一部の富裕層しか持てない最高ランクのクレジットカード6枚を紹介。中には発行費と年会費で100万円かかるカードも!

一部の富裕層しか持てない最高ランクのクレジットカード6枚を紹介。中には発行費と年会費で100万円かかるカードも! トップ画像

年会費が高額なクレジットカードを選ぶ理由とは何でしょう?

それはずばり、単なる支払いツールとしてでなく、会員限定の優待や特典を考慮したときに、高品質なライフスタイルに導く価値があるためです。

最高ランクのカードに興味を持った方へ、一部の富裕層しか持てない特別なカードやそのインビテーションを得る手段について解説します。

この記事でわかること

・世界で一部の人しか持てない6枚のカード
・富裕層向けカードの審査に必要な実績の目安
・豪華な特典を試すのにおすすめのカード
・有名な起業家や投資家が愛用するカード

豪華なサービスを試しに体験したい方へ

まず豪華なサービスを体験したいという方はダイナースクラブカードJCBゴールドがおすすめ。一般的なゴールドカード以上のサービス内容を受けながら、最高級カードの招待にも繋がります。


ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカード
JCBゴールド
JCBゴールド
年会費 24,200円(税込) 11,000円(税込)
国際ブランド ダイナースクラブ JCB
家族カード 5,500円(税込)/1枚 1枚目無料、2枚目以降1,100円(税込)
申し込み資格 年齢27歳以上の方 20歳以上で安定した収入のある方
その他特典 コース料理が2名以上の予約で1名無料になるグルメサービスや空港ラウンジサービスなど多彩な特典あり 利用料金またはコース代金から20%引きになるサービスや空港ラウンジサービス、ラウンジ・キーなど豪華特典
申込先 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら

富裕層が持つことのできるクレジットカードとは

一般の人が持つことができないカード

クレジットカードは現金を持たずにスマートに支払いができる便利なカードですが、その他にも社会的地位(ステータス性)を表すという一面も持ち合わせています。

クレジットカードのステータス性のランクは、一般カード→ゴールドカード→プラチナカード→ブラックカードの順に上がっていきます。

一般的に「ステータス性が高い」と言われるのはゴールドカード以上ですが、プラチナ・ブラックカードは作りにくいカードが多いため、さらに特別感があります。

富裕層向けカードのメリット

プラチナ・ブラックカードは、サービス内容が一般カードに比べ物にならないくらい充実しているため、年会費も非常に高額であることがほとんどです。

しかし、年会費が高い分多くのメリットがあり、特に海外ではステータス性の高いクレジットカードを持っていると、社会的信用が高い人と判断され、さまざまな優遇を受けられるため、海外へよくいく方はステータス性の高いクレジットカードを持っていると便利です。

富裕層向けカードの審査について

では、だれでもステータス性の高いクレジットカードを作ることができるのでしょうか?

審査基準はそれぞれのカードによって違いますが、プラチナカード・ブラックカードのランクはインビテーション制になっていることが多く、カード会社からカード申し込みの招待が届かないと申し込むことができません。

インビテーションの基準はそれぞれのカードによって異なりますが、基本的には、カードの利用実績をみられます。ゴールドカードで年間最低100万円以上、または、数百万円〜数億円の決済実績があるとインビテーションが来る確率が高くなるでしょう。

また、ステータス性の高いクレジットカードは年会費が非常に高額であることが多いため、

  • 年に1回高額な年会費を払うことができる
  • 普段から高額の決済をする

ができる人しか持ち続けられません。そのため、ステータス性の非常に高いカードは富裕層の方向けともいえます。

では、ステータス性が高く富裕層の方しかもつことのできないクレジットカードとはどのようなカードなのでしょうか?今回は富裕層向けの6枚のカードをピックアップして紹介します。

富裕層向けの有名なカード6枚を紹介

アメックス・センチュリオンカード
アメックス・センチュリオンカード
年会費 385,000円(税込)
(別途、入会金に550,000円(税込))
家族カード 4枚まで無料
国際ブランド アメリカン・エキスプレス

日本だけでなく世界でも最もステータス性の高いカードとして評価を得ているクレジットカードがアメリカン・エキスプレス社の発行する「アメックス・センチュリオンカード」です。

アメックス・センチュリオンカードの年会費は385,000円(税込)と非常に高額となっており、さらにそれに加えて入会金が550,000円(税込)かかります。

カードを持つだけで合計で935,000円がかかるため、その初期費用と年に1回かかる高額の年会費を支払っていける方でないと所有できない貴重なカードです。

サービス内容

  • 専属のコンシェルジュサービスが24時間365日利用可能
  • 有名ブランド店を貸し切りでショッピングが可能
  • 高級ホテルの上級会員資格が無条件で得られる
  • エミレーツ航空の上級会員資格を無条件で取得
  • 飛行機で座席が自動的にグレードアップ など

