海外留学するなら持って行きたいおすすめのクレジットカード3選!ブランド・旅行保険どれを重視すればいいのかを解説

海外留学を予定している方なら、クレジットカードを検討している方もたくさんいることでしょう。

海外は治安の良い国もありますが、日本ほど安全とは言えなところも多いので、日本と同じ感覚で現金を持ち歩くと盗まれる危険性もあります。

海外では、なるべく身の回りはスマートにしていた方が安全でしょう。

しかし、身の回りをスマートにする為の手段としてクレジットカードを発行しようと考えていても、海外に持って行くにはどのカードが良いのか? たくさん発行されていて、どれが良いのかさっぱりわからないと言った方もいるはずです。

そこで、海外留学に持って行くに最適なクレジットカードについて詳しく見て行きましょう。

この記事でわかること

・海外留学におすすめのクレジットカード
・海外留学にクレジットカードは必需品
・国際ブランドはどれがいいか
・どうしても迷ったときの1枚

海外留学でおすすめのクレジットカード3枚とは?

ずばり海外留学に持っていくのにおすすめのクレジットカードとは、三井住友カード(NL)とエポスカード、ライフカードの3枚です。

海外旅行傷害保険が付いているのはもちろんですが、以下のような海外留学に役立つ特徴があり、留学には打ってつけなのです。

  • 三井住友カード(NL)は券面がナンバーレスでセキュリティ性が高い
  • エポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯するので2枚持ちに最適。
  • ライフカードは海外アシスタントサービスのLIFE DESKが、言葉が通じない国で困ったときも日本語でサポート

海外留学までに期間があったとしても、出発まではあっという間に過ぎてしまうものです。

今の内に留学向きのカードを検討し、発行しておくのも良い判断と言えます。

海外留学にクレジットカードが必要な理由

海外留学にクレジットカードを持って行くメリットとして考えられるのは、ショッピング保険が付帯していることです。

日本は品質などをとても重視する国ですが、ステイする留学先によっては品質管理があまり行き届いていない国もあります。

そんな時ショッピング保険が付帯しているカードなら、万が一購入した商品が盗難・破損などの被害に合った場合も、金額を補償してくれるのです。

また、留学期間が長いのであれば、病気やケガをすることも想定できる為、海外旅行傷害保険が付帯しているカードなら、医療費を補うこともできます。

クレジットカードは発行するのには、必ず審査受けなくてはいけないので、カードを持っていることが社会的信用にも繋がり、海外での身分証明書として役立つことでしょう。

クレジットカードは海外留学には欠かせないアイテムなのです。

海外留学に最適のクレジットカードを選ぶ時のポイント

世の中にはたくさんのクレジットカードが発行されていますが、海外留学に最適のクレジットカードを選ぶ際のポイントはどこなのでしょうか?

それは、年会費の有無・発行会社・国際ブランド・付帯保険などで、海外に行くのであればショッピング保険が付帯されているクレジットカードでないと、商品が何らかの被害に合った時役に立ちません。

また、留学するなら国際ブランドは日本だけでなく、海外でも利用できるブランドを選択しなければ、宝の持ち腐れです。

海外で最も利用できる率が一番高いのはVisaとなり、その次がMastercard®となっています。

発行元に関しても、長年続く大手会社でないと何かあった時の対応も心配ですし、発行元がしっかりしているクレジットカードの方が 発行価値があるでしょう。

年会費については、無料のものを選択した方が得で良いですが、年会費が発生するカードでも特典が魅力的なのであれば、発行意義はあると言えます。

海外留学のカードを選ぶ際は、自分が海外でカードを利用している場面を想像し、年会費が発生したとしても求めている機能が揃っているカードを選ぶことが、使い勝手の良いカードを発行する秘訣でしょう。

三井住友カード(NL)


では、海外留学に持って行くのにおすすめの三井住友カード(NL)についてですが、こちらのカードは券面にカード番号や有効期限の印字がなく、名前も裏面に記載されています。そのため、第三者にカード情報を盗み見られるような心配がありません

年会費は永年無料なのもひとつの魅力。またカードの発行が最短翌営業日とスピード発行で、郵送期間を考えても1週間程度で手元に届きます。「突然海外に行くことになった」というときも安心です。

そして、このカードなら万が一海外でカードを失くしても、24時間年中無休で日本語にて紛失を承ってくれるので、スリ被害が多い海外でも安心して使えます。

で最大5%還元

ポイントプログラムはVポイント。通常200円→1ポイントで、全国の店頭で三井住友カード(NL)を利用すると、通常ポイントに加えて、ポイントが+2%となります(合計2.5%還元)。

さらに、Visaのタッチ決済または・Mastercard®コンタクトレスを使っての支払いだと+2%加算されるので、合計最大5%還元となるのです。


留学に強い三井住友カード(NL)・エポスカード・ライフカードの比較表

三井住友カード(NL)とエポスカード、ライフカードはいずれも海外留学に良いカードですが、一度基本情報を並べてみましょう。

カード名 年会費/国際ブランド 還元率 海外旅行傷害保険 利用可能枠 特長
三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
永年無料/
Visa
Mastercard®
0.5%~5.0% 最高2,000万円(利用付帯) ~100万円 券面がナンバーレスでセキュリティ性が高い
エポスカード
エポスカード
無料/
Visa
0.5% 最高500万円(自動付帯 ~100万円 海外旅行傷害保険が年会費無料で自動付帯にて利用できる
ライフカード<旅行傷害保険付き>
ライフカード<旅行傷害保険付き>
初年度無料、次年度以降1,375円(税込)/
Visa
Mastercard®
JCB
0.5%~1.5% 最高2,000万円(自動付帯 ~200万円 海外旅行を日本語でサポートしてくれる海外アシスタントサービスのLIFE DESKが付帯している

一点注意して欲しいのが、スタンダードのライフカードは年会費無料ですが海外旅行傷害保険が付帯していないので、旅行傷害保険付きを選択する必要があります。次年度から年会費が発生しますが、自動付帯で高額の補償が付くことや、利用可能枠が一般カードの中でも高いことが特徴です。

もし飛行機代やツアー料金をカード払いにする予定なら、三井住友カード(NL)は年会費永年無料で最高2,000万円の補償が付帯するので十分です。

また、既に旅行傷害保険が付帯するクレジットカードをなにか持っているのなら、エポスカードを2枚目に作って、自動付帯する旅行傷害保険で補填すると良いかもしれません。

3枚のクレジットカードの比較まとめ

三井住友カード(NL)とエポスカード、ライフカード。3枚のクレジットカードは、いずれも海外留学でおすすめには変わりありません。

3枚とも国際ブランドでVisaを選択することができますので、利用先には困りませんし、あとは海外留学の期間によって利用可能枠や特徴から選択するとよいでしょう。

海外留学が3ヶ月以内なのであれば、大きな病気やケガをする可能性も低いので最高2,000万円の補償付きが1枚あれば十分でしょうし、海外留学で日本語でのサポートはあまり必要ないなら、あえてアシスタントサービスを付ける必要もありません。

もし3枚のうちどれにしようか迷ってしまったら、年会費永年無料で負担がない三井住友カード(NL)がいいかもしれません。

海外留学期間からあると安心な補償金額や、毎月の出費に合った利用可能枠といったポイントをまずはよく見直して、自分に合った1枚を見つけてみてください。



三井住友カード(NL)

年会費

永年無料

還元率

0.5%~5.0%

発行期間




オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行

(カードは最短翌営業日発行)※最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

ETCカード



550円(税込)
(初年度無料)
(年1回の利用で無料)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

新規入会とタッチ決済ご利用で最大をプレゼント!
入会&ご利用でご利用金額の15%(最大のVポイント)、さらにはタッチ決済ご利用でVポイントギフトコードが獲得できるキャンペーンを実施中です。
三井住友カード(NL)バナー
最短翌営業日のスピード発行に対応
三井住友カード(NL)は申し込みから最短翌営業日のスピード発行に対応しています。
申し込んでからカードが届くまでの待ち時間が少ないので、すぐにカードを利用したい人におすすめ。
ナンバーレスの券面で強固なセキュリティ
ナンバーレスの三井住友カード(NL)は年会費が永年無料
カード情報が券面にないデザインで、安心安全のクレジットカードです。
ポイントが貯まりやすい!
の利用で獲得ポイントが最大5%(※)!さらに選んだ3店でポイント2倍!


ステータス性が高い
三井住友カード(NL)は入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質永年無料
ETCカードは年会費550円(税込)ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
永年無料 最高2,000万円※利用付帯 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短翌営業日 ~100万円


Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介