ETCカードで買い物は可能なの?高速道路以外でも使う方法とは

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj



今まであまりETCカードに馴染みのなかった方がETCカードを作る際の気になる点としては「ETCカードとクレジットカードってどう違うの?」という点でしょう。クレジットカード機能が搭載されているなら普段の買い物にも利用することができますが、カードによっては有料道路・高速道路でのみでしか利用できないETCカードもあります。
オススメETCカード一覧はこちら>>

ETCカードの仕組みについて

ETCカードとクレジットカードは同じものだと思われている方は多いです。

以前まではクレジットカード機能を持ったETCカードが普及していましたが、現在ではクレジットカードとETC機能のみがついているETCカードとを別々に配布するクレジットカード会社が増加しています。

ETCカードは、有料道路・高速道路の利用のみを想定して作られているカードです。

ETCカードは、基本的にクレジットカードと紐づいているため、料金の支払いはクレジットカードの利用料金と一緒に請求され、後払い精算となります。

ETCカードは高速道路・有料道路以外で使えない?

ETCカードは、高速道路のSA・PAを含むショッピングやキャッシング等でクレジットカードとして使用することはできませんので、ETCカードを持つ上で買い物をするにはクレジットカードが基本的に必要です。

ETCカードと普段の買い物両方をお得にしたい方

上記のように、ETCカードは一般のクレジットカードと同じように使用することはできません。

ETCカードと普段の買い物の両方をお得にしたい方はクレジットカードを持ちましょう。

ETCカードは、ETC限定の割引制度があり有料道路の利用料金を安くすることができますし、クレジットカードがあればポイントを貯めることが可能であり、さらに発行している企業のサービスを受けられるので普段の買い物がお得になります。

ETCカードの分離型と一体型について

分離型

ETC専用カード
…クレジットカード会社で発行されるETCカードです。有料道路のETCによる通行料金の精算以外の機能はありません。

ETCパーソナルカード
…ETCカードと同様にETC機能のみが付いており、高速道路6会社が共同で発行しているため、クレジット会社との関係はなく発行時の審査もありません。申し込み時にデポジット(保証金)を預ける必要があります。支払いは、銀行の口座から引き落としになります。

一体型

一体型ETCカード
…クレジットカード機能とETC機能がセットになったETCカードです。有料道路の支払い以外にも、一般のクレジットカードと同じようにショッピングでクレジット払いが利用できます。

分離型のメリット・デメリット

分離型のメリットとしては 、ETCカードにクレジットカード機能がないため、盗難にあった場合もETCカードはETC以外に使用することはできず、被害の拡大を抑えることができます。

ほとんどのクレジットカード会社が分離型のETCカードを発行しているので、自分に合ったカードを選ぶことができる点もメリットの1つです。

対してデメリットとしては、一体型のようにETCカード1枚で有料道路の支払いやショッピングの支払いができないことが挙げられます。

また、分離型は必然的にカードの枚数が多くなるため、カード枚数を増やしたくないと考えている方にとっては気になるポイントとなるでしょう、。

一体型のメリット・デメリット

一体型のメリットとしては、ETC機能とクレジットカード機能が両方備わっているカードなので、1枚で有料道路の支払いやショッピングの支払いが可能です。

カードの枚数を無駄に増やしたくない人や、カードの管理を簡潔に済ませたい人にとっては一体型のETCカードを持つ方が良いでしょう。

デメリットとしては、クレジットカード機能が搭載されているため盗難や紛失した場合に分離型のETCカードに比べ、被害が大きくなってしまう危険性があることです。

また、ETCカードは分離型の方が一般的なので一体型を発行しているカード会社はそう多くないため、種類が限られてしまいます。

買い物をしたい場合はクレジットカードが必須!

ETCカードには分離型と一体型がありますので、自分に合ったETCカードを選ぶことが重要です。

クレジットカードには年会費無料のものや、ポイント還元率に特価しているカードがあります。

ETCカードを使うためにクレジットカードを申し込むのなら、自分の用途に当てはまるクレジットカードを選ぶことが大切です。

ETCカードを作るなら、クレジットカードとあわせて自分のライフスタイルに合うものを選びましょう。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj