法人カードを作るために必要な3つのポイント

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


開業直後の個人事業主でも作ることができる法人カード
アメックスビジネスは経費処理を楽にするだけでなく経営全体をサポートする機能が備わっています。






個人事業主や法人でもクレジットカードは無いと不便?

個人事業または、法人として新たに事業を興すという場合には、屋号を決めたり、専用の電話、専用の銀行口座など、すでに個人で利用していたものとは別に作る必要があります。


会社設立に必要なもの

  1. 銀行口座
  2. 実印
  3. 印鑑証明
  4. 法人用の印鑑など

口座や印鑑などを用意して、会社を立ち上げたら、社員への給料振り込みや経費計算といった業務も発生し、何かと時間をとられることも予想されます。

そんなときに作っておいて便利なのがビジネス・法人カードです。

もちろん、ビジネス専用のクレジットカードは「無ければ事業が成り立たない」というものではありませんが、時代の変化と共にその必要性は年々高まっているといえます。

個人事業主や法人がクレジットカードを必要とする理由


no.1 インターネット上の決済で効率的に支払いができる
no.1 銀行振り込みの振込み手数料を削減できる。
no.1 利用明細による経費清算の簡易化
no.1 キャッシュフローを改善できる
no.1 法人カードならではの特典が使える
no.1 クレジットカードの年会費を経費にできる

一般のクレジットカードと法人カードは、内容や審査が異なります。

事業を興したばかりの個人事業主や法人の方でもすでに個人用のクレジットカードは持っているかもしれませんが、会社などに属しているときに作ったクレジットカードでは、勤続年数や年収などが審査の基準になります。例えば、勤続期間が数ヶ月という状況では申し込んでも審査に落ちるといったことがあります。

一方、法人カードは、業歴や収入などが審査の判断材料になります。

起業直後こそ法人カードがあれば何かと便利ですが、審査があるので現実的に取得は簡単ではありません。

しかし、だからといって一般カードを仕事用のクレジットカードとして使うのは非常にもったいないです。

法人カードは一般的なカードとは異なりビジネスで使われることが前提として作られているので、仕事を円滑にするめるためのサポートが充実しているからです。




法人カードで必ず比較したい項目とは

法人カードを作る際に必ずチェックしたいポイントはいくつかあります。

no.1 年会費とサポート内容のバランスが良いか
no.1 限度額が大きいか
no.1 ポイントが貯まりやすいか
no.1 ステータスの高いクレジットカードか
no.1 審査に通りやすいか

①:年会費とサポート内容のバランスが良いか

クレジットカードを作る際に「年会費が安い方が良い」と考える方は多くいます。

確かに維持費が高いとその元をとるためにはどうしたらいいのか考えなければいけません。

個人用のクレジットカードであれば年会費が安いものを選んでもさほど影響はありませんが、法人カードに関しては年会費が無料よりも有料の方がサービス内容が圧倒的に充実をしていることが多いため、長いスパンで考えると結果的に有料の法人カードがお得になることがほとんどです。


②:利用限度額が大きいか

法人カードにおける利用限度額は非常に重要な要素となります。

もしも利用限度額が少ないクレジットカードを決済用として使っていると、偶然支払いが急に重なってしまった時に利用限度額に達してしまい支払いができなくなってしまうという事態が起こりえます。

個人用のクレジットカードであれば、別のカードを使うという選択肢もありますが、ビジネスで同じことをしてしまうと経理処理をするさいに手間が増えてしまいます。

このようなことを防ぐためにも設定されている利用限度額に余裕のある法人カードを選ぶことをおすすめします。

③:ポイントが貯まりやすいか

ビジネスでの決済は個人での支払いよりも金額が大きくなることがほとんどです。

そのためポイント還元率が高い法人カードで支払いを行うとかなりお得になります。

個人用のクレジットカードでは還元率が高いクレジットカードが多く存在していますが、法人カードでは平均的に還元率が低い傾向にあるため、ポイントも一緒に貯めたいという方は還元率にも着目して選ぶと良いでしょう。

