Amazonカードの限度額を増額申請する手順と審査基準


クレジットカードには必ず利用限度額というものが存在します。

利用限度額とは、その限度額までであれば幾らでも自由にクレジットカードでの支払いが出来る額の事で、クレジットカードの支払いが利用限度額に達してしまうとカードで支払いが出来なくなってしまいます。また、利用限度額はキャッシング枠+ショッピング枠で構成されているため、クレジットカードを持った時にはそれぞれの利用枠が幾らになっているのかも把握しておきましょう。

例えば利用限度額100万円とは、1月に使える金額の上限ではなくショッピング枠の限度額が100万円、1月に20万円カードでショッピングの払いをしたとすると、2月の引き落としまでの間は、100万円から20万円を引いた80万円がショッピング枠の上限額となるということになります。

口座からクレジットカード利用額が引き落とされ、手続きが完了し次第利用額が回復するため、万が一利用限度額に達してしまった場合は、引き落とし日まで待たなくてはなりませんので、あらかじめクレジットカードを使って支払いがしたい事柄がある場合には、余裕を持って使いましょう。

しかし時にはどうしてもお金が必要になってしまい、利用限度額の回復を待てない事もあります。その際には、クレジットカードの利用枠を増やして貰うための増額申請を行ったり、あるいはカードローンで一時的にピンチを凌ぐ方法があります。

利用限度額の増額申請の手順

利用限度額の増額手続きは各カード会社で多少の違いがありますが、ここでは三井住友VISAグループとAmazonが提携して発行しているAmazonカードを例として増額申請手続きについて見ていきましょう。

利用限度額の増額申請

Amazon MasterCardクラシックカードは三井住友VISAグループから発行されているカードで、限度額を増額する方法は3つあります。

方法@

三井住友VISAグループのカードを持っている人専用の「Vpass」という会員サイトから限度額の増額申請をする方法です。Vpassではカードの利用明細が見られるほか、各種変更手続きも行う事が出来ます。三井住友VISAグループのカードを持っている人は登録しておきましょう。

方法A

クレジットカードのサポートデスクに電話を掛けて、口頭で増額の申請を行う方法もあります。クレジットカードの裏面に記載してある番号に電話をして、音声ガイダンスに従って操作をし、デスクに利用限度額を増額したい旨を伝えると申請を受け付けてくれます。

方法B

クレジットカード会社からの利用額増額を待つ方法もあります。毎月カードを使い、そしてきちんと支払いを行っていれば、カード会社から限度額を増やす旨の通知が来ます。利用枠は信用そのものなので、どうしても新規申し込みのユーザーには利用枠が少なめに設定されています。しかしクレジットカードを使い、滞りなく支払いもしていることによってカード会社からの信頼度も上がって来るため、利用枠の増額をクレジットカード会社の方から行ってくれるのです。
しかしこれにはどれくらいの時間がかかるのか予測する事は不可能なので、利用額の増額が特に必要ないユーザーや、気長に待てるユーザーでなければお勧めは出来ません。

利用限度額の増額と審査

利用限度額の増額には、クレジットカードを申し込んだ時と同様に審査が必ず行われるため、申請したからと言って必ず限度額が上がるものではありません。ただし、滞納などのトラブルが無く、毎月きちんと引き落とされている状況であれば増額申請に応じる可能性は高くなります。

一時的な利用限度額の引き上げ

一般的には利用限度額の増額申請が通ると、その後、再度増額申請を行ったり、クレジットカード会社の方から増額の通知が来ない限り利用限度額は変わりません。しかし旅行やまとまった額の買い物をする予定があり、現在の限度額に不安がある場合には、一時的に限度額を上げる事も可能なので、サポートデスクに電話を掛けて申請しましょう。

限度額の増額は額が多いほど利用できる金額が引き上がることになりますが、紛失や盗難などで万が一不正使用された場合に限度額いっぱいまで利用されてしまうリスクを負うことになります。そのためクレジットカード利用額は、実際に使うであろう額に少し余裕を持たせた額に設定しておきたいものです。

増額申請に間に合わない場合の対処法

増額申請には必ず審査があるため、急を要する場合には審査を待っている余裕がない場合にはカードローンでの借り入れをするという方法もあります。

カードローンとは、ATMでお金を引き出す様な方法で借り入れを行うローンのことをさします。カードローンは無担保でお金を借り入れる事が出来るローンの一形態ですが、借入に対して借りたお金をきちんと返せるかどうかの審査が必ず行われます。カードローンは審査に通過した際に設定される借入限度額内であれば、借り入れや返済が自由にできるのが特長です。

みずほ銀行カードローンでは、最大限度額800万円と枠が大きいため、万が一のお守り代わりにしておくのも手です。また、みずほ銀行カードローンでは住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げています。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

みずほ銀行カードローンのメリット

・実質年率2.0%〜14.0%と低金利
・月々1万円からの計画的な返済が可能
・キャッシュカードにカードローン機能付帯することが可能だからすぐに利用することもできる


カードローンは一般的なローンとは異なり、限度額内であれば借り入れや返済を繰り返す事ができるものなので、何度も借り入れを繰り返しているうちに、まるで預金通帳からお金を引き出しているような感覚に陥り、なかなか完済できずにずるずると借り入れを繰り返してしまう人も少なくありません。みずほ銀行カードローンであればキャッシュカードにカードローン機能付帯することが可能だからすぐに利用することもできます

(例)金利17.8%で10万円を借り入れ、毎月1万円+金利を返済した場合
・総支払い回数  10回(10カ月)
・返済総額    108,155円
・支払い利息総額   8,155円

カードローンも信用によって借り入れを行っているため、取引の実績がまだないユーザーは信頼度も低いため殆どの場合上限金利である17.8%が適用されることになります。金利が高いと言う事は、利息として支払わなくてはいけないお金が増えてしまうということなので、無計画に借り入れを行うと完済がなかなか出来なくなってしまうこともあります。借入を行うのであれば必要最低限の額で、かつ無理のない返済の計画が立てられる額に留めましょう。

カード選びで利用限度額を多くする方法

新規で一般のクレジットカードに申し込みを行い審査に通過した場合、最初に設定される限度額は平均して10〜30万円だと言われています。また、クレジットカード会社や申込者の経済状況、審査で判断された内容によっては思っていたよりも利用限度額が少ない場合もあります。

クレジットカードは信用を基礎として成り立っている契約だと言っても過言ではありません。カードのユーザーがそのカードで決済した金額をきちんと払えるかどうかを判断されるのが審査です。そしてクレジットカードのランクによってその審査の厳しさや基準は変わってきます。

一般カードに比べてゴールドカードは審査基準が厳しく通りにくいカードではありますが、一般カードに比べて多くの特典が用意されているだけでなく、利用限度額が初めから一般カードよりも高く設定されていることが多いのです。そのため、利用限度額が多いカードを持ちたい場合には申し込み基準を確認した上でゴールドカードまたはゴールド以上のカードに申し込む方法もあります。


最初から利用額の多いゴールドカードを持つ場合でなければ、利用額の増額はクレジットカードを利用し、きちんと支払いをするという実績を重ねている事が前提となっており、しっかりと信用を積んでいく必要があります。一朝一夕に限度額を上げられる方法はありませんが、クレジットカード会社との信頼関係を築くことが、限度額の増額に至る1番の方法です。

みずほ銀行カードローンは、業界最低金利のカードローン。
電話連絡なし、郵送物なし!最高800万円まで借入れができます。
担保・保証人は一切不要で、来店も不要。
ネットで全国どこからでもお申込が可能なWEB完結となっています。

年率 限度額 審査時間
2.0%〜14.0% 最高800万円 -
融資時間 返済額 担保・保証人
- 月10,000円〜 不要
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