楽天カードから乗り換える人が殺到している2枚のカードを紹介

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


楽天カードからどこのカードに乗り換えているか
年会費が無料であることから気軽に持てる楽天カードですが、他のクレジットカードに乗り換える人が増えているのを知っていますか?乗り換え先のカードと楽天カードのメリットデメリットについてご紹介します。

楽天カードのメリットとデメリット


「楽天カード」は、楽天市場や楽天トラベルなどで使える「楽天スーパーポイント」をお得に貯められることで人気の一枚です。

年会費がかからない点も大きな魅力で、 「持っていて損はない一枚」として気軽に所有できます。

しかし、巷では楽天カードを解約して、他のクレジットカードに乗り換える方も増えているといわれます。一体なぜ楽天カードの解約した方が増えているのでしょうか。

そして、楽天カードを解約した方が新しく発行しているクレジットカードはどんなカードなのか詳しく紹介していきます。

まずは楽天カードのメリットとデメリットについて簡単に再確認していきましょう。

楽天カードのメリット

楽天カードのメリットをまとめました。

  1. 楽天グループでのショッピングで常時3.0%の還元率
  2. SPUプログラムで楽天市場でいつでも最大14倍
  3. お得なキャンペーンが豊富
  4. 年会費が無料

特に楽天カードで一番の支持を集めている点は、「ポイント還元率」にあります。楽天市場でお買い物をすると常にポイントが100円につき3ポイント付与されるほか、SPUプログラムで条件を達成すれば最大14倍です。

ポイント還元率で示すと3~14%となり、他社クレジットカードでは類を見ない高還元率で、楽天市場で10,000円分利用した場合は最大で1,400円も還元されます。

また、ポイントがさらに付与されるキャンペーンも頻繁に企画されるので、いつでもポイントを多く獲得できるチャンスがあります。

楽天市場を支えている柱は、この驚くほど高いクレジットカードのポイント還元率にあるといっても過言ではないでしょう。

これだけの還元率でありながら年会費が永年無料という点も、人気の理由の1つです。

楽天カードのデメリット

楽天カードのデメリットをまとめました。

  1. 期間限定ポイントが短い
  2. ポイントの移行先が少ない
  3. ETCカードが有料
  4. JALマイルを貯められない
  5. 多岐にわたるトラブルの頻発

楽天カードは高還元率で有名なクレジットカードですが、メリットだけでなくデメリットも話題となっています。

例えば期間限定ポイントの有効期限についてです。「通常ポイント」は有効期限が1年間ですが、そのうち「期間限定ポイント」の有効期間はかなり短く、 最長でも約10日ほどしかありません。

ポイントに関することで言えばもう一点、移行先が少ないということも挙げられます。楽天スーパーポイントを使えるお店や、別のポイントを楽天スーパーポイントにすることは問題なくできるのですが、貯めた楽天スーパーポイントを別のポイントプログラムに移行しようとすると、選択肢がかなり狭まってしまいます。

また、ETCカードは年会費が500円(税別)がかかるので、これについてもデメリットとして評価されることが多いです。ポイントのマイル移行に関しては、楽天スーパーポイントの場合はANAマイルにしか移行することができません。JALマイルユーザーにとっては手痛いデメリットです。

最後に一番注目されるデメリットとして、多岐にわたるトラブルの頻発が上げられます。

  • 電話での問い合わせ窓口で数時間待たされる
  • オペレーターの態度が良くない
  • 獲得できるはずのポイントが付与されていない
  • 通知が無く急に強制解約になった
  • 年収が約1,000万円以上でも1度の数日延滞で強制解約される
  • 不正使用後のアフターケアが甘いなど

楽天カードは高還元率のかわりとして経費削減のために、機械による自動審査やオペレータースタッフ人員削減を取り入れてるとも言われています。そのためにあらゆる所で不評が噴出しているので、大きなデメリットとして注目されることが多いのです。

また、2019年11月23日(土)に楽天カードと楽天ペイで障害が発生し、一時利用停止となる事態が発生しました。土日分の決済ボリュームが一度に流れてシステム負荷がかかり、25日も再度システム障害が発生。楽天カードに紐づけているユーザーも多かったため、楽天ペイまでも停止したとのことです。これに困ったユーザーもかなりいたため、乗り換えを考え始めた人も少なくないのではないでしょうか。

楽天カードからは、主に以下でご紹介する2枚のクレジットカードに乗り換える方が多いです。

ポイント還元率重視の「VIASOカード」


VIASOカード
VIASOカード
年会費 無料
ETCカード 無料
ポイントプログラム VIASOポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Masterccard

VIASOカードは通常のポイント還元率は0.5%と低めですが、活用方法次第で最大10.5%まで還元率を上げられる人気の一枚です。

年会費

年会費は無料、家族カードも永年無料なのでとても入会しやすいクレジットカードです。

申し込み基準

18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。

国際ブランド

Mastercard

ポイント還元率

VIASOカードは通常のポイント還元は0.5%ですが、「VIASO eショップ」を利用することで還元率を最大10.5%まで引き上げることができ、とにかくポイントを貯めたいという方におすすめです。

貯まったポイントは、1,000ポイント以上貯まると自動的にキャッシュバックされるので、交換の手間がかからないというメリットもあります。

ご入会から3ヶ月後末日までに、「会員専用WEBサービス」のIDを登録して15万円以上の利用で8,000円がキャッシュバック、更に登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」にご登録で2,000円がキャッシュバックされるので、合計で10,000円がキャッシュバックされます!

ご利用・ご登録対象期間 各特典とも、ご入会から3ヶ月後の末日
キャッシュバック時期 ご入会日から6ヶ月後の下旬に引落口座へ入金


すぐに手元にカードが届く「JCB CARD W」


JCB CARD W
JCB CARD W
年会費 無料
ETCカード 無料
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1,000円=2ポイント
国際ブランド JCB

最短3営業日で発行されます。申し込んでからすぐにカードを受け取ることが可能で、審査内容も厳しくないことから、手軽に発行できる人気の高いクレジットカードです。

年会費

クレジットカードの年会費は無料で、ETCカードや家族カードのどちらも無料で利用できます。

申し込み基準

18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。

国際ブランド

JCB

ポイント還元率

普段のお買い物では1,000円につき2ポイントで、還元率は1%と高還元率なのが魅力です。

さらに、ORIGINAL SERIESパートナーに登録されている店舗を利用することでポイントが倍増する優遇を受けられ、ポイントがザクザク貯まります。

以下のコラムでも楽天カードとJCB CARD Wのポイント還元について詳しく比較していますので、ぜひチェックしてみてください。

JCB CARD Wと楽天カードのポイント還元率徹底比較

貯めたポイントの使い方

貯めたポイントは1ポイント→3円相当に交換できます。キャッシュバックから商品交換まで、その種類は豊富です。

ポイントの価値をより高くしたいなら、還元率の高い商品を選びましょう。例えば、電子マネーのnanacoなら1ポイント=5nanaco(5円相当)として充当されます。

JCB CARD W・plus Lは新規入会キャンペーンを複数実施中!

JCB CARD W・JCB CARD W plus Lは現在複数の入会キャンペーンを実施中です。

全ての条件を満たすのは大変ですが、各キャンペーンでできるところまで適用させていくとかなりお得になります。

他のクレジットカードと比べてもキャンペーンが多いため、お得に入会特典を受けたいと考えている方は要チェックです!



Amazon.co.jp利用でポイント30倍キャンペーン

2021年4月1日~2021年6月30日に新規入会&MyJCBアプリへログインでAmazon.co.jpを利用するとポイントが30倍になります!(※対象利用金額は最大5万円(税込))

ポイント内訳 特典内容
いつでもJCBカードW/JCBカードWplusL利用で 2倍
いつでもAmazon.co.jp利用で 1倍
新規入会&MYJCBアプリログイン&期間中のAmazon.co.jp利用で +27倍
合計 30倍

利用期間は入会翌々月の15日までです。Amazonをよく利用する方は、所定の条件と合わせてお得にポイントを貯めましょう。

インターネット新規入会限定キャンペーンで最大18,200円分プレゼント

2021年9月30日までにカードを新規発行した方限定で、サービスの登録やお友達紹介などをすることで最大18,200円分プレゼントされます。

キャンペーン名 特典内容
家族カード新規入会 最大4,000円分のJCBギフトカードプレゼント
カード入会後、お友達紹介 最大5,000円相当のOki Dokiポイントプレゼント(1,000ポイント)
スマリボ登録&利用 最大4ヵ月分ポイント+10倍!
スマリボ新規登録&利用 最大6,000円分キャッシュバック
融資枠50万円を希望して申し込む&ショッピング利用 申し込みで200円、さらにショッピング利用で3,000円分キャッシュバック

コンビニでQUICPayを利用すると利用金額の20%(最大1,000円分)がキャッシュバック!

2021年5月31日までの期間でJCBカードをApple PayやGoogle Payを使うと、利用金額の20%(最大1,000円分)がもれなくキャッシュバックされます!

対象となるコンビニは8つです。

セイコーマート セブン-イレブン
デイリーヤマザキ NewDays
ファミリーマート ポプラ
ミニストップ ローソン
JCB CARD Wの入会キャンペーンへ申し込む
JCB CARD W plus Lの入会キャンペーンへ申し込む

それぞれのカードを比較

カードフェイス
楽天カード
楽天カード
VIASOカード
VIASOカード
JCB CARD W
JCB CARD W
年会費 ETCカード 発行期間 メリット デメリット
永年無料 500円(税別)/年 約1週間
●楽天市場で常に還元率が3%
SPUで楽天市場の還元率が
いつでも最大14%

●楽天系列のサービスが充実
●ETCカードの年会費がかかる
●期間限定ポイントの有効期限が短い
サービスやアフターケアなどの
部分でトラブルが頻出
無料 無料
※新規発行手数料:1,000円+税
最短翌営業日 VIASO eショップ利用で最大10.5%還元
●オートキャッシュバックで交換の手間不要
●ETCカードが無料
基本還元率が0.5%
無料 無料 最短3営業日 普段のお買い物で還元率が1%
最短3営業日に発行
●ETCカードが無料
入会申し込み年齢制限がある

こんなユーザーはこのカードがおすすめ!

楽天カードから乗り換えが殺到しているクレジットカード2枚をご紹介しましたが、より具体的にどんなユーザーにおすすめなのかをまとめました。

VIASOカード

  • よくネットショッピングをする方
  • ポイント交換の手間を省きたい方
  • 年会費無料でETCカードを持ちたい方

JCB CARD W

  • 還元率の高いクレジットカードを使いたい方
  • すぐにカードを発行したい方
  • 年会費無料でETCカードを持ちたい方

VIASOカードもJCB CARD Wもポイントがザクザク貯められるカードです。しかし、クレジットカードの活用がうまくできるか不安な方は、迷わず通常利用でポイント還元率が1%のJCB CARD Wを選びましょう。使う店舗や優待を意識しなくても、十分お得さを感じられる1枚です。


迷ったら
これ!

JCB CARD W

年会費

永年無料

還元率

1.0%

発行期間

最短3営業日

ETCカード

無料

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック
JCB CARD Wキャンペーンバナー
Amazon.co.jpで利用するとポイント30倍キャンペーン
2021年4月1日~2021年6月30日までの期間中に新規で入会&MyJCBアプリへログインし、Amazon.co.jpで利用するととポイント+27倍(通常加算のポイントとの合計で30倍)されます。※対象利用金額は最大5万円(税込)です。

ネットでの新規入会限定キャンペーンで最大18,200円分プレゼント
2021年9月30日までにインターネットで新規入会をした方限定で、サービスの登録やお友達紹介などをすることで最大18,200円分プレゼントされます。

コンビニでApple PayやGoogle Payを利用すると利用金額の20%がキャッシュバック
2021年5月31日までにJCBカードでApple PayやGoogle Payを使うと、利用金額の20%(最大1,000円分)がもれなくキャッシュバック

年会費無料でポイント還元率が高い!
あらゆる場面の利用でもポイント還元率が非常に高いので
日常生活の買い物で効率的にポイントを貯めることが可能です。

ETCカードの年会費も無料
JCB CARD WはETCカードの年会費が無料で持つことができます。
カード本体の年会費も無料なので負担は全くありません。 本会員のみではなく家族カードやETCカードなども年会費無料というのも魅力の一つ
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 最高2,000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 最短3営業日 個別設定


  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj





クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト