通るための条件~

<年齢>

アメックスの申込対象年齢は25歳からでしたが現在は20歳から申込可能となっていて、若い年齢の方でも発行しやすくなっています。

<収入>

継続的に安定した収入がある方となっています。 正社員はもちろん、派遣社員でも勤務年数が長いと有利になるでしょう。

<仕事>

アメックスでは勤続年数も審査で確認されるポイントとなっていて、仕事を辞めないで務めている方は審査に良い影響を与えます。

年齢・収入・仕事この条件を抑えておけばアメックスの審査を心配することはありません。

※条件を満たしていたとしても審査に通らない場合もあるので注意してください。

アメックスでは個人信用問題をとても大事にしていますが、自分のクレジットカード履歴に不安がある方でも更生しているなら挑戦してみましょう。

ではマイルが貯まるANAアメックスの基本情報はどのようになっているのでしょうか。

詳しく見て行きましょう。

ANAアメックスの基本情報

アメックスシリーズのカードはどれもハイステータスなカードとなっていて、持っていることが社会的に高い地位と言うことを示します。

ハイステータスなカードの為、年会費は発生しますが支払ったとしても損がないほどのサービスや特典が充実しているのです。

ANAアメックスカードはアメックスシリーズ(セゾンシリーズを除く)のカードの中では年会費は一番低く、マイルを貯める目的や初めて持つアメックスカードとしては最適の1枚と言えるでしょう。

ではANAアメックスの基本情報について確認して行きましょう。

~基本情報~

<年会費>

ANAアメックスの年会費は7,000円(税抜)です。

<申込年齢>

ANAアメックスの申込対象年齢は20歳以上からです。

<旅行傷害保険>

*海外*

傷害死亡・傷害後遺障害保険金→3,000万円

*国内*

傷害死亡・傷害後遺障害保険金→2,000万円

海外・国内共に旅行傷害保険が付帯される条件はパッケージ・ツアーや航空券代をANAアメックスで支払った場合のみ適応されます。

<空港ラウンジ>

ANAアメックスを持って入れば、国内28・海外2空港の空港ラウンジを同伴の方1名まで無料で使えます。

<ポイント・マイル>

ANAアメックスでは、メンバーシップ・リワードのポイントを貯められるようになっていて利用金額100円→1ポイントと貯めやすくなっています。

またANAアメックスの年会費とは別にANAマイルへの移行を利用したい方は別途「ポイント移行コース」年会費6,000円(税抜)発生するので注意しましょう。

「ポイント移行コース」に入会すれば1,000ポイント→1,000マイルでANAマイルに移行できるようになります。

ANAマイルを希望しない場合は2,000ポイント→1,000マイルでポイントを移行でき、メンバーシップ・リワードのポイントをマイルに移行できる提携航空会社は、ブリティッシュエアウェイズ航空・デルタ航空など様々な航空会社があるのでANAと合わせて利用していきましょう。

マイル系カード→ANAアメックスを入手してマイルを貯めよう

ANAアメックスのメンバーシップ・リワードのポイントは様々なマイルに交換することが可能ですが、「ポイント移行コース」に登録すれば年会費6,000円(税抜)でポイントの有効期限もなくなります。

自分の好きな時、使いたいタイミングでメンバーシップ・リワードのポイントを様々なマイルに移行することができるようになるのです。

※ANAマイルへの移行へは必ず「ポイント移行コース」への登録が必要です。

貯められる場所は、コンビニ・スーパー・カフェ・レストラン・公共料金・ガソリンスタンドと幅広く用意されていてANAアメックスが使える場所ならどこでも100円→1ポイントでポイント貯めることができます。

そしてANAグループの旅行商品・機内販売・航空券などの対象商品をANAアメックスで購入すればポイントが1.5倍になり、ANAカードマイルプラスの提携店での利用でも通常の100円→1ポイントの他に1マイルが進呈されるのです。

またボーナスマイルのシステムもあり、カード継続時にもらえる1,000マイルやANAグループの便であれば通常のフライトマイルに加え10%のボーナスマイルをプレゼントしてくれるサービスもあります。

※コードシェア便は対象外となります。

マイルへの移行はもちろんですが、貯めたポイントはマイル移行以外にも支払い額に充当できたり、人気のオリジナルアイテム(希少価値の高いものや体験をテーマにしたアイテムなど)との交換などもでき、メンバーシップ・リワードのポイントは効率よく使えるように工夫されているのです。

ANAアメックスを発行したらどんどんポイントを貯めて効率よく使って行きましょう。

マイル系カードを諦めるにはまだ早い! ANAアメックスを発行してマイルを貯めよう

マイル系カードを手に入れたくも審査が不安で入手を諦めているのであれば、ANAアメックスの発行にトライしてみると良いでしょう。

ANAアメックスでは独自審査をしている為、個人信用情報を大事にしていますが年齢が20歳以上で勤続年数が長く収入が安定しているのであれば発行率は高くなります。

年会費もANAアメックスは数あるアメックスシリーズのカードの中でも手が届きやすい金額設定となっているので、年齢が若い方でも発行しやすいカードとなっています。

他社のマイル系カードと比べてもANAアメックスはマイル移行の提携先が多く貯めたポイントの活用甲斐があり、ANAマイルに移行したいのなら最適のカードと言えるでしょう。

※ANAマイルに移行の際は「ポイント移行コース」に入会が必要です。(年会費別途6,000円(税抜))

また「ポイント移行コース」に登録すればメンバーシップ・リワードのポイント有効期限が無くなるので、自分の好きな時に使いたいタイミングでポイントをマイルに移行できます。

メンバーシップ・リワードのポイントは、コンビニ・レストラン・公共料金と様々なところで100円→1ポイントで貯めることができ、ボーナスポイントやボーナスマイルのシステムもあるのでどんどんポイントやマイルを貯めて行けるのです。

貯まったポイントはマイルに移行して得にポイントを使って行きましょう。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club