アメックス・センチュリオンカードのインビテーションについて

また、アメックス・センチュリオンカードはインビテーション制となっているため誰でも簡単に持つことのできるカードではありません。

アメックス・センチュリオンカードのインビテーション基準は公表されていませんが、3年で1億円を使うと招待が来るかもしれないと推測されており、日本で所持している方は約7,000人しかいないとも言われています(センチュリオン向けの会報誌の発行部数から概算)。


年会費 660,000円(税込)
入会金 1,100,000円(税込)
国際ブランド Mastercard©

金属製のクレジットカードで有名なラグジュアリーカードには、チタンカード・ブラックカード・ゴールドカード・ブラックダイヤモンドカードがあります。

一般的なカードはブラックカードが最高ランクですが、ラグジュアリーカードの場合はブラックカードよりゴールドカードが上位で、最高ランクはブラックダイヤモンドカードとなります。

ラグジュアリーカード(Black Diamond)には天然ダイヤモンドが埋め込まれ、外見だけでも高級感と特別感にあふれています。内容ももちろん質の高いサービスが充実しているため、年会費は国内最高の66万円(税込)と高額です。

サービス内容

  • ラグジュアリーリムジンやグローバルホテル優待などの充実した優待サービス
  • 会員をよく知る専属の3名のコンシェルジュが24時間365日対応
  • 年2回、NY発ファッションサイト「GILT」の目利き担当者がセレクトした
    究極のカスタマイズギフト(1回15万円相当)をプレゼント
  • 年1回大手エアライン国際線日本-ハワイ便往復
    ビジネスクラス相当のマイルをプレゼント
  • Black Diamond会員や経営者同士が交流できる場を提供
ラグジュアリーカード特集

ラグジュアリーカード(Black Diamond)を持つためには

ラグジュアリーカード(Black Diamond)は完全インビテーション制となっているため、招待が来た人だけが申請を出すことができます。

ラグジュアリーカードと良好な関係を持った会員がインビテーションを得られるため、まずはゴールドカードを持つことを目指してみましょう。

年会費 220,000円(税込)
家族カード 55,000円(税込)/1枚
国際ブランド Mastercard©


JCBザ・クラス
JCBザ・クラス
年会費 55,000円(税込)
家族カード 8枚まで無料
国際ブランド Mastercard©

世界シェアが高いJCBの中で一番ランクが高いカード「JCB THE CLASS」を知っていますか?

JCB THE CLASSは、プラチナカードで年会費は55,000円(税込)と手が届きやすい金額となっていますが、完全インビテーション制となっているため、容易に持つことはできないカードの1枚でもあります。

毎年届く豪華なギフト

しかし、お手頃な年会費であるのに関わらずサービス内容は非常に充実しています。例えば、優待サービスの一つのメンバーズ・セレクションは、年に1回届けられるカタログギフトで、金額にして20,000円相当の商品がプレゼントされます。

また、メンバーズ・セレクションには2種類のコース「厳選ギフトコース」と「エンターテインメント&トラベルコース」があり、自分の用途に合わせて商品を選択できるのもJCB THE CLASSならではの魅力でしょう。

JCBザ・クラスを持つためには

JCBザ・クラスのインビテーションの対象者は、JCBゴールド、JCBゴールド ザ・プレミア、JCBプラチナを保有している方です。そのため、これらのカードをまずは取得し、実績を積むことで招待を待ちましょう。

年会費 11,000円(税込)
家族カード 1枚目無料、2枚目以降1,100円(税込)
国際ブランド JCB

サービス内容

  • ザ クラス コンシェルジュデスクを24時間365日利用が可能
  • JCBグルメベネフィットの利用が可能
  • プライオリティパスが無料
  • ディズニーランドでのホテル優待やラウンジ利用ができる
  • メンバーズ・セレクションは2種類のコースから選択が可能 など

ダイナースクラブ・プレミアムカード
ダイナースクラブ・プレミアムカード
年会費 143,000円(税込)
家族カード 無料(枚数制限なし)
国際ブランド ダイナースクラブ

アメリカに本社を置く世界的ブランドのダイナースクラブの最高級カードが「ダイナースクラブ・プレミアムカード」です。

ダイナースクラブ・プレミアムカードは、年会費143,000円(税込)のインビテーション制のカードとなっており、非常にハイクラスなサービスが多く付帯しています。

無料の家族カードは発行制限無し

また、家族カードは発行無料で枚数の制限がないため、家族でダイナースクラブ・プレミアムカードを持てることもダイナースクラブの最上級カードならではの特典といえるでしょう。

