自動車税をクレジット払いにしてお得にポイントを貯める方法


  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


日本の自動車税は、欧米諸国と比べて異常に高いということをご存知でしょうか?

排気量が1800ccの場合

  • 日本:約70万円(自動車税、自動車重量税、自動車取得税を含む)
  • ドイツ:約22.4万円(自動車税)
  • フランス:約4.2万円(登録税)
  • アメリカ:約1.4万円(自動車税他)

同じような条件の自動車を所有していた場合、アメリカの約49倍も高額な税金を日本人は支払っていることになります。

日本人にとって自動車に関連した税金は非常に大きな負担であるということですが、これに関連した朗報もあります。

それは、自動車税はクレジットカードでの支払いが可能になってきているという事です。クレジットカードなら高額な支払いでもポイントとして還元されるので、現金よりもお得です。

各地方自治体でのサービスなので、お住まいの地域によってはまだ利用できない場合や条件の違いもありますが、将来的には全ての地域でクレジットカード払いができるようになると考えられます。

そこで、少しでもお得感を得られるように、高額な自動車税をクレジットカードで支払う場合にお勧めしたいクレジットカードをご紹介します。


年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 無料
入会資格 原則として年齢18歳以上の方 (高校生は除く)
利用
可能枠
10~300万円

オリコカード・ザ・ポイントの特長

  1. 年会費が永年無料
  2. ポイント還元率が1%以上と高い還元率
  3. Amazonギフト券やTポイントなどへの交換は500ポイントから可能。たくさん貯まるまで待つことなく利用できる

オリコカード・ザ・ポイントは年会費無料でポイントを効率よく貯めることに優れたクレジットカードです。オリコカード・ザ・ポイントは保険などの特典を最小限にし、ポイントの獲得と利用に特化することで、他のクレジットカードよりもポイント面で優れたカードを年会費無料で実現しています。

もちろん、紛失・盗難保障付帯など最低限の特典はあるので、利用面でも安心です。

若い世代の車離れなどと言われている時代ですが、その背景にはやはり金銭的な負担の大きさもあるのではないでしょうか。オリコカード・ザ・ポイントならポイント還元率という形で負担を少しでも軽減できる可能性があります。

オリコカード・ザ・ポイントでポイントを貯める4つの方法

オリコカード・ザ・ポイントの最大の特長は、ポイントを誰でもたくさん貯めることができるポイントプログラムです。

  1. 通常の利用でポイント還元率1%
    日常のショッピングはもちろん、自動車税など高額な支払いでの利用ならポイントを大量に獲得できます。
  2. 入会後半年間はポイント還元率が2%(上限5,000ポイント)
    半年間とはいえ、年会費無料のクレジットカードで還元率2%はかなりお得といえます。
  3. オリコモール経由でプラス0.5%を獲得
    普段利用しているネットショップをオリコ会員専用サイト「オリコモール」を経由しての利用であれば、0.5%~最大15%ポイントが加算されます。
  4. オリコカード・ザ・ポイントでオリコモールを利用すればプラス0.5%を獲得
    オリコカード・ザ・ポイントに限り、③に加えさらに0.5%が加算されます。オリコカード・ザ・ポイントが他のオリコのクレジットカードより優遇されており、お得といえる点です。

年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 無料
入会資格 楽天会員で、満18歳以上、 安定した収入のある方および学生(高校生は除きます)
利用
可能枠
10~100万円

楽天カードの特徴

  1. 年会費が永年無料
  2. ポイント還元率が1%以上と高い還元率
  3. ポイントが1P=1円から現金のように使いやすい

楽天カードも年会費無料でポイントをザクザク貯めることに優れたクレジットカードです。通常100円の利用に付き1ポイント貯めることができるのですが、さらに楽天グループや加盟店の利用でポイントが倍増するキャンペーンを常にたくさん行っています。SPU(スーパーポイントアッププログラム)では、ポイントが最大15倍にできるので、活用次第では現存する日本のクレジットカードで最もポイントが貯まるカードと言っても過言ではないでしょう。

楽天カードでポイントを貯める4つの方法

楽天カードのポイントを貯めるコツは、楽天グループや加盟店をうまく利用することです。

  1. 通常の利用でポイント還元率1%
    日常のショッピングはもちろん、自動車税など高額な支払いでの利用ならポイントを大量に獲得できます。
  2. 入会特典でポイントを一気にGET!
    初めて楽天カードを持つ人は、入会キャンペーンを通して申し込みすると最大5,000ポイントといった大量のポイントを最初から手に入れられます。
  3. 楽天市場の利用で常にポイント2倍以上
    楽天市場のお買い物を楽天カード支払いにすると常にポイントが2倍に。対象ショップによってはさらにポイントが倍増します。
  4. SPUとポイントキャンペーンは併用可能
    最大ポイント15倍のSPUは毎月1日のワンダフルデー(+2倍)やお買い物マラソン(最大+28倍)などと併用可能!だからポイント17倍や43倍だって狙えてしまいます。

