三井住友カードを永久に年会費無料で使う方法

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


三井住友カードは2年目以降も年会費無料にする方法がある
三井住友カードはWeb申請で初年度無料となりますが、2年目以降は年会費が必要なカードです。
せっかく無料で使えたのに年会費がかかるようになると継続して利用するのを迷ってしまうかもしれませんよね?しかし、三井住友カードはとある条件を達成すると2年目以降も年会費無料にできるのです

三井住友カードは銀行系のクレジットカードとしてステータス性も高く、サービスが充実しているため日本で非常に人気のあるクレジットカードです。

サービスが充実しているクレジットカードは年会費が必要になるケースが多く、三井住友カードもその一つです。

しかし、三井住友カードには年会費を無料または割引する方法が存在します。

2年目以降の年会費を割引する方法

三井住友カードの年会費を下げる方法は2つあります。


三井住友VISAカード 三井住友カードの年会費を下げる方法
方法①

マイ・ペイすリボに登録をする

方法②

カードご利用代金WEB明細書サービスに登録する

方法③

前年度のカード利用金額を条件達成する

②は他と重複割引ができますが、①と③は重複割引できず、割引率が高い方が適用されます。

(※年会費割引の条件が2021年2月以降「マイ・ペイすリボに登録をして、年に1回以上利用する」から「マイ・ペイすリボに登録後、年1回以上リボ払い手数料を発生させる」に変更されます)

そして上記サービスに登録している組み合わせで割引の金額が決まります。例えば①と②の場合、


マイ・ペイすリボに登録&年に1回以上利用 カードご利用代金
WEB明細書サービスに登録
割引後年会費
無料
750円+税
無料

①で年会費が無料になり、②のカード利用代金のWEB明細証明書サービスに登録すると年会費が550円割引されます。

よくある「年間50万円以上の利用」といった高いハードルではなく、指定のサービスに登録をするだけなので誰でも年会費を無料にすることが可能です。


となります。一方で③は2段階の割引があり、三井住友カードの年会費は以下のように割引されます。

前年度のカード利用金額
100万円以上300万円未満 300万円以上
次回年会費が半額 次回年会費が無料

②のWEB明細書サービス登録と組み合わせると、年会費が以下のようになります。

前年度のカード利用金額 100万円以上300万円未満 300万円以上
WEB明細書サービス登録 なし あり -
年会費 687円(税込) 137円(税込) 無料

例えば、年間100万利用してWEB明細にするだけでも年会費が1割ほどになります。「リボ払いは避けたい」という方は、生活費やお買いものなどの利用料金を三井住友カード1枚にまとめる事で、利用料金の条件達成を目指してみてはいかがでしょうか。


信頼と安定のVISAカード
三井住友カード



マイ・ペイすリボって支払いをリボ払いにする機能?

年会費を無料にするにはマイ・ペイすリボの登録が必須ですが、このサービスは支払いを自動でリボ払いにするというサービスになります。


三井住友カード公式サイトより

「え?リボ払いなんて怖いから登録したくない」と思う方も多いかもしれませんが、マイ・ペイすリボはリボ払いに登録をしつつも、月の支払い金額の設定を変更することで通常のカード決済と同様に実質一括払いにすることが可能です。

もしリボ払いを回避する方法があっても、そもそもリボ払いの登録はしたくない…と考えている方はWEB明細書のサービスに登録をするだけで年会費が割引されます。

WEB明細書のサービスへの登録だけでも年会費はかなりお得になりますので、リボ払いが気になる方はこちらの方法での運用も検討しましょう。



リボ払いってお得なの?
リボ払いは手数料がかかるので一般的にはマイナスのイメージがありますが、上手く利用することで普段の生活に負担を与えることなく支払いをすることが可能です。

急に高額の出費をしなくてはいけなくなった時でも月々に支払う金額は一定となるため、「この金額まではギリギリ毎月払える」という金額に設定をしておくことで発生する手数料も最小限に抑えつつ日常生活をするにあたって必要な金額を常に確保することができます。


三井住友カードは入会キャンペーンを実施中!

★簡単条件★今なら最大12,000円プレゼント!

