公共料金の支払いはクレジットカード払いで得しよう!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


ETCカードを作るならVIASOカード
クレジットカードもETCカードも年会費無料で、VIASOポイントも貯まりやすいカードです。

毎月発生する光熱費や通信費をどのように支払っていますか。口座振替、銀行引き落とし、コンビニ払いなど色々ありますが、一番のおすすめはクレジットカードを登録して支払う「クレジットカード払い」です。

支払い方法の切り替えなどの事務的な作業が面倒な方もいると思いますが、思い切って切り替えてしまえばあとは勝手にポイントが貯まっていったり、割引になったりとメリットづくしです。

では「クレジットカード払い」には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

クレジットカード払いにするメリット

公共料金は毎月発生する

ガス、水道、電気などの光熱費、携帯電話や固定電話、インターネット料金などの通信費は日々暮らしていく上でどうしても発生してしまうものです。

毎月発生する固定した出費にもクレジットカード払いがお得です。

クレジットカード払いにするメリット

公共料金をクレジットカードで支払うとポイントが貯まったり、割引になるなどの特典があります。例えば、1,000円で1ポイントが付く平均的なポイント還元率0.5%のクレジットカードを利用した場合、以下のようになります。

1ヵ月の水道光熱費平均(2015年総務省統計より)

  • 2人世帯 20,348円→20ポイント
  • 3人世帯 23,852円→23ポイント
  • 4人世帯 24,975円→24ポイント

たった1ヵ月でこれだけのポイントを貯めることができ、現金払いの時には無かったお得感を味わえます。

おすすめはVIASOカード!

どのクレジットカードで払っても現金払いの時よりはメリットがありますが、一口に「クレジットカード払い」と言っても数あるクレジットカードの中でできるだけ得をするにはどのカードを選べばよいのでしょうか。

例えば公共料金の支払いが割引になる、ポイントが2倍になるなど、公共料金に特化した特典のあるカードや、どのような場合でもトータルしてお得なポイント還元率の高いカードを選ぶことが重要です。

電気やガスや水道、今はそれだけではなく通信費も必要不可欠な出費です、最大限お得な思いができるカードを選びましょう。

クレジットカード初心者におすすめ、VIASOカード

そこでおすすめなのが三菱UFJニコス株式会社が発行している「VIASOカード(ビアソカード)」です。

年会費は無料で、急に思い立ってすぐにカードが欲しくなった場合でも最短で翌日発行ができ、とても便利です。

家族カードも無料で作れます。申込の対象は「原則として18歳以上(高校生不可)で電話連絡が可能な方」なので、比較的敷居の低いカードと言えます。

また、旅行の費用などをVIASOカードで支払った場合は「海外旅行傷害保険」が最大2,000万円付帯しており、カードで購入した商品が破損などの損害があった場合は年間100万円まで補償してくれる「ショッピングパートナー保険」、オンラインショッピングの不正利用による損害補償「NICOSネットセーフティサービス」など、年会費無料のカードにもかかわらず補償サービスが充実しています。

1,000円で5ポイント、個別明細ごとに100円につき0.5ポイント貯まるしくみです。

ポイントは自動的に現金キャッシュバックで受け取れるため、クレジットカードで貯めたポイントの交換先に迷ってしまったり、気づいたら失効してしまうなどの心配もありません。

他のクレジットカードとの比較

現金キャッシュバックのクレジットカードで比較するなら、P-one Wizカードはどのような支払いも常に1%OFFで、公共料金の支払いにも利用できます。

ただしリボ払い専用カードなので支払い時に手数料が発生します。常に使った分全額支払うコースに設定することもできますが、初心者の方にはあまりおすすめできません。

JCB CARD Wや、楽天カードなどは還元率の高いクレジットカードでおすすめですが、VIASOカードも公共料金の支払いに関してはポイント2倍で還元率が高く、貯まったポイントが現金でキャッシュバックされるので、ポイントの使い道に迷わなくて良いというメリットがあります。

VIASOカードで公共料金を支払う方法

電気、ガス、水道など光熱費の払い方

実際VIASOカードで公共料金を支払う手続きには3つの方法があります。

  1. インターネット経由で申込み
  2. インターネットで必要資料を請求、郵送
  3. 電話で必要資料を請求、郵送

この中では①のVIASOカードのWeb会員サービス「Net Branch」からの申し込みが一番簡単で、時間もかからないでしょう。

②と③は「Net Branch」経由か電話で資料を請求し、届いた申込書に必要事項を記入して郵送するという方法ですが、請求した資料が自宅に届くまでに1週間ほどかかるため、急いでいる方には向いていません。

また、電気やガスは自由化によりさまざまな会社が取り扱っているため、自分の使っている電気会社、ガス会社がVIASOカードで支払える会社なのかは事前に調べておく必要があります。

携帯電話、インターネットプロバイダ料金の払い方

光熱費同様、通信費の払い方に関しても手続きの方法は以下の3つです。

  1. インターネット経由で申込み
  2. インターネットで必要資料を請求、郵送
  3. 電話で必要資料を請求、郵送

公共料金の支払いにVIASOカードが一番おすすめの理由は、通信費の支払い時に特定の加盟店を利用するとポイントが2倍になることです。

通常の利用では1,000円で5ポイント貯まるところ、10ポイントが貯まります。月々の携帯電話利用料金が10,000円の方なら、100ポイント毎月貯まることになります。

VIASOカードのポイントは1年で1,000ポイント以上貯まった場合に、1ポイント1円で現金キャッシュバックされます。携帯電話料金をVIASOカードで払えば、1,000ポイント以上貯まらずに年間のポイントが流れてしまった、ということはまずないでしょう。

公共料金の支払いはクレジットカード払いに切り替えよう

今まで公共料金の支払いは請求書を持ってコンビニへ行っていた方や、口座振替にしていた方はクレジットカード払いに切り替えてみませんか。

公共料金はクレジットカードで!

VIASOカードなら、通信費に関して特定加盟店の利用でポイントが2倍になるというメリットがあります。

現金キャッシュバックのタイミングは1年に一度なので、わからないうちに貯まってわからないうちに使ってしまった、とならないよう必ず通帳をチェックして「お得感」を味わいましょう。

主婦の方などは、貯まったポイントはやりくりを頑張った自分へのお小遣いにしてもいいかもしれません。

どんな出費もクレジットカードでの支払いを可能な限り心掛けると、ポイントが貯まる機会が増えてとてもお得です。

公共料金の支払いをクレジットカードにすれば、ポイント貯めるぞ!と気合いを入れなくても自然とポイントが貯まっていくでしょう。


まずは
このカード!

おすすめ!
VIASOカード
VIASOカード

審査基準もやさしく最短よく営業日に発行されるので、早めにカードを発行したい方にオススメです。1000円で5P付与、獲得したポイントは1P=1円として自動的にキャッシュバックされるシステムが人気のクレジットカード。





クレジットカードの選び方