誰でも簡単に持てるカードではありませんが、1枚手にすると日本を含め世界中でスペシャルなサービスを受けることができる最高のカードです。

ダイナースクラブ・プレミアムカードを持つためには

ダイナースクラブ・プレミアムカードのインビテーションは、まず下位のダイナースクラブカードを持たなければいけません。利用頻度や利用金額、年収、社会的地位、持ち家など、実績だけでなく申込者自身の経済状況もしっかり見られます。

サービス内容

  • 24時間対応のコンシェルジュサービスの利用
  • ダイナースクラブ 銀座プレミアムラウンジの利用
  • プレミアム エグゼクティブラウンジの利用
  • 世界の有名ホテルの上級会員資格取得
  • エグゼクティブ ダイニングの利用 など

JP Morgan Chase Palladium Card
JP Morgan Chase Palladium Card
年会費 110,000円(税込)
国際ブランド VISA




HypoVereinsbank Visa Infinite Card」はドイツの大手銀行「HypoVereinsbank」が銀行の顧客向けに発行するクレジットカードです。

年会費は約10万円とそこまで高額ではありません。しかし、富裕層の方向けのクレジットカードになるため、サービスや保険の内容は大変充実したものとなっています。

ラグジュアリーな特典が多数

他のプラチナカード・ブラックカードに付帯しているような、プライオリティパスサービスやコンシェルジュサービス、高級ホテルでの優待サービスなど多くの充実したサービスが付帯しています。

保険会社に負けず劣らずの様々な手厚い保険が付帯しているため、HypoVereinsbank Visa Infinite Cardを1枚持っていれば、怖いものなしといってよいでしょう。

HypoVereinsbank Visa Infinite Cardを持つためには

銀行に1億円以上の投資を行っている顧客の中でも特別に選ばれた顧客向けにのみ発行がされる大変貴重なクレジットカードです。

サービス内容

  • 世界中で利用できるプライオリティパスサービス
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • 高級ホテルにおける特別な優待サービス
  • レアなイベント、コンサート、スポーツ観戦のチケットの手配 など

JP Morgan Chase Palladium Card
JP Morgan Chase Palladium Card
年会費 約132,000円(税込)
国際ブランド VISA




JP Morgan Chase Palladium Card」は、カードがレアメタル(希少金属)のパラジウムで作られている世界でも最高級カードの1枚です。

カードの年会費は約132,000円(税込)です。

普通では体験できない体験

内容も大変ハイクラスなものになっており、有名ホテルの上級会員付与やプライベートジェット機の無料手配、デルタ空港のラウンジ会員、レアなコンサートチケットの手配など、普通では取得困難な特典を自由に選んで利用することができます。

JP Morgan Chase Palladium Cardはステータス性も内容もまさに、富裕層向けのカードといえるでしょう。

JP Morgan Chase Palladium Cardを持つためには

カードを所持できる条件が、JPモルガンのプライベートバンク部門の顧客であることや約36億円以上の資産をもっていることと言われているほど、選ばれし資産家の方しか持つことができません。

サービス内容

  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • 世界600か所以上の高級空港ラウンジの利用
  • プライベートジェットの無料手配
  • 高級ホテルの上級会員資格を自動所得
  • ブリティッシュ エアウェイズにて無料でファーストクラスへアップグレードなど
一番作りやすいおすすめの富裕層向けカードは?

富裕層向けとなるクレジットカードはインビテーションが必要なものがほとんどです。上記でご紹介した6枚の中のうち、もっとも発行しやすいのはラグジュアリーカード(Black Diamond)です。

知名度としては他のカードに比べて低めではありますが、金属製のMastercard©のワールドエリートであることから、ステータスを重視している人たちから好評です。

金属製のカードは、アメックスセンチュリオンやJP Morgan Chase Palladium Cardとも同じですが、ラグジュアリーカードのブラックダイヤモンドカードには天然ダイヤモンドが施されています。

そのひとつ下のゴールドカードでも24金のコーティングというこだわりです。

また、国際ブランドがMastercard©なので、世界各地の店舗で使え、使いやすさからもおすすめ。旅行・生活をランクアップさせるサービスがたくさんあることからも、きっと日常を豊かにさせる1枚となるでしょう。

インビテーションを受けるには?

