キャッシュバックできるクレジットカード

クレジットカード支払い金額の一部が返ってくるキャッシュバック。

キャッシュバックされた金額が現金で受け取りの場合とクレジットカード支払い金額から減額される場合がありますが、
キャッシュバックできるクレジットカードの中でもおすすめの2枚を紹介します。

固定費の節約はキャッシュバックからはじめよう

クレジットカードから始める『節約』

クレジットカードで支払うとき、
あと300円でポイントがつくとか、
あと1000円で送料無料になるとか、
ポイント5倍の商品を買っておこう!
なんて、 欲しい商品以外を購入してしまうこと……
ありますよね。

確かにポイントをつけたい、少しでも利用料金を
安くしたいという気持ちは分かりますが、
特典をもらうために『欲しいもの』にプラス、あいまいなものを買っていては、
節約どころか、その分だけ単なるムダ遣いになってしまいます。


そんなムダ遣いをしない為にも、
キャッシュバックという方法で節約してみるのはどうでしょう。


キャッシュバックカードは利用額により、
カード支払い金額から割引を受けられるのが特長です。


キャッシュバックを利用すれば、
商品交換ポイント数を気にしなくなるので、
ポイントを貯めるためのムダ遣いが減り、さらに毎月支払わなければならない
固定費をカード払いすることでカード利用料金の『節約』をすることができます。


ポイント交換不要で節約できることが前提ですが、
なかにはポイント交換が必要なものもあります。
しかし、 カード利用料金にキャッシュバックがあるとすれば……
節約金額がこんなにあるなら…… と気持ちが絶対に変わるはず!

割引なしを割引ありへ変える!

まずは電気代、水道代、ガス代をはじめとする公共料金、
固定電話、携帯電話、プロバイダなどの通信費、
毎月払わなければいけない支払いはいくらあるのかを確認してみましょう。


クレジットカード払いにすれば、家計の計算がしやすく、支払い忘れが防げます。
でも、それ以上に割引のない公共料金をキャッシュバックというかたちで、
割引になるということのほうが、メリット大! かも。


光熱費、通信費のほかに生活費もまとめてみると、
支払っている金額は意外に大きいものです。


でもそれは、実際に自分が支払っている金額であって、
ただまとめて計算した金額にすぎません。


どうせ支払うなら、
金額をまとめてキャッシュバックを受けた方が、節約になるに決まっている!


というわけで、自分の1カ月分の出費をまとめたとき、 キャッシュバックカード活用で
どれぐらい節約になるのかを 3つカードをあげて見ていきましょう。

2枚のクレジットカードを比較しましょう。

1ヵ月分の出費をまとめたとき、
どれぐらい節約になるのでしょうか?


節約度◎! 固定費6万円のキャッシュバック金額

公共料金3万円、生活費3万円を合わせた6万円を、
1年間払った場合のキャッシュバック合計金額を出してみました。


「固定費6万円はちょっと大きいのでは」
と思うかもしれませんが、公共料金が2万円だとしても美容室やショッピング、
生活費に4万円使っている場合もありうることなので、6万円という設定にしてみました。

こうすると年間、72万円の支払い額となります。

①ミライノカード

ミライノカード【7200円(1%割引分)】
月のカード利用額に対し 1%の割引が発生。
1か月6万円の場合は
毎月600円の節約(キャッシュバック)となります。

②ACマスターカード

ACマスターカード【1800円 (0.25%キャシュバック金額) 】
月の利用料金でキャッシュバック率が異なります。
1か月6万円の場合は 毎月150円の節約(キャッシュバック)となります。

並べて見てみると、クレジットカードによって
キャッシュバック金額にばらつきがあることがわかります。

ただキャッシュバックだけでみるなら、ミライノカードが一番ですが、
実はどのカードにも
キャッシュバック以外のお得がくっついています。


カード名
年会費 初年度無料
次年度900円+税
(年間10万円以上の利用で次年度無料)
年会費永年無料
キャッシュバック
以外のサービス
・国内外旅行保険最高2000万円(利用付帯)
・住信SBIネット銀行を引き落とし口座にすることでポイントアップ
・最短30分発行
・パート・アルバイトの方でも利用可能

ミライノカードは年会費が900円(税抜)かかりますが、年間で10万円以上の利用があると次年度の年会費が無料にできます。公共料金支払いをミライノカードにすることで、年会費無料で利用することができます。

またACマスターカードは、年会費が永年無料ですが、パートやアルバイトの方でも利用ができるため審査難易度が低いクレジットカードです。


節約分は割引か、お財布か

先ほど紹介した2枚のクレジットカード。

【キャッシュバック】のサービスは共通していまいますが、
返金される方法が異なってきます。

 カード名
キャッシュ
バックのタイプ
現金受け取り・支払い額からの減算 支払い額からの減算
キャッシュ
バック方法
MyJCBから1ポイント=1円 カード支払い額に充当
自動/申請 申請 自動


①ミライノカード

ミライノカード【1ポイント=1円】
ミライノポイントを、同じ住信SBIネット銀行の"スマプロポイント"に移行することで、還元率が1%になります。
その後キャッシュバック申請を行うことで、1ポイント=1円の高レートで現金に交換が可能です。

②ACマスターカード

ACマスターカード【毎月0.25%の減算】
ポイントプログラムないACマスターカードは毎月0.25%のキャッシュバックが利用できます。
利用額に応じて自動で毎月のクレジット利用金額から減額されます。

節約した分をカード利用にあてるのか、
はたまたお財布(へそくり)とするのか……

どちらにしても、ちゃっかり者になっていることは確かですね。


キャッシュバックと特典で選ぶ3枚

 カード名
年会費 初年度無料
次年度900円+税
(年10万以上利用で無料可能)
永年無料
固定費6万円の
キャッシュバック合計
600円
150円
キャッシュバック方法 現金受け取り・カード支払い額から減額 カード支払い額から減額
手順 MyJCbへの登録・申請が必要 毎月自動

使いやすさならACマスターカード

キャッシュバックのクレジットカードを紹介しましたが、毎月のクレジットカード支払い金額を抑えたいならACマスターカードがおすすめです。

ACマスターカードは毎月の利用額の0.25%を自動的にキャッシュバックが可能で手続きが必要ないため、上手に利用することができます。
また公共料金など固定費をACマスターカードで支払うことで、毎月一定額のキャッシュバックを受けることができます。
即日30分発行でき、パート・アルバイトの方でも使いやすいクレジットカードです。

まずは
これ!

ACマスターカードはは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

年会費 ETCカード 発行時間 カード
ブランド
無料 - 最短30分 MasterCard
ショッピング
手数料
ローン利息 利用可能枠 ポイント
14.6% 3.0〜18.0% 最大800万円 なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




キャッシュバックカード 関連コンテンツ

目的別INDEXへ戻る

ページの先頭へ