JALマイルとANAマイルはどちらがお得なの?期間限定70,000マイルを手に入れる方法

JALマイルとANAマイル貯めるならどちらがお得なのでしょうか。
今まで貯めていた方、これから貯めようとしている方、多くの方が疑問に感じていることだと思います。

現在、どの航空会社でも行われているマイレージサービスは、各カードごとに入会キャンペーンを行っており、JALマイルとANAマイルでキャンペーンマイルを手に入れることだってできてしまうのです。

どちらのマイルが自分にとって貯めやすく、そして使いやすいのか比較しながら見ていきましょう。

キャンペーンから見るJALとANAのマイル獲得

ANAカードやJALカードなどの航空系カードに申込をするとき、入会キャンペーンを利用しなければ損だと入会のチャンスを伺ってはいませんか。

1枚を選ぶ上で、今すぐマイルを貯めたい!一番マイルがもらえるカードを選びたいとチャンスを伺っている方はいま一番マイル数の獲得が多いカードがお得です!

今ならJAL10,500マイル&ANA66,500マイルプレゼントキャンペーン中!

ANAカードとJALカードの入会キャンペーンを比較

  ANA 最大66,500マイル プレゼント JAL 最大10,500マイル プレゼント
キャンペーンマイル
キャンペーンマイル 37,500マイル
プレゼント
32,500マイル
プレゼント
Amazonコースギフト券11,000円分+最大5000マイル マイルコース最大10,500マイル
特典@ 新規入会でもれなく最大10,000マイル相当プレゼント! 新規入会でもれなく最大10,000マイル相当プレゼント! 入会ボーナスAmaoznギフト券10,000円分 入会ボーナス5,000マイル
特典A リボ払い利用でもれなく最大24,000マイル リボ払い利用でもれなく最大24,000マイル ショッピングマイル・プレミアム入会Amaoznギフト券1,000円分 ショッピングマイル・プレミアム入会ボーナス 500マイル
特典B 家族カード入会・利用で7,500マイル - 入会搭乗ボーナス5,000マイル 入会搭乗ボーナス5,000マイル
特典C 「iD」申し込み&利用で最大7,500マイル 「iD」申し込み&利用で最大7,500マイル - -
特典D ANA銀聯カード入会最大7,500マイル ANA銀聯カード入会最大7,500マイル - -
特典E 「ANA SKY WEB」エントリーで最大5,000マイル 「ANA SKY WEB」エントリーで最大5,000マイル - -
特典F 搭乗+エントリーで最大2,000マイル 搭乗+エントリーで最大2,000マイル - -
特典G ANAカードマイルプラス加盟店利用で最大3,000マイル ANAカードマイルプラス加盟店利用で最大3,000マイル - -
 

JALカードは最高で10,500マイルしかもらえず、Amazonギフト券も別途プレゼントのプランにすると5,000マイルになってしまいます。

一方でANAカードは最大66,500マイル(ANAVISAプラチナカード)もらえるため、JALカードと6倍以上のマイル差になります。


ANAVISA一般カードとANAVISASUICAカードを同時に申込むと、37,500+32,500マイルで総額70,000マイルが手に入ります。



JALマイルとANAマイルの違いを比較

違いはボーナスマイル

一般的に、飛行機などに頻繁に乗って貯まるJALマイル、普段の生活でカード決済をしながら貯めるANAマイルと言われていますが、実はそうではありません。

特にANAマイルは、普段の生活だけでなく飛行機に乗っても貯まる仕組みがあるのです。

JALは毎年の初回のみ搭乗でフライトボーナスが付与されます。

一方ANAにもフライトボーナスマイルがあります。
しかもANAは搭乗ごとに10〜25%のボーナスマイルが付くのです。
そしてさらに、毎年のクレジットカード継続によってANAマイルが得られるため、飛行機に乗らなくても毎年1000マイルが貯まります。

  
年会費 初年度無料
次年度以降 2,000円(税抜)
2,000円(税抜)
ボーナスマイル 搭乗で毎回マイルが付与される
(10〜25%)

