楽天カードの発行までの流れで分かる審査結果

大人気を誇る「楽天カード」のメリットとは

数あるクレジットカードの中でも、近年、大きな人気を集めているのが「楽天カード」です。サービス産業生産性協議会が毎年発表する「日本版顧客満足度指数(JSCI)」において、2009年度から連続6年間も第1位を獲得するなど、多くの方から支持を受けています。

楽天カードのポイントシステム

・還元率は常時1.0%!
楽天カードを使って買い物をすると、「100円につき1ポイント」の楽天スーパーポイントを獲得できます。1ポイントは1円の価値を持ちますので、還元率は1.0%です。買い物のほか、公共料金の支払いやETC利用(ETCカードを発行した場合)でも、同じ還元率となります。

・楽天グループでの買い物なら、ポイント2倍!
楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなどの「楽天グループ」での買い物に楽天カードを利用すると、「100円につき2ポイント」がもらえます。還元率は2.0%です。

・街の「ポイント加盟店」での利用なら、ポイント最大3倍!
ENEOSや紳士服のコナカ、エステティックTBCなど、「楽天ポイント加盟店」に指定されているお店で楽天カードを使うと、最大3倍のポイント(100円の利用につき3ポイント)がもらえます。

・貯まったポイントは、楽天グループで利用可能!
楽天スーパーポイントは、楽天グループでの買い物に「1ポイント1円」として使うことができます。1ポイントから気軽に利用できますので、無駄になりにくい点がメリットです。

また電子マネー「楽天Edy」への交換(1ポイント→1円)や、ANAマイルへの交換(2ポイント→1マイル)も可能となっています。

・ポイントアップキャンペーンが多い!
楽天カードでは、会員を対象としたキャンペーンが頻繁に開催されています。新規入会で最高8,000ポイントもらえるキャンペーンをはじめ、入会後も「期間中の買い物でもれなく100ポイントプレゼント」など、常にさまざまなキャンペーンが行われています。

楽天カードその他のサービス

・最高2,000万円までの海外旅行傷害保険が付帯!
楽天カードは年会費無料ながら、最高2,000万円までの海外旅行傷害保険が付帯されています(出発前に、空港に行くまでの交通費やツアー代などを楽天カードで支払った場合に限ります)。

・安心の補償サービス!
万が一のカード盗難に遭った際に、損害額が補償される「カード盗難保険」をはじめ、インターネットで楽天カードの情報を悪用された場合に備えた「ネット不正あんしん制度」など、安心して楽天カードを使うためのさまざまな補償サービスが用意されています。

このように、楽天カードは何かとメリットの多い一枚です。 年会費も無料ですので、興味のある方はぜひ申し込んでみましょう。

楽天カードの申し込み〜カード到着までの流れ

「楽天カードに申し込んでみたいけれど、どうしたらいいのか分からない」という方のために、おおよその手順を見ていきましょう。

楽天カードの申し込み〜到着までのステップ

1.楽天会員登録(無料)をする
楽天カードを発行するためには、「楽天会員」になる必要があります。既に楽天IDを持っている方は、ログインしてから手続きしましょう。持っていない方は、まずは楽天サイト上から無料登録を済ませてください。

ポイント移行 一覧表

2.新規入会キャンペーンにエントリー後、申し込みページに行く
楽天カードでは随時、新規入会者を対象としたボーナスポイントのキャンペーンを実施しています。時期によってもらえるポイントが変わることもありますが、「5,000〜8,000ポイント」が一般的です。

ただし、すべてのポイントをもらうためには、期間中に「キャンペーンにエントリー」する必要があります。確実にエントリーするためにも、以下のボタンを順番に従ってクリックして、申し込み手続きをするようにしましょう。

ポイント移行 一覧表

3.オンラインで、引き落とし口座の登録をする
楽天カードでは、申し込みの際に「引き落とし先の銀行口座」をオンラインで登録できます。書類記入や印鑑の捺印などの手間がなく、申し込みと同時にスピーディに口座が登録できますので、ぜひ手続きをしましょう。地方銀行や信用金庫を含め、ほとんどの金融機関の口座が登録できます(本人名義の口座に限ります)。

ポイント移行 一覧表

4.「お申し込み受付のお知らせ」メールを受け取る
楽天カードの申し込みフォームに必要事項を記入して送信したら、「お申し込み受付のお知らせ」というメールが届きます。

メールには、楽天カードの発行状況をチェックできる「カード発行状況の照会」ページのURLと、申し込み受付IDが記載されています。URLにアクセスすると、審査状況を確認することが可能です。その際、申し込み受付IDと生年月日、電話番号の下4桁が必要となります。

5.「カード発行手続き完了のお知らせ」メールを受け取る
無事に審査にパスしたら、楽天から「カード発行手続き完了のお知らせ」メールが届きます。このメールを受け取ったということは、通常は審査に通ったということです。

ただし、追って「【重要】契約内容の事前のご案内」というメールが届かない場合、まれに審査にパスできていないケースもあります。「カード発行状況の照会」ページの情報のほうが正しい可能性もありますので、念のためチェックすることをおすすめします。

