マイルの貯まるクレジットカードの選び方。長く愛用できる1枚を手に入れる決め手を解説

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


まずは自分の目的を明確に
マイルを貯められるクレジットカードは複数ありますが、得られるサービスや特徴は大きく異なります。
まずは自分の目的を明確にして、長く愛用できる1枚を見つけましょう。

カードに自分が何を求めるかが重要

クレジットカードの選び方として、まずは「自分が一番に何を求めるか」を明確にしましょう。求めるものを明確にすることは、クレジットカードを選ぶ決め手に繋がります。

マイルを貯めるとなると、航空会社が提携しているクレジットカードがおすすめです。その場合、カードに求めるものは主に以下の4種類でしょう。

  • マイレージを貯める
  • 使い心地
  • マイペースで気楽に持つ
  • ステータス

以上の4つのうち、あなたはどれを一番重視しますか?最も求めるものを理解できれば、クレジットカードも絞られてくるはずなので、ピンときたら申し込んでみましょう。

「マイレージを貯める」ことを一番重視する場合

いち早くマイルを多く貯めていきたいという方は、自分が最も利用する航空会社のクレジットカードを選ぶようにしましょう。

マイルのキャンペーンが魅力的だからという理由だけクレジットカードを選んでは、途中で息切れを起こしてしまいます。また、よく利用する航空会社を選ぶことで、貯めたマイル使い先も明確になり、貯める目標も立てやすくなります。

例えば、ANAならANAカード、JALならJALカード。もし特に指定がない場合は、多くの航空会社が登録しているアライアンスから、そのアライアンスに登録している日本の航空会社の提携カードを選ぶという手もあります。アライアンスについては『マイルの貯まるクレジットカードの選び方。長く愛用できる1枚を手に入れる決め手を解説』でご紹介していますので、チェックしてみてください。

ANA VISA



年会費 2,000円+税
還元率 0.5%
国際ブランド VISA
海外旅行保険 海外:最高1,000万円
国内:最高1,000万円

例えばANAをよく利用するなら、最も一般的なカードがANA VISAカードです。こちらの1枚で三井住友カードのポイントプログラム「Vポイント」と航空会社ANAのポイントプログラム「ANAマイル」を貯める事ができます。

入会時と毎年継続時には1,000マイルのプレゼントがある他、ANAグループ搭乗の際には通常のマイレージに加えて+10%のボーナスマイルが加算されるので、マイルを貯めることだけを考えている方にはうってつけの1枚です。

年会費が割引できる

初年度年会費無料なので、試してみたいという方も始めやすいだけでなく、一定の条件を達成すれば年会費が割引される制度もあるので非常に持ち続けやすさも兼ね備えています。家族カードも初年度無料、翌年以降も1,000円+税なので、追加カードを考えている方はぜひ検討してみてください。

VポイントをANAマイルに変えられる

貯まったVポイントは商品と交換することもできますが、ANAマイルに移行することも可能です。無料の「移行コース」では1ポイント=1マイル(還元率0.5%)にしかできませんが、年会費6,000円の「2倍コース」に登録すれば、1ポイント=2マイル(還元率1.0%)にできます。

「使い心地」を一番重視する場合

「普段から使いやすく」と考える方は、SuicaやWAONを始めとした電子マネーや、イオンや東急などのお買い物に特化したサービスが含まれているか確認しましょう。航空系カードとしてだけでなく、日常生活での使い道が広がります。

JALカード Suica



年会費 2,000円+税
還元率 0.5~1.0%
国際ブランド JCB
海外旅行保険 海外:最高1,000万円
国内:最高1,000万円

JALカード Suicaはその名の通り、電子マネーのSuica機能が搭載されたJALカードです。Suicaの利用で100円=1JRE POINTが貯まり、JRE POINT積算対象を除いた加盟店でのクレジット利用は200円=1マイルが付与されます。つまり2種類のポイントプログラムがあるということですが、勿論相互交換することが可能です。

ショッピングマイル・プレミアムがお得

また、ショッピングマイル・プレミアムに入会していると(年会費3,000円+税)、交換率や加算率がアップします。特約店利用をしなくても、年間30万円クレジット利用する方はポイントだけで十分年会費分をリターンできるので、ぜひ利用しましょう。

通常利用時の加算ポイント 交換レート ショッピングマイル入会時
JRE POINT 200円=1ポイント 1,500ポイント→500マイル 交換レートが1,500ポイント→1,000マイルにUP
ショッピングマイル 200円=1マイル 10,000マイル→10,000円相当のSuicaチャージ 通常利用時の加算ポイントが100円=1マイル

