マイルが貯まるクレジットカード

マイルを貯めるならANAアメックス!
ANAアメリカン・エキスプレス・カードは安い年会費でアメックスのサービスが受けられ、マイルも非常にたまりやすいクレジットカードです。
年会費 7,700円(税込)
申込み資格 20歳以上、定職がある方
発行期間 約2週間前後
ポイント還元率 1%
付帯サービス 1000マイルプレゼント

「マイル」とは

マイルとは国内または国外の航空会社がサービスの一環として行なっているポイントです。

マイルは搭乗した飛行機の区間やキャンペーン、ボーナスマイル、クレジットカード利用、クレジットカードポイントの移行などで貯めることができるので、近年では航空会社発行のクレジットカードやマイル移行手数料無料でポイントが貯まりやすくなっているカードを選んで所有する方が増えてきています。

またマイルにはいくつかの種類があり、日本ではJALが提供する「JMB(JALマイレージバンク)」、ANAが提供する「AMC(ANAマイレージクラブ)」の2種類のマイルが主流になります。

フライトで貯めるマイルの計算方法

フライトで獲得できるマイルの計算方法は区間基本マイル×積算率で計算できます。

まず区間基本マイルとは、世界中の航空会社でほぼ同じに定められた区間距離を基準にしたマイルのことであり、フライトの距離が長ければ長いほどマイルは多く貯まります。

そして積算率とは、チケットの種類や航空会社によってさまざまに設定されており、普通運賃では高く、格安ツアーでは低く設定されやすいものになります。

この区間基本マイルと積算率を掛け合わせたものがフライトで獲得できるマイルになります。

マイルを貯めるメリット

マイルを貯めると貯めたポイント数により賞品交換、無料航空券、座席のグレードアップといったサービスを受けられることから旅行や帰省におすすめです。

ではマイルを貯めるメリットを詳しく見ていきましょう。

賞品交換

貯めたマイルは商品券や電子マネーの交換に限らず、ホテルやレストランで使用できるクーポン券にも交換することができます。

無料航空券

マイルを貯める最大のメリットとして飛行機の搭乗券をマイルによって交換できることがあげられます。

国内線の場合は決められたマイルを貯めれば搭乗券が無料に、国際線の場合は燃油チャージ代や空港利用税の支払いを別にしてお得に搭乗券を獲得できるでしょう。

座席のグレードアップ

マイルを使うことで正規航空券でエコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスクラスからファーストクラスと予約した飛行機の座席をアップグレードすることが可能です。

ボーナス・キャンペーンを有効利用

マイルを貯めていざ航空券に変えようと思っても、マイルを無料航空券に引き換えするときは最低でも7500マイル(特典航空券/ANA)は必要となってきます。

いくら旅行が好きな方でも7500マイルを貯めるのは一苦労。

そんな一苦労もののマイルなのに、どうしてみなさんはマイル貯蓄に注目し、多く利用されているのか不思議に思ったことはありませんか。

実はマイルを上手に利用している方は、マイルを上手に貯めている技を知っているからなのです。

まずはマイルを貯めることを優先に考え、航空系クレジットカードを所有することから始めます。

航空系のクレジットカードはANAとJALに分かれますが、ここはよく利用する方、つまりは好みで選んでみましょう。

ANA クレジットカード一覧

JAL クレジットカード一覧

ANAアメックスの入会特典でマイルを大量ゲット!

現在ANAアメックスはキャンペーンを行っており、最大を獲得することができます!

カードご利用ボーナス獲得条件 獲得ポイント
合計 相当


があれば国内外の往復航空券に交換できるほどなので、まとまった買い物の予定がある方はこのタイミングでANAアメックスを検討するのもおすすめです。

またANAアメックスは通常のアメックスにはない継続ボーナスという制度があり、毎年更新するだけで1,000マイルを獲得することができます。

年会費は7,700円(税込)かかりますが、1,000マイルは本来10万円分利用した際に獲得できるマイルなので年会費分以上の価値があるコストパフォーマンスに優れたクレジットカードと言えるでしょう。



マイルを貯める5つの技

マイルの貯蓄技は主に5つあるのでここで確認してみましょう。

①入会キャンペーン、搭乗ボーナス、マイルキャンペーンのチャンスを生かす

航空会社は入会キャンペーンや会員に向けたボーナスマイルを随時行なっています。
大きなマイル数が期待できるのでここは見逃さないべき。
マイル貯蓄初めの一歩、マイレージサービス入会はこちらです。(無料)

●ANA ご利用の方 ANAマイレージクラブ
●JAL ご利用の方 JALマイレージバンク

②マイレージモールを利用する

航空会社が運営する通販サイトを利用することでマイルをGET!
100円=1マイルのほかに100円=3マイル付与のショップもあります。
そのほかポイント10倍キャンペーンなどポイントアップイベント多数

●ANA ご利用の方 ANAマイレージモール
●JAL ご利用の方 JMBモール

③Suica、WAONを利用する

電子マネーのSuica、WAON付きならチャージしても使用してもマイルが貯まります

④ホテル、駐車場、タクシーなどあらゆるところでカードを使用

これは基本的なことになりますが、基本だからこそ見逃せないチャンスがいっぱいあります。

⑤ポイントが貯まりやすいクレジットカードをサブで所有する

ANA、JALへのマイル移行OKのクレジットカードを持って取りこぼしなしを目指します。

マイルが貯まるクレジットカードを選ぶポイント

マイルを効率よく貯めるクレジットカードを選ぶにはどんなポイントがあるのでしょうか?

エアライン系のクレジットカード

普段から特定の航空会社を利用する方は、その航空会社のマイルを貯めれるエアライン系のクレジットカードを選ぶことがポイントになります。

これはマイレージプログラムは各航空会社独自にあるため、相互利用ができず、同じマイルでもJALで貯めたマイルはANAで利用することができないからです。

ですが特定の航空会社を利用していなくてはマイルを効率よく貯めることができない、なんてことはありません。

そんな方は航空会社の連合組織「アライアンス」を意識して下さい。

このアライアンスの提携社間では基本的にマイルの相互利用が可能になりますので、自分がよく向かう地域の路線を持つアライアンスの中から使いやすいクレジットカードを選んでみましょう。

ポイントの貯めやすさ

ポイントを早く貯めてマイルに交換したい方は、クレジットカードのポイントの還元率が高いものを選びましょう。

ポイント還元率が高いクレジットカードはマイルの交換が順調にできるだけでなく、普段のお買い物もお得にできるので非常におすすめです。

ANAとJALを比較

ANAとJALマイル貯蓄イベント 比較表

ANA<マイル加算シーン>

JAL<マイル加算シーン>

ANA<マイル利用シーン>

JAL<マイル利用シーン>

航空会社により、キャンペーンや特典が違ってきますが、上手にマイルを貯めることは可能なので楽しく賢くマイルを貯蓄していきましょう。

ANAカード・マイル移行無料のプログラム

まずここで知って欲しいことは、ANAクレジットカードのポイントをマイルへ移行するときに見かける 「5マイルコース」「10マイルコース」についてです。

5マイルコース

5マイルコースとは自分が持っているポイントを1ポイント=5マイルとして移行できるコースです。

つまりは100ポイントをマイレージへ移行した場合は500マイルとして加算されるということになります。

10マイルコース

10マイルコースとは1ポイント=10マイルとして移行できるコースです。

無料航空券を狙うとするならば、どちらがお得かといえば手数料を引いてでも10マイルコースを利用した方がお得です。

ANAもJALも有効期限は最大3年ですので、期限切れをむかえてしまわないようにしましょう。

貯めたマイルを無効にしてしまうほど損なことはありません。

マイルが貯まるクレジットカード比較表

年会費 付帯保険 マイル獲得(ポイント)条件 特典
初年度無料
海外保険
/ 1000万円 自動付帯
1000円= 1P= 5マイル
or
1000円= 1P= 10マイル
・航空券
・国際線アップグレード
・ANA利用券
・ショッピングポイント特典
12,000円+消費税 海外保険
/ 5000万円 利用付帯
国内保険
/ 5000万円 利用付帯
100円→1ポイント→ 1マイル 提携航空パートナー
のマイレージ
7,000円+消費税 海外保険
/ 3000万円 利用付帯
国内保険
/ 2000万円 利用付帯
100円→1ポイント→ 1マイル 提携航空パートナー
のマイレージ
2年目以降
2,100円
海外保険
/ 1000万円 自動付帯
国内保険
/ 1000万円 自動付帯
200円= 1P= 1マイル
※ショッピングマイルプレミアム加入で↓
100円=1マイル(四捨五入)
・航空券
・提携航空会社の航空券
・座席グレードアップ
・JALグループでの利用
(機内販売、飲食、宿泊、ツアー)

当サイトおすすめのマイルカードはこちら!!
普段使いや航空機利用でもマイルが貯まる、マイラー必須のこの1枚!!

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

年会費

7,700円(税込)

還元率

1%

発行期間

約2週間前後

ETCカード


年会費無料
※新規発行手数料935円(税込)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック


新規入会で最大プレゼント!
今ならご入会特典で最大相当が手に入る!
ANAマイルを貯めたい人は必見の入会キャンペーンです!
も貯まれば国内外旅行の往復航空券とも交換可能になります!
このお得なキャンペーンをお見逃しなく!

継続利用で毎年1,000マイルプレゼント
ANAアメックスはカードを更新する度に1,000マイルがプレゼントされます。
1,000マイルは本来10万円分利用しないと手に入らないマイル数なのでカードを更新するだけで年会費以上の価値はあると言えるでしょう。
アメックスのサービスも受けつつANAマイルを効率的に貯める
ANAアメックスは通常のアメックスサービスを引き継ぎつつ、ANAマイルの獲得に特化したクレジットカードとなります。
旅行のサービスの質を全体的に上げたい、でもマイルの獲得数にもこだわりたいという方におすすめです。

アメックスカードの中で最も年会費が安いクレジットカード
プロパーカードであるアメックスグリーンは年会費12,000円+税かかりますが、ANAアメックスは7,000円+税で所有することが可能です。
この年会費はアメックスカードの中で最も安い年会費なので、お試しでアメックスサービスを受けてみたいと考えていた方はANAアメックスがおすすめです。

ETCカードの年会費が無料
アメックスはETCカードの年会費が無料なので、発行手数料の935円(税込)だけ支払えば維持費がかかりません。
日常的に車に乗ることはないけどたまにETCカードを使いたいという方はアメックスのようにETCカードの年会費がかからないクレジットカードを選ぶと良いでしょう。
初年度年会費 海外保険 国内保険
7,700円(税込) 最高3,000万円 最高2,000万円
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー電子マネー 約2週間前後 個別設定

決めたクレジットカードの申込みボタンから自分の基本情報を記入後、オプション・サービス登録などのなかからETCカードにチェックをつけて申込み。インターネット入会だと、入会特典がつくほか郵送よりも審査・カード到着が早くなるのでお勧めです。お急ぎであればセゾンインターナショナルのようなカウンター受取可能・即日発行対応のクレジットカードを選んでおきましょう。

申込んだクレジットカード会社にて審査。審査完了後、クレジットカードとETCカードが発行されます。

ETCカードが届いたら車についている車両情報がインプットされた車載器にETCカードを差し込みます。 ※引越で登録住所が変わった、車両のナンバープレートが変ったときなどは再度セットアップが必要となりますので、事前に確認しておきましょう。

ETCはクレジットカードのポイントにほかにETCマイレージというサービスがありますので、お得に使いこなすためにもETCマイレージサービスには登録しておきましょう。カードポイントとETCマイレージの両方をお得に貯めるなら、ライフカードやJCBEITなどのポイントが貯まりやすいカードを選んでおきましょう。

高速道路・有料道路に乗る前にETCカードを車載器へ挿入しておきます。これで乗り降りのときの停車がなくなります。

ETCカードを発行したクレジットカードから請求があります。

答え>ETCカードは、原則的にクレジットカード(親カード)に付帯して発行されるもので、ETC利用以外の使用はできません。

答え>申込んだクレジットカードの利用上限金額により異なります。
これで解決 やじるしクレジットカードの利用上限額を確認してみよう。

答え>申込んだクレジットカード会社により異なります。
これで解決 やじるし三井住友VISAカードは三井、三菱UFJ、みずほのいずれかの銀行口座をお持ちであれば、最短3営業日発行と即日対応してもらえます。

ETCの決済システムは後払い方式になっておりますので、プリペイド方式のETCカードはございません。

おすすめのクレジットカード







クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介