クレジットカード支払いをまとめて一本化する方法


会員になるだけで審査に優遇されるカードローン

最高800万円まで借りられて
インターネットから24時間365日借り入れができる

年会費 無料
金利・手数料 年1.9%〜14.5%
申込み資格 満年齢20歳以上62歳以下の方で日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)、安定した定期収入のある方
アルバイト・パートOK
借入れ限度額 最大800万円


お申込みはこちら

クレジットカードを使い過ぎてしまう3つの理由

クレジットカードは利用額に応じてポイントが貯まったり、補償が付いていたりと現金で支払うよりも多くのメリットがあるというのが特長ですが、使い過ぎてしまう可能性もあるのがデメリットかもしれません。

クレジットカードを使い過ぎてしまう3つの理由

チェック01
複数のクレジットカードを利用している
チェック02
リボ払いで支払いの負担が少ない
チェック03
利用限度額までが使えるお金と考えてしまう

@複数のクレジットカードを利用している
クレジットカードと一口に言っても多種多様です。ショッピング時にポイントを貯めることに優れたクレジットカード、海外旅行での会員特典が贅沢なクレジットカード、マイルが貯めやすいクレジットカードなどなど、それぞれで特色があります。利用に応じて上手に使い分けることで多くのメリットがあるので、複数のクレジットカードを所有している方も多いのではないでしょうか。

また、入会キャンペーンなどでポイントを獲得するという目的だけでカードを作り、結果的にクレジットカードの枚数が増えていき、使ってしまうというパターンもあるでしょう。

複数のクレジットカードを同時に利用すれば、合計でいくら利用したのかなどの管理が難しかったり、1つのクレジットカードのキャッシングで別のクレジットカードの支払いをするといった自転車操業のような状態になることもあり、1枚のみを利用している場合よりも使いすぎてしまう可能性が高くなってしまいますので、注意しましょう。

Aリボ払いで支払いの負担が少ない
リボ払いにはいくつか種類がありますが、多くのクレジットカードでは毎月決められた最小金額さえ支払えば、それ以上は利用者が上乗せすればいいという支払方法をとっています。どんなに利用しても毎月数千円や1万円程度の支払いで済むという場合もあるので、気軽に利用してしまうのです。

また、クレジットカード側が設定した最小金額だけを毎月支払っている場合、元金が減らずに、利息分だけを支払っているような状況になりがちで、そういった場合大きな金額の買い物はしていなくても利用残高が増える、支払い回数だけが延びていってしまいます。

B利用枠までが自分のお金と考えてしまう
クレジットカードでは審査を経て、個別に利用限度額が与えられます。例えば、ショッピング利用50万円、キャッシング利用30万円などです。そうなると頭の中では「50万円までなら自由に買い物ができる」と思ってしまい使いすぎてしまうケース。

クレジットカードは利用するにつれ信用をカード会社に与えることになり、利用限度額を増やしてくれる場合もあります。今まで50万円だった利用限度額が100万円になれば「100万円までなら自由に買い物ができる」と考えてしまうかもしれません。「カード会社の設定した利用限度額=自分の金銭感覚」という状況になるのです。利用限度額が増えたからといって自分の収入が増えるわけではないので、気をつけて使っていきましょう。

他にも使い過ぎてしまう理由はいろいろあるかもしれません。クレジットカードを持っている人なら1度や2度はついつい使い過ぎてしまったことはあるのではないでしょうか。

しかし、ついついの小さな使い過ぎが済み重なれば支払いきれないほどの大きな金額に膨らんでしまうこともあるのがクレジットカードの怖いところでもあります。

クレジットカードを使い過ぎてしまった場合の対策

クレジットカードを使い過ぎてしまった場合に、結果的にどうなるのでしょうか。

チェック01
利用限度額まで使い切れば、それ以上クレジットカードが利用できなくなる
チェック02
利息、手数料の負担が大きく、毎月の支払いのほとんどがそれらに充てられ、元金がなかなか減らない
チェック03
現金のみで生活+カード会社への支払いだけが延々と続く

上記の例は最悪の状況ですが、クレジットカードの元金が減りにくいリボ払いのシステムや複数のクレジットカードを利用している場合などを踏まえれば、十分誰にでもありうる状況です。

ボーナスなどまとまったお金が入ったときに、増額で支払うということでもしなければ、状況を改善することが難しいかもしれません。しかし、そういった臨時収入が無いという場合には、何らかの手を打つ必要があります。

