• このエントリーをはてなブックマークに追加

審査なしで作れるデビットVISAカードのメリット

デビットカードの作り方と使い方

三井住友VISAクラシックカードデビットカードは審査がなく、銀行口座さえあれば作れるカードとして人気があります。ここのコラムでは、そんなデビットカードの作り方と使い方を簡単に紹介します。

デビットカードはこんな理由を持った方に人気のあるカードです。

理由@

クレジット機能・後払いが嫌い

理由A

クレジットカードの審査に不安がある

クレジットカードがそもそも嫌いであれば、銀行口座から代金がそのまま引落になるデビットカードは便利なアイテムとなり、クレジットカードの審査に不安がある方には、審査なしで持てるカードとしては選びやすいことでしょう。

デビットカードの作り方


@口座を作る

 まずは銀行の口座を作成します。

A銀行HPからデビットカードに申込む

 銀行HPからデビットカードの申込みに同意します。

Bカードを受取る

 
デビットカードを受取ります。 カードによりますが最短3営業日程度で受取る事ができます。デビットカードは代金を引落す口座、つまり銀行に口座があれば作ることができます。

デビットカードの使い方


@「VISA」加盟店で決済するときに使う

支払い時に暗証番号を入力する必要があります。

A決済金額が口座から即時に引落される

 口座残高以上の金額を決済することはできません。

デビットカードはクレジットカードとは違うので、決済金額の後払いはできません。
なので、銀行口座に入金されている範囲内でお買物ができるというわけです。
クレジット機能はないものの、口座に入金されている金額分でカードが利用できる。
それがデビットカードの良いところです。

でも、デビットカードを使うにあたり注意したいところがあります。
それはデビットカードはクレジットカードと違うといった点で、使い勝手が異なるからです。
いざ作って使ってみたら、思っていたほど利用できなかったとならないように、
その違いを把握してから、デビットカードを検討してみましょう。

クレジットカードと比べるデビットカードのメリットとデメリット

デビットカードとクレジットカードは違うカードです。
クレジットカードを持ちたくない、持てないかもしれないという理由でデビットカードを選んでも、クレジットカードのように使うことはできませんので注意しましょう。

 
三井住友VISAクラシックカード
デビットカード(画像例:楽天)
アメリカン・エキスプレス・カード
クレジットカード
(画像例:アメリカン・エキスプレス・カード)
年会費 約1,000〜3,000円 初年度無料
支払い 決済と同時に銀行引落とし 翌月、翌々月から決まった金額を引落とし
メリット
・使いすぎる事がない
・審査がない
計画をもって利用できる
・キャッシング機能がある
・盗難保障、ショッピング保障あり
・発行会社の特典サービスがある
デメリット ・引落としできない時間帯がある
・レジで暗証番号を入力する手間がある
・計画性がないと使いすぎてしまう

デビットカードは基本的に年会費がかかります
また会員特典も少なく、口座にお金がなければ決済になりません。

パソコンを購入したい、テレビを買いたいなど、
ちょっと大きな金額のものが急きょ必要となったとき、クレジットカード払いであれば翌月のお給料日に合わせたり、分割払いができますが、デビットカードは即時の1回払いとなってしまうので、デビットカードは口座残高に余裕がある方向けといっても良いでしょう。
そして急な出費に対して対応できるキャッシング機能がついていません。

デビットカードのメリット

デビットカードは銀行口座と直結になるため、レジでの支払い時に使うとその場で銀行口座から引き落としとなります。

そのため、銀行口座に預金がなかったときは利用不可となり、口座残高があればその残高の範囲(限度額なし)で利用可能となります。

引き落としされる口座はデビットカードを作った銀行が基本となるので、口座を持っていないときは口座開設とデビットカードの両方の申込が必要となります。 なかには楽天銀行のデビットカードのように、キャッシュカード兼デビットカードというタイプもあるので、カードのかさばりが気になる方は楽天銀行のデビットカードを選択しておきましょう。

使える先はクレジットカードと同じで、国際ブランドがJCBならJCBのマークがある加盟店、VisaであればVisa加盟店となりますが、支払い回数の指定はできず、一括払いのみというところも使う上で大事なポイントです。

デビットカードのデメリット


no.1 年会費が1,000円〜3,000円かかる
no.1 口座残高内しかカード決済ができない
no.1 キャッシング機能がない
no.1 決済ができないところがある(携帯電話料金など)

この4つのデメリットと審査がないというメリットが組み合わさったのがデビットカードです。

もし、審査に不安がありクレジットカードをためらっているのであれば、
審査なしではなく審査が比較的穏やかと言われている
クレジットカードを試してから、デビットカードを検討してみても遅くはありません。

審査なしと審査ありのカードの違い

デビットカードは審査がなく持てるVISAカードとして定評がありますが、口座残高がないと決済できないというデメリットのほかにも、まだまだ日本では知名度が低く、決済時に「デビットカードで」というのは抵抗があるのも確かです。

もしクレジットカードの審査だけがひっかかり、デビットカードを検討しているのならば、
評判のクレジットカードをここで確認してみてはどうでしょうか。



ACマスターカード
年会費 無料
発行日数 カード受取まで最短30分
申込み資格 アルバイト・パート・派遣社員の方OK

ACマスターカードはキャッシング会社「アコム」が発行しているクレジットカードです。
といっても、申込む商品は国際ブランドMasterCardと提携している「クレジットカード」ですので安心です。
そしてACマスターカード年会費がかからず、発行スピードもかなり早くなっていますので、
デビットカードに申込む前に試す価値は十分にあります。

キャッシング会社発行クレジットカードのメリット

no.1
no.1 発行スピードが速い
no.1 アルバイト・パート・派遣社員でも申し込める

ACマスターカードはキャッシング会社の良いところを盛り込んだクレジットカードなので、発行まで待つこともありません。

もしキャッシング機能は必要ないというときも、ACマスターカードならショッピング専用クレジットカードの発行もできます。(ネット申込後に申請)

審査不安でもクレジットカードを持つためのコツがある

ACマスターカードの申込資格は、
20歳以上69歳までの安定した収入と返済能力を有する方となっています。

なのでパート、アルバイト、派遣社員であっても継続した収入があれば申込ができるということです。そしてクレジットカードの審査が不安であれば、銀行系や信販系のクレジットカードを選ぶのではなく、そのふたつよりも柔軟な審査を行ってくれるキャッシング会社発行のクレジットカードを選ぶことが審査の通過確率を上げるコツとなります。

クレジットカードの審査に落ちてしまったから、デビットカードを検討していると言う方は、その落ちてしまったクレジットカードが銀行系か信販系なのかを確認してみましょう。もしそのふたつの系統であれば、ACマスターカードに申込むことができます。

当サイトおすすめのカード申し込み&活用術

おススメ01
ACマスターカードに申込む
おススメ02
審査結果を待つ
おススメ03
審査通過→クレジットカード利用
審査落ち→デビットカードに申込む

ACマスターカードは審査結果が最短即日(最短当日)なので、
その結果を確認したあとにデビットカードに申込んでも、デビットカードにそのまま申込んだ日数と変わりません。

なので、デビットカードの申込前に、
ACマスターカードに挑戦しても待ち時間は同じということです。


年会費 無料
発行日数 カード受取まで最短30分
申込み資格 アルバイト・パート・派遣社員の方OK



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