クレジット機能がないETCカードの作り方

クレジット機能がないETCカードとは
クレジット機能がないETCパーソナルカードは審査なしで誰でも作成が可能です。
しかし初期費用が高く、お得な要素がないのでおすすめはできません。
クレジットカードの審査が不安な方は審査に通りやすくポイント還元理の高いクレジットカードに申し込みをしましょう。
最短翌営業日発行!
JCB CARD W

ETCカードのみだけが選ばれている理由

クレジットカードの申込がなくてもETCカードだけを持つことができる方法があります。


その方法とはETCパーソナルカードに申込むことです。

ETCパーソナルカードとは?


no.1デポジット(前もっての入金)をすることで発行されるETCカード
no.1 支払いは銀行口座からの引落
no.1 クレジットカード会社による審査がない

申込はインターネットからはできず、郵送となっています。

審査もなく、利用分は指定した銀行から引き落とし、デポジットを入れるだけでETCカードだけを持てると考えるならとても便利なカードです。

しかし実は、ETCパーソナルカードには発行されるための「条件」があります。

その条件というのは、どういったものなのかを確認してみましょう。

クレジットなしのETCカードを持つための条件


ETCパーソナルカードを発行・利用するためには【デポジット入金が条件】となります。
平均利用月額、または年間最高利用月額によりデポジット額が異なり、申込書での事前申請で決まることから、クレジットカードのETCカードのように 無料で利用することができないのです

デポジット額の決まり方


no.1 1か月間の平均利用月額 ※5,000円単位で切り上げ ×4
no.1 1年間の最高利用月 ※20,000円単位で切り上げ

no.1no.1いずれか高い方がデポジット額となります。

デポジット金額例

平均利用月額 5,000円 10,000円 15,000円 20,000円
デポジット金額 20,000円 40,000円 60,000円 80,000円

高速道路・有料道路を多く利用する場合は、その分デポジット額が大きくなります。

発行後に利用が増えたときもデポジットを入金しておく必要があるのです。

審査がないとはいってもETCパーソナルカードは通常のクレジットカードのETCカードよりも経費がかかるカードとも言えます

しかも注意点はこれだけではなく、ETCパーソナルカードはデポジットで高速料金を支払うことはできません。

デポジットはあくまで発行してもらうための「保証金」ということになります。

注意ポイント


ポイント01 デポジットは最低2万円が必要
ポイント02 デポジットは通行料としては使えない
ポイント03 年会費が1200円かかる
ポイント04 振込は郵便局取扱窓口もしくはコンビニ支払となり、手数料も自分持ち

クレジット機能がないETCパーソナルカードを持つためには、

初回に最低でも年会費1200円+約2万円+手数料が必要となってきます。

クレジット機能なしのETCカードが良いのであればETCパーソナルカードをおすすめします。

しかし「初回に2万円以上」のデポジット入金がネックになっているのであれば、

初回入金もない、年会費もないクレジットカードのETCカードを検討しましょう!!

クレジットカードのETCカードを検討してほしい理由


おススメ01 経費0円(年会費なし・デポジットなし)で持てる
おススメ02 選び方によっては審査もスムーズ
おススメ03 会員特典がある
おススメ03 インターネット申込み可能

【おススメ02】のように、クレジットカードの選び方によっては審査の敷居が高くないものもあります

その点を確認してみてもう一度ETCパーソナルカードにするのか、クレジットカードのETCカードにするのかを考えてみましょう。

クレジット機能なしとありのETCカードの特典と審査の違いを比較


クレジット機能なし
クレジット機能あり
ETCパーソナルカード
ETCパーソナルカード
年会費
1,200円
無料!
初回入金
2万円以上
無料
ネット申込み
不可
可能
発行期間
4週間程度
1~2週間程度
審査
なし
あり
会員特典
・ETCマイレージ ・ETCマイレージ
・ETC年会費無料
・ポイント還元あり

