ポイントが貯まるクレジットカード

交換商品数、ポイント移行先、マイル交換率が高いのが特徴なので、
ポイントを貯める楽しさも使う楽しさも感じられます。

年会費有料のクレジットカードが多いですが、
その分、付帯保険が充実していたり、ポイント還元率の高さもあるのでお得さがあります。

集めたポイントは「何」に交換するのが最もお得?

なぜ貯めたい クレジットカードポイント

demoみなさんは今まで、ポイントをどのように貯めて、どのように使っていますか?

この質問に答えれるひとは、
果たして何人いるでしょうか?

なぜなら、この質問に対して、大抵のひとが
「貯めてから考えてみる」と言うからです。

そうです、多くのひとが
【ポイントの貯まるクレジットカード】というキーワードに流されて、
【貯まったポイントの使い道】まで明確な考えを持っていないのです。

「使うからには集めたい」、「ポイントを集めると得」
その考えは決して悪いことではありませんが、
【使い方】を知れば、ポイントの貯まりやすいクレジットカードの良さを活かすことも
できるので、意識転換をしてみることをおすすめします。

【ポイントを貯める】ということから、

【貯めたポイントをこう使いたい】という意識に変えるだけです。

これで、本当にポイントが貯まりやすく、
自分のライフスタイルに合い、
なおかつ無理なく貯められるクレジットカードを見つけられるはず。

まずは、目標となる【使い道】をしっかりと決めていきましょう。

ポイント利用の先にあるもの

各クレジットカードで用意されているポイント利用先は以下のようになります。

@商品券

Aキャッシュバック

B電子マネー

C商品(家電など)

Dマイレージ

をはじめとするポイント移行



最も早く商品券が手に入るカードは?

ポイントの還元率と、商品券への最小交換数
から、カードを比較してみましょう。

例えば商品券への交換が500ポイントから可能であった場合、
クレジットカードの種類(カード会社のポイント)と還元率で、お得を実感するまでの速さは変わってきます。

@商品券

・オリコカード・ザ・ポイント/還元率2%(100円=2P)
・VIASOカード/還元率0.5%(1000円=5P)
・三井住友VISAクラシックカード/還元率0.5%(1000円=1P)

  最小交換数→商品券 ポイントを貯めるまで
必要になる金額
1Pあたりの実質還元率
三井住友VISAクラシックカード
オリコカード ザ ポイント

500P→500円Amazonギフト券

25,000円

2%
VIASOカード
VIASOカード

500P→500円商品券

100,000円

0.5%
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISA
クラシックカード

200P→1000円Amazonギフト券

200,000円

0.5%

商品券に交換するまでに必要な金額と、ポイント1Pあたりの還元率を考えると
オリコカード・ザ・プラスが一番お得に交換できます。

Aキャッシュバック

・P-oneカードFLEXY/還元率0.6%(1000円=2P)
・三井住友VISAカード/還元率0.5%(1000円=1P)
・VIASOカード/還元率0.5%(1000円=5P)

  キャッシュバック最小単位 1Pあたりの単価 ポイントを貯めるまで
必要になる金額
実質還元率
三井住友VISAカード
P-oneカードFLEXY

300ポイント

1P=3円

150,000円

0.6%
三井住友VISAカード
三井住友VISAカード

200ポイント以上

1P=3円

200,000円

0.3%
VIASOカード
VIASOカード

1000ポイント以上

1P=1円

200,000円

0.5%

キャッシュバックまでの期間が短く、キャッシュバック率が高いカードは
P-oneカードFLEXYとなっています。

B電子マネー

・オリコカード ザ ポイント/iD、QUICPay、nanaco
・三井住友VISAカード/WAON、Edy、nanaco

電子マネー iD QUICPay nanaco
三井住友VISAクラシックカード
オリコカード ザ ポイント

実質還元率2%

実質還元率2%

実質還元率2%
電子マネー Edy WAON nanaco
三井住友VISAカード
三井住友VISAカード

実質還元率0.3%
(200Pから交換可能)

実質還元率0.5%
(200Pから交換可能)

実質還元率0.3%
(200Pから交換可能)

iD・QUICPayはチャージ不要で指定口座からの引き落としになるので、電子マネー利用でもオリコポイントが付与されます。(nanacoには1P=1円で移行可能)
三井住友VISAカードはポイントを電子マネーに移行できます。※移行ポイントは以下の通り
→ ワールドプレゼント1ポイント=Edy 3円分
→ ワールドプレゼント1ポイント=WAONポイント5ポイント
→ ワールドプレゼント1ポイント=nanaco 3円分

C商品(家電など)

電子レンジからミキサーといった家電、豪華旅行ツアーや
ゴルフ用品など多く揃う。

  旅行系 レジャー系 ゴルフ場予約
三井住友VISAクラシックカード
オリコ系



海外ツアー8〜3%OFF



国内ツアー5〜3%OFF



全国約2,200
VIASOカード
MUFG系


海外ツアー5〜3%OFF


国内ツアー5〜3%OFF


全国約1,000
三井住友VISAカード
三井住友系

×




全国約700

オリコ系は海外旅行パッケージツアーが8〜3%OFFとなっていて一番お得です。
ゴルフ場の予約可能数も非常に多くなっています。

Dマイレージ

・オリコカード・ザ・プラス/最小交換単位1000ポイント
・VIASOカード/最小交換単位100ポイント
・三井住友VISAクラシックカード/最小交換単位100ポイント

  マイレージ 交換先 実質還元率
三井住友VISAクラシックカード
オリコカード ザ ポイント

1000ポイント→600Mile
ANAマイル/JALマイル


1.2%
VIASOカード
VIASOカード

100ポイント→200Mile
JALマイル


1.0%
三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカード

100ポイント→100Mile
ANAマイル


1.0%

最小交換単位までの利用金額と、1マイル当たりの実質還元率を踏まえると、オリコカード ザ ポイントが最もお得になります。クレジットカードにより交換先が異なっていますので注意してください。

利用するクレジットカードにより、
商品やポイント移行先などが異なっているので、

自分は@〜Dのうちの
どれに交換するのかを決めて、クレジットカードを選んでみましょう。




ネットショッピングでポイントを貯める!

