余ったマイルを失効させずに使い切れる2枚のANAカード

余ったマイルを失効させずに使い切れる2枚のANAカード

ANAマイルを貯めてビジネスクラスやファーストクラスの航空券を手に入れたい!と考えているマイラーの方やこれからマイルを貯めていこうとマイルの世界へ足を踏み入れる方は多いのではないでしょうか。

5年後には10万マイル貯めようと目標を立てて計画的にマイルを貯めていくことができればファーストクラスも夢ではありません。

さらに最近では、クレジットカードの申し込みキャンペーンなどで一気に6万マイル貯められたりしますし、すぐに海外旅行が行けてしまいます。マイルを万単位で貯めるならクレジットカード発行が手っ取り早いかもしれません。

しかし、ANAマイルには3年という有効期限があり、無計画に貯めたり長期スパンで貯めるとなるとマイルの期限切れになってしまいます。

せっかく貯めたマイルを使わずに失効してしまうようなことだけは避けたいです。マイルの有効期限を延ばして利用し、さらにマイルを手に入れる2枚のカードを見ていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


anaマイルの有効期限を延ばす方法

ANAマイレージは、積算月の36ヶ月後(3年間)の月末にマイルが失効します。

例えば、2017年3月16日に獲得したマイルは、2020年3月31日に失効してしまうので、この期間に利用したいマイル数を貯められなかった場合、期限を迎えたマイルから随時失効してしまいます。

3年間である期限内にマイルを貯める必要があります。

■ANAマイルの有効期限を無制限にする方法は「ある」が、難しい

3年間の有効期限のあるANAマイレージを完全に無制限にする方法が2つだけあります。 飛行機に乗らなければ実現することはできない「ミリオンマイラー」になることです。

ANAマイレージクラブへの入会から現在までの総飛行距離(マイル口座に積算された搭乗分の区間基本マイレージの合計)を「LTマイル」」と称し、50万LTマイルを超えると無制限になります。

総飛行距離からLTマイルは算出されるので、飛行機にあまり乗らない方は現実的ではありません

また、プレミアムメンバーサービスのダイヤモンド会員になることでマイルの有効期限が無制限になりますが、会員は1年ごとに見直されるのでダイヤモンド会員ではなくなったと同時に新たに3年間のマイル有効期限が設定されます。

プレミアムメンバーサービスも、搭乗の際にマイルとは別に付与される「プレミアムポイント」を100,000ポイント貯めなくては行けませんし、貯めるには、成田からニューヨークまで年間往復5回程度搭乗しなくてはならいので、こちらも現実的ではありません

@マイルが中途半端に残ってしまった場合の対処法

マイルを航空券に交換した後、中途半端にマイルが残ってしまった場合や目標マイルまで届かなく有効期限を迎えてしまった場合、失効は非常にもったいないことです。

そこで、さらにANAマイルの有効期限を延ばせるカードとその方法を見ていきましょう。


ANA SKY コインのメリットと利用用途

ANAマイルの有効期限が切れそうだ、もう少し延ばしたいという方は、ANAマイルを「ANA SKY コイン」に交換することを検討してみましょう。

「ANA SKY コイン」とは、ANAの航空券や旅行商品の支払いに1コイン→1円として充当できる制度です。1マイル→1コインから交換でき、無駄なくマイルを移動し利用することができます。

カードの種類やランク、交換するマイル数によって交換倍率が変わり、最大で1.7倍にもなります。

ANA SKY コインに交換することによって1マイルが1円以上の価値になります。

ANA SKY コインの3メリット

その1:有効期限が1年間

ANAマイルの有効期限3年間がもうすぐ失効してしまいそうだとなった場合、ANA SKY コインに交換すれば有効期限を1年間延ばすことができるのです。

ANA VISA ワイドゴールドを例として見てみると、最長で7年間マイルの有効期限が延びることになります。


@ANA ワイドゴールドカード

2017年3月
ワールドポイント獲得
3年間
2020年3月
ワールドポイントをANAマイルに交換
3年間
2023年3月
ANAマイルをANA SKY コインに交換
+1年間
2024年3月
ANA SKY コイン 失効月