ETCパーソナルカードはETCマイレージには登録できますが、そのほかに付く会員特典はありません。

しかし例で挙げたJCB CARD WにはETCマイレージ登録はもちろん、付帯保険サービスや高還元ポイントプログラムがついてきます。

JCB CARD WのETCカードなら高速道路の利用料金でもポイントが貯まり、通行料金をETCマイレージでお得にするといった使い方もできます。

ETCパーソナルカードは発行期間が4週間前後かかる

ETCパーソナルカードは審査を行なっていないため簡単に発行することができますが、手元に届くまで4週間前後かかると言われています。

その理由としてインターネットで申し込むことができないため、郵送でのやり取りが複数回あり、デポジットの振り込みも必要と、カード発行までにしなければならないことが多いのです。

しかしJCB CARD WのETCカードを作る場合は、インターネットや電話で簡単に申し込みが可能です。

それによって発行期間はETCパーソナルカードよりも短縮され、公式サイトには2週間程度と記載されていますが『実際には1週間程度で届いた』とのクチコミが多数あり、1~2週間で手元に届くと言われています。

面倒くさいやり取りを省き、なるべく早くETCカードを手にしたいと考えているにも、JCB CARD Wはおすすめです。

JCB CARD Wの審査は通りやすい?

そして気になる審査のことですが、JCB CARD Wの難易度はどうなのでしょうか。

クレジットカードの種類によっては【年収何百万円以上】【学生・フリーター・年金受給者・専業主婦不可】等の条件がありますが、JCB CARD Wは「18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。」となっています。

アルバイト・パートの方や、年金受給者の方でも、安定継続した収入があれば申し込むことが可能です。

つまり、幅広い層の方が持つことのできるカードと言えるでしょう。

JCB CARD Wは日本発祥の国際ブランドJCBが作っているということで信用があり、ポイント還元率も良いため幅広い年代の方から支持されているクレジットカードです。

クレジットカード審査でETCカードを諦めてきた方は、JCB CARD Wにチャレンジしてみましょう!

入会キャンペーンのあるクレジットカードは審査に通りやすい?

JCB CARD Wは現在お得なキャンペーンを実施しています。

『入会キャンペーンを行なっているカードは審査が通りやすい』と聞いたことはありませんか?

入会キャンペーンでは大量のポイントを付与したり限定グッズを提供することが多く、カード会社側は手痛いコストを支払っています。

つまり、『入会キャンペーンを行なっているカード会社は多少の損をしてでも入会者を増やしたい』可能性があり、そんなときにわざわざ審査を厳しくして入会者を絞らないだろうという極めて現実的な考えがそこにはあるのです。

それを踏まえて、今回JCB CARD Wが行なっているお得な入会キャンペーンを見ていきましょう。

JCB CARD W・plus Lは新規入会キャンペーンを複数実施中!

JCB CARD W・JCB CARD W plus Lは現在複数の入会キャンペーンを実施中です。

全ての条件を満たすのは大変ですが、各キャンペーンでできるところまで適用させていくとかなりお得になります。

他のクレジットカードと比べてもキャンペーンが多いため、お得に入会特典を受けたいと考えている方は要チェックです!



Amazon.co.jp利用でポイント30倍キャンペーン

2021年4月1日~2021年6月30日に新規入会&MyJCBアプリへログインでAmazon.co.jpを利用するとポイントが30倍になります!(※対象利用金額は最大5万円(税込))

ポイント内訳 特典内容
いつでもJCBカードW/JCBカードWplusL利用で 2倍
いつでもAmazon.co.jp利用で 1倍
新規入会&MYJCBアプリログイン&期間中のAmazon.co.jp利用で +27倍
合計 30倍

利用期間は入会翌々月の15日までです。Amazonをよく利用する方は、所定の条件と合わせてお得にポイントを貯めましょう。

インターネット新規入会限定キャンペーンで最大18,200円分プレゼント

2021年9月30日までにカードを新規発行した方限定で、サービスの登録やお友達紹介などをすることで最大18,200円分プレゼントされます。

キャンペーン名 特典内容
家族カード新規入会 最大4,000円分のJCBギフトカードプレゼント
カード入会後、お友達紹介 最大5,000円相当のOki Dokiポイントプレゼント(1,000ポイント)
スマリボ登録&利用 最大4ヵ月分ポイント+10倍!
スマリボ新規登録&利用 最大6,000円分キャッシュバック
融資枠50万円を希望して申し込む&ショッピング利用 申し込みで200円、さらにショッピング利用で3,000円分キャッシュバック

コンビニでQUICPayを利用すると利用金額の20%(最大1,000円分)がキャッシュバック!