④:ステータスの高いクレジットカードか

法人カードでも個人カードと同様にクレジットカードのステータスは注目されるポイントです。

例えば個人用の年会費無料のクレジットカードで会食の料金を支払うのと、ステータスの高い法人カードで支払うのでは、後者の方がビジネス上良い影響及ぼす可能性があります。

ある程度ステータスのある法人カードを持っているということは、企業または個人事業主として信頼されているということになるので、少しでもビジネスに繋げたいという方は法人カードの中でもステータスのあるもの選ぶことがおすすめです。

⑤:審査に通りやすいか

いくらお得な法人カードでも審査に通過しなければ利用することはできません。

法人カードにも個人用のクレジットカードのように各企業ごとの審査基準がありますので、自分が申し込む基準に達しているか確認をしてから申込みをしましょう。

もしも審査を不安に感じている場合は、まず審査に通りやすい法人カードを作り、実績を作ってから他の法人カードへ数年後申し込むという方法が最も無難です。




人気の法人カードを比較

法人カードを選ぶ際のポイントを意識しつつ人気の法人カードを比較してみましょう。


カードフェイス
VIASOカード
JCB法人カード
年会費 初年度無料
12,000円+税
初年度無料
31,000円+税
初年度無料
2,000円+税
初年度無料
1,250円+税
利用限度額 個別設定 個別設定 10万~300万円 10万~100万円
還元率 1.0% 1.0% 0.6% 0.5%
旅行傷害保険 海外・国内最高5,000万円 海外・国内最高1億万円 海外・国内最高2,000万円 海外・国内最高3,000万円
ショッピング保険 500万円 500万円 100万円 100万円
その他サービス 空港ラウンジ同伴者1名まで無料。
4半期管理レポート
ビジネスコンサルティング
クラブオフ登録料無料
帝国ホテルの会員限定ラウンジ利用可能。
高級レストラン割引
会員限定のビジネスローン
2種類のカードブランドから選択可能 優待店でポイント優遇あり

※アメックスビジネスで利用できるサービスはアメックスビジネスゴールドでも利用可能です。


このように比較をしみると年会費の高さが仕事での使いやすさにも直結していたり、年会費が同程度にもかかわらずクレジットカードによってサービス内容に差があることがわかります。


アメックスの2枚は明確に利用限度額を明記していませんが、利用限度額は契約者の状況をみて数百万~数千万まで対応可能なので、今回比較をした法人カードの中ではトップクラスの利用限度額と言えます。


また、仕事の関係で国内外で移動をする方は旅行傷害保険にも注目してカードを選ぶと良いでしょう。


サービス全体の質や経営そのもののサポートが充実しているのはやはりアメックスビジネス・アメックスビジネスゴールドの2枚が飛び抜けており、オリコカード EX Gold for Bizはアメックスビジネスと比べてやや見劣りしてしまいます。


年会費という点にだけ着目するとJCB法人カードが最もお得に感じますが、利用限度額が物足りないのでビジネスでメインカードとして使うには少し厳しいかもしれません。


比較まとめ
カードフェイス
VIASOカード
JCB法人カード
年会費
利用限度額
還元率
旅行傷害保険
ショッピング保険
その他サービス
ステータス

サービスの充実度や年会費のバランスが一番良いのはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

サービスの充実さと年会費のバランスを考えてもっともコストパフォーマンスの高い法人カードはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。

ただ経費管理を楽にするという目的だけではなく、ビジネスをする上で役に立つサポートや施設の利用権利が付帯されてくるので、サービスを複数利用するだけで間違いなく年会費分以上の価値を体感できます。

現在入会キャンペーンで初年度の年会費が無料となっているので、初期費用を抑えたいという方はこのタイミングで入会することをおすすめします。




法人カードの年会費は経費として計上できる
クレジットカードを作る時に必ず気になるのが年会費がいくらなのかという点ですが、法人カードの場合は年会費もビジネス上で発生した金銭としてみなされるので問題なく経費として扱うことが可能です。

