キャッシュバックできるクレジットカードの選び方

キャッシュバックできるクレジットカードの選び方 トップ画像

クレジットカードには、支払金額の一部が返ってくるキャッシュバック機能付きのカードがあります。

キャッシュバックには、自動で毎月のカード利用代金に充当されるカードや、貯まったポイントを使って利用額の充当や電子マネーに選んでキャッシュバックするカードの大きく2種類があります。

ポイントの使い道や交換が面倒という方にとってピッタリの機能ですが、カードによっては「ポイントの使い道として一番お得」になることもあるのです。

今回は、キャッシュバックできるクレジットカードの選び方について4つのカードを紹介しながら解説していきます。

クレジットカードのキャッシュバック機能とは?

クレジットカードのキャッシュバックには大きく以下の3種類があります。

  • カードの請求額から差し引き
  • 口座振り込み
  • ポイントを電子マネーに交換

1つ目のカードの請求額から差し引きされるキャッシュバックは、請求額からキャッシュバック分が差し引きされるタイプで、「貯まったポイントを1ポイント=1円として差し引き」といったケースが多いです。

2つ目は、還元率に応じてカードの利用額が現金として換算され、引き落とし口座に振り込まれるというタイプで、直接現金が欲しい方にはおすすめですが、直接現金でキャッシュバックされるカードは全体でみると種類が少なめです。

3つ目が、カードの利用によって貯まったポイントを、楽天edy、モバイルsuicaなどにチャージするというタイプです。

自動でキャッシュバックされる2枚のおすすめクレジットカード

0.5%還元で自動キャッシュバックされる三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード
三菱UFJカード VIASOカード
年会費 ETCカード 発行期間
永年無料 年会費無料
新規発行1,100円
最短翌営業日
還元率 電子マネー ブランド
0.5%〜1.0% 電子マネー 電子マネー 電子マネー 電子マネー icn-menu-mastercard
カードの詳細ページを見る

三菱UFJカード VIASOカードは、利用額の0.5%がポイント還元され、1,000ポイント(20万円利用)貯まると、手続き不要で自動キャッシュバックされます。

1ポイント1円として、利用額から差し引きされますが、キャッシュバック月に利用額がない場合は、引き落とし銀行口座に現金として振り込まれるようになっています。

審査が不安な方におすすめなACマスターカード

ACマスターカード
ACマスターカード
年会費 審査時間 発行期間
永年無料 ※1 受取
還元率 利用可能枠 ブランド
0.25% 最大800万円※2 mastercard
カードの詳細ページを見る
注釈(※)の詳細はこちら ※1:お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
※2:800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。

ACマスターカードは利用額の0.25%が自動キャッシュバックで、差し引きされます。

還元率としては控えめですが、消費者金融系独自の審査基準かつ、のカード発行が可能な点にメリットがあります。

貯まったポイントを選んでキャッシュバックできる2枚のおすすめクレジットカード

キャッシュバック利用が一番お得になる楽天カード

楽天カード
楽天カード
年会費 ETCカード 発行期間
永年無料 550円(税込)
会員ランクによって無料
約1週間
還元率 電子マネー ブランド
1% 電子マネー 電子マネー icn-menu-visa icn-menu-jcb icn-menu-mastercard icn-menu-amex
カードの詳細ページを見る

楽天カードは還元率1%で楽天ポイントが貯まり、貯まったポイントを1ポイント=1円として、利用額の充当に利用することができます。

楽天カードはキャッシュバックしてもその分のポイント還元をきちんと受けられるため、ポイントの利用方法としてはキャッシュバックが一番お得になります。

なぜ一番お得?
たとえば1ヶ月のカード請求額が1万円と仮定
これに通常ポイント5,000ptを充当(キャッシュバック)すると、最終的な請求額は5,000円
一般的なクレジットカードの場合、最終的な請求額である5,000円がポイント還元の対象(5000÷100=50ptゲット)
楽天カードの場合はなんと「元々の請求額である10,000円がポイント還元の対象」

普段使いでポイントが貯まりやすい三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
年会費 ETCカード 発行期間
永年無料 550円(税込)
※初年度無料
※前年度に一度でもETC利用のご請求があった方は年会費が無料
でカード番号発行
還元率 利用可能枠 ブランド
0.5%~7% ~100万円 icn-menu-visa icn-menu-mastercard
カードの詳細ページを見る
注釈(※)の詳細はこちら 入会翌年度以降、前年度に一度もETCカード利用のご請求がない場合は、年会費550円(税込)のお支払いが必要です。

三井住友カード(NL)は通常還元率は0.5%でキャッシュバックは、1ポイント=1円として利用額に充当できます。

最大のメリットとしては、以下の対象店舗の利用で最大7%還元を受けられるため、ポイントが貯まりやすいカードであることです。


使い勝手やライフスタイルに合ったキャッシュバックカードを選ぼう

今回紹介した4枚のカードを比較すると以下のようになります。

カード名 年会費 キャッシュバック還元率 キャッシュバック方法 公式サイト
ACマスターカード
ACマスターカード
永年
無料
0.25%(自動) カード支払い額から減額
三菱UFJカード VIASOカード
三菱UFJカード
VIASOカード
0.5%(自動) カード支払い額から減額+現金受け取り
楽天カード
楽天カード
1%
1P=1円
カード支払い額から減額
三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
0.5~7%
1P=1円
カード支払い額から減額

それぞれのカードがどんな方におすすめかをまとめました。

  • 自動キャッシュバックでお得な三菱UFJカード VIASOカード
  • 審査に不安な方におすすめな自動キャッシュバックのACマスターカード
  • キャッシュバック利用が一番お得になる楽天カード
  • ポイントが貯まりやすい三井住友カード(NL)

キャッシュバックできるクレジットカードにも、自動か手動か、そもそもの還元率など様々な違いがあるため、自分のライフスタイルに合わせてカードを選びましょう。

このコラムに関連するコンテンツ


目的別INDEXへ戻る

監修ファイナンシャルプランナー紹介




当サイトおすすめ 10枚の厳選クレジットカード

キャンペーン中クレジットカード
ページの先頭へ