現在三井住友カードは新規入会の方限定でカードの利用金額の20%(最大12,000円)をもれなく還元するキャンペーンを実施中です。

20%還元が適用される条件は設定されていますが、決して難しいものではないので心配することはありません。

  • キャンペーン期間中に、新規にクレジットカードにご入会
  • カードご入会月の2ヵ月後末までに、Vpassアプリへログイン
  • カードご入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用

上の3項目が還元される条件となります。

Vpassアプリというのは三井住友カードがリリースしているスマートフォン向けアプリのことで、カードの利用状況やキャンペーンなどのお得な情報が発信されます。

このアプリにログインをしないと条件を満たせないので、入会後カードの利用以外にもアプリのダウンロードとログインを忘れずに行いましょう。



日頃のキャッシュレスが全額還元(上限10万円)!

2020年10月1日~12月31日までの期間、With Cashless キャンペーン第2弾が実地されており、当選するとお買い物に利用した金額(上限10万円)が返ってきます!

当選発表のタイミング

第1回 11月20日まで
第2回 12月18日まで
第3回 2021年1月22日まで

「三井住友カード Vpassアプリ」へログインして、対象カードを使ってネットやお店で利用するだけで、全額還元(上限10万円)のチャンスです!

三井住友カードに入会するならお得な今が狙い目!

三井住友カードに興味があった方は、カードデザインも刷新されお得なキャンペーンも実施されているのでこの機会をお見逃しなく!

入会キャンペーンへ申し込む

ただ、リボ払いはしたくない場合はマイ・ペイすリボの返済額を全額返済に設定すると、普通のカードと同様の1回払いとなるので安心を。

また自分で毎月の上限額を決めて設定することもできるので 不便さはありません。

ここで、「マイ・ペイすリボ」のリボ払い回避方法をみていきましょう。

支払金額の設定を変更して手数料回避

マイ・ペイすリボでの毎月の支払額をカードの限度額にすることで、手数料を回避することができます。

①「リボ払い&キャッシング」コーナーから「マイペイすリボ」の「お支払い金額変更」ボタンをタップ。

全額返済設定



②マイ・ペイすリボのお支払いコースを変更するために「増額を申し込む」ボタンをタップ。

全額返済設定



これから実質的に毎月一括払いにする

①「リボ払い&キャッシング」コーナーから「マイペイすリボ」の「お支払いコース変更」ボタンをタップ。



全額返済設定



②次の画面で赤い矢印の箇所(現金定額コースの欄)を自分のカード限度額の金額に変更して、「確認する」をタップする。



全額返済設定



これで、マイ・ペイすリボの返済額を全額返済に設定の完了です。

年に一度のみリボ払い手数料を発生させるには?

2021年2月より年会費割引の条件が変更されます。

変更前 変更後
マイ・ペイすリボの登録 マイ・ペイすリボに登録後年一回以上
リボ払い手数料を発生させる

従来よりもやや条件に手間がかかりますが、少しの手数料を発生させることで今までと同様にお得にカードを利用することが可能です。

通常時のリボ返済額は上記の通り全額返済に設定しておいてください。ただ、リボ払いを発生させる必要があるため年に一回、つまり一か月間だけ支払い金額を減らします。

月の支払い額がリボ払いで設定した支払い金額を超えた場合手数料が発生するので、さきほどは増額を選択しましたが今回の場合は減額を選択し金額を指定します。

特に「あとからリボ」では月の支払い額が確定してからリボ払いの支払い金額を指定・変更することで、支払い手数料を最低限に抑えることができるため積極的に利用していきましょう。

最初にご紹介したカードは三井住友カードの中でも最もスタンダードな「三井住友カード(旧クラシックカード)」というものですが、サービス登録による割引は他のカードも対象になっています。

三井住友カード ゴールド


三井住友カード ゴールド
三井住友カード ゴールド
マイ・ペイすリボに登録 カードご利用代金
WEB明細書サービスに登録
割引後年会費
5,000円+税
9,000円+税
4,000円+税
基本年会費:10,000円+税


三井住友カード ゴールドもWEBからの申込みで初年度無料で持つことができます。元々の年会費が10,000円+税なので翌年度も無料になることはありませんが、最大で6割ほどの割引がされます。

