エポスカードとエイブルの協業で連帯保証人が不要! 家賃の支払いでポイントも貯まり契約がシンプルに

エポスカードがあれば連帯保証人要らずでエイブルから賃貸できる!家賃支払いでエポスポイントが貯まってお得

これまでの賃貸住宅の契約時には必ず連帯保証人が必要で、連帯保証人がいない場合は賃貸契約ができないこともありました。2020年の民法改正により、保証契約は連帯保証人を前提とした契約から、保証会社の利用にシフトすることが見込まれており、それを先取りする形でエポスカードがエイブルと協業し、2018年4月から家賃保証サービスを開始しています。

エポスカードの家賃保証サービスは、2018年中には全国規模での展開を予定しているため、エイブルではエポスカードを持っていると契約がスムーズになることが予測できます。エポスカードは家賃保証を行い、いわゆる保証会社としての役割を担います。エポスカードでの家賃支払いをすることで、エイブルに対し家賃の立て替え払いとなり、入居者は後日エポスカードに家賃を支払うようになります。

入居者は、家賃をエポスカードの利用料金として支払うことにより、200円→1ポイントがもらえます。入居者にとっては連帯保証人を探す手間が省けることや、毎月の家賃支払いでポイントが貯まるメリットが増えていきます。個人のクレジットカードの信用があれば、賃貸契約が結べるので、今後引っ越しを予定している方にはとても良い流れだといえます。

近年では、部屋を借りたくても連帯保証人を見つけることが困難なケースが増えており、それに対応するための家賃保証サービスで、高齢化社会にも適応する流れをくんでいます。今後の民法改正も含め、保証会社が家賃の保証サービスを実施するケースは今後増えていくと考えられ、クレジットカードの正しい使い方にも大きく影響していくことでしょう。

エポスカードを毎月の家賃で使い、一定額以上の利用を積み重ねることができることや、Applepayなども合わせて利用することで、【Apple Payでエポスカード利用しゴールドカードのインビテーションをもらう方法(/column/article/article492.html)】も上手く使いこなせる可能性が出てきます。ゴールドカードへのグレードアップが身近になることも、入居者にとってはプラスに作用するといえます。

今後賃貸保証にも使えるエポスカードの基本情報を確認

  • 入会資格・・・国内在住の高校生を除く満18歳以上の方
  • 年会費・・・永年年会費無料
  • 国際ブランド・・・VISA
  • 付帯保険・・・海外傷害保険(自動付帯)最高500万円
  • 付帯サービス・・・エポスVisaプリペイドカード・ETCカード・バーチャルカード・Apple Pay
  • ポイント・・・エポスポイント200円→1P

エポスカードは、年会費無料で入会できるのに、自動付帯で海外旅行傷害保険がついていることが特長です。また追加できるカードの種類も豊富で、ポイントプログラムも充実しています。学生の申し込みも可能なため、初めてのクレジットカードとして申し込むこともおすすめできます。

エポスカードの7つのポイントの貯め方と10大特典を紹介

エポスカードで貯める7つのポイントの貯め方

エポスポイントは、200円のカード利用額に1ポイントが付与されるポイントで、リボ払いや分割払いの場合は3回以上の支払いで2倍の2ポイントが付与されます。貯めたポイントは1ポイント→1円として、支払いに使うことができます。7つのポイントの貯め方をうまく使って、ザクザク貯める方法を紹介します。

1.店舗でのカード利用で貯める

店舗で買い物をするときの支払いをカード払いにすることで、ポイントが貯まっていきます。VISA加盟店ならどこでも使用でき、エポスカード提携店ならボーナスポイントがもらえます。もちろんその他のショッピングにもカード払いにすることでエポスポイントを貯められます。

2.ネットショッピングの際のカード決済で貯める

ネットショッピングのときは、必ず「たまるマーケット(https://tamaru.eposcard.co.jp/)」経由で利用すると、2倍〜最大30倍のボーナスポイントがもらえます。旅行やホテルの予約を取るときも、会員専用サイトの「エポトクプラザ(https://epotoku.eposcard.co.jp/index.html)」を利用すると最大で6倍まで獲得ポイントがアップします。

3.毎月の支払いをカード払いにして貯める

毎月の携帯電話料金、電気代・ガス代・水道代などの公共料金、その他クレジットカード払いが可能な支払いをエポスカードにまとめることで、200円→1ポイントが貯まります。家賃もエポスカード払いにできるRoomiDなら家賃分のポイントも合わせてザクザク貯められます。

4.電子マネーにチャージして貯める

楽天Edy・モバイルSuicaなどの電子マネーにはクレジットカードからチャージが可能です。電子マネーへのチャージはエポスカードからチャージすれば、コツコツ貯められます。

5.エポスカード公式アプリで貯める

エポスカードには公式アプリがあり、収支管理のほかに、ひと息つけるミニゲームが付いています。1日1回「ハイ&ロー」ゲームをして勝つと、エポスポイントが付与され、コツコツ派の方に楽しみながら貯められる方法です。

6.キャンペーンの活用で貯める

エポスカードには、キャンペーン情報の配信やカード情報の変更などを扱うエポスネット(https://www.eposcard.co.jp/memberservice/pc/login/login_preload.do)があります。エポスネットからキャンペーンに参加することでポイントがもらえます。また、エポスカードへの新規入会者を紹介することでもポイントがもらえるので、家族や友達に声をかけてみることもおすすめです。

7.ゴールドカード特典を活用する

ゴールドカードを持っている方は、年間50万年以上の利用、選べるポイントアップショップの利用でボーナスポイントがもらえます。

エポスカードの10大特典を紹介

  1. 永年年会費無料のカードなのに、海外旅行傷害保険が自動付帯します。
  2. 日本全国の飲食店で割引優待や、優待サービスを受けられます。
  3. 各種レジャー施設の入寮料金など特別価格で入場できる特典が利用できます。
  4. SHiDAXのカラオケならRoom料金30%+エポスカードの支払いでポイントが5倍になります。
  5. 美容院やネイルをするときも割引優待を受けられます。
  6. 旅行気分が味わえる日帰り温泉や、スパなど癒しスポットで入場料金の割引優待を利用できます。
  7. 人気公演を含めた舞台やイベントのチケットも特別優待価格で利用できます。会員貸し切り公演も開催しています。
  8. タイムズのレンタカーなら基本料金最大15%OFFでレンタカー・カーシェアが利用できます。
  9. エポトクプラザの利用で、ツアーや航空券の予約をするとポイントアップ特典が利用できます。
  10. エポスカードと提携する商業施設でのショッピングは、ボーナスポイントがもらえます。

エポスカードの家賃保証を利用すればシンプルな賃貸契約ができる!

エポスカードは、年会費無料で入会できるクレジットカードで、18歳以上の学生の方(高校生を除く)なら申し込みが可能なカードです。初めてのクレジットカードとしてはもちろん、家賃の支払いに使用が可能となれば、1人暮らしには欠かせないカードになるでしょう。

エポスカードは家賃の支払いのほかに、普段のショッピングや毎月の支払いにも使えるカードです。初めての1人暮らしでお金の管理に不安があるときや、どれくらい生活費がかかるのかも、エポスカードとエポスカードアプリがあればすぐに把握できるようになります。

ポイントも一見すると貯めにくい印象がありますが、使い方次第ではザクザク貯めることができ、他社のポイントとの交換にも幅広く対応しているので、持っていてよかったと思えるクレジットカードになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