6.簡易書留で楽天カードを受け取る
楽天カードは、日本郵便の簡易書留で配達されます。最初の「お申し込み受付のお知らせ」メールを受け取ってから、約1週間で届くとされていますが、年末年始や連休がある場合、また審査状況などによっては遅れる可能性もあります。

またETCカードを申し込んだ場合は、楽天カードの到着から2週間ほど遅れて、ヤマト急便で届きます。

7.カードが到着したら、「楽天e-NAVI」の開始手続きを
楽天カードを受け取ったら、ぜひ楽天カード会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」に登録しましょう。「楽天e-NAVI」に登録が完了すると、2〜5営業日後に、入会ボーナスの2,000ポイントが付与されます。

「楽天e-NAVI」では、web上で利用明細が確認できるほか、支払い方法を変更したり、キャンペーンにエントリーできたりもします。スマホのアプリもありますので、楽天カードが届いたらぜひ利用して、家計の管理などに役立てましょう。

楽天カードの審査に落ちた場合は

楽天カードの申し込み〜手元に届くまでのおおよその流れになりますが、場合によっては残念ながら審査に通らず、楽天カードを発行してもらえないこともあります。

そのような場合は、「お申し込み受付のお知らせ」メールを受け取った後、審査結果を知らせるメールが届きます。「カード発行状況の照会」ページにアクセスして、審査結果をチェックするよう指示されますので、申し込み受付IDや生年月日などの情報を入力して、確認してみましょう。
審査に通らなかった場合、画面上に「審査の結果、今回はカード発行を見送らせていただくことになりました」などの文面が記載されています。

ちなみに、楽天に限らず、どのクレジットカード会社でも審査に落ちた理由についての問い合わせは、基本的に受け付けていません。

「どうして落ちたのか分からない」というようなケースもあると思いますが、今後のためにも、今回はいったんあきらめるのが得策です。

もしも「どうしても楽天カードがほしい!」という場合は、最低でも6か月ほど空けてから再度チャレンジしてみましょう。また、他のクレジットカードで良い実績をつけてから申し込むほうが、審査に通る可能性は高くなります。

楽天カードの審査に通りやすくするためには

そもそも、楽天カードの審査基準はどうなっているでしょうか。

楽天カードの申し込み条件として、公式サイト上に明記されているのは以下の文面です。

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)
※高校生は除く. ※未成年の方は親権者の同意が必要となります
上記以外、たとえば仕事や年収などの条件については、一切規定がありません
。 ただし楽天カードの「よくある質問」ページにおいて、「主婦・パート・アルバイトの方でも、カードはお申し込みいただけます」と楽天が回答していますので、正社員でなくても申し込むことは可能と判断できます。

どのクレジットカード会社も、審査には独自の基準を設けており、「これさえ満たせば必ず通る!」という条件を私たちが知ることは困難です。審査に通る自信のなかった方がパスできることもありますし、逆に他のクレジットカードでは何も問題なかった方が、楽天カードの審査には落ちてしまったというケースも実際にあります。

ただし審査に通る可能性を上げるためのコツはいくつかあります。

・できるだけ「良いクレジットヒストリー」を作っておく!
クレジットカードの審査では、クレジットヒストリーの調査が行われることが一般的です。信用情報機関に問い合わせをすれば、その人の過去のクレジットカードやローンなどの返済実績を確認することができます。

もちろん延滞や不払いがある場合は、新たにクレジットカードを作りにくくなってしまいます。ちなみに最近では、携帯電話の料金の支払い状況も記録されるようになりましたので、携帯料金も毎月しっかりと支払うことが大切です。

また「クレジットヒストリーがまったくない」方も審査に通りにくい可能性があります。つまり、これまで一度もクレジットカードやローンを利用したことのない場合です。

悪い実績がない分、良い実績もないということですので、カード会社によっては発行を見送るケースもあります。ですから、なるべく若いころからクレジットカードを一枚は持ち、少しずつでも使っていくのがおすすめです。

・キャッシング枠を0円に設定する
クレジットカードを申し込む際、「キャッシング枠」をどうするかを設定します。キャッシングは、カードショッピングではなく、ATMで現金を引き出せるサービスです。

一般的に、キャッシング枠を多く設定すればするほど、慎重に審査が行われます。キャッシング枠はあとから追加することもできますので、確実に審査に通りたい場合は、念のためキャッシングを申し込まない(0円にする)ようにしましょう。

もしそれでも審査通過が不安だという方は、アコムが発行するACマスターカードを検討するのが無難です。

ACマスターカードは使い心地はクレジットカードですが、発行元が消費者金融会社となるため、審査が柔軟に行なわれています。
また支払いもリボ払いとなるため、計画も立てやすいというメリットもあります。

見た目もマスターカードにしか見えませんので、日常的に使えるのもポイントです。
ただし、楽天カードのようにポイントのあるクレジットカードではないので、楽しみという点なら劣ってしまいますが、審査が柔軟というところを尊重しているクレジットカードとなります。

楽天カードに落ちてしまった、審査が不安というときはACマスターカードを選んでおきましょう。

年会費 無料
審査時間

最短30分

発行期間 最短即日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