インビテーションを受けるには、ラグジュアリーカード(Gold Card)の利用実績を積むことが必要です。公式的な発表はありませんが、最低限年間利用額が500万は必要と考えられます。

元々ラグジュアリーカード(Gold Card)も招待制で、直接申し込みができるようになったのは2021年11月17日からです。そのため、ゴールドカードのサービス内容も折り紙付き。

経営者を始め、富裕層におすすめの1枚です。

ラグジュアリーカード(Gold Card)に申し込む
まず豪華なサービスを体験したい方はこの2枚から

まず豪華なサービスを体験したい方は、世界的にも高い信頼性を持つブランドとして浸透しているアメックスあるいはダイナースのクレジットカードがおすすめです。社会的地位を確立してくれます。

おすすめ
ポイント
・一般的なゴールドカードに匹敵する内容
・特にグルメ関連サービスが豪華
・日本唯一の国際ブランド
・さらに上位のカードのインビテーションを狙いやすい
年会費 24,200円(税込)
※期間限定のキャンペーンで初年度年会費無料
11,000円(税込)
※期間限定のキャンペーンで最大獲得可能

世界的に価値のあるブランド「ダイナースクラブ」

ダイナースクラブカードのサービス内容は一般的なゴールドカード以上に匹敵する内容で、非常に豪華なものとなっています。

実績を積み重ねればダイナースクラブ・プレミアムカードのインビテーションに繋げることも可能です。


年会費 24,200円(税込)
家族カード 5,500円(税込)/1枚
国際ブランド ダイナースクラブ
入会資格 年齢27歳以上の方

年会費は24,200円(税込)と、富裕層向けカードよりは低く、充実したグルメ関連のサービスやトラベル関連の優待で年会費分はすぐに元が取れることでも人気を博しているカードです。

特に注目のグルメ特典は?

一番人気は「ダイナースクラブエグゼクティブダイニング」。
厳選したレストランで、通常プランを2名以上で利用すると1名分の料金が無料、グループ特別プランでは会員を含む6名以上で所定のコース料理を利用すると2名様分の料金が無料になる2つの優待プランが用意されています。
1回で1万円ほどのメリットを受けられるので、年会費の元が取りやすいサービスです。

現在お得な入会キャンペーンも実施しているので、そのサービス内容を一度試して見たい人にもおすすめです。入会キャンペーンは以下の申込みボタンから参加できますので、ぜひチェックしてみてください。

詳細ページボタン 申込みボタン

日本唯一の国際ブランド「JCBゴールド」

日本唯一の国際ブランドJCBの上位カードであるJCBゴールドは、やはり国内での認知度・ステータス性に強みがあります。


年会費 11,000円(税込)
家族カード 1枚目無料、2枚目以降1,100円(税込)
国際ブランド JCB
入会資格 20歳以上で安定した収入のある方

年会費は11,000円(税込)と非常に良心的な設定のうえ、実施されている新規入会キャンペーンでは年会費1年分相当以上の特典が手に入るので、試してみたい方にもおすすめとなっています。

JCBゴールド ザ・プレミアやJCB ザ・クラスといったJCBのハイステータスカードを目指す方にとっての登竜門的存在がJCBゴールドです。

JCBのハイステータスカードを持つには?

JCBカードの中でも特にハイステータスカードとして人気で、インビテーションがないと作れないのがJCBゴールド ザ・プレミアとJCB ザ・クラスです。
インビテーションを受けるには、JCBゴールド ザ・プレミアなら「JCBゴールド」、JCB ザ・クラスなら「JCBプラチナ」・「JCBゴールド ザ・プレミア」、「JCBゴールド」のいずれかを利用していることが条件となります。 つまり、JCBのハイステータスカードを手に入れたいなら、JCBゴールドを作るのが最も確実なルートです。

JCBゴールドはステータスカードとして有名なだけでなく、優待店の利用でポイント最大20倍など、普段使いにも役立つお得なカードです。

また、JCBはお得な新規入力キャンペーンも魅力なので、ぜひチェックしてみてください。

詳細ページボタン 申込みボタン
最高位カードの招待を受けたいならクレジットヒストリーを磨こう!

今回紹介した富裕層の方向けの6枚のカードをはじめ、最上級カードの招待を受けるには膨大な出費が必要となります。

もし、富裕層向けカードを1枚でも所有したいと思っている方は、自分の財産や価値観と相談して、それでも欲しいと思ったら無理のないランクのクレジットカードを持ってクレジットヒストリーを磨きましょう

中でも、おすすめなのがJCBゴールド。ステータスの高さはもちろん、お得さや、さらなる上位カードへの繋げやすさも兼ね備えた1枚です。

極上のサービスを知る前に、まずはクレジットカードの価値を知るという目的で、JCBゴールドから始めてみてはいかがでしょうか。

年会費 11,000円(税込)
家族カード 1枚目無料、2枚目以降1,100円(税込)
国際ブランド JCB

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

監修ファイナンシャルプランナー紹介


ページの先頭へ