・毎年、カードの継続利用をすることで、1000マイルが付与される
・搭乗でマイルが付与される(10〜25%)
※初回のみ
マイル有効期限 5年(ポイント2年+マイル36ヶ月) 36ヶ月
飛行機利用 海外旅行メインならANAマイルの方がお得 国内線メインならJALマイルの方がお得
ショッピング利用 クレジットカードポイントをANAマイルに交換できる クレジットカード利用で直接マイルが貯まる。
ポイント交換 高還元レートでできるルートがある 高還元の交換先はなし
電子マネー利用 楽天EdyやiDへのチャージ WAONへのチャージ
共通ポイント交換 Tポイントや楽天ポイント Pontaポイントやdポイント
 


マイルの使いやすさを比較

JALは毎年の初回搭乗でフライトボーナスが付与されます。

特定航空券をマイルと交換する場合、 国内線であれば大きな差はありませんが、国際線によっては大きな違いがでてきます。

JALはワンワールドアライアンスに加盟をしていますが、ANAはスターアライアンスに加盟しています。ANAが加盟しているスターアライアンスの方が加盟航空会社が多いので結果的に国際線の数に影響がでてきます。


結果的に、年に数回程度のフライトや国際線を多く利用する方はANAマイルの方が貯めやすく使いやすいでしょう。


継続利用で毎年10万円分の価値が生み出されるANAVISAカード

ANAカードの、毎年継続的に利用をすると貰える1,000ボーナスマイルはカード利用額換算すると10万円分の価値があり、マイレージに自動で加算されるのでマイル移行などはありません。 持っているだけで毎年10万円分のマイル価値を生み出すカードなのです。

さらに電子マネー「iD」が付いているためコンビニや自動販売機などの小額決済にもワンタッチで決済ができます。少額決済分も小銭を使わず、無駄なくマイルを貯めることが出来るので日常生活でも使いやすいカードです。


JAL・ANA絶対に持つべきカードを比較!

入会キャンペーン後も日常的にカードを利用して効率良くマイルが貯まるカードを見ていきましょう。

  年会費 マイル還元率 移行手数料 マイル期限  

初年度無料

次年度以降2,000円(税抜)

1000円=1P
=5マイル
無料 最大5年間
※ポイント2年+
マイル3年
1000円=1P
=10マイル
年間6,000円
(税抜)

初年度無料

次年度以降2,000円(税抜)

1000円=1P
=5マイル
無料 最大5年間
※ポイント2年+
マイル3年
1000円=1P
=10マイル
年間6,000円
(税抜)

2,000円(税抜)

200円=1マイル 無料 3年間
100円=1マイル ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,240円/税込)入会

JAL・ANAともに年会費は初年度年会費無料で次年度以降は2,000円(税抜)かかりますが、ANAカードの場合は、WEB明細サービスやマイ・ペイすリボへの登録+年1回以上の利用で751円(税抜)まで年会費を下げることができます。

また、JAL普通カードはカード決済で直接マイルが貯まり、ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,240円/税込)入会することでマイルの還元率を1%にすることができますが、マイルの有効期限は3年間です。

ANA VISA 一般カードとANA VISA Suicaカードは、マイルの移行手数料を年間6,000円(税抜)支払うことでマイルの還元率を1%にできますが、移行手数料は毎年支払う必要はありません。

ポイントが貯まり、マイルに移行するという手順をとるので、マイルの有効期限3年間の他に、ポイントの有効期限が2年間と合わせて最大で5年間マイルの有効期限が伸びることになります。



ポイントの有効期限が切れるギリギリにマイル移行手数料を支払い移行することで、2年に1回の交換になり、実質2年に1度のマイル移行になるので移行手数料は年間3,000円(税抜)になります。

ポイントが貯まりマイルに移行するので自分の好きなタイミングでマイルを貯めることが出来るので、マイル失効の可能性がJAL普通カードよりも低くなります。

迷ったらココ!

ANA VISA 一般カード(初年度無料)


ANAカードの、毎年継続的に利用をすると貰える1,000ボーナスマイルはカード利用額換算すると10万円分の価値があり、マイレージに自動で加算されるのでマイル移行などはありません。 持っているだけで毎年10万円分のマイル価値を生み出すカードなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