nanacoチャージで最も効率的にポイントが貯まるクレジットカードの選び方


nanacoチャージで公共料金や税金を払うとお得になる !

nanacoは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが展開する電子マネーです。全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめ、nanacoマークのあるさまざまなお店で使うことができます。nanacoを使って買い物すると、100円につき1ポイント(1円相当)が貯まるため、現金で支払うよりもお得です。

nanacoをチャージする方法としては、「現金」と「クレジットカード」の2種類があります。現金チャージは、全国各地のセブンイレブンやイトーヨーカドーの店頭レジ、またはセブン銀行のATMなどから可能です。

クレジットカードからチャージするためには、nanacoのホームページで事前登録する必要があります。本人認証などを行なった後からチャージが可能です。「セブンカード」をはじめ、JCBやセゾン、三井住友などさまざまなクレジットカードでチャージすることができます。

ご利用いただけるクレジットカードはこちら

クレジットカードからnanacoチャージすると、クレジットカードで買い物をした時と同様、ポイントが付く点が大きなメリットです。このシステムを利用して、もっとも効率よくポイントを稼げる方法に「公共料金や税金のnanaco払い」があります。

セブンイレブンのレジでは、電気やガス、電話、水道などの公共料金、国民年金、住民税などの公金をnanacoを使って支払うことができます。この時、支払う分の金額をクレジットカードからnanacoにチャージすれば、お得にポイントを獲得することが可能です。特に税金は数万円〜人によっては数十万円にも上る場合があるため、効率よくポイントを稼ぐことができます。

ポイントの還元率はクレジットカードによって異なりますが、たとえばもっともスタンダードな「1.0%」の場合、20,000円をnanacoにチャージしたとすると、200円分のポイントが付与されます。つまり単純に計算すれば、20,000円の税金が「19,800円」になるということです。

クレジットチャージには手数料もかかりませんので、同じ金額をnanacoで支払うなら、現金よりもクレジットカードからチャージしたほうが格段にお得だといえます。普段それほどセブングループを利用しない方でも、公共料金や税金の支払いのためにnanacoチャージを活用する方は少なくありません。

nanacoチャージのデメリットとは

金額の比較的大きい、公共料金や税金の支払いに便利なnanacoチャージですが、いくつか注意点があります。

no.1
nanacoチャージには上限がある !
電子マネーでは、チャージできる上限額が決まっています。nanacoの場合、1回でクレジットチャージできる金額は「5,000円〜29,000円(1,000円単位)」です。

また1枚のnanacoカードにチャージできる金額は「50,000円まで」と決められています。ただしnanacoでは、まだカードに移行されていないマネーを一時的に保管できる「センター預かり」というシステムがありますので(上限50,000円)、実際は計100,000円をチャージすることが可能です。nanacoカードの残高が50,000円を切ったら、セブンイレブンのレジや銀行ATMなどで「残高確認」をすると、センター預かり分をカードに移行することができます。

またクレジットチャージには回数制限もあります。1日3回まで、1ヶ月間で15回までで、チャージできる金額は月20万円が限度です。

通常、電子マネーはこまごまとした支払いに使用することが多いため、これくらいの金額でも十分なのですが、公共料金や税金の支払いに使うとなると、人によっては不足する可能性もあります。ですからたとえば住民税の場合は、一括で支払う余裕があっても4期に分けるなどして、一カ月に20万円を越えないようにする必要があるのです。
no.2
nanacoチャージでポイントが付くクレジットカードは限られている !
nanacoチャージのできるクレジットカードはたくさんありますが、すべてのカードでポイントを獲得できるわけではありません。むしろnanacoチャージによってポイントの付くクレジットカードは全体の一部ですので、十分に注意しましょう。

中でも、nanacoチャージで1.0%以上のポイントが付くクレジットカードとしては、以下のようなものがあります。

  • リクルートカード…1.2%
  • リクルートカードプラス…2.0%
  • 漢方スタイルクラブカード…1.75%(2015年6月より、0.25%に変更)
  • 楽天カード…1.0%
  • Yahoo! JAPANカード…1.0%
  • レックスカード…1.75%
このように、中には2.0%ものポイントが付くクレジットカードもありますので、大きな金額をチャージするとかなりのポイントを稼ぐことができます。