チャージ残額補償

万が一カードを無くしてしまった場合、元々Suicaにチャージ済みの金額の補償が再発行の際に受けられます。

「マイペースで気楽に持つ」ことを一番重視する場合

マイレージにはこだわりがあるものの、自分の好きなときに飛行機を利用して、のんびり貯めていきたい方は有効期限に囚われない航空系カードを選ぶのが無難です。マイレージは航空会社のポイントプログラムですので、どうしても有効期限があります。上手に使えばポイントの有効期限が無期限になり、使いたいときにマイル移行することができる、そんなクレジットカードを選びましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード



年会費 7,000円+税
還元率 1.0%
国際ブランド アメックス
海外旅行保険 海外:最高3,000万円
国内:最高2,000万円

ANAアメックスカードはハイブランドのアメックスでも非常に年会費が抑えられたカードです。利用金額100円=1ポイントと高還元率のポイントプログラムは通常3年という有効期限があります。しかし、ANAマイルに移行するときに必要な「ポイント移行コース」に登録することで(年会費6,000円+税)有効期限が無期限になります。

ANAダイナースカードは特別な登録がなく無期限ですが、年会費は27,000円+税のため、有効期限を最優先事項で考えるなら、ANAアメックスの方が持ち続けやすくておすすめです。それから、ANAアメックスカードの充実したサービスにも注目しましょう。

旅行保険

旅行保険は海外が最大3,000万円、国内で最大2,000万円もの保険が付帯しています。1万円以下の年会費にも関わらず、国内旅行や家族特約もあるのは非常に嬉しいサービスです。

旅に特化したサービス

旅行に関して嬉しいサービスが他にもたくさん揃っています。以下はその一部です。

  • 空港ラウンジ:国内外の空港ラウンジを本会員+同伴者の方1名が無料で利用できます。※ANAラウンジサービスは含まれません
  • 手荷物無料宅配サービス:成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港を利用した海外旅行からの帰国時に、カード会員1名につきスーツケース1つを無料で配送してもらえます。
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト:会員限定で国内外のショッピングや旅行、グルメなどの優待やサービスがあります。

「ステータス」を一番重視する場合

高品質なサービスや他の人と差がつけられるような特別な1枚を求める方は、航空系カードを選ぶ際に国際ブランドやランクにこだわりましょう。ランクをゴールドカードにすることで特別なサービスも加わり、国際ブランドをアメックスやダイナースにすることで保険や特典も充実したものになります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード



年会費 31,000円+税
還元率 1.0%
国際ブランド アメックス
海外旅行保険 海外:最高1億円
国内:最高5,000万円

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、国際ブランドもランクも両方ハイスペックな1枚です。年会費が31,000円+税と一般カードより高いですが、受けられるサービスは確実に年会費以上のものです。

高額な保険

海外旅行保険は最高1億円(自動付帯:5,000万円、利用付帯:最高5,000万)、国内旅行保険は最高5,000万円(利用付帯)です。海外・国内ともに家族特約もあるため、旅行時に他の保険を追加しなくても十分安心を得られるでしょう。

メンバーシップ・リワード有効期限

ポイントプログラムであるメンバーシップ・リワードの有効期限は無期限です。ANAマイルには有効期限がありますが、交換しなければ、ポイント消滅をほぼ気にせず利用できるでしょう。

その他豪華な特典(一部)

  • ANA SKY コイン獲得プログラム
    規定の金額以上を利用すると、翌年3月末頃に「ANA SKY コイン」10,000コイン(10,000円相当分)がプレゼントされます。
  • ゴールドデスク:アメックスのゴールド会員専用のサポートデスクで、航空券やレンタカー、ホテルの手配を代行手数料1,200円+税で対応。
  • グローバル・ホットライン:海外旅行中の現地のレストラン予約、緊急時の相談およびサポートをしてくれる窓口を利用可。

“自分の求める1枚”なら豊かなサービスと価値が得られる

クレジットカードは長ければ何十年も共に歩むものです。「自分が一番求めるもの」を叶えてくれる1枚を持てれば、支払いをするツールとしてだけでなく、豊かなサービスや価値を提供してくれるでしょう。

今回ご紹介した5枚のクレジットカードの他にも、マイルの貯まるカードはたくさんあります。もっと知りたいという方は、マイルが貯まるクレジットカードの選び方もご確認ください。







クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト