JCB CARD W


クレジットカード名

年会費無料のJCB CARD Wはポイントが常に2倍になり、会員サイト経由・オリジナルサービス優待店などで利用すれば更に還元率がアップ!

セブンイレブンやAmazonは常に還元率が2%となります。
効率的にポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードです。

また、今ならJCB CARD Wを利用するとポイントが更に倍となり、合計4倍のポイントをもらうことができるキャンペーンを実施中です。

1,000円=4ポイント換算となるので還元率はなんと2%!

JCB ORIGINAL SERIESパートナーのサービスを利用すれば還元率4%可能です。

JCB CARD Wはクレジットカード本体だけではなく、家族カードやETCカードも年会費無料>ということが特長の一つです。

特にETCカードに関しては以前に比べ年会費無料のカードが少なくなっていることもあり、JCB CARD Wは無料でETCカードを使うことができる貴重なクレジットカードと言えます。

年会費 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
対応電子マネー QUICPay・Apple Pay
申し込み資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方。
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険:最高2,000万

JCB CARD Wは高いポイント還元率が特長です。

通常のJCBカードの2倍のポイントを常に獲得することができるので、日常生活の中で使うメインカードとして利用し、ポイントを多く貯めたい人にオススメです。

ポイントは1,000円=2ポイントで計算され、1ポイント=5円相当で計算をした場合のポイント還元率は1%となり、クレジットカードの中でも高水準のポイント還元率といえるでしょう。

そしてJCBが運営をしているOki Dokiランド経由で買い物をすると最大20倍のポイントを獲得することが可能!

Oki DokiランドにはAmazonや楽天市場をはじめとした大手ショッピングモールから百貨店のWebショプ・家電・本・ファッション・グルメなど多岐にわたるジャンルが対象ショップとなっており、その数はなんと約400店舗。

かなり網羅されているので、Oki Dokiランドで購入できない商品というのはほとんどないでしょう。

また、JCB CARD WはJCBカードの中のORIGINAL SERIESというカテゴリに当てはまります。

このORIGINAL SERIESは他のJCBカードには無い優待特典を受けることができ、カード利用時の獲得ポイントが倍増します。

ポイント還元率 1,000円=2ポイント
ポイント還元率:1% (1ポイント=5円相当とした場合)
ポイント有効期限 獲得月から2年間
JCB ORIGINAL SERIESパートナー 昭和シェル石油
エッソ・モービル・ゼネラス
Amazon
スターバックス
イトーヨーカドー
セブンイレブン
一休.com
セシール
トレンドマイクロ
※上記はORIGINAL SERIESパートナーの一部です。

ポイント交換先と使い方

商品との交換・ショッピング

交換商品 ポイントレート
キャッシュバック 1ポイント=3円
(1ポイント以上1ポイント単位)
スターバックス カード チャージ 1ポイント=スターバックス カード 4円分
東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚) 1400ポイント
JCBギフトカード 5,000円分 1050ポイント
Amazon 1ポイント=3.5円
(1ポイント以上1ポイント単位)

マイルや他のポイントへ移行

ポイント移行先 ポイントレート
JALマイル・ANAマイル 1ポイント=3JALマイル
(500ポイント以上1ポイント単位)
1ポイント=3ANAマイル
(500ポイント以上1ポイント単位)
nanaco 1ポイント=5nanacoポイント
(200ポイント以上1ポイント単位)
ビックポイント 1ポイント=5ビックポイント
(200ポイント以上1ポイント単位)
楽天スーパーポイント 1ポイント=4楽天スーパーポイント
(200ポイント以上1ポイント単位)
Tポイント 1ポイント=4Tポイント
(500ポイント以上100ポイント単位)

支払い金額へ充当する

交換ポイント数 ポイントレート
500ポイント~ 1ポイント=3円
(500ポイント以上1ポイント単位)
1000ポイント~ 1ポイント=4.5円
(1000ポイント以上1000ポイント単位)

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lの2種類があり、それぞれカードフェイスが異なります。



どちらのカードフェイスも高級感があり年会費無料のクレジットカードには見えません。

JCB CARD Wはシックに落ち着いた印象を受けるのに対して、JCB CARD W plus Lは女性を意識したデザインとなっています。

カード年会費・家族カード・ETC年会費が無料

JCB CARD W・JCB CARD W plus Lともにカード自体の年会費は無料となっています。JCBオリジナルシリーズの中ではこの2枚が唯一年会費無料のカードとなります。

JCB CARD Wで無料になるのは本会員分の年会費だけではなく、追加で発行される家族カードとETCカードも年会費が無料となります。

ポイント還元率が高い

JCBカードのポイントプログラムは通常1,000円=1ポイントとなり、1Oki Dokiポイントあたり5円相当なので還元率は0.5%になります。

しかし JCB CARD Wは1,000円=2ポイントで計算されるため還元率は1%。

これだけでも還元率の高いクレジットカードの部類に入りますが、ここから更にOki Dokiランドの利用やJCB ORIGINAL SERIESパートナーを利用することで還元率が2%~3%になることは珍しくありません。

期間限定で還元率が上がっているわけではなく、 常にこの還元率が適用されるため、使えば使うほどお得になっていくクレジットカードと言えるでしょう。

QUICPay・Apple payに対応

JCB CARD WはJCB一般カードと同様にQUICPayとApple Payの両方に対応しています。

QUICPayはチャージ不要の後払い形式の電子マネーなので、使う時に残高不足で使えないという自体は起こりません。

なお、QUICPay一体型のタイプは発行されていませんので、専用カードかおサイフケータイなどの端末が必要になります。

また、Apple Payにも対応しているので、iPhone7以降を持っている方はApple PayにJCB CARD Wを登録することが可能です。

JCB CARD W plus Lは通常のJCB CARD Wよりも女性向けサービスが追加されたクレジットカードとなっています。

LINDAリーグ

LINDAリーグとは様々な企業が参加をして、会員限定で情報を発信したり、プレゼントが当たるプログラムのことです。

参加企業にはロクシタンやスターバックスをはじめ、ABISTE・ワタベウェディング・JCBトラベルなどがあり、全体的に女性へフォーカスした企業が目立ちます。

お守リンダ

お守リンダとはJCB LINDAやJCB CARD W plus Lを利用している会員専用の女性向け保険サービスです。

プラン 適用保険名 月払掛金
プランA 女性特定がん 限定手術保険金 月々30円~
プランB 天災限定傷害 手術保険金 月々60円~
プランC ひったくり 損害保険金
鍵取替え費用保険金 (犯罪再発防止費用保険金)
ストーカー行為等 対策費用保険金
月々100円~
プランD 傷害 入院保険金 月々390円~

JCB CARD WはJCB STAR MEMBERSの対象外

JCB STAR MEMBERSとはクレジットカードの年間利用額に応じてメンバーランクが決まり、翌年度のOki Dokiポイントの獲得率が最大で50%アップする特典ですが、JCB CARD WとJCB CARD W plus Lはこのプログラムに登録できないクレジットカードとなります。

このサービスは元々多くカードを利用してくれる人に対する還元としてスタートしたものなので、通常の還元率が他のかJCBカードよりも高いJCB CARD WとJCB CARD W plus Lが対象外になってしまったということは仕方のないことかもしれません。

JCB STAR MEMBERSの対象外となりますが、年間の利用金額に左右されず常にポイント還元率が高いことを考えると、そこまで悲観的になるデメリットではありません。

カード申込み・利用明細などはWeb経由限定

多くのクレジットカードはWebと書類の2通りが用意されていますが、JCB CARD W・JCB CARD W plus Lの申込みはWeb限定となります。

39歳までしか申し込むことのできないクレジットカードなので、多くの方は問題ないと思われますが、申込み方法が1つに限らてしまうのは不都合が生じる可能性もあります。

また、 月々の利用明細は基本的にWeb経由のみとなります。

紙媒体で毎月の利用料金を管理したいという方はWebから会員専用ページへログインをして、該当ページを個別に印刷する必要が出てきます。


JCB CARD Wは他のJCBカードよりもお得な面が多いクレジットカードですが、実際にどの程度お得なのか比較をします。

カードフェイス
JCB CARD W
JCB CARD W
JCB一般カード
JCB一般カード
JCB EIT
JCB EIT
申込み条件 年会費 家族カード・ETCカード ポイント還元率 付帯サービス
18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方。
無料 家族カード:年会費無料
ETCカード:年会費無料
1,000円=2ポイント (ポイント還元率1%) 海外旅行保険:最高2,000万円
ショッピング保険:最高100万円
18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方。
1,250円+税
「MyJチェックの登録」「年間50万以上のショッピング」
上記2つの条件を満たせば翌年度年会費無料
家族カード:400円+税
ETCカード:年会費無料
1,000円=1ポイント (ポイント還元率0.5%) 海外旅行保険:最高3,000万円
国内旅行保険:最高3,000万円
ショッピング保険:最高100万円
年齢満20歳以上満60歳未満の安定した収入のある方。
フリーター。パート申込みOK
無料 家族カード:年会費無料
ETCカード:年会費無料
1,000円=2ポイント (ポイント還元率1%) 海外旅行保険:最高2,000万円
ショッピング保険:最高100万円




JCB CARD WはJCB一般カードとJCB EITの強みが融合したクレジットカード

JCB CARD W、JCB一般カード、JCB EITの3枚を比較した際に目に留まるのが年会費とポイント還元率です。

JCB一般カードはポイント計算が1,000円=1ポイントで計算されるのに対して、 JCB CARD WとJCB EITはポイントが2倍の1,000円=2ポイントで還元されます。

また、年会費に関してもJCB CARD WとJCB EITが無料なのに対してJCB一般カードは基本年会費1,250円+税が必要となり、条件を満たさないと年会費が無料にならないシステムとなっています。

では 「JCB CARD WとJCB EITどちらも中身は同じなのか?」というと実はそうではありません。

ポイント面でJCB EITと比較

JCB CARD WとJCB EITはポイント還元が1,000円=2ポイントと同じ計算となりますが、JCB CARD WはJCB ORIGINAL SERIESというカテゴリーの中に含まれるため、JCB ORIGINAL SERIESのみの優待特典を受けることができます。

このJCB ORIGINAL SERIESの特典は提携している企業のサービスを利用するとポイントが倍になるなどの内容が含まれているため、結果的にJCB EITと比較してはるかに多くのポイントを獲得することができます。

  JCB CARD W
JCB CARD W
JCB EIT
JCB EIT
利用サービスによる比較 例:2,000円利用した場合
スターバックス 12ポイント(通常の6倍)
還元率3%
4ポイント
セブンイレブン 8ポイント(通常の4倍)
還元率2%
4ポイント
イトーヨーカドー 8ポイント(通常の4倍)
還元率2%
4ポイント
Amazon 8ポイント(通常の4倍)
還元率2%
4ポイント

スターバックスはORIGINAL SERIESパートナーの中でも特にボーナスが多く還元率が常に3%と非常に高い水準となります。

その他のセブンイレブン・イトーヨーカドー・Amazonなど、生活の身近な場面で使う機会が多いサービスでいつも還元率2%と計算されるので、普段何気なく買い物に使うだけでポイントがどんどん貯まっていくでしょう。

支払い方法による違い

JCB EITとの違いではポイントの他に支払い方法の違いも挙げられます。

JCB EITは基本の支払い方法がリボ払いのみになるので、リボ払いを使いたくない人にとっては扱いにくいクレジットカードとなってしまう可能性が高いです。

しかし、JCB CARD Wは通常のクレジットカードと同様に一括・分割・リボ払いなどの支払い方法を自由に選ぶことができるため、使いやすさという面ではJCB EITよりもJCB CARD Wの方が勝ります。

JCB CARD WはJCB一般カードの使いやすさを維持しつつ、JCB EITの高いポイント還元率を融合させたクレジットカードと言えるでしょう。

「ポイント還元の良いクレジットカードが欲しい」と考えているならJCB CARD W

もしも今「新しいJCBカードが欲しい」「今持っているカードよりポイント還元率が高いカードを作りたい」と考えているならJCB CARD Wがオススメです。

JCB CARD Wは本会員の年会費・家族カード・ETCカード全ての年会費が無料なのにもかかわらず、どこで利用しても高いポイント還元率のため、現在入会可能なクレジットカードの中でも特にオススメの1枚です。

現在最高11,000円分プレゼンされる入会キャンペーンも実施中なので、この機会をお見逃しなく!




国際ブランド
電子マネー
入会資格 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方。
利用可能枠 個別設定
発行期間 最短3営業日
支払方法 公式サイト参照
年会費 本会員 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
金利手数料 公式サイト参照
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円
Webサービス MyJCB・MyJチェック
ショッピング保険 最高100万円




  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


決めたクレジットカードの申込みボタンから自分の基本情報を記入後、オプション・サービス登録などのなかからETCカードにチェックをつけて申込み。インターネット入会だと、入会特典がつくほか郵送よりも審査・カード到着が早くなるのでお勧めです。お急ぎであればセゾンインターナショナルのようなカウンター受取可能・即日発行対応のクレジットカードを選んでおきましょう。

申込んだクレジットカード会社にて審査。審査完了後、クレジットカードとETCカードが発行されます。

ETCカードが届いたら車についている車両情報がインプットされた車載器にETCカードを差し込みます。 ※引越で登録住所が変わった、車両のナンバープレートが変ったときなどは再度セットアップが必要となりますので、事前に確認しておきましょう。

ETCはクレジットカードのポイントにほかにETCマイレージというサービスがありますので、お得に使いこなすためにもETCマイレージサービスには登録しておきましょう。カードポイントとETCマイレージの両方をお得に貯めるなら、ライフカードやJCBEITなどのポイントが貯まりやすいカードを選んでおきましょう。

高速道路・有料道路に乗る前にETCカードを車載器へ挿入しておきます。これで乗り降りのときの停車がなくなります。

ETCカードを発行したクレジットカードから請求があります。

答え>ETCカードは、原則的にクレジットカード(親カード)に付帯して発行されるもので、ETC利用以外の使用はできません。

答え>申込んだクレジットカードの利用上限金額により異なります。
これで解決 やじるしクレジットカードの利用上限額を確認してみよう。

答え>申込んだクレジットカード会社により異なります。
これで解決 やじるし三井住友VISAカードは三井、三菱UFJ、みずほのいずれかの銀行口座をお持ちであれば、最短翌営業日発行と即日対応してもらえます。

ETCの決済システムは後払い方式になっておりますので、プリペイド方式のETCカードはございません。





クレジットカードの選び方