クレジットカードの有効期限後の更新審査


クレジットカードは1度審査に通過し、カードが手元に届いたからと言って、半永久的に使えるものではありません。クレジットカードには必ず有効期限が記載されており、その期間前にカードが更新され、郵送で新しいカードが送られて来ます。殆どのクレジットカード会社では自動で更新の審査を行い、審査に通過したホルダーには新しいカードの郵送を行いますが、一部のクレジットカード会社では更新の意思を問われる文書が事前に届く場合があるため、注意が必要です。クレジットカードに申し込む際にも必ず審査が行われますが、クレジットカードの更新の際にも審査が行われるのです。

クレジットカードの更新の理由

クレジットカードの更新は、偽装防止などの防犯上の観点からも行われますが、クレジットカードホルダーが登録している情報に誤りや更新がないかどうか、ホルダーの支払い状況に問題が無いかどうかを定期的に確認するという理由でも行われています。

クレジットカードは更新をする際に郵送でカードを送るため、ホルダーが住んでいる場所が登録の場所と異なっていればカードは届きません。またホルダーがきちんと利用額を支払えているか、滞納などをしていないかを再度調査して、更新を行うかどうかを決めているのです。

クレジットカード更新の時期

一般的に、入会して期間の短いホルダーは最初の更新までの期間が短く設定されていますが、長く利用しているホルダーはクレジットカードの有効期限が長くなっています。それはカードの種類によるものではなく、きちんと支払いが出来ていると言う信頼の証なのです。

クレジットカード支払いをする時には現金をその場で支払うことなく買い物が出来ます。それはクレジットカード会社が、利用額の引き落とし日までホルダーの利用額を一時的に立て替えているという仕組み上、きちんと利用額を支払えているかという実績が何より大切にされているからなのです。

クレジットカード更新時の審査

クレジットカードの更新の際に再度審査が行われると言う事は、入会申請の際と同様に個人信用情報にもチェックが入ります。更新をするクレジットカードには滞納がなくても、その他のカードで滞納があったり、消費者金融などで巨額の借金や借り入れがあったりした場合には更新されない場合もあります。ただし、審査基準はカード会社によって異なるため必ず審査に落ちると言うことではありませんが、審査の際に不利になる事はあっても有利になる事はありません。

クレジットカードの支払いの滞納が起こらない様に、引き落とし口座には十分なお金を預け入れておき、利用額を把握しておくことで使いすぎを防ぎましょう。

その他にも、住所や職場など登録した情報に変更がある場合にはその都度更新をしておきましょう。引っ越しをしたのに前の住所のままになっていると、トラブルの原因になってしまいます。

更新審査に落ちてしまった場合には

万が一カードの更新が拒否されたり、見送られてしまった場合には、クレジットカードを失うことになります。更新が見送りとなった場合には、新しいカードが届かず、更新が見送りになった旨の通知が郵送で届きます。

更新がされない多くの場合は、支払い実績であるクレジットヒストリーに傷がついてしまっている事が挙げられます。その他にも、カードの利用が不自然だと判断されたり、極端に新規でのクレジットカードの申し込みが多い、支払いの延滞や滞納が繰り返されているなどの理由もあります。

更新するクレジットカードだけではなく、他社のクレジットカードやお金の借り入れなどでトラブルのあった人は以下の機関でクレジットヒストリーをチェックしてみる事で、信用情報に傷が付いているかどうかを確認する事が出来ます。

・CIC
(URL:http://www.cic.co.jp/)
一般的なクレジットカード会社が登録している信用情報機関

・JICC
(URL:http://www.jicc.co.jp/)
消費者金融などの借り入れや消費者金融系クレジットカード会社が登録している信用情報機関

クレジットヒストリーを再度積み重ねる

クレジットカードは銀行系、信販系、消費者金融系の順に審査が通り易いと言われています。更新の審査に落ちてしまったカードよりも審査の通り易いカードに入会して、支払いの実績をきちんと作る事で、いずれ更新に落ちてしまったカードと同等のカードに切り替えを狙う方法もあります。

しかしカードの申し込みも半年間記録に残るため、短期間で何枚ものカードに申請を繰り返していると、きちんと利用する意思があるのかどうか、または何度も審査に落ちている申込者だとみなされてさらに審査に通りにくくなってしまう場合もあるので注意してください。

クレジットカードの更新がなされないということは、クレジットカードを解約するのと同じ状態になります。そのためリボ払いや分割払いにしていたものの請求が翌月に一括でなされてしまうことになります。更新の審査に落ちない様に日頃から気をつけておくことは勿論ではありますが、しかし万が一更新の審査に落ちてしまった場合にどのような方法を取らなくてはいけないか知っておきましょう。

一括請求の対処方法とは

それまでリボ払いや分割払いの残金がかなり残っている場合にはまとまった額の請求が翌月に一括で来ることになります。口座にたっぷりと預金があれば問題ありませんが、口座に充分なお金が入っていない場合は滞納となり、最悪の場合は訴訟に発展することになってしまいます。 支払いをするためにどうしても方法が無い場合には、カードローンを利用してお金を借り入れて引き落とし口座に入れておく事で滞納を防ぐ事も出来ます。

カードローンとは

カードローンとは、審査を経てお金を借り入れる事の出来るサービスの事をさします。学費や車など用途に制限のあるローンよりも高い金利にはなりますが、お金の使い道は自由にする事が出来ます。また、用途の決まったローンは、お金を借りた後は完済をするだけですが、カードローンは審査の際に設定された限度額の中であれば、何度でも借り入れや返済をする事が出来ます。

ただしカードローンの借り入れも、クレジットカードの様に利用者がきちんと返済能力があるかどうかの審査が行われます。そのため、クレジットヒストリーに傷がついていたり、銀行や消費者金融での返済が滞っている場合には審査に通らない事があります。

例えば消費者金融の1つであるプロミスでは、
お借入診断というサービスを利用して、融資が可能かどうかの目安にする事が出来ます。

ホームページ上で生年月日・年収・他社借入額を入力すると、「融資が可能だと思われます」または「ご入力いただいた内容だけでは判断する事が出来ません」のいずれかの回答を得られます。あくまでも目安ですが、不安な人は診断を受けてみましょう。

カードローンのキャンペーンを利用する

今すぐにまとまった額を用意する事は難しいけれども、
近いうちに借入金額を全額返済できる場合にはカードローンの初回限定のキャンペーンを利用する事が出来ます。

プロミスのカードローンでは、初めて利用する人を対象に、初回のみ30日間無金利サービス※を行っており、借り入れから30日以内であれば利息がかかりません。

必要最低限のお金で、さらに借り入れから30日の間に返済が可能なのであれば心強いサービスです。しかしカードローンの金利は、銀行などで借り入れた場合の金利よりも高く設定されています。そのため、金利が掛からない期間を越えてしまうと、借入金額が大きくなるほど多額の金利が掛かってきます。

仮にプロミスで借入を行う場合には、まず30日以内に返済できるのか、返済できない場合には無理のない返済シミュレーションが出来るかを確認しておきましょう。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

カードローンの融資までの期間

プロミスでは、インターネットでの申し込み・自動契約機・三井住友銀行ローン契約機・店頭窓口であれば審査時間が最短30分、融資までは最短1時間となっています。申込方法として電話や郵送もありますが、郵送や書類の提出等で時間が掛かってしまうため、急いでいる人はインターネット等での申し込みがお勧めです。

カードローン利用で注意したいこと

カードローンは使途が自由である事(生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。)、融資時間が短いこと、
初回限定のキャンペーンなどを行っていること等、メリットもたくさんあります。
しかし一部の例外を除いて、借り入れには必ず金利が発生します。

総量規制によって、収入の3分の1までしか借り入れが出来ないようになりましたが、設定限度内であれば何度でも借り入れを行う事が出来るため、無計画な借り入れを繰り返しているといつまで経っても返済が出来ない状態に陥ってしまいます。

借り入れをする場合には、確実に返済のできる、必要最低限の額に留め、出来るだけ早く完済をする事を最優先事項にして利用しましょう。

プロミスは、審査通過率の高いカードローン。
アルバイトやパート、学生の方でも申込みが可能です!

無利息サービスなども行っているので、始めて借入れをする人にもやさしいサービスとなっています。


※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

年会費 実質年率 限度額 審査時間
無料 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分
融資時間 返済額 担保・保証人 所得証明
契約後
最短即日
月7,000円〜 不要 不要 ※条件による
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