ここまではクレジットカードが提供する、
ポイントサービスの【使い方】メインの話をしてきました。

そこで次にご紹介するのは、各クレジット会社で提供されている
【ポイントモール】を経由してのネットショッピングです。

楽天市場、yahoo! ショッピング、amazonは三大ネットモールとして知られており、
今や揃わないものはないと言われるほど、誰もが利用するネットモール。

ポイントモールではそんな三大モール以外にも多くの企業が参加し、
直接通販を利用するよりもポイントをたくさんもらうことができます。

ここで、実店舗やネットモールへ直接アクセスして商品を購入する方法と、
ポイントモール経由で購入する方法を見比べてみましょう。

ポイントモール名
ポイントUPモール

POINT名人.com
POINT名人.com

VIASO eショップ
POINT名人.com

オリコモール
カード名
参加店舗数 279店舗
※2011/3/9現在
400店舗
※2014/9/1現在
476店舗
※2013/3/6現在
約600店舗
※2013/10/23現在

楽天市場

amazon

例えば1万円の商品を通常(実店舗)で購入した場合は、
10P(1000円=1P)を獲得できます。

ポイントモールを経由して
楽天市場で商品を購入した場合は、
20P(1000円=1P×2倍さらに楽天市場の楽天スーパーポイントも獲得できます。

オリコカード・ザ・ポイントなら
オリコモールボーナスポイント(0.5%)、
さらに店舗毎のサービスポイント(0.5%〜)を獲得できます。
お得度は◎。

ポイントを上手に貯められない……
もっとポイントを貯める方法があるのでは……

と考えているときは、 この方法を実践してみましょう。

ポイント交換先が魅力の5枚はこれだ!

ポイントが貯まるクレジットカード まとめ

ポイントの使い道を@からDのどれにするかを決めたあとは、
それぞれの目的に合ったクレジットカードを選んでおきましょう。

ポイント利用先別カード
モール
利用
@商品券


Aキャッシュ
バック


B電子
マネー


C商品
(家電など)


Dマイ
レージ



amazon
三井住友VISAクラシックカード
オリコカード ザ ポイント
三井住友VISAカード
P-oneカードFLEXY
三井住友VISAカード
三井住友
VISAカード
三井住友VISAクラシックカード
オリコカード ザ ポイント
三井住友VISAクラシックカード
オリコカード ザ ポイント
三井住友VISAクラシックカード
オリコカード ザ ポイント
500P以上から商品券交換率が良くなっていくので、お得度ばっちりです。
300P以上のキャッシュバック交換で1P=3円還元。

WAONの交換率が5倍なので、イオングループ利用者の強い味方。
交換賞品をレジャー、家電、小物と幅広く対応しています。

国内2大航空ANA、JALが選べます。


店舗ごとのサービスポイントも多く、目標ポイントにいち早く近づけます。

オリコカード ザ ポイント
大量ポイントで商品券狙いならこのカード!
専用モールで還元率3%以上も可能
。少額決済でもポイントが無駄なく貯まり、500ポイントからでもギフトカードに交換できる特典が嬉しい。電子マネーも2つ搭載でお買物には必須の1枚。→詳細はこちら

三井住友VISAカード
年会費は初年度無料、信頼のカードと言えばこのカード。
WAONの利用でお得が得られることは、意外と知られていないサービス。

三井住友VISAカードを永久無料で使う方法

VIASOカード
年会費が無料の三菱UFJニコスのVIASOカード。
還元率がアップする様々なサービスもあるのでお見逃しなく。→詳細はこちら

DC Jizileカード
年会費無料の、リボ払い専用カード。
ジザイルカードは年会費無料、海外旅行保険、ショッピング保険、 ポイント有効期限は3年と充実した1枚です。→詳細はこちら





当サイトおすすめのポイントが貯まるカードはこのカード!

紹介したカードはどれも年会費が無料で、
しかもお得な特典が付いたクレジットカードです。

そのなかでも入会後6ヶ月はポイント還元率2%、100円のお買物で2ポイント貯まり、
専用ネットモール経由だと還元率3%以上までアップ可能、ポイント交換が500円からすぐにできる、オリコカード・ザ・ポイントはおすすめの1枚です。

オリコカード・ザ・ポイントポイント還元率の高さで選ばれているカード

入会後6ヶ月は100円で2ポイント付与(還元率2%)となり、さらに使い方によっては還元率3%以上アップ可能!

しかも今なら入会キャンペーン中!クレジットカード研究Lab経由でお申込みいただくと一番お得! 他社比較サイトと比べて、最高還元率となっています。
(3/31まで)

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 約1週間
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
電子マネー
1〜3% - - VISAMasterCard

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




ポイントが貯まるカード 関連コンテンツ

目的別INDEXへ戻る

ページの先頭へ