年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 無料
入会資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方。
利用
可能枠
個別設定

JCB CARD Wの特長

  1. 年会費が永年無料
  2. ポイント還元率が1%以上と高い還元率
  3. Amazonやセブンイレブンは常にポイント2%還元

JCB CARD Wは1,000円につき2ポイントのため一見還元率が低そうに見えますが、ポイント交換をする際には1ポイント=5円相当になるので、オリコカード・ザ・ポイントや楽天カードと同じく還元率1%と高還元のカードです。

このカードが最もポイント還元の威力を発揮するのはネットショッピング。Amazonや楽天市場を始めとした大手ショッピングモールから百貨店のオンラインショップなどを「Oki Dokiランド」経由でお買い物すると、最大20倍のポイントを獲得することができます。

さらに、JCBは「ORIGINAL SERIESパートナー」という提携店舗が国内に多数あり、昭和シェル石油やセブンイレブン、スターバックスなどでJCB CARD Wを利用すると、ポイントが最大10倍もらえます。

JCB CARD Wでポイントを貯める3つの方法

ネットショッピングを利用する方は、JCB CARD Wだとポイントがザクザク貯まります。

  1. 通常の利用でポイント還元率1%
    貯めたポイントは豊富に揃うポイント交換次第で、さらに大きい還元率にすることも可能です。
  2. Oki Dokiランドからネットショッピングで最大20倍のポイント獲得
    Amazonや楽天市場などの大手ショッピングモールも対象。
  3. 提携店「ORIGINAL SERIESパートナー」の利用
    対象店舗によってはポイント最大10倍!日常的に利用頻度の多い店舗がたくさんあるので、対象店舗を確認して利用しましょう。
現金 オリコカード・ザ・ポイント
オリコカード・ザ・ポイント
楽天カード
楽天カード
JCB CARD W
JCB CARD W
年会費
-
無料
無料
無料
ポイント
-
1%還元
100円=1ポイント
様々なネットショップで100円=2ポイント
1%還元
100円=1ポイント
楽天市場で100円=2ポイント
1%還元
1,000円=2ポイント(1P=5円相当)
自動車税支払い(例:43,500円の場合)
0ポイント(=0円)
435ポイント(=435円相当)
435ポイント(=435円相当)
86ポイント(=430円相当)

上記のように、現金で支払う場合よりもクレジットカードで支払った場合の方が断然お得になります。また、ポイント還元の面の他にも、クレジットカード支払いを選べば、

  • 支払い猶予ができる(クレジットカードの実際の引き落としは翌月か翌々月)
  • 自宅から支払える(WEB上で支払い手続きが行える)

といったメリットもあります。逆にデメリットとしては、

  • 納付書がすぐにもらえない(コンビニや金融機関ではその場でもらえるが、クレジットカード支払いは後日郵送)
  • 手数料がかかることがある(各地方自治体によって異なる)

というようなものがあげられます。手数料に関しては数十円から数百円が一般的です。移動の手間や還元率を考えて、どちらがお得かを調べてみてください。

(例)東京都の場合 ※2020年6月上旬時点

税額 決済手数料
1円~10,000円 73円(消費税込80円)
10,001円~20,000円 146円(消費税込160円)
20,001円~30,000円 219円(消費税込240円)
30,001円~40,000円 292円(消費税込321円)
40,001円~50,000円 365円(消費税込401円)
※以降、税額が10,000円増えるごとに決済手数料73円(消費税別)が加算されます。

引用:都税クレジットカードお支払サイトより


自動車税もそうですが、ショッピングと違い、必ず支払わなければならないものが公共料金です。最近では固定資産税など、ちょっと意外なものまでクレジットカードに対応しています。そういった支払いにクレジットカードを積極的に利用してポイントを利用することで、金銭的な負担をより減らすことができるのです。

クレジットカードで支払うことができる公共料金例

  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 住民税
  • 固定資産税
  • 国民健康保険
  • 介護保険
  • 水道料金
  • NHK受信料

各地方自治体などによってクレジットカードが利用できない場合もありますので、お住まいの市役所などのホームページで確認しておきましょう。

自動車税は高還元なクレジットカードで支払おう

毎年高額な自動車税はクレジットカードで支払うとポイント還元されるため、現金で支払うよりもお得です。中でも、高還元なオリコカード・ザ・ポイントや楽天カード、JCB CARD Wがおすすめです。旅行保険やグルメサービスなどはほぼありませんが、いずれも年会費が無料なので、損なく持ち続けやすいケードです。それぞれのカードの特徴を把握して、税金の支払い以外にもポイントをたくさん貯めていきましょう。



  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj





クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト