アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード


クレジットカード名

ビジネスでの利用で魅力たっぷり!

ポイントサービス、空港サービスなど、アメックスならではの上質なサービスを受けることができます!

  • 個人事業主・フリーランス
  • 法人格のある代表者

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴

年会費

初年度年会費無料12,000円+消費税

追加カード

・1枚につき:6,000円+税

ETCカード

年会費:500円+税
※新規発行手数料無料

法人カードならではの特徴

・カードで経費の支払いが可能
法人カードなので当然ですが、カードで経費の支払いが可能です。カード利用分は銀行口座からまとめて自動引き落としがされるので、面倒な振込手続きなどの経費処理を簡素化できます。

・事前承認手続き
このサービスは通常のアメリカン・エキスプレス・カードでも利用できますが、限度額以上にカードを使いたいときに、事前承認の手続きをすると限度額を超えてカードを利用できる場合があります。オフィスの移転や広告料を増やすなど、出費が多くなる時にでもカードが利用できるようになるので、非常に便利なサービスです。

・ビジネス・コンサルティング・サービス
中小企業経営者・個人事業主のカード会員向けに、経営相談電話窓口を利用することができます。

・ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」(登録制)
「帝国データバンク」や「東京商工リサーチ」のデータベースから企業情報などをオンライン上で取得できる登録制のサービスです。

・ビジネス情報調査代行サービス
国内外の企業の情報、マーケティング情報などの検索、調査を代行し、結果をレポート形式で報告してくれるという六世のサービスです。

・ライフサポート・サービス「クラブオフ」
75,000以上の契約施設を特別料金で利用できる福利厚生プログラム「クラブオフ」のVIP会員年間登録料(月額500円+税)が無料になります。


●法人カードでのメリット

法人代表者や個人事業主が持つことができるのがビジネスカードと呼ばれる法人/個人事業主向けクレジットカードです。ビジネスカードでは、カードの登録名はクレジットカードを使う個人名となりますが、カードの利用代金の引落先が法人の銀行口座/個人事業主の個人口座からとなります。

ビジネスカードのメリットとしては、現金で支払いをする場合には現金で支払うための準備金を用意しておかなければならず、振込など細かい作業が増えてしまいますが、ビジネスカードを利用すると利用代金がまとめて引き落とされるほか、カードの明細書を見れば利用明細がわかるため経理処理が楽になります。

●海外出張でのメリット

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの特長のひとつとして、空港ラウンジや旅行保険などのサービスが充実していることが挙げられ、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードにも空港ラウンジ、空港からの手荷物配送サービスなど、とくに海外出張で利用しやすいサービスが充実しているので、クレジットカードのシンプルな機能のみを求めている方よりも、ステータスや内容の充実した特典を利用したいという方におすすめしたいクレジットカードです。


ポイント「メンバーシップ・リワード」

100円利用=1ポイント

ポイント有効期限

3年間
※ただし 1度でもポイント交換をすると有効期限が無期限に

ポイント対象外

・電力会社、ガス、水道、税金などは200円=1ポイント付与
・NHK受信料、Edyチャージ、モバイルSuica、スマートICOCAはポイント対象外

ポイントの交換先

カードの利用代金に充当
1ポイント=0.3円としてクレジットカードの利用代金に充てる

旅行代金に充当
航空券、パッケージツアー、国内宿泊などの旅行代金を「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」または「日本旅行」の対象店舗を経由すると1ポイント=0.4円で利用

商品券
3,000ポイント=1,000円分としてヨドバシカメラ、高島屋の商品券に交換

他ポイント
3,000ポイント=1,000円分として楽天スーパーポイント、Tポイントへ移行

マイル
ANA、デルタ航空、KLMなど15社のマイルに2,000ポイント=1,000マイルで交換
※ただしANAマイレージについては年間参加費用として5,000円+税がかかる


  • 個人事業主・フリーランス
  • 法人格のある代表者

付帯保険サービス

・海外旅行保険
・海外旅行保険家族特約
・国内旅行保険
・国内旅行保険家族特約
・ショッピング補償
・リターンプロテクション
・海外渡航便遅延保険
・紛失、盗難補償

メンバーシップ・リワード

100円で1ポイント
・年間利用額によりボーナスポイントあり

メンバーシップ・リワード有効期限

・3年(1度の交換で有効期限が無期限)

メンバーシップ・リワード利用方法

・景品交換
・旅行商品購入
・ポイント移行

主なポイント移行先
・ANAマイレージクラブ
・チャイナエアライン
・デルダ航空
・ヴァージンアトランティック航空
・タイ国際航空
・キャセイパシフィック航空
・シンガポール航空
・ブリティッシュ・エアウェイズ
・スカンジナビア航空
・アリタリア-イタリア航空
・フィンランド航空
・ヒルトン・ワールドワイド
・スターウッドホテル&リゾート
・インターコンチネンタルホテルズグループ
・楽天スーパーポイント
・Yahoo!ポイント

その他サービス

・海外旅行先での日本語サポート
手荷物無料宅配サービス
・無料ポーターサービス
・空港クロークサービス
・海外用レンタル携帯
空港ラウンジ
・トラベル・サービス・ロケーション

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード使いこなし術

飛行機を利用する旅行、ビジネスのときには思い切ってあらゆるサービスを申込み、使い込んでみましょう。 なかには大げさすぎて恥ずかしいと言う方もいらっしゃいますが、 使わなくてはその上質さに気付けないままです。

  • 個人事業主・フリーランス
  • 法人格のある代表者

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの機能・特典


「メンバーシップ・リワード・プラス」

通常のポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」ですが、年間参加費用3,000円+税を支払うと「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することができます。メンバーシップ・リワード・プラスでは、ポイントをマイルへ交換する時に本来は2,000ポイント=1,000マイルになるところが1,000ポイント=1,000マイルになるなどポイントレートが最大で2.5倍に上がります。

メンバーシップ・リワードメンバーシップ・リワード・プラスの違い

メンバーシップ・リワード メンバーシップ・リワード・プラス
有効期限 3年間
1度でも交換すると無期限
無期限
マイル移行 2,000ポイント=1,000マイル 1,000ポイント=1,000マイル
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインの利用(旅行代金)
1ポイント=0.4円分
1ポイント=1円分
他ポイント移項 3,000ポイント=1,000円分 3,000ポイント=1,500円分

空港サービス

成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港を利用する際に、カード会員1名につきスーツケース1つまで無料配送できる「手荷物無料宅配サービス」、空港内で荷物を運んでくれる「空港ポーターサービス」、中部国際空港での 「空港クロークサービス」など旅行の際に活用できる特典が多いのも特長です。

  • 個人事業主・フリーランス
  • 法人格のある代表者

海外旅行保険(利用付帯)

さらに旅行代金をアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで支払っておくと、海外旅行中に死亡・後遺障害などの損害が発生した際に、最大5,000万円が補償されます。

国内旅行保険(利用付帯)

あらかじめアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードで旅行代金を決済しておくと、国内旅行中の死亡・後遺障害に対して最大5,000万円が補償されます。

ポイント!

海外旅行、出張へ行く機会が多い方
アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、日常使いというよりは旅行や観劇などの娯楽で利用できる特典やサービスが付帯しており、海外旅行の保険内容や空港サービスなどが充実しており、サービスを利用するほど年会費が気にならないくらいお得に使うことができるので旅行の機会が多い方、海外への出張が多い方にはおすすめのクレジットカードです。

いずれプラチナカードを持ちたい方
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの更に上位カードとしてアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードがあり、プラチナカードは申し込んだからと言って審査を受けられるものではなく、アメリカン・エキスプレス側から招待(インビテーション)されて初めて申し込むことができるクレジットカードです。いずれプラチナカードを持ちたいと考えている方は期間の明示はなされていませんが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを滞納などのトラブルなく使い続けていることで、インビテーションの受け取りを目指すこともできます。

どのゴールドカードにしようかと迷っている方
アメックスカードは誰もが認めるステータスカードです。 あのとき申込んでおけばよかった… という後悔をしないためにも、まずはアメックスビジネスカードに申込んでみてから考えてみるのも良い方法です。 良いものを見てから、周りを見るとどのカードの質がいいのかも分かります。

注意したいポイント

年会費
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは年会費が12,000円+税かかるので、空港サービスや、ビジネスカード特有のサービスなどを全く使わない方はお得を感じにくいことがあります。逆に提供されているサービスをよく使うという方は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードよりもワンランク上のさらにサービスが充実したアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを選択しても良いかもしれません。

ポイントプログラム
通常のポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」はポイントの換算レートがあまり高くはなく、追加で申し込める年会登録料3,000円+税の「メンバーシップ・リワード・プラス」はメンバーシップ・リワードと比較すると最大で2.5倍の換算レートになるプログラムです。しかしポイント獲得の際には有効期限がなくなるという特典のみなので、まずはメンバーシップ・リワードでポイントを貯めて1度交換しておきポイントの有効期限を無期限にしたうえで、さらにポイントを貯めていきポイント交換の際に初めてメンバーシップ・リワード・プラスに登録してマイルなどに交換するという裏技もあります。


  • 個人事業主・フリーランス
  • 法人格のある代表者

基本スペック


国際ブランド
電子マネー -
入会資格 1.年齢が20才以上の方
2.日本国内に定住所をお持ちの方
3.日本国内で定職、定収入をお持ちの方
4.他のクレジットやローン等のお支払いがある場合、延滞無くお支払いの方
利用可能枠 個別設定
発行期間 約1~3週間
支払方法 1回払い
年会費 初年度 12,000円+税
2年目以降 12,000円+税
ETCカード 500円+税
※新規発行手数料無料
家族カード 初年度 6,000円+税
2年目以降 6,000円+税
金利/手数料 分割払い -
リボルビング払い -
キャッシング -
ポイント
サービス
サービス名称 メンバーシップ・リワード
有効期限 3年
(ポイント1回の利用で無期限)
ポイント付与 100 円 = 1 ポイント
ポイントレート 10000ポイント → 5000円相当
還元率の目安 0.5%
空港ラウンジ 対応状況 -
プライオリティ・パス -

海外・国内傷害保険、ショッピング保険


海外旅行
傷害保険
付帯条件 利用付帯
死亡・
後遺障害保障
5,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 4000万円
携行品損害
[自己負担額]
50万円 (1旅行中)
[ 3,000円 ]
救援者費用 400万円
家族特約 あり
家族特約の対象 配偶者、生計をともにする親族
国内旅行
傷害保険
付帯条件 利用付帯
死亡・
後遺障害保障
5000万円
入院費用(日額) 0円
通院費用(日額) 0円
手術費用 0円
家族特約 あり
家族特約の対象 配偶者、生計をともにする親族
ショッピング保険 年間保証額
[自己負担額]
500万円[ 10,000円 ]
補償期間 90日間
補償対象 カードで購入した商品

  • 個人事業主・フリーランス
  • 法人格のある代表者
  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


決めたクレジットカードの申込みボタンから自分の基本情報を記入後、オプション・サービス登録などのなかからETCカードにチェックをつけて申込み。インターネット入会だと、入会特典がつくほか郵送よりも審査・カード到着が早くなるのでお勧めです。お急ぎであればセゾンインターナショナルのようなカウンター受取可能・即日発行対応のクレジットカードを選んでおきましょう。

申込んだクレジットカード会社にて審査。審査完了後、クレジットカードとETCカードが発行されます。

ETCカードが届いたら車についている車両情報がインプットされた車載器にETCカードを差し込みます。 ※引越で登録住所が変わった、車両のナンバープレートが変ったときなどは再度セットアップが必要となりますので、事前に確認しておきましょう。

ETCはクレジットカードのポイントにほかにETCマイレージというサービスがありますので、お得に使いこなすためにもETCマイレージサービスには登録しておきましょう。カードポイントとETCマイレージの両方をお得に貯めるなら、ライフカードやJCBEITなどのポイントが貯まりやすいカードを選んでおきましょう。

高速道路・有料道路に乗る前にETCカードを車載器へ挿入しておきます。これで乗り降りのときの停車がなくなります。

ETCカードを発行したクレジットカードから請求があります。

答え>ETCカードは、原則的にクレジットカード(親カード)に付帯して発行されるもので、ETC利用以外の使用はできません。

答え>申込んだクレジットカードの利用上限金額により異なります。
これで解決 やじるしクレジットカードの利用上限額を確認してみよう。

答え>申込んだクレジットカード会社により異なります。
これで解決 やじるし三井住友VISAカードは三井、三菱UFJ、みずほのいずれかの銀行口座をお持ちであれば、最短3営業日発行と即日対応してもらえます。

ETCの決済システムは後払い方式になっておりますので、プリペイド方式のETCカードはございません。





クレジットカードの選び方