ガソリンカードを使わなくても家計節約できる2枚の万能カード

消費税率のアップ、それにともなう様々なものの値上げ…とお財布が少しずつ厳しくなる今日この頃です。

一般財団法人日本エネルギー経済研究所石油情報センターの調べでは、2014年4月中旬の全国レギュラーガソリン一般小売価格の平均は164.2円。 消費税率の変更があったとはいえ、昨年同時期のと比べて10円近い値上げです。 少しでも家計を節約するために、今回はガソリンの給油に最適なクレジットカードをご紹介します。

ガソリン給油をお得にする二つの方法

ガソリン給油をお得にする方法のひとつとして、現金払いではなく1L/2円引きといった特典のある利用先ガソリンスタンドのクレジットカード、または提携クレジットカードを使う方法があります。

そのガソリン給油をお得にするカードは大きく分けて2種類あって、
1つは「ガソリンカード」といわれる、ガソリン会社の発行するカードを利用することです。 ガソリンカードはガソリン代に会員価格が適用され、さらに会員特典が付与されるというメリットがあり、いつも同じガソリンスタンドを利用している方にはおすすめです。

しかしこのガソリンカードの場合、系列店でないとこうした特典を受けられないというデメリットもあるため、外出先でガソリンを給油するときなど、割引を受けるために系列店を探してガソリンを消費する… こともないわけではありません。

2つは通常のクレジットカード会社発行のカードでも、ガソリンスタンドでの特典があるものを選んで、出費を抑える方法です。 このカードでは、ガソリン代は直接値引きにはなりませんが、「ポイント還元」という形で割引を受けることができるほか、ガソリンカードのように系列店での縛りがないのも魅力です。 クレジット会社発行のカードの中でもガソリン給油で特にポイントが還元される、出費の節約になるのが「楽天カード」と「VIASO(ビアソ)カード」です。

ガソリンカードはトータルコストで選ぶ

楽天カードとVIASOカードはガソリン割引といった特典はありませんが、ガソリンカードよりもトータルコストを抑えることができます。

カードフェイス 海外ブランド 年会費 ポイント付与
楽天カード
楽天カード
VISA
JCB
JCB
無料 100円=1P
還元率1%
VIASOカード
VIASOカード
VISA 無料 1000円=5P
還元率0.5%

その理由は楽天カードが年会費は永年無料で、入会時に特典として2000ポイントが付与され、通常のカード利用は100円1ポイント(還元率1%)。50ポイント単位で、1ポイント1円として楽天市場内で使える「楽天スーパーポイント」が貯まり、特定ガソリンスタンド利用でさらにそのポイント還元率を上げることができるからです。

VIASOカードは三菱UFJニコスが発行するカードで、年会費無料、ポイント還元率は1000円につき5P=5円。このカードの一番の特徴は、独自の「キャッシュバックシステム」です。このシステムでは、累計1000ポイントたまると、1ポイント1円として、手続き不要でカードの利用金額からオートキャッシュバックされます。

実際に給油した場合のシミュレーション

では、ガソリンカードと「楽天カード」と「VIASOカード」、それぞれどれくらいお得なのか見てみましょう。ここでは、日本最大のSSブランドであるENEOSでの利用を想定します。 なお、ガソリンカードは「カード払いで1リッターあたり2円引き」という多くのガソリンスタンドで見られる値引き率とします。

1L/161円のガソリンを10L給油した場合

<ガソリンカード>
(161円 ‐2円) × 10L = 1590円 一方、カード会社発行の2つのカードの場合

<楽天カード>
161円  × 10L = 1610円 ⇒ 16ポイント

<VIASOカード>
161円  × 10L = 1610円 ⇒ 5ポイント付与

ここですでに楽天カードとVIASOカードでは、ポイント付与率に3倍の開きがあることがわかります。 さらに、ENEOSは楽天カードのポイント提携店なので、楽天カードでの支払いでポイントが通常の2倍付与されます。 楽天カードであれば、10リッターの給油で32ポイント、つまり1リッターあたり3.2円の値引きを受けていることになります。これは、1リッターあたり2円引きされるガソリンカードよりもお得な値引き率になります。

VIASOカードは、楽天カードやガソリンカードに比べて還元率が落ちますが、ETCカードとしての利用、また携帯電話・PHS、大手インターネットプロバイダーの利用料金の支払いに充てることで、通常の2倍ポイントが付与されます。当然その分、キャッシュバックされる金額も大きくなります。

使い方ひとつでガソリン代を節約できるカード

ネットショッピングは楽天市場、ガソリンスタンドはエネオスを利用しているという方は、通常のガソリンカードを利用するよりも楽天カードの方がポイント還元率、ポイントの使い道ともに効率が良くおすすめです。

特にカード月間利用額によりガソリン割引率が変わるガソリンカードを選択し、利用額がいつも届かず大きな割引が受けられない、1L/2円引き止まりという方にはなおのこと、楽天カードの方が使い勝手が良いでしょう。

VIASOカードは特定のガソリンスタンドがない方や公共料金、ショッピングなどあらゆる出費の部分でカードを使う方におすすめです。 またVIASOカードは家計の出費分で貯まったポイントが年1回、自動キャッシュバックと返ってくるため、ポイント交換が面倒だという方にもピッタリです。

VIASOカードはプロバイダ、ETCカード、携帯料金利用でポイント2倍

海外保険も2000万円利用付帯。海外利用で付帯補償が受けられます。

しかも今ならキャンペーン中!クレジットカード研究Lab経由でお申込みいただくと一番お得! 最大10000円分ポイントプレゼント中!
(6/30まで)

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 3営業日
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
最大10.5% 最高2000万円 - 最高100万円



全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