出光カードまいどプラスとエネオスカードP徹底比較

ショッピング重視のクレジットカードなら、リクルートカードで!

石油会社系クレジットカードを使えば、給油のたびにお得な割引やポイント付与がありますが、今回は「出光カードまいどプラス」と、「ENEOSカード(C、P、S)」、この人気ガソリンカード2枚についてチェックしていきましょう。

普段よく使っているガソリンスタンドが「出光」ならば「出光カードまいどプラス」、ENEOSならば「ENEOSカード(C、P、S)」が便利ということになりますが、両方とも利用可能圏内にある場合、どっちを利用するのがよりお得なのか、気になります。

出光、ENEOS、それぞれどんな会社?サービスステーションの数は?審査は?

まずは出光について確認していきましょう。
石油会社系としては日本で初めてクレジットカード会社と提携して発行を始めた会社で、使えるクレジット会社もJCB、Visa、MasterCard、AMERICAN EXPRESSの4社と豊富です。
全国のサービスステーションの数は2016年4月時点で3,627店となっています。

首都圏と全国の主要都市には約100店舗ずつあり、地域的に偏ることなくまんべんなく配置されている印象です。北海道のみ、294店と数が多いですが、これはエリアの広さに比例したものでしょう。

クレジットカードを作りたいと思っても審査で落ちてしまうことがありますが、出光カードは過去によほどの支払い延滞があったり、無職や収入が不安定な状態でない限り、収支がしっかりした人ならフリーターであっても申し込むことが出来ます。

そしてENEOSは、石油元売会社として日本最大手のJXエネルギー株式会社の持つサービスステーションのブランド名です。2001年に「日石三菱」を元にENEOSが誕生してから九州石油の「STORK」を併合、また「JOMO」を編入したことによって2016年4月時点で全国に約11,000店と、店舗数は圧倒的です。

使えるクレジット会社はVISAとJCBの2社。審査の厳しさを心配する人も多いようですが、ENEOSカード発行会社はトヨタファイナンスとなっており、車のローンが組めて今まで支払いの延滞が度重なるようなことが無い人なら、まず問題無いでしょう。既にローンを組んでいたり他のクレジットカードを持っているならば、それほど慎重にならずに申し込んでみましょう。

ただし、居住地の居住年数や仕事の勤続年数が1年未満の人が申し込んだら落ちてしまった、といったケースもあるようです。収入の額面はともかく、職場に入社したてであったり、引っ越したばかりの人は1年ほど待ってから申し込んだ方がベターです。 また、クレジットカードは申込みから6カ月はクレジットカード申込みの事実が履歴として残るため、審査落ちしてしまった場合はそれより半年待ってから再度申込みをしてみましょう。

出光とENEOS、カードの特長は?

・出光カードまいどプラス
・ENEOSカードC
・ENEOSカードP
・ENEOSカードS

出光カードまいどプラス(年会費永久無料)

いつでもガソリン・軽油の給油時に2円/1リットルの値引きが受けられます。
ただし月間300リットルまでとなっているので注意してください。月間300?を超え、月々のカード利用額が50,000円を超えるならば出光カード※の方がお得です。
※月々のカード利用10,000円ごとに1ポイント×1円/リットルの値引き。ただし5,000円以上10,000円未満の場合0.5ポイント。150リットルまで適用、最大20円/リットル値引き。

ポイント付与率は1,000ポイント。AMERICAN EXPRESSを利用して海外で買い物をすれば1,000円ごとに10ポイント付きます。

ENEOSカードC(年会費初年度無料、翌年以降1,250円(税抜)で、ENEOSロードサービス付)

給油すればするほど値引きが充実していくカードです。毎月の利用額に応じて、1リットル当たりの価格が値引きされ、最大でガソリン・軽油7円/1リットル(7万円以上の利用)の値引きが受けられます。ちなみに月利用額が1万円以下だった場合は1円/1リットルとなります。月間150リットルまでが適用です。

ENEOSカードP(年会費初年度無料、翌年以降1,250円(税抜)で、ENEOSロードサービス付)

ポイント還元に特化したカードとなり、ENEOSで使えば1,000円でなんと30ポイント。一般加盟店での利用は1,000円で6ポイントとなります。ポイントは1,000ポイント=1,000円としてENEOSでキャッシュバック、もしくは用意された商品と交換出来ます。Pの場合、給油約3.3万円利用で1,000ポイント貯まります。Tポイントにも交換OKなので普段の買い物やネットショッピングにも利用出来て使いやすさは抜群です。

ENEOSカードS(年会費初年度無料、翌年以降1,250円(税抜)で、ENEOSロードサービス付)

いつでも給油時に2円/1リットルの値引きがあります。また、年1回の利用で年会費が無料となります。さらにENEOSでのカーメンテ用品やショッピングでの利用でポイントも貯まります。1,000円ごとにENEOSなら20ポイント、一般加盟店なら6ポイントが付与されます。

自分のライフスタイルに最適なガソリンカードはどれ?

近所に出光もENEOSも両方あって選べない、またENEOSカードの中ではどれがいいのか分からない、という人は自分のライフスタイルを思い浮かべてみましょう。

とにかく年会費無料にこだわりたい人や、月々の給油量、カード利用額がそれほど多くない人は「出光カードまいどプラス」や「ENEOSカードS」が良いでしょう。「出光まいどプラス」は年会費が永久無料、ENEOSカードSは年1回利用で無料となりますし、ガソリン代はカード利用をしてもしなくても、いつでも2円/1リットルの値引きが受けられます。

毎月のカード利用額が2万円以上で給油も頻繁にする人は、ENEOSカードCがおすすめです。ガソリンが4円/1リットル値引き、7万円以上で7円/1リットルの値引きとなります。ただし、毎月150リットルまでの制限付きですので長距離運転を日常的にする人には向きません。

それよりも多く給油をする人ならENEOSカードPがお得です。ENEOSカードPのポイントは、ENEOSで使う場合には1,000円ごとに30ポイントも貯まり、1,000ポイント=1,000円分としてENEOSでキャッシュバックされます。使うスタンドをENEOSに絞ってたくさん給油をすることで年会費分を差し引いてもお得となります。

2枚持ちするとしたら?出光まいどプラスはサブとして優秀!

メインとサブで使い分けるとしたら、どのカードが良いでしょうか。 例えば、「出光カードまいどプラス」と「ENEOSカード」両方持っていれば、全国どこに行ってもガソリンスタンドでの給油がお得に使うことが出来ます。

「出光カードまいどプラス」は安定した値引きと永久年会費無料が魅力ですので、サブカードとしてもとても優秀です。一緒に持つならば、「ENEOSカードC」もしくは「P」が良いでしょう。「ENEOSカードC」はショッピングのメインカードとして利用し、給油量が毎月150リットルを超えないように給油は出光とENEOSの両方でバランス良く行いましょう。
「ENEOSカードP」はポイント還元率の高さが魅力の給油、ショッピングのメインカードとして使うことが出来ます。
車のトラブルでもしもの事態が起きてもENEOSロードサービスを利用出来るので安心です。

出光を全く使わないのであれば「ENEOSカードS」をサブカードとして、別のクレジットカードと併用するのも良いでしょう。

いずれにしろ、ガソリン価格は変動が激しいもの。いつの間にか特典分と年会費や手数料など諸経費とのバランスが崩れて損をしていた、なんてことが無いように、しっかりチェックしておきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