ただし上述した通り、nanacoチャージできる金額には上限がありますし、気を付けたいのは「高還元率のクレジットカードほど年会費がかかる」という点です。たとえば還元率2.0%の「リクルートカードプラス」では2,000円、還元率1.75%の「レックスカード」では2,500円の年会費が発生します(ただしレックスカードは、年間50万円以上の利用で年会費無料になります)。

さらに最近、nanacoを使って節税対策をする方が急増したためか、「漢方スタイルクラブカード」のように、nanacoチャージによるポイントの付与率が激減するクレジットカードが増えています。今後もますますその傾向が強まっていくかもしれません。

このような点を考えると、公共料金や税金の支払いのためだけにnanacoチャージを利用するよりは、年会費が無料かつポイント高還元率のクレジットカードを使って公共料金を引き落としたり、「Yahoo!公金払い」で税金を支払ったりしたほうがお得になる可能性があります。

nanacoチャージより、ポイント還元率の高いクレジットカードがおすすめ

Yahoo!公金払いとは、クレジットカードを使って税金をオンラインで支払える、yahooのサービスの一つです。まだすべての自治体で対応しているわけではないのですが、自宅で好きな時に納税できることから、不払い防止のために今後も着々と対応する自治体が増えるものと思われます。

そんなYahoo!公金払いに、年会費が無料で、ポイント還元率の高いクレジットカードを使えば、nanacoチャージするより手間もかからず、効率的にポイントを貯めることができるのです。

また公共料金については、直接クレジットカードによる引き落としにすることができます。水道・ガス・電気・電話・NHK受信料などはもちろん、新聞をとっている方は新聞の購読料、家賃を支払っている方は家賃もクレジットカード払いにすれば、1ヶ月でかなりのポイントを稼ぐことが可能です。

このような普段使いにおすすめのクレジットカードが、年会費無料かつポイント高還元率で人気のクレジットカード、「オリコカードザポイント」です。

オリコカードザポイントなら公共料金や税金でお得にポイントを貯められる!

「オリコカードザポイント」は、オリコカードの中でも特にポイント還元に力を入れた一枚です。その分、旅行の障害保険や空港ラウンジの利用権などは付きませんが、「とにかくポイントを効率的に貯めたい」という方には非常に魅力的なサービス内容となっています。

オリコカードザポイントのメリット

ポイント01
還元率は常に1.0%以上 ! 100円で1オリコポイントがたまります !
ポイント02
入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップ !
ポイント03
年会費は永年無料 !
ポイント04
オリコモールの利用で通常のオリコポイント獲得分にプラスして0.5%分の特別加算 !
ポイント05
iDとQUICPayをダブル搭載!コンビニなど小額のお買い物も、簡単・便利・スピーディ !
ポイント06
たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます !

オリコカードザポイント最大の魅力は、ポイントの還元率です。どんな買い物や支払いに使用しても、100円につき1ポイント(常時1.0%)の還元率となっています。さらに入会後半年間は、100円につき2ポイントが付きますのでとてもお得です。

またネットショッピングをする際は、多数のショップが加盟する「オリコモール」を経由してアクセスするだけで、最低0.5%の特別加算が付きます。つまり1.5%の還元率です。

貯まったオリコポイントの使い道が幅広い点も、オリコカードザポイントの特長となっています。よくあるカタログ商品ではなく、AmazonやiTunesなどで使えるオンラインギフト券や、楽天スーパーポイント、Tポイントへの移行など、使い勝手のいいラインナップが魅力です。

オリコカードザポイントを、毎月の公共料金などの支払いに利用するだけでも、かなりのポイントを貯めることができます。たとえば家賃も含め、月12万円ほどの引き落としがある方なら、1.0%分(1,200円)のポイントを毎月獲得できます。入会後6ヶ月間は2倍ですので、実に2,400円分のポイントを受け取ることが可能です。

さらに、お住まいの自治体がYahoo!公金払いに対応していれば、住民税や自動車税、固定資産税、国保や介護保険料などもオリコカードザポイントで支払うことができます。特に税金は10万円以上の支払いになることがほとんどですから、オリコカードザポイントを利用すれば、数千円のポイントを貯められる可能性もあります。

自治体を選ばず税金の支払いができるという点では、nanacoのほうが便利なのですが、チャージの手間や、金額や回数などの上限、またクレジットカードの年会費などを考えると、全体的な使い勝手としてはオリコカードザポイントのほうがお得です。公共料金の引き落としはもちろん、税金のクレジットカード払いができる自治体であれば、ぜひYahoo!公金払いで、オリコカードザポイントを使用して支払うことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