その2:航空券や旅行商品の予約が取りやすい

ANAマイルでの航空券の交換の場合、競争率が高く、すぐに残席が埋まってしまい思うように予約が取れないことが多いのです。

予定日をずらしたり、座席クラスを上げなくてはいけない可能性がでてくるので、予定よりも多くのANAマイルを消費してしまうことがあります。

しかし、ANA SKY コインは現金支払いに充当されるため、航空券の予約も通常支払いになるのです。

通常支払いになるため、搭乗した航空券のフライトマイルもさらに付与される点もメリットの1つです。

その3:燃油サーチャージの支払いもできる

ANAマイルでの航空券の予約は、燃油サーチャージ分が入っておらず、別途支払いをしなくてはいけません。

ANA SKY コインの場合は、燃油サーチャージ分の支払いもすることができます。

ANAマイルの有効期限が切れそうだ、もう少し延ばしたいという方は、ANAマイルを「ANA SKY コイン」に交換することを検討してみましょう。

「ANA SKY コイン」とは、ANAの航空券や旅行商品の支払いに1コイン→1円として充当できる制度です。

1マイル→1コインから交換でき、無駄なくマイルを移動し利用することができます。カードの種類やランク、交換するマイル数によって交換倍率が変わり、最大で1.7倍にもなります。

ANA SKY コインに交換することによって1マイルが1円以上の価値になります。

AANAマイルを失効させずに交換できるANAカード

航空券とは別に、他のものへANAマイルを交換したい、ANA SKY コイン以外への交換先を考えている方は「ANA VISA Suicaカード」を利用しましょう。

余ったANAマイルを、スターバックスやTポイント、楽天ポイントなど主要な電子マネーへ交換することができます。

余ったANAマイルはANAVISASuicaカードで無駄なく交換


10,000マイル=5,000円分の入金
10,000マイル=5,000円分のiTunesギフトコード
10,000マイル=5,000円分のEdy
10,000マイル=10,000円分のSuica

通常、電子マネーへの交換は、30,000マイル以上を交換すると、30,000マイル目からの交換レートが、
10,000マイル=5,000円分となり、還元率が0.5%の半分以下になってしまいます。

ですがANA VISA Suicaカードを持っている方のみ、30,000マイル以上を交換しても、10,000マイル=10,000円分になります

いくらSuicaチャージへマイルを交換しても上限はありませんのでポイント上限を気にする必要はありません。

さらに、通常年会費が2,000円(税抜)から、マイ・ペイすリボ登録と年1回以上の利用で751円(税抜)まで年会費を下げることができるので、「ANA SKY コイン」以外の交換先を希望の方はANA VISA Suicaカードを選びましょう。

マイルを無駄なく貯めるならこの2枚のカード!

ANAカードなら、付帯サービスの充実性や、継続ボーナスとして毎年マイルがプレゼントされるので、持っているだけでお得です。

  
年会費 初年度無料
次年度以降 2,000円(税抜)
2,000円(税抜)
ボーナスマイル 搭乗で毎回マイルが付与される
(10〜25%)

・毎年、カードの継続利用をすることで、1000マイルが付与される
搭乗で毎回マイルが付与される
(10〜25%)

・毎年、カードの継続利用をすることで、2000マイルが付与される
マイル有効期限 6年(ポイント2年+マイル36ヶ月+anaskyコイン1年) 7年(ポイント3年+マイル36ヶ月+anaskyコイン1年)
マイル移行 6000円(10マイルコース) 無料
余ったマイル SUICAへ交換可能
(10000マイル=10000円相当)
skyコイン交換で1年有効期限を延長

迷ったらココ!


ANA VISA SUICAカード(初年度無料)


SUICAチャージでマイルが貯まる!ANAカードの、毎年継続的に利用をすると貰える1,000ボーナスマイルはカード利用額換算すると10万円分の価値があり、マイレージに自動で加算されるのでマイル移行などはありません。 持っているだけで毎年10万円分のマイル価値を生み出すカードなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