しかし、これはあくまで仕事専用のクレジットカードに限られるので、個人用のクレジットカードで仕事とプライベートの決済が混ざっている場合は適用されませんので注意しましょう。

また、個人用のクレジットカードで仕事専用のクレジットカードとして使っている方も珍しくありませんが、この場合も内容によっては指摘が入ってしまう可能性があります。

指摘が入った際にしっかりと仕事用ということを証明できれば大丈夫ですが、それが曖昧な場合は経費として認められません。

これが法人カードであれば法人カードは「仕事で使うことが前提」として作られているクレジットカードなので指摘が入る可能性はなく、心配することなく経費として計上することができます。



法人向けクレジットカードの審査について

クレジットカードに審査があるというのは、クレジットカードを所有している方であれば常識かもしれませんが、法人向けのクレジットカードの審査は一般クレジットカードよりもちょっと厳しいものになります。


法人向けクレジットカードの審査が厳しい理由


no.1 一般的な会社員などよりも、将来的な収入が判断しづらい
no.1 一般のクレジットカード利用よりも高額になる可能性がある

新たに事業や会社を興す事自体はそれほど難しいことではありません。

難しいのは事業を「維持」することでしょう。

実際に新規でビジネスをはじめた場合、1年で約半数は倒産してしまうといわれていますし、そもそも不景気な時代なので、クレジットカード会社が審査に慎重になるのは理解できます。

また、事業資金として利用する前提のクレジットカードであれば、お金を稼ぐために出費をするということになります。

逆に言えば出費をしなければ 収入が減るという状況になりえるので、一般のクレジットカード利用者よりも常に高額な利用をするという状況が想定できます。

しかし、クレジットカード会社が法人向けのクレジットカードを扱っている以上、審査に通さないわけではありません。

  1. 業歴3年以上
  2. 安定した黒字
  3. 固定電話がある

上記の3つが一般的に法人向けクレジットカードで審査に通る条件といわれています。

個人事業主や法人の方にとってクレジットカードは単に「便利」ということだけではなく、支払いのタイムラグなどのメリットを踏まえれば、「いざというときに力になってくれる存在」として利用したいものですが、「業歴が短いほど審査に不利」、「黒字の状態でないと審査は厳しい」という現実もあります。

しかし、法人向けクレジットカードそれぞれで審査の厳しさに違いがあるのも事実です。

法人カードの中でも審査に通りやすいクレジットカードをチェックしてみましょう。




実績が無くても作ることができる法人カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは業歴や黒字かどうかといった部分だけが重視されるわけではなく、事業を始めたばかりの状態でも審査をクリアできるクレジットカードです。



なぜ実績がない方でも法人カードを作れるのかという理由は、アメックスの審査基準は独自の基準を用いており、今までの個人の支払い履歴や今後の収入の見込みなど総合的に判断して審査をしているからです。

また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは「固定電話が無く携帯電話しかない」という個人事業主でも申込みができる点も開業した直後の方にとって嬉しいポイントでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは年会費がちょっと高いというのがネックですが、入会キャンペーンで初年度の年会費は無料となり、審査基準が厳しくなくてすぐに作ることができることを考えると、2年目以降に月1,000円程度の出費が発生したとしても十分メリットはあります。





仕事で使うならサービスが充実した法人カードを作らないと損!

活動を始めたばかりの個人事業主の方は「自分が法人カードを作れる訳がない」と思い込んでしまい、一般カードを仕事用として利用する方も多いです。

実際に多くの法人カードでは実績が少ない方はクレジットカードが作れないケースもありますが、しっかりと審査に通る可能性があるクレジットカードに申し込めば開業直後でも法人カードを手に入れることができます。

しかし、審査に通りやすいからと言ってサービス内容が少ない法人カードを選んでしまうと長期的な目線で見た時に損をしてしまう可能性があります。

法人カードを選ぶ際に重要なことは年会費とサービス内容のバランスが取れているカードを選ぶことです。

プライベートとは異なり仕事で利用するツールとなるので、多少の年会費を出してでもサービスが充実した法人カードを選ぶことをおすすめいたします。


年会費以上の
サービスが欲しい方



アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

年会費

初年度無料
31,000円+消費税

還元率

1.0%

発行期間

約2週間

ETCカード

無料
※新規発行手数料850円+税

アメックスビジネスゴールドキャンペーン
今なら新規入会で初年度年会費無料!
当サイトからお申込みしていただいた方限定で、初年度年会費が無料!
更に利用金額に応じて最大30,000ボーナスポイント(3,000マイル相当)もプレゼント!
実績が少ない個人事業主でも発行可能!
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは開業したばかりで、法人としての実績が少なくてもカード発行をすることが可能です。
もし独立をしたばかりで法人カードをまだ持っていない方は開業したての個人事業主でもアメックスを発行できる3つの方法をチェックしましょう!
ポイント・マイルが貯まりやすい
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは還元率が高いため経費をクレジットカード払いにすることでポイントを効率的に貯めることができます。
貯めたポイントはマイルや他のポイントプログラムへの移行など幅広く使えるため、使えば使うだけお得になっていきます。

あらゆるビジネスシーンで役に立つサポート
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはポイントの貯まりやすい法人カードというだけではなく、様々なビジネスシーンで役に立つサポートが付帯されています。
コンシェルジュが会食や接待にふさわしいレストランを予算などに合わせて予約をしてくれる「ビジネス・ダイニング」や、中小企業経営者・個人事業主に向けの経営相談窓口「ビジネス・コンサルティング・サービス」など法人向けサービスが充実していることも特長と言えるでしょう。

いざという時の資金調達もビジネスカードなら柔軟に
ビジネスの関係上「急にまとまったお金が必要になった…」ということが起こるのは珍しくありません。
そんな時にアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの「VIP Loan Card for American Express」を利用すれば24時間いつでも指定の口座に即時振込が可能です。
年会費 海外保険 国内保険
初年度年会費無料
31,000円+税
1億円 最高5000万円
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 約2週間 個別設定



審査が
不安な方



アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

年会費

初年度無料
12,000円+消費税

還元率

1.0%

発行期間

約2週間

ETCカード

無料
※新規発行手数料850円+税

アメックスビジネスゴールドキャンペーン
新規入会で初年度年会費無料!
新規入会で初年度年会費が無料のキャンペーン中!
初期費用が気になる方でも気軽にアメックスのビジネスカードを利用することができます。

起業したばかりの個人事業主でも発行可能!
法人カードというと会社としてある程度実績がないと審査に通過しないという印象があるかもしれませんが、アメックスは独自の審査により判定をするため設立間もない企業や個人事業主でも審査に通ることが可能です。
経費の管理を簡潔に
ビジネスカードを使うメリットとして業務の中で生じたお金の動きをカードの履歴を利用することで経理関係の業務負担を減らせることにあります。

あらゆるビジネスシーンで役に立つサポート
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはポイントの貯まりやすい法人カードというだけではなく、様々なビジネスシーンで役に立つサポートが付帯されています。
コンシェルジュが会食や接待にふさわしいレストランを予算などに合わせて予約をしてくれる「ビジネス・ダイニング」や、中小企業経営者・個人事業主に向けの経営相談窓口「ビジネス・コンサルティング・サービス」など法人向けサービスが充実していることも特長と言えるでしょう。

経費でお得にポイント・マイルを貯める
業務上で発生する支払いを全てアメックスビジネスカードで決済をすることでポイントが大量に貯まります。
貯めたポイントはマイルや他のポイントへの交換も可能なので無駄になることはありません。
年会費 海外保険 国内保険
初年度年会費無料
12,000+税
最高5000万円 最高5000万円
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 約2週間 個別設定


  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj



クレジットカードの選び方



クレジットカードの選び方