こういった状況の場合の改善策としておすすめなのが、銀行カードローンのキャッシングです。

カードフェイス
楽天銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
カード名 楽天銀行カードローン みずほ銀行カードローン
年会費 無料 無料
金利・手数料 年1.9%〜14.5% 年2.0%〜14.0%
申し込み資格 ・ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方
ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方
借入限度額 最大800万円 最大800万円

金利などの負担の少ないカードローンで現金を借り入れ、複数または1つのクレジットカードの利用分をいったん全て支払います。そして月々の支払い(返済)はカードローンのほうのみに行うというものです。複数のクレジットカードをカードローンで1本に乗り換えることで、返済額を減らし完済を目指すことができるようになります。

乗り換えをするということは、毎月の支払い額の軽減や元金を減らしていくことができ、生活に余裕ができ、クレジットカードが再度利用できるようにもなる方法でもあるのです。

しかし、カードローンでの支払いに追われるため、返済ができなければクレジットカードやカードローン、住宅ローンなど様々な申し込み審査に通らなくなってしまうのです。

万が一、審査に通らなくなり、クレジットカードが発行できなくなる可能性のため、セカンドカードとして今のうちにクレジットカードを発行しておくことをおすすめします。


クレジットカードの乗り換えでおすすめのカードローン

クレジットカードの支払いをカードローンを利用して借り換えする場合、カードローンにも種類がいろいろありますので、場合によっては以前よりも負担が軽くなるどころか、大きくなってしまうということもあるので、注意しておきましょう。

借り換えの際のカードローン選びのポイント

ポイント01
金利が低い
ポイント02
大きな金額を利用できる
ポイント03
ショッピング利用分も借り換え可能
ポイント04
借り換え専用ではなく、自由な利用ができる

カードローンで借り換えをする場合にもっとも重要なのが、今利用しているクレジットカードよりも金利が低いカードローンを選ぶということです。金利負担をできるだけ抑えることによって、毎月の支払い額(返済額)が以前より低く、さらに元金を確実に減らしていくということが実現できるのです。

複数のクレジットカードそれぞれが限度額まで達しているという状況であれば、それなりに大きな金額になっている可能性もあります。例えば3枚のクレジットカード利用している状況なら、それらの合算を1枚のカードローンで借り入れるということになるので、小額な融資しかしてくれないカードローンではあまり意味がありません。

また、金融会社が運営しているローンの中には、キャッシング利用分のみで、ショッピング利用分の支払いとしての融資ができないという場合があります。それでは結果的に1本に借り換えることができませんので事前に確認しておきましょう。

専用カードローンでは、融資額がクレジットカードの利用額ということになり、基本的に返済専用となってしまう場合もあり、いざというときに追加で借り入れることができないという場合もあるので、できれば自由に利用できるカードローンが欲しいところです。

いざという時に自由に利用ができる!

上記の点を踏まえておすすめするカードローンが以下になります。

まずは
これ!

楽天銀行カードローンがおすすめ!

楽天銀行カードローン
楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは実質年率年1.9%〜14.0%と、消費者金融系カードローンよりも低金利で利用できるのが特長なので、現在利用しているクレジットカードよりも金利を低く抑えることができる可能性が高いです。

また楽天銀行は、満20歳以上62歳未満の方で定期収入のある方であればパートやアルバイト、専業主婦、学生でも借入ができるため、審査が不安な方でも申請しやすいカードローンとなっています。

楽天銀行は現在持っている口座を利用することができますが、既に楽天銀行の口座をお持ちの方は、24時間365日の手数料無料ですぐに借り入れができます。またパソコン・携帯での申し込みが可能なため、店舗に行かなくても利用が可能でき、他のカードローンと比べて気軽に借り入れができます。

また楽天銀行カードローンは現在入会すると1000ポイントもらえるキャンペーンを行っています。 銀行カードローンでのキャンペーンは珍しく楽天銀行ならではであり、キャンペーン期間に申し込むことをおすすめします。

楽天銀行カードローンの最大の特徴は審査の際に、楽天IDを持っている方は楽天会員ランクに応じて審査が優遇される点です。楽天カードを既に持っている方や楽天市場を利用して楽天IDに登録された方などは、必ず楽天会員であることを記載して借り入れをしましょう。

まずは
チェック




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