生命保険・学資保険の支払いに一番お得なクレジットカード


生命保険や学資保険の保険料は、クレジットカードでも支払える!

いざという時のために備えて、多くの方が民間の保険会社が販売する生命保険や学資保険に加入しています。しかし支払い方法については特に深く考えず、毎月、何となく口座引き落としで支払っている方が多いのではないでしょうか。

保険料の支払い方法には「年払い」や「半年払い」「月払い」などがありますが、いずれも数年前まで口座引き落としに限定されることが一般的でした。しかし平成20年から、多くの保険会社がクレジットカード払いに対応しています。

保険料は月々の支払いは少なくても、年間にすると10万円を越えることも多く、意外に大きな出費になります。これらのお金を単に口座引き落としにするよりも、クレジットカード払いにしたほうが、クレジットカード会社のポイントを貯めることができますのでお得です。

口座引き落としで保険料を支払っている方は、ぜひこの機会に、一度支払い方法を見直してみましょう。

保険料をクレジット払いにすると、こんなにお得!

多くのクレジットカード会社には、それぞれ独自のポイントシステムがあります。クレジットカードで支払った金額に応じて、何かの商品に交換できるポイントが付与される仕組みです。その際、どれだけのポイントが付くかは、各クレジットカードの「還元率」によって異なります。

クレジットカードの還元率とは、「何円の利用につき、何円分のポイントが付与されるか」を表した数字です。たとえば、もっとも多いといわれるのは「還元率0.5%」のクレジットカードで、この場合「200円のカード利用につき1ポイント(1円相当)」や「1,000円のカード利用につき1ポイント(5円相当)」が付与されるケースが多く見られます。

一方、還元率が1.0%を越えるクレジットカードは、一般的に高還元率と呼ばれます。「100円のカード利用につき1ポイント(1円相当)」や、「1,000円のカード利用につき2ポイント(10円相当)」などの還元率です。

つまり還元率が高ければ高いほど、お得にポイントを貯めることができます。たとえば生命保険や学資保険を、月に1万円支払うとすると、年間で12万円になります。これをクレジットカードで支払った場合、還元率によって以下のようなポイントが獲得可能です。

還元率0.5%のクレジットカードの場合

120,000円×0.5%=600円(年間600円お得)

還元率1.0%のクレジットカードの場合

120,000円×1.0%=1,200円(年間1,200円お得)

このように、保険料をただ口座引き落としで支払うのに比べて、クレジット払いにするといくらかお得になります。加入している保険会社がクレジット払いに対応している場合は、ぜひ支払い方法の変更を検討してみましょう。

保険料の支払い方法を、クレジット払いに変更するには

生命保険や学資保険の支払い方法の変更手続きは、カード会社によって異なります。専用のコールセンターへ電話するところもあれば、ネット上から手続き可能なところもありますので、会社のウェブサイトから確認してみましょう。いずれの場合も保険の証券番号が必要になるため、保険証券を手元に置いてから手続きします。

ただし、残念ながらすべての保険会社がクレジットカード払いに対応しているわけではありません。また、会社によって使用できるクレジットカードが決まっている場合もありますし、「毎月カード払いできる会社」と「初回のみカード払いできる会社」、さらに保険料の金額によってカード払いができる場合とできない場合などがあります。まずは、自分の加入している保険会社のシステムを、よく確認しておくことが大切です。

たとえば日本生命やオリックス生命、アフラック、メットライフアリコなど、国内でも大手といわれる保険会社では、多くがJCB・VISA・MasterCard・American Express・Dinersなどのクレジットカード払いに対応しています。一方、保険料のクレジット払いに対応していない、もしくは制限のある有名保険会社としては、以下のようなところがあります。

初回の保険料のみクレジット払いできる保険会社

ソニー生命・第一生命保険・かんぽ生命では、初回の保険料のみその場でクレジットカードを使って支払うことができますが、契約成立後の支払いは口座振替のみとなっています。

クレジットカード払い不可の保険会社

明治安田生命・JA共済ではクレジットカードでの支払いに対応していません。ただし明治安田生命は、インターネットバンキングやATMから簡単に保険料を支払える「Pay-easy(ペイジー)」を利用できます。

保険料の支払いには「オリコカードザポイント」がおすすめ

自分の加入している保険会社が、クレジット払いに対応していることを確認できたら、ぜひ支払い方法の変更手続きを行ないましょう。

その場合、「どのクレジットカードで支払うか」が重要になってきます。前述した通り、クレジットカードにはそれぞれポイントの還元率があり、高還元率であればあるほどお得にポイントを貯められますので、できるなら「還元率1.0%」以上のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

さらに、もう一つチェックしておきたい点として「貯めたポイントの使い道」があります。どんなに高還元率でも、交換できる商品が自分にとって魅力的ではない場合、せっかくのポイントもムダになってしまいがちです。たとえば飛行機によく乗る方なら、ポイントをマイルに交換できるクレジットカード、ネットショッピングの利用が多い方であれば、楽天スーパーポイントやAmazonのオンラインギフト券などに交換できるクレジットカードなど、自分に合ったポイント交換のできるクレジットカードを選ぶようにしましょう。

上記2つを合わせて考えると、「還元率が高く、ポイントの交換先が豊富」なクレジットカードが理想的ということになります。これらの条件を満たした一枚としては、オリコの発行する「オリコカードザポイント」がおすすめです。

オリコカードザポイントのメリット

還元率は、常に1.0%以上!

オリコカードザポイントは、買い物に使っても、税金や保険料などの支払いに使っても、100円につき1オリコポイントを獲得できます。1オリコポイントは1円の価値を持ちますので、還元率は常時1.0%です。

入会後半年間は、還元率2.0%に!

オリコカードザポイントに申し込んでから6ヶ月間に限り、還元率が2倍になります(100円の利用につき2オリコポイント)。この期間は、ぜひ意識してオリコカードザポイントを使うようにしましょう。

ネットショッピングの際は、オリコモールの利用で還元率1.5%以上に!

ネットで買い物する場合は、オリコの運営する「オリコモール」というサイトを経由してショップにアクセスするだけで、通常のポイント獲得分に加えて0.5%の加算が付きます。オリコモールには、Yahoo!ショッピングや楽天市場、Amazon、ベルメゾンなどの大手ショッピングサイトが多数加盟していますので、利用の際はぜひオリコモールを経由してアクセスしましょう。

さらにオリコモールでは、期間によってさらにボーナス加算がつくキャンペーンも実施しています。

年会費は永年無料!

どんなに還元率の高いクレジットカードでも、年会費がかかってしまうと必ずしもお得にはなりません。オリコカードザポイントは永年無料のクレジットカードですので安心です。

オリコポイントの使い道が多い!

貯まったオリコポイントは、500ポイントから商品に交換できます。オリコポイントは、日用品や家電などのカタログ商品への交換ではなく、オンラインギフト券やマイル、他社のポイントへの移行などが中心となっていますので、使い勝手がいい点が大きな魅力です。

商品としては、たとえばAmazonギフト券(500円分・2,000円分・5,000円分)や、LINEギフトコード(500円分)、Tポイント(1,000円pt)、楽天スーパーポイント(1,000pt)などがあります。マイルの場合、1,000オリコポイントでJALなら500マイル、ANAなら600マイルへの交換が可能です。

また交換手続きもスピーディで、オンラインギフト券などなら「オリコポイントゲートウェイ」で手続きすれば、すぐにメールでギフト券番号が通知されます。

オンラインギフト券
ポイント移行(一例)


オリコカードザポイントには、VISAとMasterCardの2つのブランドがあり、どちらか好きなほうを選んで申し込むことができます。クレジット払いに対応する保険会社であれば、VISAとMasterCardを取り扱っているところがほとんどですので、ぜひ生命保険や学資保険の支払いにオリコカードザポイントを利用して、お得にポイントを貯めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