ゴールドカードを数千円で所有することができるのは非常にお得なので、ゴールドカードの申込みを検討しているけど年会費が気になっていた方は三井住友カード ゴールドも選択肢の一つに入れるのもいいでしょう。

空港ラウンジサービスが無料で使える他、海外・国内旅行傷害保険が最高5,000万円補償されるなどの充実したサービスが受けられます。

まずは年会費無料で持ってみて、サービスに満足いくか試してみてはいかがでしょうか。

ゴールドカードとしての存在感
三井住友カード ゴールド


三井住友カード アミティエ


三井住友カード アミティエ
三井住友カード アミティエ
マイ・ペイすリボに登録 カードご利用代金
WEB明細書サービスに登録
割引後年会費
無料
750円+税
無料
基本年会費:1,250円+税


三井住友カード アミティエは年会費が三井住友カードと同等なので割引金額も同じ設定となっています。

元々女性向けということもあり、女性向けのデザインでしたが大人っぽいシルバーに一新されました。海外旅行保険が一般カードに比べて充実している上、携帯電話の支払いに利用するとポイントが2倍になるというメリットもあります。



女性向けのカードデザイン
三井住友カード アミティエ


三井住友カード デビュープラス


三井住友カード デビュープラス
三井住友カード デビュープラス
年会費割引 年1回以上の利用で翌年度無料
基本年会費 1,250円+税(初年度無料)
入会資格 満18歳以上25歳以下の方 (高校生は除く)


三井住友カード デビュープラスは申請できる年齢が18歳から25歳と限られています。しかし、年会費はたった1度の利用さえあれば翌年度が無料になるので、実質利用実績があれば無料で持ち続けられるオ得なカードです。

26歳以降の更新時は三井住友カード プライムゴールド(年会費税抜5,000円+税/条件割引あり)へ切り替える資格を持てるので、大学生や新社会人で始めてカードを持つ方や、いずれゴールドカードを持ちたいという方に人気の1枚となっています。

また、ポイントも200円で2P貯まるだけでなく、入会後3ヶ月はポイント5倍になるので、入会資格に当てはまる方は三井住友カードよりも三井住友カード デビュープラスの方がポイントが貯まりやすいです。

学生や新社会人におすすめ
三井住友カード デビュープラス


前年度の利用料金の割引に関しては、以下のボタンから三井住友カード公式サイトの最新情報をチェックしてみてください。

三井住友カードは複数種類がありますが、迷ったらまずは最も一般的な「三井住友カード」を選んでみてください。

三井住友カードは通常年会費1,250円がかかりますが、マイ・ペイすリボの登録や利用状況、WEB明細書サービスへの登録などの条件を揃えれば無料で持つこともできます。

クレジットカードの追加勝手を知りたいという場合でも、オンライン入会で初年度無料になるので気軽に試してみてはいかがでしょうか。


まずは
このカード!


年会費


1,250円+税
初年度年会費無料(オンライン入会)

還元率

0.5%~2.5%

発行期間



最短翌営業日
オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行

ETCカード


500円+税
(年1回の利用で無料)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

★簡単条件★今なら最大12,000円プレゼント!
新規入会の方限定でカードの利用金額の20%(最大12,000円)をもれなく還元するキャンペーンを実施中です。
三井住友カードバナー
最短翌営業日のスピード発行に対応
三井住友カードは申し込みから最短翌営業日のスピード発行に対応しています。
申し込んでからカードが届くまでの待ち時間が少ないので、すぐにカードを利用したい人におすすめ。
安心と信頼のカード
カード情報を裏面に集約させたデザインや、アプリで簡単にカード利用を制限できる安心安全のクレジットカード!
サービス登録と利用で年会費が無料になる嬉しい1枚。落ち着いたデザインが人気のカード。
ポイントが貯まりやすい!
セブン・ファミマ・ローソン・マクドナルドの獲得ポイントが常に5倍!さらに選んだ3店で常にポイント2倍!
ステータス性が高い
三井住友カードは入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質無料
ETCカードは年会費500円+税ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料(オンライン入会) 最高2000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短翌営業日 10-80万円




クレジットカードの選び方

関連サイト