楽天カードから乗り換える人が殺到している2枚のカードを紹介

楽天カードから乗り換える人が殺到している2枚のカードを紹介 トップ画像

ここ数年の間に楽天サービスの改悪が相次いで行われており、楽天カードを持っている人で乗り換えをする人が殺到しています。

どこに乗り換えているのか気になると思いますが、まずは「どんな改悪が行われたのか?」を知って自身も乗り換えた方がいいのか確かめましょう

この記事でわかること

・SPUの条件が悪くなった
・楽天カードからの乗り換え先に人気の2枚
・Amazonも使うなら別のカードの方がお得
・楽天グループを頻繁に使う人は2枚持ちが◎

乗り換え先に人気な2枚
三井住友カード(NL)は楽天市場以外にもオンラインショッピングでポイントUPが可能なカード!
JCB CARD Wは還元率が1%なので、楽天カードから還元率を下げたくない方に人気です。
年会費 永年無料 永年無料
還元率 0.5%~5.0% 1%
オンラインショッピングの優待 ポイントUPモール経由で、楽天市場が+0.5%、Amazon.co.jpが最大+4%、Yahoo!ショッピングが+0.5%などポイントUP! Oki Dokiランド経由でオンラインショッピングが最大20倍!
申し込み 公式サイトへ 公式サイトへ

楽天カードから乗り換える人が続出した原因

楽天カードから乗り換える人が続出した原因
楽天カード

楽天が発行するクレジットカード、「楽天カード」は、楽天市場や楽天トラベルなどで使える「楽天ポイント」をお得に貯められることで人気の一枚です。

しかし、巷では楽天カードを解約して、他のクレジットカードに乗り換える方も増えているのは、改悪による不満が大きな理由のひとつです。

楽天カードの乗り換える人が続出したのは「改悪」が原因

チェック01 SPUプログラムが最大に変更。
チェック02 公共料金払いの還元率が1%から0.2%にダウン
チェック03 楽天モバイルが月額1GBまで無料を廃止、3GBまで1,078円(税込)に。

特に楽天カードで一番の支持を集めているメリットはポイント還元率にあります。

かつてはSPUで最大16倍などもありましたが、現在では最大と改悪されました。

また、公共料金の還元率も1%という点や、楽天モバイルの無料利用に大きくメリットを感じていた方も多く、改悪のタイミングで多くのユーザーがより還元率の高いカードへ乗り換えを選択したようです。

とはいえ現在でも他社クレジットカードでは類を見ない高還元率ですので、継続を選んでも十分恩恵を受けられますし、頻繁に行われるキャンペーンで大量ポイントの獲得もできますので、一概に改悪による乗り換えはすすめられません。

多岐にわたる「トラブルの頻発」も乗り換え殺到の原因

楽天カードはトラブルの頻発も話題になる機会が多く、デメリットとして捉えられます。

楽天カードの2大トラブルは以下です。

  • 不正利用にあう人が多い。
  • 問い合わせ窓口に繋がらない。

楽天カードは今や発行数が2,600万枚を突破するほどユーザー数が多く、比例して不正利用されるトラブルも多い状況となっています。

セキュリティ対策も完備されていますが、企業側で防ぎきれないフィッシング詐欺や海外の盗難などのトラブルは後を立ちません。

楽天カードの不正利用と防ぐ対策についてのコラムへ

また、楽天カードは経費削減のために、機械による自動審査やオペレータースタッフ人員削減を取り入れてるとも言われています。

ユーザー数の多さに対応しきれずに「電話が何時間も繋がらない」「オペレーターの態度が悪い」とあらゆる所で不評が出て、乗り換えを始める人も多いようです。

乗り換えと2枚持ちのどちらがいい?

乗り換えと2枚持ちのどちらがいい?

楽天カードからの乗り換え先に迷っている場合は、2枚持ちも検討してみましょう。

繰り返しになりますが、楽天カードは改悪されたものの、ポイント還元率が高いクレジットカードには変わりありません

人によっては2枚持ちの方が便利になる場合もあるので、まずはメリットを比較して、優先させたい事項を確認しましょう。

乗り換えと2枚持ちのメリットを比較

乗り換えのメリット 2枚持ちのメリット
ポイントが1種類にまとめられるので貯まりやすい 楽天カードの特典も使える
明細書が1つになって家計管理がラク 公共料金の支払い移行を急がずに済む
買い物ごとに使い分けの手間が省ける 追加カード(ETCカードや家族カード)もそのまま利用可能

ポイントをザクザク貯めたい方や気軽にクレジットカードを使いたい方は乗り換えを選び、まだ乗り換えに迷いがある方は2枚持ちを選ぶといいでしょう。

乗り換え先の選び方

乗り換え先を選ぶ際には、以下の3つのポイントを押さえるようにしましょう。

  • 還元率が1%以上。
  • 楽天市場の利用でポイントが多く貯まる。
  • 年会費が無料。

楽天カード自体が年会費無料で、還元率が1%ですので、乗り換え時に減ってしまうとお得を感じられないかもしれません。

また、楽天カードほどではなくても、楽天市場の利用でポイントが多く貯まるカードというのは存在しています。そのようなカードが選べれば、気兼ねなく今後も楽天市場を利用できるでしょう。

次の項目で詳しくお伝えしますが、楽天カードから乗り換え先として殺到している三井住友カード(NL)とJCB CARD Wは、いずれのポイントも抑えたクレジットカードとなっています。

年会費 永年無料 永年無料
還元率 0.5%~5.0% 1%
オンラインショッピングの優待(※) ポイントUPモール経由で、楽天市場が+0.5%! Oki Dokiランド経由で楽天市場がポイント2倍!
申し込み 公式サイトへ 公式サイトへ

※記載しているポイントアップ率は期間により変動いたします。

楽天市場だけでなくAmazonなども高還元になるカードへ乗り換えたい場合

楽天市場だけでなくAmazonなども高還元になるカードへ乗り換えたい場合
三井住友カード(NL)
年会費 永年無料
家族カード 永年無料
ETCカード 初年度無料
2年目以降:年会費550円(税込)
年1回以上の利用で年会費無料
ポイントプログラム Vポイント
200円=1ポイント
ポイント還元率 0.5%~5.0%
申し込み基準 満18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド Visa、Mastercard®

三井住友カード(NL)は通常のポイント還元率は0.5%と低めですが、使い方次第でよりお得に利用できる人気の1枚です。

とりわけ楽天グループ以外でもオンラインショッピングをする方は、乗り換え先や2枚持ちカードとして選んだ場合にお得を感じられるでしょう。

楽天市場だけでなくAmazon.co.jpやYahoo!ショッピングでもポイントUP

三井住友カード(NL)はポイントUPモール経由でオンラインショッピングをすると、楽天市場を含む総合通販を始め、多くのショップでポイントを倍増させられます。

楽天カードだと楽天市場だけですが、三井住友カード(NL)ならAmazon.co.jpやYahoo!ショッピング、ニッセンオンラインなどでもポイ活できますので、複数箇所使う方は乗り換えた方がポイントがザクザク貯まるでしょう。

例)楽天市場は+0.5%、Amazon.co.jpは最大+4%、Yahoo!ショッピングは+0.5%、ニッセンオンラインは+3%など。※記載しているポイントアップ率は期間により変動いたします。

の利用で最大5%もの高還元!

三井住友カード(NL)はで利用するとポイント+2%還元されます。

また、での利用時にVisaのタッチ決済、またはMastercard®コンタクトレスを使うと、さらにポイント+2.5%還元されます!

つまり、合計最大5%還元にもなるのです。

年会費永年無料で乗り換えも気軽にできる

年会費は永年無料、家族カードも永年無料なので、乗り換え先にぴったりなクレジットカードです。

本来年会費が550円(税込)かかるETCカードも年1回以上の利用で無料になりますので、追加カードについても気になりません。

Webからの申し込みで最短5分発行も可能ですので、思い立ったらすぐ行動に移してみたらいかがでしょうか。
※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

三井住友カード(NL)キャンペーンバナー

ポイント還元率が安定的に高いカードへ乗り換えをしたい場合

ポイント還元率が安定的に高いカードへ乗り換えをしたい場合
JCB CARD W
年会費 無料
家族カード 無料
ETCカード 無料
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
1,000円=2ポイント
ポイント還元率 1%
申し込み基準 18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
国際ブランド JCB

JCB CARD Wも年会費は無料で、ETCカードや家族カードのどちらも無料で利用できます。楽天カードと2枚持ちをしても負担がかかりません。

最短3営業日で発行されます(通常1週間程度、最短3営業日)ので、申し込んでから早めにカードを受け取ることが可能です。

ポイント還元率が1%と乗り換えても落ちない

普段のお買い物では1,000円につき2ポイントがつきます。

還元率は1%と楽天カードと比較しても劣らず、高還元率なのが魅力です。

実店舗でポイントUPするお得な優待がある

さらに、ORIGINAL SERIESパートナーに登録されている店舗を利用することでポイントが倍増する優遇を受けられ、ポイントがザクザク貯まります。

ORIGINAL SERIESパートナーにはスターバックスやコンビニ、家電量販店などの実店舗も多数参加しているので、オンラインショッピングでポイントアップする「Oki Dokiランド」と掛け合わせるとオールマイティーに優待を受けられます。

以下のコラムでも楽天カードとJCB CARD Wのポイント還元について詳しく比較していますので、ぜひチェックしてみてください。

JCB CARD Wと楽天カードのポイント還元率徹底比較

貯めたポイントの使い道が豊富にある

貯めたポイントは1ポイント→3円相当に交換できます。キャッシュバックから商品交換まで、その種類は豊富です。

楽天ポイントに交換もできますので、2枚持ちでもポイントを1種類にまとめて使うという手段も取れます。

ポイントの価値をより高くしたいなら、還元率の高い商品を選びましょう。例えば、電子マネーのnanacoなら1ポイント=5nanaco(5円相当)として充当されます。



楽天カードの解約方法と乗り換え時の注意点

楽天カードの解約方法と乗り換え時の注意点

乗り換え先を決めたら、早速以下の手順に沿った乗り換えを行ってください。

  • STEP1
    乗り換え先のカードを申し込む
    手元にクレジットカードやETCカードが届いてから次へ進みましょう。
  • STEP2
    定額料金の支払いを乗り換え先のカードに切り替える
    公共料金や携帯料金の支払いがあれば、変更手続きを行います。
  • STEP3
    楽天カードの引き落とし口座を確認する
    支払い料金がまとめて請求される可能性があるので、楽天カードの請求額と口座残高を確認して準備しておきます。
  • STEP5
    楽天カードを解約する
    解約方法については次で詳しく説明します。

楽天カードの解約方法

楽天カードの解約方法は至って単純で、問い合わせ窓口に電話をするだけです。

コンタクトセンター(営業時間9:30~17:30)
電話番号:0570-66-6910
カード解約の手続きのダイレクト番号(3800)
※電話でのオペレータ案内ガイダンスの後にダイレクト番号を押せばメニューへ遷移できます。

乗り換え時に気をつけたい3つの注意点

1.公共料金の支払いの変更を忘れずに行う

公共料金や携帯料金などの定額料金支払い先は忘れずに変更を行ってください。

先に楽天カードを手放してしまうと、支払日に引き落としができずに金融事故を引き起こしてしまう危険性が高まります。

2.楽天会員は退会しない

楽天カードは解約しても、楽天会員は退会しないようにしましょう。

楽天ポイントは楽天会員情報に紐づいていますので失効しませんし、引き続き楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスを利用できます。

3.ETCカードや家族カードは使えなくなる

楽天カードを解約すると、紐づいた追加カードも使えなくなります

とりわけETCカードは発行まで大抵2週間以上時間がかかります。

手元になくなって困る場合は、乗り換え先のクレジットカードだけでなく追加カードも届いてから楽天カードを解約手続きをしてください。

ここがポイント!
楽天カードは年会費がかかりませんので、焦らず、乗り換え先のカードが届いてから解約しましょう。

乗り換えが不安なら2枚持ちから始めてもOK

乗り換えが不安なら2枚持ちから始めてもOK

楽天カードから乗り換え先として殺到しているクレジットカード2枚をご紹介しましたが、乗り換え自体を迷っている場合は2枚持ちから始めるのがおすすめです。

2枚持ちの場合もいつか手放す時を考えて、年会費無料と還元率の高さを重視しつつ、楽天カードにはない特典のあるカードを見つけてみてください。

向いている人 コンビニをよく利用する方
・いますぐにカードを発行したい方
・年会費無料でETCカードを持ちたい方
基本還元率の高いクレジットカードを使いたい方
・オンラインショッピングだけでなく実店舗でも使える優待が欲しい方
・年会費無料でETCカードを持ちたい方
申し込み 公式サイトへ 公式サイトへ


Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介