2021年5月31日までの期間でJCBカードをApple PayやGoogle Payを使うと、利用金額の20%(最大1,000円分)がもれなくキャッシュバックされます!

対象となるコンビニは8つです。

セイコーマート セブン-イレブン
デイリーヤマザキ NewDays
ファミリーマート ポプラ
ミニストップ ローソン
JCB CARD Wの入会キャンペーンへ申し込む
JCB CARD W plus Lの入会キャンペーンへ申し込む

ETCカード付きクレジットカードを選ぶべき理由

ETCパーソナルカードは審査無しで持つことができますが、あえて持つメリットがほとんど無く、ETCカード付きのクレジットカードで安価に継続的に使用したほうがはるかにお得です。

クレジットカードの中にはETCカードの年会費が毎年発生するものもありますが、しっかりと探せばETCカードの年会費が無料で維持費がかからないカードはあります。

その中でもJCB CARD Wがポイント還元率の高いクレジットカード

なので、おすすめしたい1枚です。

もし「条件の年齢に当てはまらない」「JCB以外の国際ブランドがいい」といったあらゆる理由でJCB CARD Wに決定打を打てない場合は、こちらのクレジットカードもおすすめです。

VIASOカード


年会費 無料
国際ブランド MasterCard
ETCカード 無料(新規発行手数料1,000円+税)
ポイント VIASOポイント/1,000円=5P

VIASOカードは世界シェア2位である国際ブランドMasterCardのため、国内外問わず使える1枚です。

クレジットカードの年会費は無料で、ETCカードも最初の発行手数料さえ払えば無料で持ち続ける事ができます。

申し込み資格は「18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。」となっていて、JCB CARD Wのような年齢の上限はありません。

ポイント還元率も、ネットショッピングをしたり公共料金をVIASOカード払いにするなど、活用次第によっては最大10.5%にまで上げられるので、高還元を望める1枚としてもおすすめです。

ただし、活用がうまくできるかどうか不安な方や申し込み条件に合う方は、JCB CARD Wの方が条件を気にせず通常の還元率が1%で使いやすいので、JCB CARD Wを選んでみてください。


まずは
コレ!

JCB CARD W

年会費

永年無料

還元率

1.0%

発行期間

最短3営業日

ETCカード

無料

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック
JCB CARD Wキャンペーンバナー
Amazon.co.jpで利用するとポイント30倍キャンペーン
2021年4月1日~2021年6月30日までの期間中に新規で入会&MyJCBアプリへログインし、Amazon.co.jpで利用するととポイント+27倍(通常加算のポイントとの合計で30倍)されます。※対象利用金額は最大5万円(税込)です。

ネットでの新規入会限定キャンペーンで最大18,200円分プレゼント
2021年9月30日までにインターネットで新規入会をした方限定で、サービスの登録やお友達紹介などをすることで最大18,200円分プレゼントされます。

コンビニでApple PayやGoogle Payを利用すると利用金額の20%がキャッシュバック
2021年5月31日までにJCBカードでApple PayやGoogle Payを使うと、利用金額の20%(最大1,000円分)がもれなくキャッシュバック

年会費無料でポイント還元率が高い!
あらゆる場面の利用でもポイント還元率が非常に高いので
日常生活の買い物で効率的にポイントを貯めることが可能です。

ETCカードの年会費も無料
JCB CARD WはETCカードの年会費が無料で持つことができます。
カード本体の年会費も無料なので負担は全くありません。 本会員のみではなく家族カードやETCカードなども年会費無料というのも魅力の一つ
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 最高2,000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 最短3営業日 個別設定


[an error occurred while processing this directive]


クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト