• このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードの作り方と基礎知識

ETC

高速道路や有料道路の料金所を
ノンストップで通過するために必要なアイテムといえば、ETCカードですよね。

このページでは、初めてのETCカードに備えたETCカードの基本的なことから、ETCカードのサービスや申込み、使い方、疑問、そしてお得なETCカードを取得するための選び方などをまとめてみました。

ETCカードをすぐに選びたい方は、
おすすめの年会費無料ETCカード ベスト3を見てピッタリの1枚を選びましょう。

ETCとは「Electronic Toll Collection System」の略称であり、有料道路における料金の支払いを自動化させるシステムのことです。

ETC利用率は年々上昇しており、平成28年8月現在では利用率90.4%という驚異的な普及を見せています。

ETC開始直後こそ車載器を改めて購入しなくてはいけなかったり、ETCに対応したクレジットカードなどが少なかったりなど障害がありましたが、現在車を購入する際はETC車載器の搭載は基本装備となり、多くのクレジットカードがETCカードの発行に対応しているという背景があるでしょう。

そんなETCカードですが、対応するクレジットカードによってお得度が変わってきますので、自分にあったクレジットカードとETCカードしっかりと見つけて申し込むことをおすすめします。

すぐにお得なカードを知りたい方はこちら
おすすめの年会費無料ETCカード ベスト3

有料道路はなにもETCカードが無いといけないというわけではありません。
ETCが導入される前のように料金を現金で支払いをすれば何も問題なく利用することはできます。

まだETCカードを使っていない人の中には「あまり必要性を感じていないから」という人もいるでしょう。

しかし、同じ有料道路を使うにしてもどうせなら少しでも便利に、お得に使えた方がいいですよね。

そこでまずはETCカードを持つことのメリットについてまとめます。

メリット1:料金所の混雑を回避できる

ETCカードを利用する目的は人によって差はありますが、中でも最も大きな理由として挙げられるものが「料金所の混雑を回避できる」という点です。

従来の現金で支払う方法ではお金の受け渡しが必要になるため、必ず車の流れが一度途切れることとなります。
そのため高速道路の利用者が多い時期になると料金所を起点として大渋滞を引き起こすこととなります。

しかし、ETCカードを利用すれば料金所で車の流れを止めることなく決済することが可能となりますので、上記のような渋滞が生じる自体というのは非常に少なくなります。

渋滞に巻き込まれて無駄に長時間の運転になることもないので、ドライバーや同乗者のストレスはかなり軽減されることとなるでしょう。

メリット2:ガソリンが節約できる

ETCカードで料金所を通過する時は、少しスピードを落とす必要はありますが停車をさせることは起きません。

そのため車の停止・発進の回数が激減し、結果的にガソリンの節約に繋がることとなります。

メリット3:左ハンドルの車を利用している人は苦労が減る

ETCカードは海外製の車を利用している人にとっても大きなメリットがあります。

日本は左側通行で右ハンドルというシステムが一般的なため、料金所もドライバーの右側にあるのですが、もしも左ハンドルの車を運転しているとしたらお金の受け渡しも一苦労となります。

ETCカードがあればこのような苦労はなくなり、快適な運転を楽しむことができます。

メリット4:ポイントを貯めることができる

ETCを利用することでポイントが貯まるというのは利用者からすると非常に嬉しいメリットです。

現金での支払いでは当然のことながらポイントを貯めることはできませんが、クレジットカードと紐付いているETCカードならETC利用料金分もクレジットカードの利用と同義になるためポイントが貯まります。

しかし、ポイント還元率が各クレジットカードによって異なったり、中にはETCカードの利用はポイント獲得対象外というクレジットカードもあるので、ポイントを重視する際は「ポイント還元率」と「ETCがポイント獲得対象か」という部分に気をつけて申込みをしましょう。

ETCマイレージサービスも忘れずに登録しよう!

先程お話したポイントとはクレジットカードに付与されるポイントを指しますが、それとは別にETCマイレージというポイントも存在します。
このETCマイレージとは高速道路の利用料金によってポイントが貯まり、貯まったポイントは無料通行分として利用料金に還元される仕組みとなっています。
ただ、このETCマイレージはETCカードを利用すれば自動で加算されていくというものではなく、最初に登録が必要となるので注意してください。
詳しい登録方法などについては下記のリンクにて詳しく解説しています。
ETCマイレージサービスの新規登録方法


有料道路を使う時にお得なETCカードですが、実際に申込みをしてから請求が来るまでの流れを簡単にご説明します。

手順1:申込み

決めたクレジットカードの申込みボタンから自分の基本情報を記入後、オプション・サービス登録などのなかからETCカードにチェックをつけて申込みをします。

インターネット入会だと、入会特典がつくほか郵送よりも審査・カード到着が早くなるのでお勧めです。

お急ぎであればセゾンインターナショナルのようなカウンター受取可能・即日発行対応のクレジットカードを選んでおきましょう

手順2:審査・カード発行

申込んだクレジットカード会社にて審査。 審査完了後、クレジットカードとETCカードが発行されます。

手順3:ETCのセットアップ

ETCカードが届いたら車についている車両情報がインプットされた車載器にETCカードを差し込みます。

もし車載器が標準搭載されていない場合は別途設置する必要があります。

車載器の選び方やセットアップ方法・取り付け工賃については下記のリンクで詳しく解説しています。
ETC車載器選び・セットアップ・取り付けまでを解説
ETC車載器の取り着け工賃

※引越で登録住所が変わった、車両のナンバープレートが変ったときなどは再度セットアップが必要となりますので、事前に確認しておきましょう

カードの使い方に関しては下記のリンクで詳しく解説を行っています。
【初心者からのETC】使い方の流れを丁寧に解説します

手順4:ETCマイレージへの登録

ETCはクレジットカードのポイントにほかにETCマイレージというサービスがありますので、お得に使いこなすためにもETCマイレージサービスには登録しましょう。

カードポイントとETCマイレージの両方をお得に貯めるなら、ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

ETCマイレージの登録方法やカード変更時のポイント引き続き方法などの解説はこちら
ETCマイレージサービスの新規登録方法
貯まったETCマイレージの使い方
ETCカードを変更してもマイレージのポイントは引き継げる

手順5:ETCカードの利用

高速道路・有料道路に乗る前にETCカードを車載器へ挿入しておきます。
これで乗り降りのときの停車がなくなります。

もしETCカードの入れ方やETCゲートを通り方が不安という方は下記のリンクもチェックしましょう。
【初心者向け】ETCカードの入れ方とETCゲートの通り方

手順6:請求

ETCカードを発行したクレジットカードから請求があります。

ETCカードはクレジットカード一体型とETC専用カードの2種類がありますが、どちらも請求先はクレジットカードとなります。

ETCカードは下記のカード発行会社で作ることができます。



一覧を見るだけでも多くのカード発行会社でETCカードを扱っていることがわかります。
でもネーミングやマークだけでETCカードを選んでしまっては、せっかくのお得を逃してしまいますので、ここでしっかりと見極めていきましょう!

まずETCカードは クレジットカードの追加カードとして申込むことで発行されます。

なので、クレジットカード1枚にETCカード1枚と考えるのが一般的となり、 年会費もそれぞれのカードに発生します。

そこでETCカードをお得に作るために必要なのが、クレジットカードの 年会費もETCカードの年会費も無料なところを選ぶということ。

最近ではETCの利用率が上がっていることを受けて、ETCカードを有料としてきているところも多くなってきました。

でも、ただ「無料」で作るのはおもしろくないですよね。

例えば 入会特典のほかにカードを使うたびに大きなポイントが付くクレジットカードを選んで 「使う」ことでお得をもらったりできるように、自分が一番得だと思えるものを選ぶようにしていきましょう。
入会特典のないカードに申込むよりも、入会特典のあるカードは断然、お得!


誰でもお得にETCカードが作れる3カ条

特にBの今だけの入会特典やクレカラボ限定入会特典は
今のチャンスを逃したり、ほかのサイトでは手に入れることのできないもの
なので、
ここでちゃっかりとお得を頂いていきましょう。

ETCカードを選ぶ際のポイントは複数あり、人それぞれによって判断基準は異なりますが、人気のあるクレジットカードというものは自然と集中する傾向があります。

その理由としてはETCの利用がお得なだけでなく、普段使いとしても魅力的であることがほとんどです。

そこで当サイトがおすすめするETCカードとしの利用はもちろん、日常生活での利用でもメリットの多いETCカードが無料で使えるクレジットカードをご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・カード(以下:アメックス)はステータスカードとして世界中に愛用者のいるクレジットカードです。

アメックスはそのカードの性質から「維持費の高いクレジットカード」と思われていますが、実はETCカードに関しては年会費が無料となっています。

以前までは年会費が必要だったのですが、サービスが改定されて年会費が無料となったことで、既存のアメックスホルダーの方はもちろん、これからアメックスを申し込もうと考えてた方にとってはプラス要因となるでしょう。

クレジットカード自体の年会費は12,000円+税かかりますが、今なら初年度の年会が無料となる入会キャンペーンを実習中のため、初年度のうちにアメックスの特典を多く体験して、今後も継続利用するのかそれとも別のカードに乗り換えるのか検討するという方法もできます。

ただ、一度アメックスを利用すると、そのサービスの厚さから他のカードに移ることはできなくなるということを多くの方が感じるはずです。



アメリカン・エキスプレス・カード

JCB CARD Wは2017年10月24日より新規申し込みを開始したJCBの新しいプロパーカードです。

このカードの特長はクレジットカード本体とETCカード両方の年会費無料かつポイント還元率が非常に高いこと。

通常のJCBカードのポイント還元は1,000円=1ポイントとなっており、1ポイントあたり5円相当なので還元率は0.5%になりますが、JCB CARD Wは1,000円=2ポイント還元と2倍で計算されるため、還元率は1%と高水準です。

そこに加えて、専用のショッピングモールやJCB ORIGINAL SERIESパートナー(Amazonやスターバックス・セブンイレブンなど)で買い物をすると還元率が2%〜3%は当たり前になります。 申込み要件として39歳までという年齢制限がつきますが、39歳までに申込みをしてしまえばその後も問題なく利用することはできます。



JCB CARD W

三井住友VISAカードは銀行系クレジットカードとして人気のクレジットカードです。

三井住友VISAカードのETCは厳密には年会費500+税がかかるのですが、初年度が年会費無料であり、年に1回でもETCカードを利用すれば翌年度の年会費が無料になるので、実質年会費は永年無料といえるでしょう。

ポイント還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同水準ですが、会員専用のショッピングモール経由で買い物をすると最大で20倍のポイントを貯めることができます。

対象となっているショップはAmazonや楽天をはじめとした大手ショッピングサイトやユニクロ、ロフト、イトーヨーカドー(ネットスーパー)、ビックカメラなど多岐にわたるため、買いたい物が見つからないということはほとんど無いはずです。

クレジットカード本体の年会費は1,250円+税必要ですが、初年度は年会費無料で、翌年も条件を満たせば年会費が無料となるので、非常にコストパフォーマンスの高いクレジットカード。

一般的なクレジットカードと比べてサービスの質は高く、ステータス性もあるので、しばらく利用を続けていずれはゴールドカードのインビテーション(招待)を狙うというのもおすすめです。


三井住友VISAカード

ご紹介したアメリカン・エキスプレス・カード、JCB CARD W、三井住友VISAカードはどれもETCカードを発行できるクレジットカードの中でもおすすめです。


アメリカン・エキスプレス
・カード

JCB CARD W

三井住友VISA
クラシックカード
年会費
初年度年会費無料
12,000円+税
無料
1250円+税
初年度年会費無料
※条件につき、翌年度無料
ETC年会費 無料
※新規発行手数料850円+税
無料
年会費:500円+税
※初年度年会費無料
※年間利用回数が1回以上で翌年度無料
カード発行期間 約1週間 最短3営業日 最短3営業日
ポイント
プログラム
メンバーシップリワード Oki Dokiポイント ワールドポイントプログラム
ポイント還元 100円=1ポイント
パートナー提携店利用で最大5倍
1,000円=2ポイント(1ポイント=5円相当)
提携ショップ利用で最大20倍
1,000円=1ポイント(1ポイント=5円相当)
提携ショップ利用で最大20倍
付帯サービス 海外旅行保険:最大5,000万円
国内旅行保険:最大5,000万円
ショッピング保険:500万円
空港ラウンジ無料利用
プライオリティパス年会費無料
海外旅行保険:最大2,000万円
ショッピング保険:最大100万円
海外旅行保険:最大2,000万円
ショッピング保険:最大100万円

おすすめカード3枚以外にも多くのクレジットカード会社がETCカードも発行しています。

それぞれのメリット・デメリットについては下記のリンクにて詳しく解説されていますので、リンク先に気になるカードがある方やおすすめカード以外も確認をしたいという方はぜひ参考にしてください。

*
ダイナースにETCカードは存在する?その発行方法とメリット

*
レクサスのETCカードってどうなの?メリットと発行方法

*
エネオスのETCカードには一体型もある!?その作成方法

*
楽天のETCカードを作るメリット・デメリット

*
ETCカードを作るならイオンがGood!その理由とは

*
オリコETCカードの申し込み方とお得な利用方法

ETCカードを比較

ETCカードは普及率の高さから私達の日常生活に溶け込んでいるツールだと言えます。

しかし、実際にETCカードに申し込む、利用するという時には何かしらの疑問が必ず起こりますよね?

そこで実際に寄せられる疑問・質問の中で特に多いものをピックアップしました。

現在使っている以外のETCカード以外を使いたいという時は車載器に差し込んでいるETCカードを替えればすぐに使うことが可能です。

ただし、車載器を変更して場合は、再度ETC車載器に車の情報を入力しなくてはいけません。

またETCマイレージでポイントを貯めていた場合は、ETCカードを変更した時にポイントの引き継ぎをしないと今まで貯めていたポイントが無駄になってしまいます。

ETCカード変更の際のマイレージ引き継ぎについて詳しく知りたい方はこちら
ETCカードを変更してもマイレージのポイントは引き継げる

ETCカードを解約する場合はクレジットカード会社へ連絡をして手続きを進めることとなります。

解約の際に貯まっていたETCマイレージポイントは全て失うこととなるので、ポイント残高を確認してから解約手続きを行いましょう。

そして一度解約したETCカードはもう使うことはできず、再度クレジットカード会社へ再発行をしてもらっても別カード扱いになるため、気をつけましょう。

ETCカードの解約ついてのチェックポイントについてはこちら
ETCカードの解約方法と要チェックな注意点まとめ

ETCカードの有効期限が近付いてきたら、クレジットカード会社より新しい有効期限が記されたETCカードが届きますので、有効期限が切れてしまったETCカードはクレジットカード会社の指示に従って破棄、または返却をして新しいETCカードを利用しましょう。

更新時に新しいETCカードが届かなかった場合は、クレジットカード会社に連絡を入れるのがよいでしょう。

更新といっても再審査が行われていますので、クレジットカードやETCカードが発行されたからとむやみに使わないように、返済はきちんとするのが大切です。

ETCカードのカード番号は変わりませんので、この辺は安心しておきましょう。

ETCカードの有効期限についてさらに詳しく知りたい方はこちら
ETCカードの有効期限が近づいたら更新手続きは必要か?

学生でも作ることは可能です。

ETCはクレジットカードと紐付いて発行されるため、学生でも申し込むことができ、ETCカードの取り扱いもしているクレジットカードなら作ることができます。

最近は学生でも作ることができるクレジットカードが増えてきているので、その中から自分の使い方にあったカードを選んで申込みましょう。

学生でも申込みが可能でETCカードが無料のクレジットカードについてはこちらで詳しく解説しています。
学生VISAカードの申し込みから発行までの日数で分かる発行基準

家族カードからでもETCカードは発行可能です。

ただし、ほとんどのクレジットカード会社は「カード一枚に対してETCカード一枚」という形を取っているので、もしも追加でETCカードが欲しいとなった時は、必要枚数分の家族カードも用意する必要があります。

ETCカードには個人用と会社用(ビジネス法人)があります。

法人カードのETCカードは、ETC利用分を経費計上として上げられるほかにも経費計算の効率化も図ることができるため、近年は法人カードを取り入れる企業も増えてきました。

法人カードは選んだ先により、ポイントも貯まりますので、社内で要望のあった空気清浄機へ交換したり、社員旅行へ向けて旅費に充てられたりと、経営者としてポイントの使い道も広がります。

お得な法人ETCカードについてはこちら
法人ETCカードを年会費無料で無制限に発行できるクレジットカード
オリコ法人カードの審査に落ちないための3つの方法

ETCというと車のイメージが強いですが、車と同じように車載器を積んでバイクの個体情報を登録すれば二輪車(バイク)でもETCカードを利用することができます。

ただし、ETC車載器は車用ではなく必ず二輪車専用のものを用意しましょう。

もしも二輪車に車の車載器を搭載してしまったら「車両情報とセットアップ情報が異なったままETCカードを利用している」とみさされ、ETCシステム利用規程違反となりますので注意です。

バイクでETCを使う方法についての詳しい解説はこちら
バイクでETCを使う方法は?カード・車載器の取り付け方

ETC2.0とは全国高速道路の約1,600ヵ所に設置されている「ITSスポット」というアンテナと車載機器との間で、高速通信を行うことで、渋滞情報や安全運転支援、災害時支援情報などの情報提供サービスや経路情報を活用したサービスを指します。

ETC2.0をさらに詳しく知りたい方はこちら
ETC2.0サービスの活用法とおすすめ最短発行のETCカード

ETCカードの自体に上限額は設けられていません。

ETCカードと連携しているクレジットカードの限度額がETCカードの上限金額となるため、もしも限度額を増やしたいということであれば、クレジットカード会社へ連絡をして限度額アップの申込みを行いましょう。

ETCカードを比較

ETCカードは基本的にクレジットカードによる追加カードとしての位置づけですが、クレジットカードに申込まなくてもETCカードを作ることができます。

それが『ETCパーソナルカード』です。

ETCパーソナルカードとは?


@デポジット(前もっての入金)をすることで発行されるETCカード
A利用分は申込時に書いた銀行口座からの引落
Bクレジットカード会社による審査がない
CETCマイレージにも登録が可能


ETCカードのみの発行はお金がかかる?
クレジット機能がないETCパーソナルカードの作り方
を紹介


ETCパーソナルカードは申込申請後に提示されるデポジットを入金し、 ETC料金を引き落とす口座を記入して返送することで発行されるETCカードで、 クレジットカード会社による審査がないという部分から、ETCカードのみを持ちたいという方に選ばれているカードとなっています。

クレジットカードにより後払いが嫌いだ。
その場ですぐに支払いたい。


という理由でETCパーソナルカードを発行するのも良い方法ですが、ETCパーソナルカードも毎月末日を締切日とし、翌月27日に銀行口座から引落となるため、クレジットカードのETCカードと同じ後日払いとなっています。

またETCパーソナルカードは年会費が必要で、 カードを発行するのにデポジットという預け金も必要となります。

そのため、クレジットカードのETCカードを作った方が年会費(ETCパーソナルカード/1234円)やデポジット(預け金/最低4万円)分、抑えることができますので、審査に不安がないのであればクレジットカードのETCカードを検討しましょう。

クレジットカードとETCカードともに年会費無料タイプのものを選べば、使っても使わなくてもコストはかからず、管理ができるか心配という方はETC専用として使うこともできます。

ETCカードを作るなら、年会費無料もしくは自身のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

ETCカードを研究しよう




ETCカードかんたん絞り込み検索

  • ETCカード審査不安な方
  • ETCカード
  • 年会費無料ETCカード
  • ETCカード即日発行
年会費
特徴
カード
発行期間
種類
付帯保険
 
電子マネー
国際
ブランド
 
カード
ブランド
この条件で絞り込み検索

ETCカードの基礎知識TOP


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