レンタカーでETCカードを利用したいと考えている人

レンタカーを利用する際に、ETCカードを利用する方法は二種類があります。一つは、レンタカーを借りるのと同時にETCカードもレンタルする方法。もう一つは、自分で所持しているETCカードを使う方法です。ここでは、その二つの方法について解説します。

ETCカードをレンタルするには?

レンタカーを利用する運びとなったけれど、ETCカードが手元になくて困ってしまった…そんな経験はありませんか?急用でレンタカーを運転することになった場合、ETCカードをうっかり家に忘れてきてしまった場合、そもそもETCカードを持っていない場合などのケースが考えられます。
ここで気を付けなければならないのは、「ETCカード単体でのレンタルはできない」ということです。ETCカードをレンタカーと同時に借りることはできますが、ETCカードのみをレンタルして自分の車で使用するということはできませんので、注意してください。

レンタル費用

まず、ETCカードをレンタルする際にかかる費用についてご紹介します。
ETCカードを使用するには車載器が必要ですが、こちらについてはあらかじめレンタカーに搭載されており、追加費用も発生しない場合がほとんどです。
ETCカード自体のレンタル料金としては、無料〜300円強といったところが相場です。車載器料金が必要ないケースが多い上、ETCカード自体のレンタル料も格安なので、気軽に利用できるのが嬉しい点と言えます。

レンタルできる場所

トヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタルなどの大手レンタカー会社の他、四国地方を中心に展開するバジェットレンタカーなどの店舗でレンタルすることができます。いずれのレンタカー会社もすべての店舗がETCカードレンタルに対応しているわけではありませんので、事前に確認を行ってください。

また、ETCカードレンタルに対応している店舗であっても、ETC車載器の搭載台数が限定されている場合もあります。車を予約する際、ETCカードレンタルも希望する旨をあわせて伝えておくのが確実でしょう。

必要なもの

基本的に、“ETCカードをレンタルするために別途準備が必要”というものはありません。通常、レンタカーを借りる際に必要なもの(運転者全員の運転免許証・クレジットカードまたは本人確認のできる書類※)の用意があればOKです。利用するレンタカー会社で有効な割引券やクーポンなどがあればあわせて持参すると良いでしょう。
レンタカーを借りる手続きに加え、ETCカードの貸し出し同意書に署名を行うことでカードのレンタルが可能となります。
※レンタカー会社と提携するクレジットカードを所持していない場合、運転者が未成年でクレジットカードを未作成の場合、現金での支払いを希望する場合などには本人確認書類の提出が必要

料金精算方法

車を返却する際、レンタカー料金と一緒にETCカードのレンタル料・ETCカードによって自動精算された有料道路料金を支払います(ETCカードに埋め込まれているICチップに利用履歴が記録されているため、有料道路料金はそれを元に精算されます)。
あらかじめ有料道路使用料金がいくらだったか知りたい場合は、サービスエリアやカー用品店などに設置されているETC履歴発行プリンターを使って利用明細をプリントするという方法もあります。

こんな場合は利用不可

ETCカードのレンタルができないケースとして、次のようなシチュエーションが考えられます。
・借りた店舗以外の場所へ返却する、いわゆる“乗り捨て”をしたい場合
 →ETCカードレンタル時の乗り捨てに対応している店舗(トヨタレンタリースの一部店舗など)も中にはありますが、車と一緒にETCカードをレンタルする際には「借りた店舗へ返却することが原則」となっているレンタカー会社が大多数です。

・利用できるETCカードやETC搭載車がすべて貸し出されてしまっている場合
 →予約での説明などが不十分な時に起こり得る事態です。ETCカードのレンタルについてはインターネット予約を受け付けていない店舗などもありますので、事前に電話できちんと車とETCカードの両方をレンタルしたいことを伝えましょう。

自分のETCカードを利用する場合

ご紹介してきたように、ETCカードのレンタルは車とのレンタルと同時に行う場合に限り可能です。けれど、自分のETCカードを所持しているのであれば、せっかくなのでそちらを使う方がベターです。
普段運転していない車だとうっかりしてしまいがちですが、使用後はきちんと抜き取ることを忘れずに!

金額お得、マイレージも

自家用車などの車載器に登録のあるETCカードであれば、レンタカーで使った場合でもETC割引やマイレージサービスの適用対象となります。ETC関連のサービスは車載器に対してではなく、ETCカードの名義人に対して行われることとなっているからです。
では、具体的に料金やポイントにどの程度の差が出るのでしょうか?
東京IC〜東大阪北IC間を走行した場合(初回とする)について比較してみましょう。
●ETC使用なし・平日昼間/平日深夜/平日朝夕/休日の場合…12,230円
●ETC使用・平日昼間の場合…11,210円
●ETC使用・平日深夜の場合…8,130円
●ETC使用・平日朝夕の場合…11,210円(670円分マイレージにて還元)
●ETC使用・休日の場合…8,530円
使用する曜日や時間帯によってこれだけの金額差があります。自分のETCカードを使用した場合で あれば、通行料金10円につき1ポイントのマイレージが付与されるため、さらにお得と言えるのです。

利用明細を見るには?

ETCカードを利用するとカード会社から利用明細が郵送されてきます。送られてきた明細書をなくしてしまったり、郵送を待たずに明細を見たかったりする場合にはどうすればよいのでしょう?
レンタルした「車の車両番号」と「ETCカードのナンバー」を控えておくと、インターネットによるETC利用照会サービスを利用して履歴を取得することができます。 また、前述のETC履歴発行プリンターを使って利用明細をプリントしておくというのも一つの方法です。

レンタカーでETC利用のまとめ

自分のETCカードを持っているのであれば、レンタカーを運転する際にも使用した方がお得であると言えます。 しかしながら、ETCカードは特別な手続きも必要なく低料金でレンタルできることは事実です。急な用事の時やETCカードを家に忘れてきてしまった時などには便利に活用すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードを研究しよう


ETCカードの基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